内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

わたしたちはエホバのもの

わたしたちはエホバのもの

「エホバ​を​その​神​と​する​国民,神​が​その​相続​分​と​し​て​選ば​れ​た​民​は​幸い​だ」。詩編 33:12

歌: 62,58

1. エホバ​は​すべて​の​もの​を​所有​し​て​おら​れる,と​言える​の​は​なぜ​です​か。(冒頭​の​写真​を​参照。)

エホバ​は​すべて​の​もの​を​所有​し​て​おら​れ​ます。「天,すなわち​天​の​天​も,地​と​その​すべて​の​もの​も」エホバ​の​もの​です。(申 10:14。啓 4:11)わたしたち​人間​も​エホバ​の​もの​です。エホバ​に​よっ​て​造ら​れ​た​から​です。(詩 100:3)しかし,エホバ​は​歴史​を​通じ,特定​の​グループ​の​人々​を​ご自分​の​民​と​し​て​選​ん​で​こら​れ​まし​た。

2. 聖書​に​よる​と,特に​だれ​が​エホバ​の​もの​と​言え​ます​か。

2 詩編 135​編​で​は,古代​イスラエル​の​忠実​な​崇拝​者​たち​が​エホバ​の「特別​の​所有​物」と​呼ば​れ​て​い​ます。(詩 135:4)ホセア​は,イスラエル​人​で​は​ない​人々​が​エホバ​の​民​に​なる​と​予告​し​まし​た。(ホセ 2:23)その​預言​は,エホバ​が​キリスト​の​共同​支配​者​と​し​て​ユダヤ​人​で​は​ない​人々​も​選ば​れる​よう​に​なっ​た​時​に​実現​し​まし​た。(使徒 10:45。ロマ 9:23‐26)それら​聖霊​で​油そそが​れ​た​人​たち​は「聖​なる​国民」と​呼ば​れ​て​おり,天​で​の​命​を​受ける​見込み​が​あり​ます。彼ら​は​エホバ​の「特別​な​所有​物」です。(ペテ​一 2:9,10)地上​で​永遠​に​生きる​希望​を​持つ​忠実​な​クリスチャン​も,エホバ​から「わたし​の​ 民」また「わたし​の​選ぶ​者​たち」と​呼ば​れ​て​い​ます。(イザ 65:22

3. (イ)今日,だれ​が​エホバ​の​民​と​なっ​て​い​ます​か。(ロ)この​記事​で​は​どんな​こと​を​考え​ます​か。

3 今日,天的​な​希望​を​持つ「小さな​群れ」と​地的​な​希望​を​持つ「ほか​の​羊」は「一つ​の​群れ」と​なっ​て​い​ます。エホバ​は​彼ら​を​ご自分​の​民​と​し​て​深く​愛し​て​おら​れ​ます。(ルカ 12:32。ヨハ 10:16)わたしたち​は,エホバ​が​ご自分​の​民​と​し​て​くださっ​た​こと​を​心​から​感謝​し​て​い​ます。この​記事​で​は,そう​し​た​特別​な​栄誉​を​与え​て​くださっ​た​こと​へ​の​感謝​を​どの​よう​に​表わせる​か​を​考え​ます。

エホバ​に​献身​する

4. エホバ​が​ご自分​の​民​と​し​て​くださっ​た​こと​へ​の​感謝​を​どの​よう​に​表わせ​ます​か。イエス​は​どんな​こと​を​し​まし​た​か。

4 エホバ​に​感謝​を​表わす​1​つ​の​方法​は,エホバ​に​献身​する​こと​です。バプテスマ​を​受ける​人​は,自分​が​エホバ​の​もの​で​ある​こと,エホバ​に​進ん​で​従う​こと​を​正式​に​表明​し​ます。(ヘブ 12:9)イエス​も​同じ​よう​な​こと​を​し​まし​た。バプテスマ​を​受け​た​時,いわば​こう​言っ​て​い​まし​た。「わたし​の​神​よ,あなた​の​ご意志​を​行なう​こと​を​わたし​は​喜び​と​し​まし​た」。(詩 40:7,8)イエス​は​生ま​れ​た​時​から​神​に​献身​し​た​国民​の​一員​でし​た​が,エホバ​の​ご意志​を​行なう​ため​に​自分​を​差し出し​まし​た。

5,6. (イ)イエス​が​バプテスマ​を​受け​た​時,エホバ​は​どう​お感じ​に​なり​まし​た​か。(ロ)すべて​の​もの​を​所有​し​て​おら​れる​エホバ​が,わたしたち​の​献身​を​喜ん​で​くださる​の​は​なぜ​です​か。例え​で​説明​し​て​ください。

