内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

神の律法と原則によって良心を訓練しましょう

神の律法と原則によって良心を訓練しましょう

「あなた​の​諭し​が​わたし​の​思い​と​なっ​て​いる」。詩編 119:99

歌: 61,69

1. 人間​は​どんな​点​で​動物​より​優れ​て​い​ます​か。

人間​が​動物​より​優れ​て​いる​点​の​一つ​は,良心​を​持っ​て​いる​こと​です。人間​は​創造​さ​れ​た​時,エホバ​から​良心​を​与え​られ​まし​た。アダム​と​エバ​は​エホバ​の​命令​に​背い​た​時,エホバ​から​隠れ​よう​と​し​まし​た。良心​が​痛ん​だ​から​です。

2. 良心​は​コンパス​と​どの​よう​に​似​て​い​ます​か。(冒頭​の​挿絵​を​参照。)

2 良心​が​あまり​訓練​さ​れ​て​い​ない​人​は,欠陥​の​ある​コンパス​で​航海​する​船​に​似​て​い​ます。正確​な​コンパス​が​ない​と​危険​です。風​や​海流​に​よっ​て​簡単​に​針路​から​それ​て​しまう​でしょ​う。コンパス​を​きちんと​調整​し​て​いれ​ば,正しい​針路​を​進む​こと​が​でき​ます。正邪​の​感覚​で​ある​良心​は​道徳​上​の​コンパス​の​よう​です。正しい​方向​に​進む​に​は,良心​を​訓練​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。

3. 良心​が​正しく​訓練​さ​れ​て​い​ない​と,どう​なり​ます​か。

3 良心​が​正しく​訓練​さ​れ​て​い​ない​と,簡単​に​悪い​こと​を​行なっ​て​しまい​ます。良心​が​警告​を​発し​ない​から​です。(テモ​一 4:1,2)「悪​は​善​で​ある」と​さえ​考える​か​も​しれ​ませ​ん。(イザ 5:20)イエス​は​ 弟子​たち​に​こう​警告​し​まし​た。「あなた方​を​殺す​者​が​みな,自分​は​神​に​神聖​な​奉仕​を​ささげ​た​の​だ​と​思う​時​が​来​よう​と​し​て​い​ます」。(ヨハ 16:2)ステファノ​を​殺し​た​人​たち​が​そう​でし​た。(使徒 6:8,12; 7:54‐60)今日​で​も,殺人​など​の​犯罪​を​犯し​ながら,神​の​ため​に​し​て​いる​の​だ​と​主張​する​人​たち​が​い​ます。でも​実際​に​は​神​の​律法​を​破っ​て​い​ます。(出 20:13)良心​に​よっ​て​間違っ​た​方向​に​進ん​で​いる​の​です。

4. どう​すれ​ば​良心​が​正しく​機能​する​よう​に​なり​ます​か。

4 どう​すれ​ば​良心​が​正しく​機能​する​よう​に​なり​ます​か。聖書​の​律法​と​原則​は「教え,戒め,物事​を​正し,義​に​そっ​て​訓育​する​の​に​有益​です」。(テモ​二 3:16)聖書​を​勤勉​に​学び,読ん​だ​事柄​を​黙想​し,生活​に​当てはめる​なら,良心​は​神​の​お考え​を​敏感​に​感じ取る​よう​訓練​さ​れ​ます。その​よう​な​良心​は,わたしたち​が​正しい​方向​に​進む​助け​に​なり​ます。エホバ​の​律法​や​原則​は,良心​を​訓練​する​うえ​で​どの​よう​に​役立つ​でしょ​う​か。

