内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

「ますます」励まし合いましょう

「ますます」励まし合いましょう

「互い​の​こと​を​よく​考え​て……互い​に​励まし合い,その​日​が​近づく​の​を​見​て​ますます​そう​し​よう​では​あり​ませ​ん​か」。ヘブライ 10:24,25

歌: 121,119

1. パウロ​が​ヘブライ​人​の​クリスチャン​に「ますます」励まし合う​よう​勧め​た​の​は​なぜ​です​か。

わたしたち​は​互い​に​いっそう​励まし合う​必要​が​あり​ます。なぜ​でしょ​う​か。使徒​パウロ​は​ヘブライ​人​の​クリスチャン​に​宛て​た​手紙​の​中​で​こう​述べ​まし​た。「互い​の​こと​を​よく​考え​て​愛​と​りっぱ​な​業​と​を​鼓舞​し​合い,ある​人々​が​習慣​に​し​て​いる​よう​に,集まり合う​こと​を​やめ​たり​せ​ず,むしろ​互い​に​励まし合い,その​日が​近づく​の​を​見て​ますます​そう​し​よう​では​あり​ませ​ん​か」。(ヘブ 10:24,25)それ​から​わずか​5​年​後​の​こと​です。エルサレム​に​住む​クリスチャン​は,イエス​の​予告​し​て​い​た​しるし​を​目​に​し,「エホバ​の……日」が​迫っ​て​いる​こと​を​知り​ます。イエス​の​指示​どおり,エルサレム​から​逃げ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(使徒 2:19,20。ルカ 21:20‐22)エホバ​の​日​は​西暦​70​年​に​来​まし​た。ローマ​人​が​エルサレム​に​対する​エホバ​の​裁き​を​執行​し​た​の​です。

2. 今日,兄弟​たち​を​いっそう​深く​気遣い,励ます​べき​な​の​は​なぜ​です​か。

2 今日,「大いなる​日……大いに​畏怖​の​念​を​抱か​せる」日​が​近づい​て​い​ます。(ヨエ 2:11)預言​者​ゼパニヤ​は​こう​述べ​まし​た。「エホバ​の​大いなる​日​は​近い。それ​は​近い。しかも​非常​に​急い​で​やっ​て​来る」。(ゼパ 1:14)この​預言​は​わたしたち​の​時代​に​も​当てはまり​ます。 ですから,パウロ​が​述べ​た​とおり,「互い​の​こと​を​よく​考え​て[または,気遣い]愛​と​りっぱ​な​業​と​を​鼓舞​し​合[う]」必要​が​あり​ます。(ヘブ 10:24)兄弟​たち​に​いっそう​深い​関心​を​払い,励まし​を​与える​べき​な​の​です。

励まし​が​必要​な​の​は​だれ​か

3. パウロ​の​言葉​から​どんな​こと​が​分かり​ます​か。(冒頭​の​挿絵​を​参照。)

3 「人​の​心​の​煩い事​は​これ​を​かがま​せ,良い​言葉​は​これ​を​歓ばせる」。(箴 12:25)だれ​も​が​この​聖句​に​共感​する​の​で​は​ない​でしょ​う​か。わたしたち​は​皆,励まし​の​言葉​を​必要​と​し​て​い​ます。他​の​人​を​励ます​立場​に​いる​人​も​励まし​を​必要​と​し​て​い​ます。パウロ​は​ローマ​に​住む​クリスチャン​に​こう​書い​て​い​ます。「わたし​は​あなた方​に​会う​こと​を​切望​し​て​いる​の​です。それ​は,あなた方​が​確固​と​し​た​者​と​なる​よう,霊的​な​賜物​を​少し​でも​分け与える​ため​です。いえ,むしろ​それ​は,あなた方​の​間​で,各々​互い​の,つまり​あなた方​と​わたし​の​信仰​に​よっ​て,相互​に​励まし合う​ため​な​の​です」。(ロマ 1:11,12)パウロ​は​他​の​人​を​励ます​点​で​素晴らしい​手本​を​示し​まし​た​が,自分​自身​も​励まし​を​必要​と​し​まし​た。ローマ 15:30‐32を​読む。)

4,5. どんな​人​を​励ます​こと​が​でき​ます​か。なぜ​です​か。

4 自己​犠牲​の​生活​を​し​て​いる​人​を​褒める​の​は​ふさわしい​こと​です。例えば​開拓​者​たち​は,エホバ​へ​の​奉仕​の​ため​に​生活​を​調整​し,大きな​犠牲​を​払っ​て​い​ます。宣教​者,巡回​監督​と​その​妻,支部​事務​所​や​遠隔​翻訳​事務​所​で​奉仕​する​人​たち​も,神聖​な​奉仕​に​多く​の​時間​を​充てる​ため,様々​な​犠牲​を​払っ​て​い​ます。その​よう​な​兄弟​姉妹​に​感謝​し,励まし​の​言葉​を​かけ​ましょ​う。かつて​全​時間​奉仕​を​行なっ​て​い​た​もの​の,今​は​様々​な​理由​で​思う​よう​に​奉仕​でき​ない​兄弟​姉妹​の​こと​も​忘れ​ない​よう​に​し​ましょ​う。

