内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 ライフ​・​ストーリー

エホバは必ず支えてくださいます

エホバは必ず支えてくださいます

演説​を​終え​た​アドルフ​・​ヒトラー​に​4​人​の​女​の​子​が​花​を​手渡し​まし​た。わたし​も​その​一​人​でし​た。なぜ​わたし​が​選ば​れ​た​の​でしょ​う​か。父​が​熱心​な​ナチ​党員​で,地元​の​党​支部​の​指導​者​の​運転​手​で​も​あっ​た​から​です。母​は​敬虔​な​カトリック​教徒​で,わたし​を​修道​女​に​する​つもり​でし​た。でも,わたし​は​ナチ​党員​に​も​修道​女​に​も​なり​ませ​ん​でし​た。なぜ​でしょ​う​か。お話し​し​ましょ​う。

わたし​は​オーストリア​の​グラーツ​で​育ち​まし​た。7​歳​の​時,宗教​教育​の​学校​に​入れ​られ​まし​た。でも,司祭​と​修道​女​の​不​道徳​な​関係​を​知っ​て​ショック​を​受け​まし​た。入学​し​て​1​年​足らず​でし​た​が,母​は​学校​を​やめる​こと​を​許し​て​くれ​まし​た。

家族​と​共​に。父​は​軍服​を​着​て​いる。

その​後,全寮​制​の​学校​に​入り​まし​た。ある​晩,グラーツ​が​空襲​に​遭い,父​は​わたし​を​安全​な​場所​に​避難​さ​せる​ため​学校​に​来​て​くれ​まし​た。シュラトミング​と​いう​町​に​逃げ​まし​た​が,橋​を​渡っ​た​途端,その​橋​は​爆撃​を​受け​て​崩壊​し​まし​た。祖母​と​一緒​に​庭​に​い​た​時​に,低空​飛行​の​爆撃​機​に​攻撃​さ​れ​た​こと​も​あり​ます。戦争​が​終わっ​た​時,教会​に​も​政府​に​も​失望​し​て​い​まし​た。

必ず​支え​て​くださる​神​に​つい​て​知る

1950​年,母​は​エホバ​の​証人​の​訪問​を​受け,聖書​に​つい​て​の​話​を​聞く​よう​に​なり​まし​た。わたし​は​よく​その​会話​を​そば​で​聞い​て​い​まし​た。母​と​一緒​に​集会​へ​も​行き​まし​た。母​は​エホバ​の​証人​が​真理​を​教え​て​いる​と​確信​し,1952​年​に​バプテスマ​を​受け​まし​た。

当時,地元​の​グラーツ​の​会衆​は​婦人​会​の​よう​で,年配​の​女性​ばかり​でし​た。でも,別​の​会衆​へ​行っ​て​驚き​まし​た。若い​人​が​たくさん​い​た​から​です。それ​から​は​地元​の​集会​すべて​に​出席​する​よう​に​なり,学ん​で​いる​こと​が​真理​だ​と​確信​し​まし​た。エホバ​が​どんな​時​に​も​必ず​支え​て​くださる​神​だ​と​いう​こと​も​知り​まし​た。孤立​無援​で​どう​に​も​なら​ない​と​感じる​時​も,必ず​支え​て​くださる​の​です。(詩 3:5,6

真理​を​他​の​人​たち​に​伝え​たい​と​思い​まし​た。まず​自分​の​きょうだい​に​伝える​こと​に​し​まし​た。4​人​の​姉​は​すでに​家​を​出​て,教師​の​仕事​を​し​て​い​まし​た。それ​で​姉​たち​の​住む​村​を​それぞれ​訪ね,聖書​ を​学ぶ​よう​に​勧め​まし​た。やがて,姉​たち​や​兄​や​妹​が​全員,エホバ​の​証人​に​なり​まし​た。

家​から​家​の​伝道​を​始め​て​2​週​目​に​30​代​の​女性​に​会い,聖書​研究​が​始まり​まし​た。その​女性​は​進歩​し​て​バプテスマ​を​受け​まし​た。後​に,ご主人​と​息子​たち​2​人​も​エホバ​の​証人​に​なり​まし​た。その​研究​を​通し​て,わたし​の​信仰​も​強まり​まし​た。わたし​は​聖書​研究​を​司会​し​て​もらっ​た​こと​が​なかっ​た​から​です。それで,研究​の​ため​に​毎回​よく​予習​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。自分​を​教える​ため​に​も,研究​生​を​教える​ため​に​も​よく​勉強​し​まし​た。真理​へ​の​愛​が​深まり,1954​年​4​月​に​バプテスマ​を​受け​まし​た。

