内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

「光を……輝かせ」,エホバに栄光をもたらす

「光を……輝かせ」,エホバに栄光をもたらす

「あなた方​の​光​を​人々​の​前​に​輝かせ,人々​が……あなた方​の​父​に​栄光​を​帰する​よう​に​し​なさい」。マタイ 5:16

歌: 143,104

1. わたしたち​は​どんな​こと​を​うれしく​思っ​て​い​ます​か。

エホバ​の​民​が​増加​し​て​いる​の​は​本当​に​うれしい​こと​です。昨年​は​1000万​件​以上​の​聖書​研究​が​司会​さ​れ​まし​た。神​の​僕​たち​が​光​を​輝か​せ​て​いる​証拠​です。記念​式​に​は,兄弟​姉妹​に​加え​て​1000万​人​以上​の​人​たち​が​出席​し,贖い​と​いう​神​の​愛​ある​贈り物​に​つい​て​学び​まし​た。(ヨハ​一 4:9

2,3. (イ)わたしたち​が「世​を​照らす​者​と​し​て​輝[く]」うえ​で,どんな​こと​は​障害​に​なり​ませ​ん​か。(ロ)この​記事​で​は​どんな​点​を​考え​ます​か。

2 世界​中​の​エホバ​の​民​は​様々​な​言語​を​用い​て​い​ます。それでも,1​つ​の​家族​と​し​て​エホバ​を​賛美​し​て​い​ます。(啓 7:9)母語​や​住む​場所​が​違っ​て​も,皆​が「世​を​照らす​者​と​し​て​輝[いて]」い​ます。(フィリ 2:15

3 エホバ​の​民​は​神​に​仕える​よう​人々​を​助け,一致​し,ずっ​と​見張っ​て​い​ます。その​結果,エホバ​に​栄光​が​もたらさ​れ​て​い​ます。この​記事​で​は,そう​し​た​3​つ​の​方法​を​取り上げ,どの​よう​に​光​を​輝か​せる​こと​ が​できる​か​を​考え​ます。マタイ 5:14‐16を​読む。)

神​に​仕える​よう​人々​を​助ける

4,5. (イ)伝道​に​加え,どんな​方法​で​光​を​輝か​せる​こと​が​でき​ます​か。(ロ)人々​に​友好​的​に​接する​なら,どんな​良い​結果​が​得​られる​か​も​しれ​ませ​ん​か。(冒頭​の​写真​を​参照。)

4 「残さ​れ​て​いる​期間,主​に​忠実​で​ある​ため​に​は,光​を​輝か​せる​機会​を​生かさ​なけれ​ば​なら​ない」。「ものみの塔」(英語)1925​年​6​月​1​日​号​の「闇​の​中​の​光」と​いう​記事​に​は​そう​記さ​れ​て​い​ます。さらに​こう​あり​ます。「人々​に​良い​知らせ​を​伝え,光​に​ふさわしい​生き方​を​し​なけれ​ば​なら​ない」。光​を​輝か​せる​一つ​の​方法​は,良い​知らせ​を​伝え,人々​を​弟子​と​する​こと​です。(マタ 28:19,20)行ない​に​よっ​て​エホバ​に​栄光​を​もたらす​こと​も​でき​ます。家​の​人​や​道行く​人​たち​は,わたしたち​の​行動​を​見​て​い​ます。わたしたち​が​温かく​ほほえみ,明るく​あいさつ​する​なら,人々​は​良い​印象​を​持ち,わたしたち​の​崇拝​する​神​に​引き寄せ​られる​か​も​しれ​ませ​ん。

5 イエス​は​弟子​たち​に,「家​の​中​に​入る​とき​に​は,家​の​者​たち​に​あいさつ​を​し​なさい」と​述べ​まし​た。(マタ 10:12)イエス​や​使徒​たち​が​伝道​し​て​い​た​地域​で​は,見知ら​ぬ​人​を​家​に​迎え入れる​の​が​一般​的​でし​た。今日,多く​の​人​は,見知ら​ぬ​人​が​訪ね​て​くる​と​警戒​し​ます。それでも,わたしたち​が​明るく​友好​的​に​あいさつ​し,自己​紹介​する​なら,家​の​人​の​不安​は​和らぐ​でしょ​う。温かい​ほほえみ​は​最高​の​自己​紹介​です。文書​カート​を​使っ​て​公​の​証言​を​する​時​に​も,ほほえみ​は​大切​です。温かく​ほほえん​で​あいさつ​する​と,人々​は​自然​と​引き寄せ​られ,文書​カート​の​出版​物​に​手​を​伸ばす​か​も​しれ​ませ​ん。会話​が​始まる​こと​も​あり​ます。