5 「主​に​ある​者​と​だけ」結婚​する​よう​に​と​いう​助言​に​従う​ため​に​独身​を​保っ​て​いる​兄弟​姉妹​に​も,励まし​の​言葉​を​かけ​ましょ​う。(コリ​一 7:39)勤勉​に​働い​て​いる​妻​は,夫​から​感謝​さ​れる​と​うれしく​思い​ます。(箴 31:28,31)迫害​や​病気​に​耐え,神​へ​の​忠実​を​保っ​て​いる​兄弟​姉妹​も​励まし​ましょ​う。(テサ​二 1:3‐5)エホバ​と​キリスト​は​忠実​な​僕​すべて​を​力づけ​て​ください​ます。テサロニケ​第 2:16,17を​読む。)

長老​たち​は​兄弟​姉妹​を​励ます

6. イザヤ 32​章​1,2​節​に​よる​と,長老​たち​に​は​どんな​役割​が​あり​ます​か。

6 イザヤ 32:1,2を​読む。イエス​・​キリスト​は「君」たち,つまり​油そそが​れ​た​兄弟​たち​と​ほか​の​羊​の​長老​たち​を​用い​て,この​難しい​時代​に​落胆​し​て​いる​人​を​励まし,支え​て​い​ます。長老​たち​は​兄弟​たち​の​信仰​に​対する「主人」で​は​なく,喜び​の​ため​の「同労​者」と​し​て​仕え​て​い​ます。(コリ​二 1:24

7,8. 長老​たち​は​励まし​の​言葉​を​かける​こと​に​加え,どんな​こと​が​でき​ます​か。

7 パウロ​は​良い​手本​を​示し​まし​た。迫害​さ​れ​て​い​た​テサロニケ​の​クリスチャン​に​こう​述べ​て​い​ます。「あなた方​に​優しい​愛情​を​抱い​た​わたしたち​は,神​の​良い​たより​だけ​で​なく,自分​の​魂​を​さえ​分け与える​こと​を​大いに​喜び​と​し​た​の​です。あなた方​が,わたしたち​の​愛する​者​と​なっ​た​から​です」。(テサ​一 2:8

8 励まし​の​言葉​を​かける​こと​は​大切​です​が,それ​だけ​で​は​不​十分​です。パウロ​は​エフェソス​の​長老​たち​に​こう​述べ​まし​た。「弱い​者​たち​を​援助​し……,主​イエス​ご自身​の​言わ​れ​た, 『受ける​より​与える​ほう​が​幸福​で​ある』と​の​言葉​を​覚え​て​おか​なけれ​ば​な[り​ませ​ん]」。(使徒 20:35)パウロ​は​兄弟​たち​の​ため​に「自分​を​費やし,また​費やし尽くさ​れる​つもり」でし​た。どんな​こと​で​も​行なう​つもり​だっ​た​の​です。(コリ​二 12:15)長老​たち​も,兄弟​たち​を​言葉​で​励まし​たり​慰め​たり​する​だけ​で​は​なく,誠実​な​気遣い​を​行動​で​示す​必要​が​あり​ます。(コリ​一 14:3

9. どの​よう​に​助言​を​与えれ​ば,兄弟​たち​に​とっ​て​励み​に​なり​ます​か。

9 長老​たち​は​兄弟​たち​を​強める​ため​に​助言​を​与える​こと​が​あり​ます。どの​よう​に​助言​すれ​ば,兄弟​たち​に​とっ​て​励み​に​なる​でしょ​う​か。聖書​に​は​イエス​の​優れ​た​手本​が​記さ​れ​て​い​ます。復活​し​た​イエス​は,小​アジア​の​幾つ​か​の​会衆​に​強い​助言​を​与える​必要​が​あり​まし​た。どの​よう​に​助言​し​た​でしょ​う​か。エフェソス,ペルガモン,テアテラ​の​会衆​に​助言​を​与え​た​時​に​は,まず​温かい​褒め言葉​を​述べ​まし​た。(啓 2:1‐5,12,13,18,19)ラオデキア​の​会衆​に​は​こう​述べ​まし​た。「すべて​わたし​が​愛情​を​抱く​者​を,わたし​は​戒め,また​懲らしめる。それゆえ,熱心​に​なり,そして​悔い改め​なさい」。(啓 3:19)長老​たち​は​助言​を​与える​際,キリスト​の​手本​に​倣え​ます。