5 イエス​が​バプテスマ​を​受け​た​時,エホバ​は​どう​お感じ​に​なっ​た​でしょ​う​か。聖書​に​は​こう​あり​ます。「バプテスマ​を​受け​た​のち,イエス​は​すぐ​に​水​から​上がら​れ​た。すると,見よ,天​が​開け,イエス​は,神​の​霊​が​はと​の​よう​に​下っ​て​自分​の​上​に​来る​の​を​ご覧​に​なっ​た。見よ,さらに​天​から​の​声​が​あっ​て,こう​言っ​た。『これ​は​わたし​の​子,わたし​の​愛する​者​で​ある。この​者​を​わたし​は​是認​し​た』」。(マタ 3:16,17)イエス​は​すでに​エホバ​の​もの​でし​た。しかし,イエス​が​神​の​ご意志​を​行なう​ため​に​自分​を​進ん​で​差し出し​た​時,エホバ​は​とても​喜ば​れ​まし​た。エホバ​は​わたしたち​の​献身​も​喜ん​で​受け入れ,祝福​し​て​ください​ます。(詩 149:4

6 例え​で​考え​ましょ​う。父親​が​自分​の​庭​に​きれい​な​花​を​たくさん​植え​まし​た。ある​日,幼い​娘​が​庭​から​花​を​1​本​摘ん​で​父親​に​プレゼント​し​ます。その​花​は​元々​父親​の​もの​で​は​なかっ​た​でしょ​う​か。父親​の​もの​を​父親​に​プレゼント​する​こと​など​できる​の​でしょ​う​か。優しい​父親​は​そんな​ふう​に​考え​たり​は​し​ませ​ん。その​プレゼント​に​は​娘​の​愛情​が​こもっ​て​い​ます。父親​に​とっ​て,娘​から​もらっ​た​1​本​の​花​は,庭​の​花​全部​より​価値​が​ある​はず​です。わたしたち​が​進ん​で​献身​する​時,エホバ​も​心​から​喜ん​で​ください​ます。(出 34:14,脚注)

7. マラキ​書​に​よる​と,エホバ​は​ご自分​に​進ん​で​仕える​人​に​つい​て​どう​お感じ​に​なり​ます​か。

7 マラキ 3:16を​読む。あなた​は​献身​し​て​バプテスマ​を​受け​まし​た​か。もし​ま​だ​なら,その​よう​な​ステップ​を​踏む​こと​が​大切​な​の​は​なぜ​か​を​考え​て​み​て​ください。あなた​も​他​の​人​たち​と​同様,生ま​れ​た​時​から​エホバ​の​もの​です。でも,あなた​が​エホバ​の​主権​を​認め,献身​し​て​神​の​ご意志​を​行なう​なら,エホバ​は​とても​喜ん​で​ください​ます。(箴 23:15)エホバ​は​ご自分​に​進ん​で​仕える​人​に​目​を​留め, 「覚え​の​書」に​その​人​の​名前​を​記し​て​ください​ます。

8,9. エホバ​は「覚え​の​書」に​名前​を​記さ​れ​て​いる​人​に,どんな​こと​を​求め​て​おら​れ​ます​か。

8 神​の​民​の​一​人​と​し​て「覚え​の​書」に​名前​を​記さ​れる​こと​に​は​責任​が​伴い​ます。マラキ​に​よれ​ば,「エホバ​を​恐れ……その​み名​を​思う」必要​が​あり​ます。エホバ​以外​の​もの​を​崇拝​する​なら,わたしたち​の​名前​は「命​の​書」から​消し去ら​れる​でしょ​う。(詩 69:28,脚注。出 32:33

9 神​の​ご意志​を​行なう​こと​を​約束​し,バプテスマ​を​受けれ​ば​それ​で​十分​と​いう​わけ​で​は​あり​ませ​ん。神​の​民​の​一員​と​し​て​エホバ​の​側​に​とどまる​に​は,献身​し​バプテスマ​を​受け​た​後​も​ずっ​と​エホバ​に​従い​続ける​必要​が​あり​ます。(ペテ​一 4:1,2

世​の​欲望​を​退ける

10. エホバ​に​仕える​人​と​仕え​ない​人​に​は​どんな​違い​が​あり​ます​か。

10 前​の​記事​で​は,カイン​や​ソロモン​や​イスラエル​人​に​つい​て​考え​まし​た。彼ら​は​エホバ​を​崇拝​し​て​いる​と​言っ​て​い​まし​た​が,全き​専心​を​示し​て​は​い​ませ​ん​でし​た。エホバ​の​もの​で​ある​人​は,義​を​愛し,悪​を​憎ま​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(ロマ 12:9)マラキ​に​よれ​ば,エホバ​は「義​なる​者​と​邪悪​な​者,神​に​仕える​者​と​仕え​なかっ​た​者」に​は​明確​な「相違」が​ある​と​語ら​れ​まし​た。(マラ 3:18

