内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

互いを愛し,励ましましょう

互いを愛し,励ましましょう

「愛​は​人​を​築き上げ​ます」。コリント​第​一 8:1

歌: 73,83

1. イエス​は​弟子​たち​と​過ごし​た​最後​の​晩,どんな​大切​な​こと​を​教え​まし​た​か。

イエス​は​弟子​たち​と​過ごし​た​最後​の​晩,「愛」と​か「愛する」と​いう​言葉​を​30​回​近く​使い​まし​た。そして,弟子​たち​に「互い​を​愛する」よう​教え​まし​た。(ヨハ 15:12,17)互い​へ​の​愛​は​真​の​弟子​を​見分ける​しるし​です。(ヨハ 13:34,35)これ​は​一時​的​な​感情​に​基づく​愛​で​は​あり​ませ​ん。自己​犠牲​的​で​強い​愛​です。イエス​は​こう​言い​まし​た。「友​の​ため​に​自分​の​魂​を​なげうつ​こと,これ​より​大きな​愛​を​持つ​者​は​い​ませ​ん。わたし​が​命令​し​て​いる​こと​を​行なう​なら,あなた方​は​わたし​の​友​です」。(ヨハ 15:13,14

2. (イ)神​に​仕える​人​たち​は​どんな​特質​を​示し​て​い​ます​か。(ロ)これ​から​どんな​点​を​考え​ます​か。

2 エホバ​に​仕える​人​たち​は,純粋​で​自己​犠牲​的​な​愛​を​示し,固い​絆​で​結ば​れ​て​い​ます。(ヨハ​一 3:10,11)国籍​や​部族​や​言語​や​生い立ち​に​かかわり​なく,キリスト​の​よう​な​愛​を​示し​て​いる​の​は​素晴らしい​こと​です。では​今,愛​が​特に​必要​な​の​は​なぜ​でしょ​う​か。エホバ​と​イエス​は,わたしたち​を​どの​よう​に​愛し,励まし​て​ください​ ます​か。わたしたち​は​どの​よう​に​他​の​人​を​愛し,「築き上げ」る​こと​が​できる​でしょ​う​か。(コリ​一 8:1

今,愛​が​特に​必要​な​の​は​なぜか

3. この「危機​の​時代」に,人々​は​どんな​苦しみ​を​経験​し​て​い​ます​か。

3 今​は「危機​の​時代」です。人生​に​は「難儀​と​有害​な​こと」が​あふれ​て​い​ます。(テモ​二 3:1‐5。詩 90:10)もう​耐え​られ​ない,と​感じ​て​いる​人​は​少なく​あり​ませ​ん。毎年,推定​80万​人​以上​が​自殺​し​て​い​ます。約​40​秒​に​1​人​の​割合​です。残念​な​こと​に,クリスチャン​の​中​に​も,苦しみ​に​耐え切れ​ず​に​命​を​絶っ​た​人​が​い​ます。

4. 聖書​時代​に​も​死に​たい​と​思っ​た​人​が​い​ます。例​を​挙げ​て​ください。

4 聖書​時代​に​も,非常​に​難しい​状況​に​置か​れ,死に​たい​と​思っ​た​忠実​な​人​たち​が​い​ます。ヨブ​は​苦しみ​の​あまり​こう​述べ​まし​た。「私​は​それ​を​退け​まし​た[または,自分​の​命​に​嫌気​が​差し​ます]。定め​の​ない​時​まで​も​生き​たい​と​は​思い​ませ​ん」。(ヨブ 7:16; 14:13)ヨナ​は​物事​が​思いどおり​に​いか​なかっ​た​こと​に​がっかり​し,こう​言い​まし​た。「エホバ​よ,どうか​わたし​の​魂​を​取り去っ​て​ください。わたし​は​生き​て​いる​より​死ん​だ​ほう​が​まし​だ​から​です」。(ヨナ 4:3)忠実​な​預言​者​エリヤ​も​窮地​に​追い込ま​れ​た​時,「これ​で​十分​です! さあ,エホバ​よ,私​の​魂​を​取り去っ​て​ください」と​述べ​まし​た。(王​一 19:4)でも​エホバ​は​彼ら​を​愛し,生き​続け​て​ほしい​と​願っ​て​い​まし​た。叱る​の​で​は​なく,死に​たい​と​いう​気持ち​を​克服​できる​よう​助け​まし​た。その​結果,彼ら​は​神​に​忠実​に​仕え​続ける​こと​が​でき​まし​た。