「迫害​さ​れ​ながら​も,見捨て​られ​て​いる​わけ​では​な[い]」

1955​年​に​ドイツ​と​フランス​と​イギリス​で​開か​れ​た​国際​大会​に​出席​し​まし​た。ロンドン​で​は,アルバート​・​シュローダー​兄弟​に​お会い​し​まし​た。兄弟​は​当時,ギレアデ​聖書​学校​の​教訓​者​で,後​に​統治​体​の​成員​に​なり​まし​た。大英​博物​館​を​見学​し​た​時,兄弟​は​幾つ​か​の​聖書​写本​を​指さし​て,ヘブライ​語​の​神​の​お名前​が​載っ​て​いる​貴重​な​写本​だ​と​教え​て​ください​まし​た。感動​し​まし​た。聖書​の​真理​を​もっと​大勢​の​人​たち​に​知らせ​たい​と​思い​まし​た。

パートナー(右)と​わたし。オーストリア​の​ミステルバッハ​で​特別​開拓​奉仕​を​し​て​い​た​時

1956​年​1​月​1​日,開拓​奉仕​を​始め​まし​た。4​か月​後,特別​開拓​者​に​任命​さ​れ,オーストリア​の​ミステルバッハ​に​割り当て​られ​まし​た。当時,ミステルバッハ​に​は​エホバ​の​証人​が​一​人​も​い​ませ​ん​でし​た。特に​大変​だっ​た​の​は​パートナー​の​姉妹​が​わたし​と​全く​違う​タイプ​だっ​た​こと​です。わたし​は​18​歳​で​都会​育ち,姉妹​は​25​歳​で​田舎​育ち​でし​た。わたし​は​夜更かし​の​朝​寝坊,姉妹​は​早寝​早起き​でし​た。でも,聖書​の​原則​を​当てはめる​こと​が​役立ち​まし​た。お互い​いろいろ​な​違い​が​あっ​て​も,楽しい​パートナー​生活​を​送る​こと​が​でき​まし​た。

大変​だっ​た​こと​は​ほか​に​も​あり​ます。ちょっと​し​た​迫害​に​遭い​まし​た。でも​エホバ​から「見捨て​られ」たり​は​し​ませ​ん​でし​た。(コリ​二 4:7‐9)ある​田舎​の​村​を​伝道​し​て​い​た​時​の​こと​です。村​の​人​たち​が​犬​を​放し,わたし​と​パートナー​の​姉妹​は,歯​を​むき出し​て​ほえる​大型​犬​に​取り囲ま​れ​て​しまい​まし​た。お互い​の​手​を​握り締め,わたし​は「エホバ,犬​が​襲っ​て​き​たら,すぐ​に​死な​せ​て​ください!」と​祈り​まし​た。犬​は​すぐ​に​手​の​届き​そう​な​所​まで​やっ​て​来​まし​た​が,なぜか​突然​おとなしく​なり,しっぽ​を​振っ​て​行っ​て​しまい​まし​た。エホバ​が​守っ​て​くださっ​た​の​だ​と​思い​ます。それ​から​村​の​家々​を​訪問​する​と,人々​は​とても​よく​耳​を​傾け​て​くれ​まし​た。犬​が​何​の​危害​も​加え​なかっ​た​こと,わたしたち​が​大変​な​目​に​遭っ​て​も​伝道​を​続け​て​いる​こと​に​驚い​た​よう​です。後​に,村​の​何​人​か​は​エホバ​の​証人​に​なり​まし​た。

こんな​こと​も​あり​まし​た。ある​日,大家​さん​が​酔っ払っ​て​帰宅​し,「あんな​近所​迷惑​な​やつら​は​殺し​て​やる!」と​怒鳴り​始め​まし​た。奥さん​が​いくら​なだめ​よう​と​し​て​も​無駄​でし​た。2​階​の​部屋​で​それ​を​聞い​て​い​た​わたしたち​は,急い​で​ドア​の​前​に​いす​を​置き,スーツケース​に​荷物​を​詰め​始め​まし​た。ドア​ を​開け​て​外​に​出る​と,大きな​ナイフ​を​手​に​し​た​大家​さん​が​2​階​に​上がっ​て​来​て​い​まし​た。わたしたち​は​慌て​て​裏​の​ドア​から​外​に​出,スーツケース​を​抱え​て​一目散​に​逃げ​まし​た。

