問題​や​ストレス​の​多い​世​の​中​で,平穏​な​気持ち​を​保つ​の​は​簡単​で​は​あり​ませ​ん。どう​すれ​ば​穏やか​な​気持ち​を​保て​ます​か。聖書​は​どの​よう​に​役立ち​ます​か。どの​よう​に​他​の​人​を​助ける​こと​が​でき​ます​か。

どう​すれ​ば​平穏​な​気持ち​に​なれる​か

平穏​な​気持ち​で​いる​ため​に​は,安心​感​や​幸福​感​が​必要​です。他​の​人​たち​と​の​良い​関係​も​必要​です。何​より​も,神​と​の​友情​を​築く​必要​が​あり​ます。その​ため​に​何​が​できる​でしょ​う​か。

問題​の​多い​世​の​中​で​平穏​な​気持ち​を​保つ​の​は​難しい。

神​と​の​平和​な​関係​を​築き​たい​と​いう​願い​や,神​へ​の​信頼​を​表わす​に​は,エホバ​の​命令​や​義​の​原則​に​従わ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(エレ 17:7,8。ヤコ 2:22,23)そうすれば,神​は​わたしたち​に​近づい​て​くださり,平穏​な​気持ち​を​持たせ​て​ください​ます。イザヤ 32​章​17​節​に​は​こう​あり​ます。「真​の​義​の​働き​は​必ず​平和​と​なり,真​の​義​の​奉仕​は​定め​の​ない​時​に​至る​平穏​と​安全​と​なる」。エホバ​に​心​から​従う​なら,本当​に​穏やか​な​気持ち​に​なり​ます。(イザ 48:18,19

平穏​な​気持ち​を​保つ​に​は,天​の​父​から​の​素晴らしい​贈り物​で​ある​聖霊​の​助け​が​必要​です。(使徒 9:31

神​の​霊​の​助け​に​よっ​て​平穏​な​気持ち​を​保つ

使徒​パウロ​は「霊​の​実」の​3​つ​目​の​面​と​し​て​平和​を​挙げ​て​い​ます。(ガラ 5:22,23)平和​は​神​の​霊​に​よっ​て​生み出さ​れる​特質​な​の​で,平穏​な​気持ち​を​保つ​に​は​聖霊​の​導き​に​従う​必要​が​あり​ます。聖霊​の​助け​を​得る​ため​の​2​つ​の​方法​を​考え​ましょ​う。

,神​の​霊感​を​受け​て​記さ​れ​た​聖書​を​定期​的​に​読ま​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(詩 1:2,3)聖書​の​言葉​を​黙想​する​なら,神​の​霊​の​助け​に​よっ​て​ エホバ​の​お考え​を​よく​理解​でき​ます。例えば,神​が​どの​よう​に​穏やか​な​態度​を​保た​れる​か,神​に​とっ​て​平和​が​どれ​ほど​大切​か​が​分かり​ます。聖書​から​学ん​だ​こと​を​自分​に​当てはめる​なら,平穏​な​気持ち​を​抱け​ます。(箴 3:1,2

,神​の​聖霊​を​祈り​求め​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(ルカ 11:13)神​の​助け​を​求める​なら,「一切​の​考え​に​勝る​神​の​平和​が,[わたしたち]の​心​と​知力​を,キリスト​・​イエス​に​よっ​て​守っ​て」くれ​ます。(フィリ 4:6,7)エホバ​の​霊​に​頼る​人​は​平穏​な​気持ち​に​なれ​ます。これ​は​神​と​の​貴重​な​友情​を​持つ​人​だけ​が​味わえる​気持ち​です。(ロマ 15:13

聖書​の​こう​し​た​助言​を​当てはめ​て,必要​な​変化​を​遂げ​た​人​たち​は​少なく​あり​ませ​ん。穏やか​な​気持ち​に​なり,エホバ​や​他​の​人​たち​と​の​平和​な​関係​を​築い​て​い​ます。

変化​を​遂げ​た​人​たち

クリスチャン​会衆​に​は,以前​は「怒り​やすい」性格​だっ​た​もの​の,今​で​は​辛抱強く​親切​で,他​の​人​に​穏やか​に​接する​こと​が​できる​よう​に​なっ​た​兄弟​姉妹​が​い​ます。 *箴 29:22)怒り​を​コントロール​し,他​の​人​たち​と​仲良く​できる​よう​に​なっ​た​2​人​の​人​に​つい​て​考え​ましょ​う。

聖書​の​原則​を​当てはめ,神​の​霊​を​祈り​求める​なら,平穏​な​気持ち​に​なれる。

デービッド​は​真理​を​知る​前,とても​批判​的​で,家族​に​乱暴​な​話し方​を​し​て​い​まし​た。でも​真理​を​学び,穏やか​な​人​に​なる​必要​が​ある​こと​に​気づき​まし​た。どんな​努力​を​し​た​でしょ​う​か。こう​言い​ます。「聖書​の​原則​を​生活​に​当てはめる​よう​に​し​まし​た。そう​する​と,家族​に​敬意​を​こめ​て​接する​こと​が​できる​よう​に​なり​まし​た」。

レイチェル​の​場合,家庭​環境​の​強い​影響​が​あり​まし​た。こう​言い​ます。「今​で​も​かっと​なら​ない​よう​に​する​の​が​大変​です。けんか​の​絶え​ない​家庭​で​育っ​た​から​です」。穏やか​な​人​に​なる​ため​に​何​が​役立っ​た​でしょ​う​か。「祈っ​て​エホバ​に​頼る​こと​です」と​述べ​て​い​ます。