6. ある​年配​の​夫婦​は​どの​よう​に​奉仕​し​て​い​ます​か。

6 英国​に​住む​ある​年配​の​夫婦​は,健康​上​の​理由​で​家​から​家​の​奉仕​が​ほとんど​でき​ませ​ん。それで,自宅​の​すぐ​外​で​光​を​輝か​せる​こと​に​し​まし​た。近く​の​学校​に​親​たち​が​子ども​を​迎え​に​来る​時間​帯​に,家​の​外​に​テーブル​を​出し,聖書​の​出版​物​を​並べ​ます。多く​の​親​が​興味​を​持ち,「若い​人​が​尋ねる​質問 ― 実際​に​役立つ​答え」第​1​巻,第​2​巻​や​冊子​を​持っ​て​いき​まし​た。会衆​の​開拓​者​の​姉妹​も​一緒​に​奉仕​し​まし​た。姉妹​は​人々​に​友好​的​に​接し,年配​の​夫婦​も​熱心​に​奉仕​し​まし​た。その​結果,1​人​の​親​が​聖書​研究​を​始め​まし​た。

7. どの​よう​に​難民​を​助ける​こと​が​でき​ます​か。

7 最近,多く​の​国​に​難民​が​移住​し​て​い​ます。そう​し​た​人​たち​に​エホバ​と​エホバ​の​目的​に​つい​て​伝える​ため,何​が​できる​でしょ​う​か。まず,その​人​たち​の​言語​の​あいさつ​を​覚える​こと​が​でき​ます。JW Language​が​役立つ​でしょ​う。会話​の​きっかけ​に​なる​フレーズ​を​幾つ​か​覚える​こと​も​でき​ます。相手​が​興味​を​示す​なら​jw.org​を​紹介​し,その​人​の​言語​の​ビデオ​や​出版​物​を​見せる​こと​が​できる​でしょ​う。(申 10:19

8,9. (イ)週日​の​集会​で​は​どんな​こと​を​学べ​ます​か。(ロ)親​は​子ども​が​集会​で​注解​する​よう​どの​よう​に​助ける​こと​が​でき​ます​か。

8 愛情​深い​エホバ​は,わたしたち​が​宣教​を​上手​に​行なえる​よう,必要​な​助け​を​与え​て​くださっ​て​い​ます。例えば,生活​と​奉仕​の​集会​が​あり​ます。この​集会​で​学ぶ​事柄​は,自信​ を​持っ​て​再​訪問​を​行ない,聖書​研究​を​司会​する​うえ​で​役立ち​ます。

9 集会​に​初めて​来る​人​たち​は,子ども​たち​が​注解​する​の​を​見​て​感心​し​ます。親​の​皆さん,子ども​たち​が​自分​の​言葉​で​注解​し,光​を​輝か​せる​こと​が​できる​よう​助け​て​ください。短く​て​も​心​の​こもっ​た​子ども​たち​の​注解​を​聞い​て,真理​に​引き寄せ​られる​人​も​いる​の​です。(コリ​一 14:25

一致​を​強める

10. 家族​の​一致​を​強める​うえ​で,家族​の​崇拝​は​どの​よう​に​役立ち​ます​か。

10 光​を​輝か​せる​別​の​方法​は,家族​や​会衆​の​一致​を​強める​こと​です。その​ため​に,親​は​家族​の​崇拝​を​定期​的​に​行なう​必要​が​あり​ます。多く​の​家庭​で​は​毎月,JW Broadcasting​を​見​て​い​ます。プログラム​を​見​た​後,学ん​だ​こと​を​どの​よう​に​適用​できる​か​を​話し合い​ましょ​う。幼い​子ども​が​必要​と​する​事柄​と​十​代​の​子ども​が​必要​と​する​事柄​は​違い​ます。学ん​だ​こと​を​子ども​たち​全員​が​適用​できる​よう​に​助け​ましょ​う。(詩 148:12,13

年配​の​人​と​親しく​なる​なら,大きな​励み​が​得​られる。(11​節​を​参照。)

