内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

読者からの質問

読者からの質問

「新​世界​訳​聖書」2013​年​改訂​版(英語)では,詩編 144​編​12‐15​節​が​神​の​民​に​関する​記述​と​し​て​訳さ​れ​て​い​ます。以前​は,11​節に​出​て​くる​異国​の​悪い​人々​が​語っ​た​言葉​と​し​て​訳さ​れ​て​い​まし​た。訳​が​変更​さ​れ​た​の​は​なぜ​です​か。

どちら​の​訳し方​も​でき​ます。しかし,次​に​挙げる​幾つ​か​の​理由​で​訳​が​変更​さ​れ​まし​た。

  1. しい​訳は,ヘブライ​語の​意や​文に​沿っ​て​いる。詩編 144​編​12‐15​節​と​その​前​の​数​節​と​の​関連​は,12​節の​最初​の​語(ヘブライ​語​アシェル)の​意味​に​よっ​て​決まり​ます。アシェル​と​いう​語​は​幾つ​か​の​訳し方​が​あり​ます。例えば,関係​代名詞​と​し​て​訳せ​ます。その​場合,12​節​から​14​節に​述べ​られ​て​いる​良い​事柄​は,その​前​の​数​節​に​出​て​くる​悪い​人々​に​当てはまり​ます。また,アシェル​は​結果​を​指す​こと​も​あり​ます。その​場合,「それで」,「その​結果」,「そう​なれ​ば」など​と​訳せ​ます。英語​の​2013​年​改訂​版​や​他​の​聖書​翻訳​は​その​よう​な​意味​に​訳し​て​い​ます。

  2. しい​訳は, 144​編の​内と​調し​て​いる。アシェル​が​結果​を​指す​場合,12​節​から​14​節の​祝福​を​受ける​の​は,悪い​人々​から「自由​に​し,救い出し​て​ください」(11​節)と​求め​て​いる​しい​人​です。15​節に​2​回​出​て​くる「幸い​だ」と​いう​表現​は​どちら​も,「エホバ​を​その​神​と​する」人々​に​当てはまる​こと​に​なり​ます。つまり,じ​人​に​つい​て​述べる​並行​表現​に​なり​ます。ヘブライ​語​の​原文​に​は​引用​符​など​の​句読​記号​が​あり​ませ​ん​でし​た。ですから,正確​に​訳す​に​は,ヘブライ​語​の​詩​の​形式,文脈,関係​する​他​の​聖句​など​を​考慮​に​入れる​必要​が​あり​ます。

  3. しい​訳は,神が​忠な​人を​祝する​こと​に​つい​て​記し​た​他の​聖と​調し​て​いる。アシェル​を​この​よう​に​訳す​と,詩編 144​編​の​作者​で​ある​ダビデ​の​確信​が​よく​伝わり​ます。イスラエル​国民​が​神​に​よっ​て​敵​から​救出​さ​れ​た​後,繁栄​し​て​幸福​な​生活​を​送れる​よう​に​なる,と​いう​確信​です。(レビ 26:9,10。申 7:13。詩 128:1‐6)例えば,申命記 28​章​4​節​に​は,「あなた​の​腹​の​実,あなた​の​地​の​実,あなた​の​畜獣​の​実​すなわち​牛​の​子​と​羊​の​子​は​祝福​さ​れる」と​約束​さ​れ​て​い​ます。実際,ダビデ​の​息子​ソロモン​の​治世​中,イスラエル​人​は​かつて​ない​ほど​の​平和​と​繁栄​を​楽しみ​まし​た。その​よう​な​祝福​は​メシア​の​支配​の​もと​で​の​祝福​を​垣間見​させる​もの​で​し​た。(王​一 4:20,21。詩 72:1‐20

詩編 144​編​の​訳​が​変わっ​た​から​と​いっ​て,聖書​の​教え​に​対する​理解​が​変わっ​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。しかし​詩編 144​編​全体​が,エホバ​の​民​の​抱い​て​いる​確信​と​いっそう​調和​し​た​もの​に​なり​まし​た。神​が​悪い​人々​を​滅ぼし​た​後,正しい​人々​は​永遠​に​平和​と​繁栄​を​楽しむ​よう​に​なる,と​いう​確信​です。(詩 37:10,11