デービッド​や​レイチェル​の​よう​に,聖書​の​原則​ を​当てはめ,神​の​霊​に​頼る​こと​に​よっ​て,穏やか​さ​を​示せる​よう​に​なっ​た​兄弟​姉妹​は​大勢​い​ます。怒り​を​表わす​人​たち​の​多い​世​の​中​で​も,穏やか​な​気持ち​を​保ち,家族​や​仲間​の​クリスチャン​と​仲良く​やっ​て​いく​こと​は​可能​です。と​は​いえ​エホバ​は,「すべて​の​人​に​対し​て​平和​を​求め​なさい」と​勧め​て​おら​れ​ます。(ロマ 12:18)どう​すれ​ば​すべて​の​人​に​対し​て​平和​を​求める​こと​が​でき​ます​か。その​よう​に​努力​する​なら,どんな​良い​結果​に​なり​ます​か。

他​の​人​たち​と​の​平和​を​求める

宣教​に​参加​する​なら,王国​に​関する​平和​の​知らせ​を​人々​に​伝える​こと​が​でき​ます。(イザ 9:6,7。マタ 24:14)世​の​中​の​出来事​を​見​て​絶望​感​や​怒り​を​感じ​て​い​た​人​たち​も,この​知らせ​を​聞い​て,将来​に​対する​希望​を​持てる​よう​に​なっ​て​い​ます。「平和​を​見いだす​よう​に​努め,それ​を​追い求め」る​よう​に​も​なっ​て​い​ます。(詩 34:14

すべて​の​人​が​この​知らせ​に​耳​を​傾ける​わけ​で​は​あり​ませ​ん。特に​最初​は​関心​を​示さ​ない​人​も​いる​でしょ​う。(ヨハ 3:19)それでも,神​の​霊​の​助け​が​あれ​ば,穏やか​な​態度​で​敬意​を​こめ​て​良い​知らせ​を​伝える​こと​が​でき​ます。その​よう​に​する​なら,マタイ 10​章​11‐13​節​に​ある​イエス​の​助言​に​従っ​て​いる​こと​に​なり​ます。イエス​は​こう​勧め​まし​た。「家​の​中​に​入る​とき​に​は,家​の​者​たち​に​あいさつ​を​し​なさい。そして,その​家​が​ふさわしい​なら,あなた方​の​願う​平安​を​そこ​に​臨ま​せ​なさい。しかし,もし​ふさわしく​ない​なら,あなた方​から​の​平安​を​あなた方​の​もと​に​帰ら​せ​なさい」。たとえ​家​の​人​が​良い​反応​を​示さ​なく​て​も,穏やか​な​気持ち​で​立ち去る​よう​に​し​ましょ​う。その​人​は​いつか​耳​を​傾ける​か​も​しれ​ませ​ん。

政府​当局​者​に​敬意​を​こめ​て​接する​こと​も​大切​です。エホバ​の​証人​の​活動​に​反対​し​て​いる​当局​者​に​対し​て​も​そう​です。次​の​よう​な​例​が​あり​ます。アフリカ​の​ある​国​の​政府​は​偏見​を​抱き,王国​会館​の​建設​を​許可​し​ませ​ん​でし​た。問題​を​平和​的​に​解決​する​ため,以前​この​国​で​宣教​者​と​し​て​奉仕​し​て​い​た​ある​兄弟​が,英国​ロンドン​に​駐在​し​て​いる​この​国​の​高等​弁務​官​と​面会​する​こと​に​なり​まし​た。エホバ​の​証人​の​活動​が​平和​的​な​もの​で​ある​こと​を​説明​する​ため​です。どんな​結果​に​なっ​た​でしょ​う​か。

兄弟​は​こう​述べ​て​い​ます。「事務​所​の​受付​に​は​女性​職員​が​い​まし​た。その​女性​の​服装​を​見​て,どの​部族​の​人​か​すぐ​に​分かり​まし​た。わたし​が​その​部族​の​言葉​で​あいさつ​する​と,女性​は​驚い​た​様子​で,『ご用件​は​何​でしょ​う​か』と​言い​まし​た。わたし​が『高等​弁務​官​に​お目​に​かかり​たい​の​です​が』と​言う​と,弁務​官​に​電話​し​て​くれ​まし​た。受付​に​出​て​き​た​弁務​官​は​部族​語​で​あいさつ​し​て​くれ​まし​た。エホバ​の​証人​の​活動​が​平和​的​な​もの​で​ある​こと​を​説明​する​と,よく​耳​を​傾け​て​くれ​まし​た」。

兄弟​が​敬意​を​こめ​て​説明​し​た​結果,エホバ​の​証人​に​対する​弁務​官​の​誤解​は​解け​まし​た。その​後​ま​も​なく,王国​会館​の​建設​許可​が​下り,兄弟​たち​は​とても​喜び​まし​た。他​の​人​に​敬意​を​こめ​て​接する​なら,多く​の​良い​結果​が​生じ​ます。平和​な​関係​を​築く​こと​が​できる​の​です。

平和​を​永遠​に​楽しむ

今日,エホバ​の​民​は​平和​の​満ちる​霊的​パラダイス​に​い​ます。霊​の​実​の​一面​で​ある​平和​と​いう​特質​を​表わす​よう​努力​する​なら,エホバ​の​民​の​平和​に​貢献​でき​ます。何​より​も,エホバ​の​是認​を​得る​こと​が​でき,神​の​新しい​世​で​豊か​な​平和​を​永遠​に​楽しめる​の​です。(ペテ​二 3:13,14

^ 13節 親切​と​いう​特質​は,神​の​聖霊​の​実​に​関する​この​シリーズ​記事​で​今後​取り上げ​られ​ます。