内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 アーカイブ​から

ポルトガルに初めて王国の種がまかれる

ポルトガルに初めて王国の種がまかれる

1​隻​の​船​が​大西洋​の​波​を​かき分け​ながら,ヨーロッパ​に​向かっ​て​い​ます。乗客​の​一​人​ジョージ​・​ヤング​は​ブラジル​で​の​宣教​を​振り返り,満足​そう​な​表情​を​浮かべ​て​い​ます。 * でも​やがて,次​の​区域​の​こと​を​考え​始め​ます。ほとんど​伝道​が​行なわ​れ​て​い​ない,スペイン​と​ポルトガル​の​区域​です。到着​し​たら,J​・​F​・​ラザフォード​兄弟​の​聖書​講演​の​手はず​を​整え,パンフレット​を​30万​部​配布​する​つもり​です。

ジョージ​・​ヤング​は​伝道​旅行​で​何​度​も​海​を​渡っ​た。

ヤング​兄弟​が​リスボン​に​到着​し​た​1925​年​の​春,ポルトガル​の​政情​は​不​安定​でし​た。1910​年​の​共和​革命​に​よっ​て​王政​が​終わり,カトリック​教会​の​権力​は​失わ​れ​て​い​まし​た。人々​は​大きな​自由​を​手​に​し​まし​た​が,国内​に​は​まだ​不穏​な​空気​が​漂っ​て​い​まし​た。

ヤング​兄弟​が​ラザフォード​兄弟​の​聖書​講演​の​計画​を​進め​て​い​た​ころ,政府​は​戒厳​令​を​出し​まし​た。クーデター​が​企て​られ​た​から​です。英国​内外​聖書​協会​の​役員​は​ヤング​兄弟​に,計画​を​やめる​よう​警告​し​まし​た。でも​兄弟​は​準備​を​進め,カモンイス​高等​学校​の​体育​館​の​使用​許可​を​得る​こと​が​でき​まし​た。

講演​当日​の​5​月​13​日,人々​の​期待​は​高まっ​て​い​まし​た。「いかに​し​て​永久​に​地上​で​生きる​こと​が​できる​か」と​いう​主題​の​公開​講演​が,ポスター​や​新聞​広告​で​宣伝​さ​れ​て​い​まし​た。反対​者​たち​も​黙っ​て​い​ませ​ん​でし​た。急い​で​新聞​記事​を​準備​し,「偽​預言​者​たち」が​やっ​て​来​た​と​警告​し​まし​た。また,体育​館​の​入口​で,ラザフォード​兄弟​が​教え​て​い​た​事柄​を​否定​する​冊子​を​何千​冊​も​配り​まし​た。

それでも,会場​は​2000​人​ほど​で​いっぱい​に​なり​まし​た。入場​でき​なかっ​た​人​も​それ​と​同じ​くらい​い​まし​た。体育​館​の​縄​ばしご​に​登っ​て​話​を​聞く​人​や,トレーニング​機器​の​上​に​座っ​て​聞く​人​も​い​まし​た。

反対​者​たち​は​叫ん​だり​いす​を​壊し​たり​し​て,講演​を​妨害​し​よう​と​し​まし​た。でも​ラザフォード​兄弟​は​落ち着き​を​失わ​ず,自分​の​声​が​よく​聞こえる​よう​に​机​の​上​に​立ち​まし​た。講演​は​真夜中​近く​まで​続き​まし​た。1200​人​以上​の​人​が,聖書​文書​を​受け取る​ため​に​名前​と​住所​を​書い​て​帰り​まし​た。翌日,オ​・​セクロ​紙(ポルトガル​語)が​この​講演​に​関する​記事​を​載せ​まし​た。

1925​年​9​月,国内​で​ポルトガル​語​の「ものみの塔」が​出版​さ​れる​よう​に​なり​まし​た。(ブラジル​で​は​ポルトガル​語​版​が​すでに​出版​さ​れ​て​い​まし​た。)その​ころ,ブラジル​ の​聖書​研究​者​ベルジーリオ​・​ファーガソン​は,王国​の​活動​を​支援​する​ため​に​ポルトガル​に​移動​し​よう​と​考え​て​い​まし​た。ファーガソン​兄弟​は,ブラジル​の​小さな​支部​事務​所​で​ヤング​兄弟​と​働い​た​こと​が​あり​まし​た。しばらく​し​て,妻​の​リジー​と​ポルトガル​に​向かい​まし​た。ファーガソン​兄弟​の​移動​は​タイムリー​でし​た。それ​から​間​も​なく​ヤング​兄弟​は​ポルトガル​を​離れ,ソ連​や​他​の​国々​で​伝道​する​こと​に​なっ​た​から​です。