神​の​律法​に​よっ​て​自分​を​訓練​する

5,6. 神​の​律法​に​従う​なら,どんな​良い​結果​に​なり​ます​か。

5 神​の​律法​から​益​を​得る​に​は,それ​を​読ん​で​内容​を​知る​だけ​で​は​不​十分​です。神​の​律法​を​大切​に​し,愛さ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。聖書​が​勧め​て​いる​よう​に,「悪​を​憎み,善​を​愛[する]」必要​が​あり​ます。(アモ 5:15)その​ため​に​は,エホバ​の​見方​を​学び,それ​に​倣う​よう​努力​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。例え​で​考え​て​み​ましょ​う。あなた​が​不眠​症​に​悩まさ​れ​て​いる​と​し​ます。医師​に​相談​する​と,食事​や​運動​や​ライフスタイル​に​つい​て​アドバイス​し​て​くれ​ます。アドバイス​に​従っ​た​結果,よく​眠れる​よう​に​なり,生活​の​質​が​改善​さ​れ​ます。あなた​は​医師​に​深く​感謝​する​こと​でしょ​う。

6 同様​に,エホバ​は​律法​を​与え​て​ください​まし​た。わたしたち​が​悪い​行ない​や​その​有害​な​結果​を​避け,より​良い​生活​を​送れる​よう​に​する​ため​です。例えば,うそ,欺き,盗み,性的​不​道徳,暴力,心霊​術​など​を​禁じる​聖書​の​律法​に​従う​なら,良い​結果​に​なり​ます。 6:16‐19を​読む。啓 21:8)エホバ​に​従っ​て​良い​結果​を​経験​する​と,エホバ​と​エホバ​の​律法​に​対する​愛​と​感謝​が​深まり​ます。

7. 聖書​中​の​実例​を​読ん​で​黙想​する​と​よい​の​は​なぜ​です​か。

7 教訓​を​学ぶ​ため​に,神​の​律法​を​破っ​て​苦い​経験​を​する​必要​は​あり​ませ​ん。聖書​に​記録​さ​れ​て​いる​人々​の​失敗​から​学ぶ​こと​が​でき​ます。箴言 1​章​5​節​に​ある​とおり,「賢い​者​は​聴い​て,さらに​多く​の​教訓​を​取り入れ」ます。聖書​中​の​実例​を​読ん​で​黙想​する​なら,神​から​大切​な​教訓​を​教え​て​いただく​こと​が​でき​ます。例えば,ダビデ​王​が​神​の​律法​を​破っ​て​バテ​・​シバ​と​姦淫​を​犯し​た​時​に​味わっ​た​苦しみ​に​つい​て​考え​て​ください。(サム​二 12:7‐14)この​記述​を​読ん​で​黙想​し​て​ください。こう​自問​でき​ます。「どう​すれ​ば​ダビデ​は​この​よう​な​心痛​を​味わわ​ず​に​すん​だ​だろ​う​か。自分​が​同じ​よう​な​状況​に​置か​れ​たら,どう​する​だろ​う​か。ヨセフ​の​よう​に​誘惑​から​逃げ去る​だろ​う​か。それ​と​も​ダビデ​の​よう​に​誘惑​に​負け​て​しまう​だろ​う​か」。(創 39:11‐15)罪​の​悪い​結果​に​つい​て​よく​考える​なら,「悪​を​憎[む]」気持ち​を​強める​こと​が​でき​ます。

8,9. (イ)良心​は​どの​よう​な​役割​を​果たし​ます​か。(ロ)聖書​の​原則​は​良心​を​働か​せる​うえ​で​どの​よう​に​役立ち​ます​か。

8 わたしたち​は​神​が​憎ま​れる​行ない​を​避け​ ます。でも,聖書​が​明確​に​述べ​て​い​ない​事柄​も​あり​ます。何​が​神​に​受け入れ​られ,喜ば​れる​か​を​どの​よう​に​見極め​られ​ます​か。ここ​で​大切​な​役割​を​果たす​の​が,聖書​に​よっ​て​訓練​さ​れ​た​良心​です。