5. 兄弟​姉妹​が​愛​を​必要​と​し​て​いる​の​は​なぜ​です​か。

5 今日,多く​の​兄弟​姉妹​が​難しい​状況​に​置か​れ,愛​や​励まし​を​必要​と​し​て​い​ます。迫害​や​あざけり​を​受け​て​いる​人​が​い​ます。職場​で​嫌がらせ​に​遭っ​て​いる​人,ストレス​の​多い​仕事​で​疲れ切っ​て​いる​人​も​い​ます。家庭​で​ストレス​を​感じ​て​いる​人​も​い​ます。未​信者​の​配偶​者​から​悪く​言わ​れ​て​いる​か​も​しれ​ませ​ん。この​よう​な​プレッシャー​の​ため,身​も​心​も​くたくた​に​なっ​て​いる​人​が​い​ます。だれ​が​助け​に​なれる​でしょ​う​か。

エホバ​は​愛し,励まし​て​くださる

6. エホバ​は​ご自分​に​仕える​人​を​どの​よう​に​励まし​て​ください​ます​か。

6 エホバ​は​ご自分​を​崇拝​する​人​たち​を​愛し,励まし​て​ください​ます。忠実​な​イスラエル​人​は​エホバ​の​次​の​言葉​を​聞い​て,心強く​思っ​た​こと​でしょ​う。「あなた​は​わたし​の​目​に​貴重​だっ​た​の​で,誉れ​ある​者​と​みなさ​れ,わたし​自ら​あなた​を​愛し​た。……恐れ​て​は​なら​ない。わたし​は​あなた​と​共​に​いる」。(イザ 43:4,5)エホバ​は​わたしたち​一人一人​を​深く​愛し​て​おら​れ​ます。 * 聖書​は​神​に​つい​て​こう​述べ​て​い​ます。「強大​な​方​で​あり,救い​を​施し​て​くださる。歓び​を​抱い​て​あなた​の​こと​を​歓喜​さ​れる」。(ゼパ 3:16,17

7. エホバ​の​愛​は,母親​の​愛​と​どの​よう​に​似​て​い​ます​か。(冒頭​の​挿絵​を​参照。)

7 エホバ​は​ご自分​の​民​が​どんな​問題​に​ぶつかっ​て​も,支え,慰める​と​約束​し​て​おら​れ​ ます。こう​あり​ます。「あなた方​は​脇腹[または,腕]に​抱え​られ​て​運ば​れ,ひざ​の​上​で​愛ぶ​さ​れる​で​あろ​う。自分​の​母​に​絶え​ず​慰め​られる​人​の​よう​に,わたし​も​あなた方​を​絶え​ず​慰める​で​あろ​う」。(イザ 66:12,13)何​と​心​温まる​情景​でしょ​う。愛情​深い​母親​が​赤ちゃん​を​抱い​たり,ひざ​の​上​で​あやし​たり​し​て​い​ます。エホバ​は​あなた​を​この​よう​に​深く​愛し,守っ​て​ください​ます。あなた​は​エホバ​に​とっ​て​とても​貴重​な​存在​な​の​です。(エレ 31:3

8,9. イエス​の​愛​から​どんな​力​を​得​られ​ます​か。

8 エホバ​が​わたしたち​を​愛し​て​おら​れる​こと​は,次​の​言葉​から​も​分かり​ます。「神​は​世​を​深く​愛し​て​ご自分​の​独り子​を​与え,だれ​で​も​彼​に​信仰​を​働か​せる​者​が​滅ぼさ​れ​ない​で,永遠​の​命​を​持てる​よう​に​され​た」。(ヨハ 3:16)イエス​も​わたしたち​を​深く​愛し,命​を​なげうっ​て​ください​まし​た。キリスト​の​愛​は​強力​です。聖書​は,「患難[や]苦難」も「キリスト​の​愛​から​わたしたち​を​引き離す」こと​は​でき​ない,と​述べ​て​い​ます。(ロマ 8:35,38,39

9 難しい​問題​と​闘っ​て​いる​うち​に,身​も​心​も​くたくた​に​なり,エホバ​に​仕える​喜び​を​失い​そう​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。その​よう​な​時​に​は,キリスト​の​深い​愛​を​思い出し​ましょ​う。耐え忍ぶ​力​を​得​られ​ます。コリント​第 5:14,15を​読む。)災害​や​迫害​に​遭っ​たり,落胆​や​思い煩い​を​経験​し​たり​し​て​も,あきらめ​ず​に​エホバ​に​仕え​続ける​力​を​得​られる​でしょ​う。

兄弟​姉妹​に​は​わたしたち​の​愛​が​必要

イエス​の​手本​に​つい​て​学ぶ​と,他​の​人​を​慰める​よう​動かさ​れる。(10,11​節​を​参照。)