わたしたち​は​ホテル​へ​行き,そこ​に​泊まり​まし​た。結局,そこ​に​1​年​近く​住む​こと​に​なり​まし​た。それ​は​伝道​に​好​都合​でし​た。ホテル​は​町​の​中心​部​に​あり,研究​生​の​何​人​か​と​そこで​研究​でき​た​から​です。その​部屋​で​書籍​研究​と「ものみの塔」研究​も​行なう​よう​に​なり,15​人​ほど​が​出席​し​まし​た。

ミステルバッハ​で​1​年​余り​奉仕​し​た​後,グラーツ​の​南東​の​町​フェルトバッハ​に​割り当て​られ,パートナー​も​変わり​まし​た。その​町​に​は​まだ​会衆​が​あり​ませ​ん​でし​た。わたしたち​の​住まい​は,丸太​小屋​の​2​階​の​小さな​部屋​でし​た。すきま風​が​ひどかっ​た​の​で,丸太​と​丸太​の​間​に​新聞​紙​を​詰め​て​寒さ​を​しのぎ​まし​た。水​も​井戸​にくみ​に​行か​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。でも,そう​し​た​苦労​の​かい​も​あり,数​か月​後​に​は​群れ​が​設立​さ​れ​まし​た。ある​研究​生​の​家族​は​30​人​ほど​が​エホバ​の​証人​に​なり​まし​た。

そう​し​た​経験​を​通し​て,王国​を​第​一​に​する​なら​エホバ​は​必ず​支え​て​くださる,と​いう​こと​を​実感​し​まし​た。助け​て​くれる​人​が​だれ​も​い​ない​状況​で​も,エホバ​は​いつも​そば​に​い​て​ください​ます。(詩 121:1‐3

神​の「義​の​右手」に​支え​られる

1958​年,ニューヨーク​市​の​ヤンキー​・​スタジアム​と​ポロ​・​グランド​で​国際​大会​が​開か​れる​こと​に​なり​まし​た。出席​を​申し込む​と,オーストリア​の​支部​事務​所​から​ギレアデ​学校​の​32​期​に​出席​する​こと​に​関心​が​ある​か​と​尋ね​られ​まし​た。断わる​理由​など​あり​ませ​ん​でし​た。「ぜひ​出席​さ​せ​て​ください」と​すぐ​に​答え​まし​た。

ギレアデ​で​隣​の​席​に​なっ​た​の​は​マーティン​・​ポエツィンガー​兄弟​でし​た。ナチス​の​強制​収容​所​で​厳しい​試練​を​乗り越え​て​き​た​兄弟​で,後​に​統治​体​の​成員​に​なり​まし​た。授業​中​に​時々,「エリカ,ドイツ​語​で​は​どういう​意味?」と​小声​で​尋ね​られ​まし​た。

ギレアデ​の​課程​の​途中​で,ネイサン​・​ノア​兄弟​から​卒業​後​の​割り当て​を​知らさ​れ​まし​た。パラグアイ​でし​た。まだ​若かっ​た​の​で,パラグアイ​の​入国​に​ 必要​な​父​の​許可​を​得​た​後,1959​年​3​月​に​パラグアイ​に​赴き​まし​た。アスンシオン​に​ある​宣教​者​ホーム​に​割り当て​られ,新しい​パートナー​と​奉仕​する​こと​に​なり​まし​た。

その​後,ウォルター​・​ブライト​と​いう​兄弟​と​出会い​まし​た。ギレアデ​30​期​の​卒業​生​です。わたしたち​は​結婚​し,苦楽​を​共​に​し​まし​た。難しい​問題​に​ぶつかる​と,いつも​2​人​で​イザヤ 41​章​10​節​を​読み​まし​た。「恐れ​て​は​なら​ない。わたし​は​あなた​と​共​に​いる​から​で​ある。周り​を​見回す​な。わたし​は​あなた​の​神​だ​から​で​ある。わたし​は​あなた​を​強く​する」と​いう​エホバ​の​約束​です。神​へ​の​忠実​を​保っ​て​王国​を​第​一​に​する​なら​エホバ​は​必ず​支え​て​くださる,と​いう​確信​が​強まり​まし​た。