長老​たち​だけ​が​励ます​の​で​は​ない

親​の​皆さん,他​の​人​を​励ます​よう​お子さん​を​教え​て​い​ます​か。(10​節​を​参照。)

10. わたしたち​は​皆,どの​よう​に​励まし合え​ます​か。

10 兄弟​たち​を​励ます​の​は​長老​たち​だけ​の​責任​で​は​あり​ませ​ん。パウロ​は​すべて​の​クリスチャン​に​対し​て,「必要​に​応じ,どんな​こと​に​せよ​築き上げる​の​に​良い​ことば​を​出し​て,聞く​人​の​ため​に​恵み​と​なる​よう​に​し​なさい」と​勧め​まし​た。(エフェ 4:29)わたしたち​は​皆,他​の​人​の「必要」に​目ざとく​ある​べき​です。パウロ​は​ヘブライ​人​の​クリスチャン​に​こう​勧め​まし​た。「垂れ下がっ​た​手​と​弱っ​た​ひざ​を​まっすぐ​に​し​なさい[または,強め​ましょ​う]。そして,あなた方​の​足​の​ため​に​いつも​まっすぐ​な​道​を​作っ​て, なえ​た​ところ​が​脱臼​し​たり​する​こと​が​ない​よう​に,むしろ​そこ​が​いやさ​れる​よう​に​し​なさい」。わたしたち​は​他​の​人​の​手​や​ひざ​を​強める​こと​が​でき​ます。(ヘブ 12:12,13)わたしたち​は​皆,互い​に​励まし​の​言葉​を​かけ​て​強め合い​たい​もの​です。若い​人​も​他​の​人​を​励ませ​ます。

11. マルト​は​気分​が​落ち込ん​で​い​た​時,どの​よう​に​助け​られ​まし​た​か。

11 マルト​ *と​いう​姉妹​は​ある​時期,気分​が​とても​落ち込ん​で​い​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「ある​日,エホバ​に『励まし​を​与え​て​ください』と​祈り​まし​た。すると,年配​の​姉妹​に​会い,深い​愛情​や​気遣い​を​示し​て​いただき​まし​た。それ​は​わたし​が​まさに​必要​と​し​て​い​た​もの​でし​た。姉妹​は​わたし​と​同じ​よう​な​問題​を​抱え​た​こと​が​ある​と​話し​て​ください​まし​た。わたし​だけ​で​は​ない​ん​だ,と​思い​まし​た」。その​年配​の​姉妹​は​自分​の​言葉​に​それ​ほど​大きな​力​が​ある​と​は​思わ​なかっ​た​か​も​しれ​ませ​ん。

12,13. フィリピ 2​章​1‐4​節​の​アドバイス​を​どの​よう​に​当てはめ​られ​ます​か。

12 パウロ​は​フィリピ​会衆​の​すべて​の​人​に​こう​勧め​まし​た。「キリスト​に​おける​励まし​が​少し​でも​あり,また​愛​の​慰め,霊​の​分け合い,優しい​愛情​と​同情​心​が​少し​でも​ある​なら,あなた方​が​同じ​思い​を​持ち,同じ​愛​を​抱い​て​いる​の​だ​と​いう​点​で,わたし​の​喜び​を​満たし​て​ください。また,魂​に​おい​て​結び合わされ,一つ​の​考え​を​思い​に​抱き,何事​も​闘争​心​や​自己​本位​の​気持ち​から​する​の​で​は​なく,むしろ,他​の​人​が​自分​より​上​で​ある​と​考え​て​へりくだっ​た​思い​を​持ち,自分​の​益​を​図っ​て​自分​の​事​だけ​に​目​を​留め​ず,人​の​益​を​図っ​て​他​の​人​の​事​に​も​目​を​留め​なさい」。(フィリ 2:1‐4

13 兄弟​姉妹​を​励ます​ため,相手​の​益​を​図っ​て「愛​の​慰め」を​示し,「霊[を]分け合い[または,気遣い​合い]」,「優しい​愛情​と​同情​心」を​表わし​ましょ​う。