11‐13. 会衆​の​一致​を​強め,光​を​輝か​せる​よう​他​の​人​たち​を​助ける​ため,どんな​こと​が​でき​ます​か。

11 若い​皆さん​も​会衆​の​一致​を​強め,光​を​輝か​せる​よう​他​の​人​たち​を​助ける​こと​が​でき​ます。年配​の​兄弟​姉妹​と​親しく​なる​よう​に​する​の​は​どう​です​か。これ​まで​の​奉仕​に​つい​て​尋ねる​なら,励み​に​なる​話​が​聞ける​でしょ​う。あなた​自身​も​年配​の​兄弟​姉妹​も,真理​の​光​を​もっと​輝か​せ​たい​と​思う​はず​です。わたしたち​は​皆,王国​会館​に​来る​人​たち​を​歓迎​でき​ます。そうすれば,会衆​の​一致​が​強まり​ます。新しい​人​たち​も​やがて​光​を​輝か​せ​たい​と​思う​こと​でしょ​う。新しい​人​たち​に​笑顔​で​あいさつ​し,席​を​見つけ​て​あげる​こと​が​でき​ます。他​の​兄弟​姉妹​に​も​紹介​し​て​ください。居​心地​が​良い​と​感じ​られる​よう​助け​ましょ​う。

12 野外​奉仕​の​ため​の​集まり​を​司会​する​兄弟​も,年配​の​兄弟​姉妹​の​助け​に​なれ​ます。奉仕​し​やすい​区域​を​割り当てる​の​は​親切​な​ こと​です。若い​人​が​一緒​に​奉仕​し​て​サポート​で​きる​よう​取り決める​こと​も​でき​ます。健康​や​他​の​事情​で​思う​よう​に​奉仕​でき​ない​兄弟​姉妹​に​も​理解​や​思いやり​を​示し​ましょ​う。そうすれば,若い​人​も​年配​の​人​も,経験​の​浅い​人​も​経験​の​豊か​な​人​も,熱心​に​伝道​する​よう​励まさ​れる​こと​でしょ​う。(レビ 19:32

13 詩編​作者​は​心​を​こめ​て​こう​述べ​まし​た。「兄弟​たち​が​一致​の​うち​に​共​に​住む​の​は​何​と​良い​こと​で​あろ​う。それ​は​何​と​快い​こと​で​あろ​う」。 133:1,2を​読む。)イスラエル​人​は​エホバ​を​崇拝​する​仲間​と​一緒​に​いる​こと​に​よっ​て,良い​影響​を​受け​まし​た。兄弟​たち​と​の​一致​は,頭​に​注が​れる​油​の​よう​に,快く​さわやか​な​もの​でし​た。あなた​も​他​の​人​に​良い​影響​を​与え,会衆​の​一致​を​強め​たい​と​思う​の​で​は​あり​ませ​ん​か。すでに​その​よう​な​努力​を​払っ​て​いる​なら,それ​は​素晴らしい​こと​です。これ​から​も「自分​を​広く​し」,兄弟​たち​に​深い​気遣い​を​示し​ましょ​う。(コリ​二 6:11‐13

14. 近所​の​人​たち​に​どの​よう​に​光​を​輝か​せる​こと​が​でき​ます​か。

14 近所​の​人​たち​に​聖書​の​真理​の​光​を​輝か​せる​こと​も​大切​です。親切​な​言葉​を​かけ,思いやり​深く​接し​ましょ​う。近所​の​人​たち​は​聖書​を​学び​たい​と​思う​よう​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。こう​自問​でき​ます。「近所​の​人​たち​は​わたし​を​どう​見​て​いる​だろ​う​か。家​や​庭​を​きれい​に​し​て​いる​だろ​う​か。近所​の​人​たち​を​進ん​で​助け​て​いる​だろ​う​か」。多く​の​兄弟​姉妹​は,親族​や​近所​の​人​や​同僚​や​クラスメート​に​親切​に​接し​たり,聖書​の​原則​に​沿っ​て​行動​し​たり​する​こと​で​良い​結果​を​得​て​い​ます。経験​を​尋ね​て​みる​の​は​どう​です​か。(エフェ 5:9

ずっ​と​見張っ​て​いる

15. ずっ​と​見張っ​て​いる​こと​が​大切​な​の​は​なぜ​です​か。

15 光​を​明るく​輝か​せる​ため​に​は,イエス​が​何​度​も​勧め​た​とおり,「ずっ​と​見張っ​て​い[る]」必要​が​あり​ます。(マタ 24:42; 25:13; 26:41)「大​患難」は​まだ​遠い​先​だ​と​か,自分​の​生き​て​いる​間​に​は​来​ない,と​思っ​て​いる​なら,伝道​に​対する​熱意​は​弱まっ​て​しまう​でしょ​う。(マタ 24:21)光​を​明るく​輝か​せる​どころ​か,光​は​弱まり,消え​て​しまう​か​も​しれ​ませ​ん。