11. エホバ​へ​の​全き​専心​が​他​の​人​の​目​に​も​明らか​に​なる​よう​に​す​べき​な​の​は​なぜ​です​か。

11 エホバ​が​ご自分​の​民​と​し​て​選​ん​で​くださっ​た​こと​へ​の​感謝​を,ほか​に​どんな​方法​で​表わせる​でしょ​う​か。自分​の​進歩​が「すべて​の​人​に​明らか​に​なる​よう​に」する​こと​です。(テモ​一 4:15。マタ 5:16)こう​自問​し​ましょ​う。「わたし​が​エホバ​に​全く​忠節​で​ある​こと​は,他​の​人​の​目​に​も​明らか​だろ​う​か。エホバ​の​証人​で​ある​こと​を​他​の​人​に​進ん​で​伝え​て​いる​だろ​う​か」。自分​が​エホバ​の​民​で​ある​こと​を​隠そ​う​と​する​なら,エホバ​は​深く​悲しま​れる​でしょ​う。(詩 119:46。マルコ 8:38を​読む。)

あなた​の​生き方​に​は,エホバ​の​証人​で​ある​こと​が​はっきり​表われ​て​い​ます​か。(12,13​節​を​参照。)

12,13. どんな​面​で,世​の​人​たち​と​見分け​にくく​なっ​て​いる​兄弟​姉妹​が​い​ます​か。

 12 残念​な​こと​です​が,「世​の​霊」に​従い,「神​に​仕える​者」か「仕え​な[い]者」か​見分け​が​つか​なく​なっ​て​いる​兄弟​姉妹​も​い​ます。(コリ​一 2:12)「世​の​霊」に​従う​人​は「肉​の​欲望」の​まま​に​行動​し​ます。(エフェ 2:3)例えば,服装​や​身なり​に​つい​て,これ​まで​何​度​も​アドバイス​が​与え​られ​て​き​まし​た。それでも​慎み​の​ない​服装​や​身なり​を​し​て​いる​人​たち​が​い​ます。集会​に​来る​時​も,タイト​な​服​や​露出​の​多い​服​を​着​て​い​ます。極端​な​ヘアスタイル​の​人​も​い​ます。(テモ​一 2:9,10)群衆​の​中​に​い​たら,エホバ​の​民​な​の​か「世​の​友」な​の​か​見分け​が​つか​ない​でしょ​う。(ヤコ 4:4

13 世​の​行ない​を​退け​て​い​ない​兄弟​姉妹​も​い​ます。例えば,パーティー​など​で,クリスチャン​に​ふさわしく​ない​ダンス​や​行動​を​し​て​い​ます。神​の​民​と​は​思え​ない​よう​な​写真​や​コメント​を​ソーシャルメディア​に​投稿​し​て​い​ます。重大​な​罪​を​犯し​て​矯正​さ​れ​た​こと​は​ない​か​も​しれ​ませ​ん​が,りっぱ​に​行動​する​よう​努力​し​て​いる​兄弟​姉妹​に​悪い​影響​を​与え​て​い​ます。ペテロ​第 2:11,12を​読む。)

エホバ​の​側​に​しっかり​立っ​て​い​ない​人​の​影響​を​受け​ない​よう​に​し​て​ください。

14. エホバ​と​の​特別​な​友情​を​守り​たい​なら,どの​よう​に​行動​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​か。

14 世​は「肉​の​欲望​と​目​の​欲望」を​刺激​し,「自分​の​資力​を​見せびらかす」よう​勧め​ます。(ヨハ​一 2:16)しかし,エホバ​の​もの​で​ある​わたしたち​は,「不​敬虔​と​世​の​欲望​と​を​振り捨て……現存​する​事物​の​体制​に​あっ​て​健全​な​思い​と​義​と​敬虔​な​専心​と​を​もっ​て​生​活す[る]」よう​教え​られ​て​い​ます。(テト 2:12)会話,飲食,服装,仕事​など​生活​の​どんな​面​に​おい​て​も,エホバ​の​民​で​ある​こと​が​明らか​で​なけれ​ば​なり​ませ​ん。コリント​第 10:31,32を​読む。)

「互い​に​対し​て​熱烈​な​愛​を​抱き​なさい」

15. 親切​に​愛情​深く​兄弟​姉妹​に​接する​べき​な​の​は​なぜ​です​か。

15 エホバ​と​の​特別​な​友情​に​感謝​し​て​いる​ こと​は,兄弟​姉妹​へ​の​接し方​に​表われ​ます。兄弟​姉妹​も​エホバ​の​もの​です。その​点​を​いつも​心​に​留め​て​いれ​ば,親切​に​愛情​深く​接する​はず​です。(テサ​一 5:15)イエス​は​こう​述べ​まし​た。「あなた方​の​間​に​愛​が​あれ​ば,それ​に​よっ​て​すべて​の​人​は,あなた方​が​わたし​の​弟子​で​ある​こと​を​知る​の​です」。(ヨハ 13:35