10,11. だれ​が​気落ち​し​て​いる​人​を​慰める​こと​が​でき​ます​か。説明​し​て​ください。

10 エホバ​は​会衆​を​通し​て​も​励まし​て​ください​ます。わたしたち​は​エホバ​を​愛し​て​いる​の​で,兄弟​姉妹​の​こと​も​愛し​て​い​ます。兄弟​姉妹​が​大切​な​存在​で,エホバ​に​愛さ​れ​て​いる​こと​を​知っ​て​ほしい​と​思っ​て​い​ます。(ヨハ​一 4:19‐21)使徒​パウロ​は​こう​勧め​まし​た。「互い​に​慰め,互い​に​築き上げる​こと​を,あなた方​が​現に​行なっ​て​いる​とおり​に​続け​ て​ゆき​なさい」。(テサ​一 5:11)長老​だけ​で​は​なく,会衆​の​すべて​の​人​が​エホバ​と​イエス​に​倣い,兄弟​姉妹​を​慰め,励ます​こと​が​でき​ます。ローマ 15:1,2を​読む。)

11 うつ病​など​を​抱え​て​いる​人​に​は​専門​的​な​助け​や​治療​が​必要​か​も​しれ​ませ​ん。(ルカ 5:31)会衆​の​長老​や​他​の​成員​は,自分​が​医療​の​専門​家​で​は​ない​こと​を​認め​て​い​ます。でも,できる​こと​が​あり​ます。「憂い​に​沈ん​だ​魂​に​慰め​の​ことば​を​かけ,弱い​者​を​支え,すべて​の​人​に​対し​て​辛抱強く​あ[る]」こと​です。(テサ​一 5:14)兄弟​姉妹​の​気持ち​に​寄り添う​よう​に​し​ましょ​う。気落ち​し​て​いる​人​と​話す​時,辛抱強く​あり,温かく​励まし​ましょ​う。あなた​は​他​の​人​を​慰め,励まし​て​い​ます​か。どう​すれ​ば​上手​に​力づける​こと​が​できる​でしょ​う​か。

12. 会衆​の​愛​に​支え​られ​て​いる​人​の​例​を​挙げ​て​ください。

12 ヨーロッパ​の​ある​姉妹​は​こう​言い​ます。「死に​たい​と​いう​気持ち​に​襲わ​れる​こと​が​あり​ます。でも,会衆​の​兄弟​姉妹​が​いつも​愛​を​示し,励まし​て​ください​ます。わたし​が​うつ病​だ​と​いう​こと​を​知っ​て​いる​人​は​少ない​です​が,会衆​が​心​の​支え​に​なっ​て​い​ます。ある​ご夫婦​は​実​の​親​の​よう​に​わたし​を​気遣い,24​時間​いつ​で​も​助け​て​ください​ます」。もちろん,できる​こと​は​人​に​よっ​て​異なり​ます。しかし,心​から​支え​たい​と​いう​気持ち​が​あれ​ば,きっと​助け​に​なれる​でしょ​う。 *

どの​よう​に​励ませる​か

13. どう​すれ​ば​他​の​人​を​慰め​られ​ます​か。

13 よく​耳を​傾ける。ヤコ 1:19)思いやり​深く​耳​を​傾ける​こと​は​愛​の​表われ​です。相手​の​身​に​なっ​て​考え​ましょ​う。相手​の​気持ち​を​知る​ため,上手​に​質問​する​こと​も​でき​ます。誠実​で​愛​ある​気遣い​は​表情​に​も​表われ​ます。相手​が​気持ち​を​打ち明ける​時,辛抱強く​あり,話​を​遮ら​ない​で​ください。話​を​よく​聞け​ば,本当​の​気持ち​が​分かる​か​も​しれ​ませ​ん。相手​は​あなた​を​信頼​し,あなた​の​言う​こと​に​耳​を​傾け​て​くれる​でしょ​う。本当​に​力​に​なり​たい​と​いう​気持ち​が​伝わる​なら,相手​は​慰め​られる​でしょ​う。

14. 気落ち​し​て​いる​人​を​批判​す​べき​で​ない​の​は​なぜ​です​か。

14 し​ない。気落ち​し​て​いる​人​は,批判​さ​れ​て​いる​と​感じる​と,いっそう​つらい​気持ち​に​なり,心​を​閉ざし​て​しまう​か​も​しれ​ませ​ん。聖書​に​は​こう​あり​ます。「剣​で​突き刺す​か​の​よう​に​無​思慮​に​話す​者​が​いる。しかし,賢い​者​たち​の​舌​は​人​を​いやす」。(箴 12:18)「突き刺す」つもり​は​なく​て​も,よく​考え​ず​に​話す​なら,相手​を​深く​傷つけ​て​しまう​か​も​しれ​ませ​ん。人​を​励まし,力づける​ に​は,できる​限り​相手​の​身​に​なっ​て​考え,思いやり​深く​接する​必要​が​あり​ます。(マタ 7:12