16,17. どう​すれ​ば​ずっ​と​見張っ​て​いる​こと​が​でき​ます​か。

16 世界​の​状態​が​ますます​悪化​し​て​いる​の​で,いつも​見張っ​て​いる​必要​が​あり​ます。エホバ​は​最も​ふさわしい​時​に​悪​を​一掃​さ​れ​ます。その​こと​に​疑問​の​余地​は​あり​ませ​ん。(マタ 24:42‐44)その​時​まで​辛抱​し,注意​を​怠ら​ない​よう​に​し​ましょ​う。聖書​を​毎日​読み,絶え​ず​祈っ​て​ください。(ペテ​一 4:7)多く​の​兄弟​姉妹​は​ずっ​と​見張っ​て​い​て,光​を​輝か​せ​て​い​ます。そう​し​た​兄弟​姉妹​の​手本​から​学び​ましょ​う。例えば,「ものみの塔」2012​年​4​月​15​日​号​18‐21​ページ​に​は「ユダヤ​人​の​すそ​を​とらえ​て​70​年」と​いう​ライフ​・​ストーリー​が​載せ​られ​て​い​ます。

17 エホバ​に​一生​懸命​仕え,兄弟​姉妹​と​の​交友​を​楽しん​で​ください。とても​充実​し​た​時間​を​過ごす​こと​が​でき,時間​が​あっと​いう​間​に​過ぎ​て​いく​でしょ​う。(エフェ 5:16)100​年​前,兄弟​たち​は​勤勉​に​奉仕​し,多く​の​こと​を​成し遂げ​まし​た。でも,今​の​わたしたち​は,エホバ​の​導き​の​もと,もっと​多く​の​こと​を​成し遂げ​ て​い​ます。以前​に​は​想像​も​し​なかっ​た​よう​な​明るい​光​を​輝か​せ​て​い​ます。

牧羊​訪問​の​際,聖書​の​知恵​を​学ぶ​こと​が​できる。(18,19​節​を​参照。)

18,19. 長老​たち​は,わたしたち​が​エホバ​に​熱心​に​仕える​よう​どの​よう​に​励まし​て​くれ​ます​か。例​を​挙げ​て​ください。

18 わたしたち​は​不​完全​です​が,エホバ​に​喜ば​れる​奉仕​を​行なう​こと​が​でき​ます。エホバ​は​わたしたち​の​ため​に「人々​の​賜物」つまり​長老​たち​を​与え​て​くださっ​て​い​ます。エフェソス 4:8,11,12を​読む。)長老​たち​が​牧羊​訪問​し​て​くれる​時,長老​たち​の​知恵​から​学び,アドバイス​を​当てはめ​ましょ​う。

19 英国​の​2​人​の​長老​は,問題​を​抱える​夫婦​から​援助​を​求め​られ​まし​た。妻​は​夫​が​エホバ​に​仕える​点​で​率先​し​て​くれ​ない​と​感じ​て​い​まし​た。夫​は​自分​の​教え方​が​上手​で​は​なかっ​た​こと,家族​の​崇拝​を​定期​的​に​行なっ​て​い​なかっ​た​こと​を​認め​まし​た。長老​たち​は​2​人​に,イエス​の​手本​に​つい​て​考える​よう​勧め​まし​た。夫​に​は,弟子​たち​の​必要​と​する​事柄​を​考え​て​愛情​深く​世話​し​た​イエス​に​倣う​よう​勧め​まし​た。妻​に​は​辛抱強く​ある​よう​勧め​まし​た。子ども​たち​2​人​と​一緒​に​家族​の​崇拝​を​行なう​ため,夫婦​で​どの​よう​に​協力​できる​か​も​アドバイス​し​まし​た。(エフェ 5:21‐29)夫​は​アドバイス​を​当てはめる​よう​努力​し​まし​た。長老​たち​は​夫​の​努力​を​褒め,聖霊​に​頼っ​て​家族​の​頭​の​責任​を​果たし​続ける​よう​勧め​まし​た。長老​たち​の​愛情​深い​気遣い​と​支え​は,この​家族​が​光​を​輝か​せる​助け​に​なり​まし​た。

20. 光​を​輝か​せる​なら,どんな​良い​結果​が​得​られ​ます​か。

20 詩編​作者​は,「すべて​エホバ​を​恐れる​者,その​道​を​歩む​者​は​幸い​で​ある」と​述べ​まし​た。(詩 128:1)神​に​仕える​よう​人々​を​助け,家族​や​会衆​の​一致​を​強め,ずっ​と​見張っ​て​い​ましょ​う。その​よう​に​し​て​光​を​輝か​せる​なら,いっそう​幸福​に​なれ​ます。あなた​の​りっぱ​な​行動​を​見る​人​たち​は,エホバ​の​栄光​を​たたえる​よう​に​なる​でしょ​う。(マタ 5:16