16. エホバ​が​ご自分​の​民​に​対し​て​抱い​て​おら​れる​気持ち​は,モーセ​の​律法​の​どんな​規定​から​分かり​ます​か。

16 兄弟​姉妹​へ​の​接し方​が​大切​な​の​は​なぜ​でしょ​う​か。次​の​例​で​考え​て​み​ましょ​う。エホバ​の​神殿​の​器具​は,清い​崇拝​の​ため​に​献じ​られ,取り分け​られ​て​い​まし​た。モーセ​の​律法​で​は​そう​し​た​器具​の​扱い方​が​規定​さ​れ​て​おり,その​規定​に​従わ​ない​人​は​死​に​処さ​れ​まし​た。(民 1:50,51)崇拝​で​使用​さ​れる​器具​を​エホバ​が​それ​ほど​大切​に​し​て​おら​れ​た​の​で​あれ​ば,献身​し​た​忠節​な​崇拝​者​を​なお​の​こと​大切​に​思っ​て​おら​れる​に​違いあり​ませ​ん。エホバ​は​ご自分​の​民​に​こう​言わ​れ​まし​た。「あなた方​に​触れる​者​は​わたし​の​目​の​玉​に​触れ​て​いる​の​で​ある」。(ゼカ 2:8

17. エホバ​は​何​に​注意​を​向け​て​おら​れ​ます​か。

17 マラキ​に​よれ​ば,エホバ​は​ご自分​の​民​の​会話​を「注意​し​て​聴い​て​おら​れ」ます。(マラ 3:16)「ご自分​に​属する​者​たち​を​知っ​て​おら​れ」ます。(テモ​二 2:19)わたしたち​の​言動​一つ​一つ​に​注意​を​向け​て​おら​れ​ます。(ヘブ 4:13)兄弟​姉妹​に​不​親切​な​こと​を​言わ​ない​よう​に​し​ましょ​う。エホバ​が「注意​し​て​聴い​て​おら​れ」る​から​で​す。むしろ,互い​に​もてなし,寛大​に​与え,許し,親切​を​示し​ましょ​う。エホバ​は​その​よう​な​良い​行ない​も​見​て​おら​れ​ます。(ヘブ 13:16。ペテ​一 4:8,9

「エホバ​は​ご自分​の​民​を​見捨て」ない

18. エホバ​の​民​で​いら​れる​こと​へ​の​感謝​を​どの​よう​に​表わせ​ます​か。

18 わたしたち​は,エホバ​の​民​で​いら​れる​こと​へ​の​感謝​を​表わし​たい​と​願っ​て​い​ます。エホバ​に​献身​し,自分​が​エホバ​の​もの​で​ある​こと​を​認める​の​は​賢明​な​こと​です。「曲がっ​て​ねじけ​た​世代​の​中」で​生活​し​て​い​て​も,「とがめ​の​ない​純真​な​者」で​ある​こと​を​明らか​に​し,「世​を​照らす​者​と​し​て​輝き」たい​と​思い​ます。(フィリ 2:15)エホバ​が​憎ま​れる​こと​を​行なわ​ない​よう​に​し​ます。(ヤコ 4:7)兄弟​姉妹​を​愛し,敬い​ます。兄弟​姉妹​も​エホバ​の​もの​だ​から​です。(ロマ 12:10

19. エホバ​は​ご自分​の​民​を​どの​よう​に​祝福​し​て​ください​ます​か。

19 聖書​に​は,「エホバ​は​ご自分​の​民​を​見捨て[ない]」と​約束​さ​れ​て​い​ます。(詩 94:14)これ​は​確実​な​保証​です。わたしたち​が​どんな​に​難しい​状況​に​置か​れ​て​も,エホバ​は​決して​見捨て​たり​され​ませ​ん。死​で​さえ,エホバ​の​愛​から​引き離す​こと​は​でき​ませ​ん。(ロマ 8:38,39)「わたしたち​は,生きる​なら​エホバ​に​対し​て​生き,死ぬ​なら​エホバ​に​対し​て​死ぬ​から​です。それゆえ,生きる​に​し​て​も​死ぬ​に​し​て​も,わたしたち​は​エホバ​の​もの​です」。(ロマ 14:8)エホバ​は,亡くなっ​た​ご自分​の​忠節​な​友​を​復活​さ​せ​て​ください​ます。わたしたち​は​その​時​を​心待ち​に​し​て​い​ます。(マタ 22:32)今​で​も​たくさん​の​祝福​を​受け​て​い​ます。確か​に,「エホバ​を​その​神​と​する​国民,神​が​その​相続​分​と​し​て​選ば​れ​た​民​は​幸い」です。(詩 33:12