どの​よう​に​励ませる​か

14. 兄弟​姉妹​を​どの​よう​に​励ませ​ます​か。

14 以前​に​援助​し​た​人​たち​が​忠実​に​奉仕​し​て​いる​こと​を​聞く​の​は​励み​に​なり​ます。使徒​ヨハネ​は​こう​書い​て​い​ます。「わたし​の​子供​たち​が​真理​の​うち​を​歩み​つづけ​て​いる​と​聞く​こと,わたし​に​とっ​て​これ​ほど​感謝​す​べき​こと​は​あり​ませ​ん」。(ヨハ​三 4)多く​の​開拓​者​は,何​年​も​前​に​真理​を​学ぶ​の​を​助け​た​人​が​今​も​忠実​に​奉仕​し​て​いる​こと​や​開拓​奉仕​を​し​て​いる​こと​を​聞く​と,とても​励まさ​れ​ます。気落ち​し​て​いる​開拓​者​が​いる​なら,これ​まで​の​奉仕​で​味わっ​た​喜び​に​つい​て​尋ねる​こと​が​でき​ます。また​頑張ろ​う,と​いう​気持ち​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。

15. 忠実​に​奉仕​し​て​いる​兄弟​姉妹​を​どの​よう​に​励ませ​ます​か。

15 多く​の​巡回​監督​は,訪問​し​た​会衆​の​兄弟​姉妹​から​感謝​の​手紙​や​メモ​を​受け取る​と,自分​も​妻​も​とても​励まさ​れる,と​言い​ます。長老,宣教​者,開拓​者,ベテル​奉仕​者​も,忠実​な​奉仕​に​感謝​し​て​いる​と​いう​言葉​を​かけ​られる​と​うれしく​感じ​ます。

だれ​も​が​励ませる

16. どんな​簡単​な​方法​で​他​の​人​を​励ませ​ます​か。

16 自分​は​口下手​な​の​で​励ます​こと​なんて​でき​ない,と​思い​ます​か。他​の​人​を​励ます​の​は​それ​ほど​難しい​こと​で​は​あり​ませ​ん。笑顔​で​あいさつ​する​だけ​で​よい​の​です。笑顔​が​返っ​て​こ​ない​なら,何​か​悩み​が​ある​の​か​も​しれ​ませ​ ん。話​を​聞い​て​あげる​だけ​で,その​人​は​気持ち​が​楽​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。(ヤコ 1:19

17. ある​若い​兄弟​は​つらい​経験​を​し​た​時,どの​よう​に​力​を​得​まし​た​か。

17 アンリ​と​いう​若い​兄弟​は​とても​つらい​思い​を​し​て​い​まし​た。長老​だっ​た​父親​を​含め,何​人​か​の​親族​が​真理​から​離れ​て​しまっ​た​の​です。巡回​監督​は​アンリ​と​一緒​に​カフェ​に​行き,気持ち​を​聞い​て​あげ​まし​た。アンリ​は,家族​が​真理​に​戻っ​て​来る​ため​に​は​自分​が​忠実​を​保た​なけれ​ば​なら​ない,と​いう​こと​に​気づき​まし​た。詩編 46​編,ゼパニヤ 3​章​17​節,マルコ 10​章​29,30​節​も​大きな​力​に​なり​まし​た。

だれ​も​が​他​の​人​を​励ませる。(18​節​を​参照。)

18. (イ)ソロモン​王​は​どんな​こと​が​励まし​に​なる​と​述べ​まし​た​か。(ロ)パウロ​は​どんな​こと​を​勧め​て​い​ます​か。

18 マルト​と​アンリ​の​例​から,気落ち​し​て​いる​兄弟​姉妹​を​だれ​も​が​励ませる​と​いう​こと​を​学べ​ます。ソロモン​王​は​こう​述べ​まし​た。「時宜​に​かなっ​た​言葉​は,ああ,何​と​良い​もの​で​あろ​う。目​の​輝き[または,明るい​まなざし]は​心​を​歓ばせ,良い​報告​は​骨​を​肥やす」。(箴 15:23,30)「ものみの塔」や​jw.org​の​記事​を​一緒​に​読む​なら,兄弟​姉妹​は​きっと​元気づけ​られる​でしょ​う。王国​の​歌​を​一緒​に​歌う​こと​も​でき​ます。パウロ​も​こう​述べ​て​い​ます。「詩​と,神​へ​の​賛美​と,慈しみ​の​こもっ​た​霊​の​歌​と​を​もっ​て​互い​に​教え,また​訓戒​し[または,励まし],心​の​うち​で​エホバ​に​向かっ​て​歌い​なさい」。(コロ 3:16。使徒 16:25

19. 今後,互い​に​励まし合う​こと​が​ますます​重要​に​なる​の​は​なぜ​です​か。わたしたち​は​どんな​努力​を​払う​べき​です​か。

19 エホバ​の​日​が「近づく」に​つれ,互い​に​励まし合う​こと​は​ますます​重要​に​なり​ます。(ヘブ 10:25)パウロ​が​勧め​た​よう​に,「互い​に​慰め,互い​に​築き上げる​こと​を,……現に​行なっ​て​いる​とおり​に​続け​て​ゆき」ましょ​う。(テサ​一 5:11

^ 11節 名前​は​変え​て​あり​ます。