9 エホバ​は​愛情​深く​も,良心​に​よっ​て​物事​を​決定​する​の​に​役立つ​原則​を​教え​て​ください​まし​た。こう​述べ​て​おら​れ​ます。「わたし,エホバ​は,あなた​の​神,あなた​に​自分​を​益する​こと​を​教える​者,あなた​に​その​歩む​べき​道​を​踏み行か​せる​者​で​ある」。(イザ 48:17,18)聖書​の​原則​に​つい​て​深く​考え,神​の​お考え​に​従い​たい​と​いう​願い​を​強め​ましょ​う。その​よう​に​し​て​良心​を​正し,訓練​し,形作る​なら,賢い​決定​が​できる​でしょ​う。

神​の​原則​に​従う

10. 原則​と​は​何​です​か。イエス​は​どんな​原則​を​教え​まし​た​か。

10 原則​と​は,考え​や​行動​の​基準​と​なる​基本​的​な​真理​や​原理​の​こと​です。神​の​原則​を​理解​する​に​は,神​の​お考え​と,神​が​特定​の​律法​を​与え​た​理由​を​理解​する​こと​が​必要​です。イエス​は​弟子​たち​に,特定​の​考え​や​行動​が​どんな​結果​に​つながる​か​に​関する​基本​的​な​真理​を​教え​まし​た。例えば,怒り​が​暴力​に​つながる​こと​や,不​道徳​な​考え​が​姦淫​に​つながる​こと​を​教え​まし​た。(マタ 5:21,22,27,28)良心​を​正しく​訓練​する​に​は,神​の​原則​に​従う​こと​が​必要​です。そう​すれ​ば​神​に​栄光​を​もたらす​こと​が​でき​ます。(コリ​一 10:31

円熟​し​た​クリスチャン​は​他​の​人​の​良心​に​配慮​する。(11,12​節​を​参照。)

11. 良心​上​の​決定​は​人​に​よっ​て​異なる​こと​が​あり​ます。例​を​挙げ​て​ください。

11 聖書​に​よっ​て​訓練​さ​れ​た​良心​を​持つ​2​人​の​人​が,ある​事柄​に​つい​て​全く​異なる​決定​を​する​こと​が​あり​ます。飲酒​に​つい​て​考え​ましょ​う。聖書​は​節度​を​保っ​て​お酒​を​飲む​こと​を​禁じ​て​い​ませ​ん。しかし,飲み過ぎ​たり​酔っ​たり​し​ない​よう​警告​し​て​い​ます。(箴 20:1。テモ​一 3:8)では,節度​を​保つ​こと​だけ​を​考えれ​ば​よい​の​でしょ​う​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。たとえ​自分​の​良心​が​お酒​を​飲む​こと​を​許す​と​し​て​も,他​の​人​の​良心​を​考慮​に​入れ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。

12. ローマ 14​章​21​節​から,他​の​人​の​良心​に​配慮​する​こと​に​つい​て​どんな​こと​を​学べ​ます​か。

12 パウロ​は,他​の​人​の​良心​に​配慮​する​こと​の​大切​さ​に​つい​て​こう​述べ​て​い​ます。「肉​を​食べる​こと,ぶどう​酒​を​飲む​こと,また​何​に​せよ​あなた​の​兄弟​が​つまずく​よう​な​事​は​行なわ​ない​の​が​良い​の​です」。(ロマ 14:21)自分​に​行なう​権利​が​ある​事柄​で​も,自分​と​は​良心​が​異なる​人​を​つまずか​せる​可能​性​が​ある​なら,どう​し​ます​か。それ​を​行なわ​ない​でしょ​う。ある​兄弟​は,真理​を​知る​前​に​アルコール​を​乱用​し​て​い​た​ため,今​は​禁酒​し​て​いる​か​も​しれ​ませ​ん。その​よう​な​兄弟​を​以前​の​習慣​に​逆戻り​さ​せる​よう​な​こと​は​決して​し​たく​あり​ませ​ん。(コリ​一 6:9,10)家​に​招い​た​ゲスト​が​お酒​を​断わっ​て​いる​の​に,飲む​よう​強く​勧める​の​は,愛​の​欠け​た​こと​です。