15. 他​の​人​を​慰める​の​に​役立つ​どんな​ツール​が​あり​ます​か。

15 を​使っ​て​慰める。(ローマ 15:4,5を​読む。)聖書​は​慰め​と​励まし​の​宝庫​で​あり,「忍耐​と​慰め​を​与え​て​くださる​神」から​の​書物​です。「ものみの塔​出版​物​索引」や「エホバ​の​証人​の​ため​の​リサーチガイド」など​の​調査​ツール​も​あり​ます。他​の​人​を​慰める​うえ​で​役立つ​聖書​の​アドバイス​を​見いだせる​でしょ​う。

16. 気落ち​し​て​いる​人​を​どの​よう​に​励ませ​ます​か。

16 しく​穏やか​に​接する。エホバ​は「優しい​憐れみ​の​父​また​すべて​の​慰め​の​神」で​あり,ご自分​に​仕える​人​に「優しい​同情」心​を​抱い​て​おら​れ​ます。コリント​第 1:3‐6を​読む。ルカ 1:78。ロマ 15:13)パウロ​も​良い​手本​を​示し​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「乳​を​ふくま​せる​母親​が​自分​の​子供​を​慈しむ​とき​の​よう​に,あなた方​の​中​に​あっ​て​物柔らか​な​者​と​なり​まし​た。こう​し​て,あなた方​に​優しい​愛情​を​抱い​た​わたしたち​は,神​の​良い​たより​だけ​で​なく,自分​の​魂​を​さえ​分け与える​こと​を​大いに​喜び​と​し​た​の​です。あなた方​が,わたしたち​の​愛する​者​と​なっ​た​から​です」。(テサ​一 2:7,8)わたしたち​も​神​に​倣い,気落ち​し​て​いる​人​に​優しく​穏やか​に​接する​なら,その​人​が​祈り​求め​て​い​た​慰め​を​与え​られる​か​も​しれ​ませ​ん。

17. 兄弟​姉妹​を​励ます​に​は,どんな​バランス​の​取れ​た​見方​が​必要​です​か。

17 に​完さ​を​求め​ない。バランス​の​取れ​た​見方​を​保ち​ましょ​う。完全​さ​を​求める​の​は​非​現実​的​な​こと​で​あり,落胆​の​原因​に​なり​ます。(伝 7:21,22)エホバ​が​わたしたち​に​求める​こと​は,現実​的​で​道理​に​かなっ​て​い​ます。エホバ​に​倣い,兄弟​姉妹​を​進ん​で​許し​て​ください。(エフェ 4:2,32)他​の​人​と​比較​し​たり,十分​でき​て​い​ない​と​感じ​させ​たり​し​ない​よう​に​し​ましょ​う。むしろ,兄弟​姉妹​の​行なっ​て​いる​事柄​を​褒め​て​ください。誠実​に​褒める​なら,兄弟​姉妹​は​励まさ​れ,自分​の​奉仕​に「歓喜​する​理由」を​見いだせ​ます。幸福​に​エホバ​に​仕える​こと​が​できる​でしょ​う。(ガラ 6:4

18. 互い​を​愛し,励ます​なら,どんな​祝福​が​得​られ​ます​か。

18 エホバ​と​イエス​は,わたしたち​一人一人​を​貴重​な​存在​と​見​て​おら​れ​ます。(ガラ 2:20)わたしたち​も​兄弟​姉妹​を​深く​愛し​て​おり,優しく​親切​に​接し​たい​と​思っ​て​い​ます。他​の​人​を​元気づける​ため,「平和​に​役だつ​事柄​や​互い​を​築き上げる​事柄​を​追い求め​ましょ​う」。(ロマ 14:19)わたしたち​が​心待ち​に​し​て​いる​パラダイス​で​は,落胆​の​原因​が​なくなり​ます。病気​や​戦争​は​あり​ませ​ん。アダム​から​受け継い​だ​罪​に​よっ​て​死ぬ​こと​も​なくなり​ます。迫害​も​家族​の​問題​も​あり​ませ​ん。千年期​の​終わり​に​人々​は​完全​に​なっ​て​い​ます。最終​的​な​試み​を​通過​する​人​は,エホバ​の​地上​の​子ども​と​し​て​養子​に​され,「神​の​子供​の​栄光​ある​自由」を​持つ​よう​に​なり​ます。(ロマ 8:21)その​素晴らしい​祝福​を​得​られる​よう,これ​から​も​互い​を​愛し,励まし​ましょ​う。

^ 12節 死に​たい​と​いう​気持ち​と​闘っ​て​いる​人​を​どの​よう​に​助け​られる​か​に​つい​て​は,「目ざめよ!」の​次​の​記事​を​参照。「それでも​生き​て​ゆける ― 3​つ​の​理由」(2014​年​4​月​号),「生きる​の​が​つらく​なっ​た​なら」(2012​年​1​月​号),「生きる​こと​に​は​価値​が​あり​ます」(2001​年​10​月​22​日​号)。