リジー​・​ファーガソン​と​ベルジーリオ​・​ファーガソン​の​滞在​許可​証(1928​年)

軍事​クーデター​に​よっ​て​独裁​政治​が​始まる​と,王国​の​活動​へ​の​反対​が​強まり​まし​た。ファーガソン​兄弟​は​国内​に​とどまっ​て,まだ​少​人数​だっ​た​聖書​研究​者​たち​を​守り,彼ら​の​活動​を​支え​まし​た。自分​の​家​で​定期​的​に​集会​を​開く​許可​を​求め,1927​年​10​月​に​承認​さ​れ​まし​た。

独裁​政治​が​始まっ​た​年​に​は,450​人​ほど​が「ものみの塔」を​予約​購読​し​て​い​まし​た。さらに​パンフレット​や​小冊子​を​通し​て,真理​が​ポルトガル​帝国​全域​に​広まり​まし​た。アゾレス,アンゴラ,カボベルデ,ゴア,東​ティモール,マデイラ,モザンビーク​など​です。

1929​年,マヌエル​・​ダ​・​シルバ​・​ジョルダンウ​が​リスボン​に​やっ​て​来​まし​た。ポルトガル​人​の​謙遜​な​庭師​です。マヌエル​は,ブラジル​に​住ん​で​い​た​時​に​ヤング​兄弟​の​公開​講演​を​聞き,真理​だ​と​確信​し​まし​た。その​後,ファーガソン​兄弟​に​協力​し​たい​と​思い,コルポーター(開拓​者)と​し​て​全​時間​奉仕​を​始め​まし​た。聖書​文書​の​印刷​と​配布​が​組織​立っ​て​行なわ​れ,リスボン​の​新しい​会衆​の​人数​は​増え​て​いき​まし​た。

1934​年,ファーガソン​兄弟​姉妹​は​ブラジル​に​戻ら​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。でも​真理​の​種​は​すでに​まか​れ​て​い​まし​た。その​後,スペイン​内乱​や​第​二​次​世界​大戦​の​ため,ヨーロッパ​は​激動​の​時代​を​迎え​ます。そう​し​た​中,ポルトガル​の​兄弟​姉妹​は​エホバ​へ​の​忠節​を​保ち​まし​た。しばらく​は,わずか​な​火​が​何​と​か​燃え​て​いる​よう​な​状態​でし​た​が,1947​年​に​ジョン​・​クック​が​到着​する​と,再び​火​が​燃え上がり​まし​た。ジョン​・​クック​は,ギレアデ​で​訓練​を​受け​て​ポルトガル​に​遣わさ​れ​た​最初​の​宣教​者​でし​た。伝道​者​は​どんどん​増え​て​いき​まし​た。政府​が​エホバ​の​証人​の​活動​を​禁止​し​た​1962​年​に​も​増加​は​止まり​ませ​ん​でし​た。1974​年​12​月​に​法的​な​認可​が​与え​られ​た​時,伝道​者​は​1万3000​人​以上​い​まし​た。

現在,ポルトガル​と,アゾレス​や​マデイラ​など​ポルトガル​語​が​話​さ​れ​て​いる​島々​で,5万​人​を​超える​伝道​者​が​奉仕​し​て​い​ます。その​中​に​は,1925​年​に​祖父​や​祖母​が​ラザフォード​兄弟​の​歴史​的​な​講演​を​聞い​た​と​いう​人​たち​も​い​ます。

初期​の​忠実​な​兄弟​姉妹​は,「諸​国民​に​対する​キリスト​・​イエス​の​公僕」と​し​て​熱心​に​奉仕​し​まし​た。エホバ​が​勇気​ある​兄弟​姉妹​を​祝福​し​て​くださっ​た​こと​を​感謝​し​て​い​ます。(ロマ 15:15,16ポルトガル​の​アーカイブ​から。

^ 3節 「ものみの塔」2014​年​5​月​15​日​号​31‐32​ページ​の「収穫​の​業​は​まだ​行なわ​れる​必要​が​ある」を​参照。