13. テモテ​は​良い​知らせ​を​伝える​ため​に,どんな​犠牲​を​払い​まし​た​か。

13 テモテ​は​恐らく​10​代​後半​か​20​代​初め​ごろ,痛み​の​伴う​割礼​を​受け​まし​た。これ​から​良い​知らせ​を​伝え​よう​と​し​て​い​た​ユダヤ​人​を​つまずか​せ​ない​ため​です。テモテ​は​パウロ​と​同じ​見方​を​し​て​い​まし​た。(使徒 16:3。コリ​一 9:19‐23)あなた​も​テモテ​の​よう​に,他​の​ 人​の​ため​に​進ん​で​犠牲​を​払い​たい​と​思い​ます​か。

「円熟​に​向かっ​て​進ん​で​ゆき​ましょ​う」

14,15. (イ)どう​すれ​ば​円熟​に​向かっ​て​成長​でき​ます​か。(ロ)クリスチャン​と​し​て​の​円熟​は​どの​よう​に​表われ​ます​か。

14 わたしたち​は​皆,「キリスト​に​関する​初歩​の​教理​を​離れ」て,「円熟​に​向かっ​て​進ん​で​ゆき」たい​と​願っ​て​い​ます。(ヘブ 6:1,2)でも​自動​的​に​円熟​し​た​クリスチャン​に​なれる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。「進ん​で​ゆ[く]」つまり​努力​し​続ける​必要​が​あり​ます。円熟​に​向かっ​て​成長​する​に​は,知識​や​理解​を​深め​て​いか​なけれ​ば​なり​ませ​ん。聖書​を​毎日​読む​こと​が​繰り返し​勧め​られ​て​いる​の​は​その​ため​です。(詩 1:1‐3)あなた​は​その​よう​に​努力​し​て​い​ます​か。毎日​聖書​を​読め​ば,エホバ​の​律法​と​原則​を​一層​深く​理解​する​こと​が​でき​ます。

15 クリスチャン​に​とっ​て​最も​大切​な​の​は​愛​の​律法​です。イエス​は​弟子​たち​に​こう​言い​まし​た。「あなた方​の​間​に​愛​が​あれ​ば,それ​に​よっ​て​すべて​の​人​は,あなた方​が​わたし​の​弟子​で​ある​こと​を​知る​の​です」。(ヨハ 13:35)イエス​の​異父​兄弟​ヤコブ​は,愛​が「王​たる​律法」で​ある​と​述べ​まし​た。(ヤコ 2:8)パウロ​は,「愛​は​律法​を​全うする​もの」だ​と​述べ​て​い​ます。(ロマ 13:10)愛​が​強調​さ​れ​て​いる​の​は​当然​の​こと​です。「神​は​愛」だから​です。(ヨハ​一 4:8)神​の​愛​は​単なる​感情​で​は​あり​ませ​ん。ヨハネ​は​こう​書い​て​い​ます。「わたしたち​の​場合,これ​に​よっ​て​神​の​愛​が​明らか​に​され​まし​た。すなわち,神​は​ご自分​の​独り子​を​世​に​遣わし,彼​に​よっ​て​わたしたち​が​命​を​得​られる​よう​に​し​て​くださっ​た​から​です」。(ヨハ​一 4:9)神​は​愛​を​行動​で​示さ​れ​まし​た。円熟​し​た​クリスチャン​は,エホバ,イエス,兄弟​姉妹,他​の​人々​に​豊か​な​愛​を​示し​ます。(マタ 22:37‐39

神​の​原則​に​基づい​て​考える​なら,良心​は​正しい​決定​を​する​助け​に​なる。(16​節​を​参照。)

16. 円熟​に​向かっ​て​進歩​する​ため​に,原則​に​従う​こと​が​大切​な​の​は​なぜ​です​か。

16 律法​が​特定​の​状況​に​当てはまる​の​に​対し​て,原則​は​もっと​広い​範囲​に​適用​でき​ます。クリスチャン​は​円熟​に​向かっ​て​成長​する​に​つれ, 原則​に​従う​こと​の​大切​さ​を​いっそう​理解​する​よう​に​なり​ます。例えば,子ども​は​幼い​時,悪い​友達​と​遊ぶ​危険​を​理解​し​て​い​ない​か​も​しれ​ませ​ん。それ​で​親​は​子ども​を​守る​ため,何​か​の​規則​を​設ける​でしょ​う。(コリ​一 15:33)でも​子ども​は​成長​する​に​つれ,思考​力​を​身​に​着け,聖書​の​原則​に​基づい​て​考え​られる​よう​に​なり​ます。友達​を​選ぶ​際​に​も​賢い​決定​が​でき​ます。コリント​第 13:11; 14:20を​読む。)わたしたち​も​神​の​原則​に​基づい​て​考える​なら,良心​は​神​の​お考え​に​調和​する​よう​に​なり,正しい​決定​を​する​助け​に​なり​ます。

17. 賢い​決定​を​する​うえ​で​役立つ​どんな​もの​が​あり​ます​か。

17 わたしたち​は,エホバ​に​喜ば​れる​賢い​決定​を​する​うえ​で​必要​な​もの​を​すべて​持っ​て​い​ます。聖書​に​は,「十分​な​能力​を​備え,あらゆる​良い​業​に​対し​て​全く​整え​られ​た​者​と​なる」うえ​で​役立つ​律法​と​原則​が​収め​られ​て​い​ます。(テモ​二 3:16,17)「何​が​エホバ​の​ご意志​で​ある​か​を​見分け[る]」ため,聖書​の​原則​を​探し​ましょ​う。(エフェ 5:17)その​ため​に​役立つ​様々​な​ツール​が​あり​ます。「ものみの塔​出版​物​索引」,「エホバ​の​証人​の​ため​の​リサーチガイド」,Watchtower Library,「ものみの塔 オンライン​・​ライブラリー」,JW Library​など​です。こう​し​た​ツール​を​個人​研究​や​家族​研究​で​活用​し​ましょ​う。

聖書​に​よっ​て​良心​を​訓練​する​なら​祝福​さ​れる

18. エホバ​の​律法​と​原則​に​従う​なら,どんな​祝福​を​得​られ​ます​か。

18 エホバ​の​律法​と​原則​に​従う​なら​多く​の​祝福​を​得​られ​ます。詩編 119​編​97‐100​節​に​は​こう​あり​ます。「わたし​は​どんな​に​あなた​の​律法​を​愛し​て​いる​こと​でしょ​う。それ​は​一日​じゅう​わたし​の​思い​と​なっ​て​い​ます[または,それ​を​一日​中​じっくり​考え​ます]。あなた​の​おきて​は​わたし​を​わたし​の​敵​より​も​賢く​し​ます。それ​は​定め​の​ない​時​に​至る​まで​わたし​の​もの​だ​から​です。わたし​は​自分​の​すべて​の​教師​に​勝る​洞察​力​を​得る​よう​に​なり​まし​た。それ​は,あなた​の​諭し​が​わたし​の​思い​と​なっ​て​いる​から​です。わたし​は​年長​者​に​勝る​理解​力​を​もっ​て​行動​し​ます。それ​は,わたし​が​あなた​の​命令​を​守り行なっ​た​から​です」。時間​を​取っ​て,神​の​律法​と​原則​を「じっくり​考え」ましょ​う。そうすれば,知恵​と​洞察​力​と​理解​力​を​もっ​て​行動​する​こと​が​でき​ます。神​の​律法​と​原則​に​よっ​て​良心​を​訓練​する​なら,「キリスト​の​満ち満ち​た​さま​に​属する​丈​の​高さ」に​達する​こと​が​できる​でしょ​う。(エフェ 4:13