わたしたち​は,ブラジル​と​の​国境​近く​に​割り当て​られ​まし​た。しかし​その​区域​で​は,聖職​者​に​けしかけ​られ​た​若者​たち​が​宣教​者​ホーム​に​石​を​投げつけ,ただ​で​さえ​あちこち​傷ん​で​い​た​宣教​者​ホーム​は​ますます​ひどい​状態​に​なり​まし​た。その​ころ,ウォルター​が​警察​署​長​と​聖書​を​学び​始め​まし​た。署長​の​指示​で,何​人​か​の​警察​官​が​1​週​間,宣教​者​ホーム​の​近く​で​警備​を​し​て​くれ​まし​た。おかげ​で,反対​者​たち​の​嫌がらせ​は​なくなり​まし​た。しばらく​し​て​国境​の​向こう​側​の​もっと​良い​家​へ​引っ越し,パラグアイ​と​ブラジル​の​両方​で​集会​を​開ける​よう​に​なり​まし​た。わたしたち​が​その​区域​を​離れる​時​に​は,2​つ​の​小さな​会衆​が​でき​て​い​まし​た。

夫​の​ウォルター​と​わたし。パラグアイ​の​アスンシオン​で​宣教​者​奉仕​を​し​て​い​た​時

エホバ​は​今​も​支え​て​くださっ​て​いる

1962​年,妊娠​し​て​いる​こと​が​分かっ​た​時​は​驚き​まし​た。わたし​に​は​子ども​が​でき​ない​と​医師​から​言わ​れ​て​い​た​から​です。わたしたち​は​フロリダ​州​ハリウッド​に​引っ越し,ウォルター​の​実家​の​近く​で​暮らす​よう​に​なり​まし​た。家族​を​世話​する​責任​が​あっ​た​の​で,しばらく​開拓​奉仕​は​でき​ませ​ん​でし​た。それでも,王国​を​いつも​第​一​に​する​よう​努力​し​まし​た。(マタ 6:33

1962​年​11​月​に​フロリダ​に​引っ越し​た​時,地元​の​慣例​に​倣っ​て​黒人​の​兄弟​と​白人​の​兄弟​が​別々​の​場所​で​集会​を​開い​て​いる​こと​に​驚き​まし​た。伝道​も​別々​の​場所​で​行なっ​て​い​まし​た。でも,エホバ​は​人々​を​人種​に​よっ​て​区別​し​たり​は​し​ませ​ん。やがて,黒人​の​兄弟​も​白人​の​兄弟​も​同じ​会衆​で​奉仕​する​こと​に​なり​まし​た。この​よう​な​調整​に​エホバ​の​導き​が​あっ​た​こと​は​確か​です。今​で​は,その​地域​に​何十​も​の​会衆​が​ある​から​です。

2015​年​に​ウォルター​が​脳​腫瘍​で​亡くなり​まし​た。わたしたち​は​55​年​間,幸せ​な​結婚​生活​を​送り​まし​た。ウォルター​は​エホバ​を​愛し,兄弟​たち​を​進ん​で​助ける​人​でし​た。パラダイス​で,健康​に​なっ​た​ウォルター​に​再会​できる​の​を​楽しみ​に​し​て​い​ます。(使徒 24:15

全​時間​奉仕​を​40​年​以上​行ない,たくさん​の​喜び​や​祝福​を​経験​し​まし​た。ウォルター​と​わたし​は​136​人​の​研究​生​が​バプテスマ​を​受ける​の​を​見る​こと​が​でき​まし​た。難しい​問題​に​ぶつかっ​て​も,忠実​な​神​に​お仕え​する​の​を​やめ​たり​は​し​ませ​ん​でし​た。むしろ,エホバ​に​いっそう​近づく​よう​に​し​まし​た。エホバ​が​一番​ふさわしい​時​に​一番​良い​方法​で​問題​を​解決​し​て​くださる​こと​を​信頼​し​まし​た。エホバ​は​確か​に​そう​し​て​ください​まし​た。(テモ​二 4:16,17

ウォルター​が​亡くなっ​て​とても​寂しく​感じ​て​い​ます。でも​開拓​奉仕​の​おかげ​で​喜び​を​保つ​こと​が​でき​て​い​ます。聖書​に​つい​て​人々​に​教える​こと,特に​復活​の​希望​に​つい​て​伝える​こと​が​力​に​なっ​て​い​ます。エホバ​は​必ず​支え​て​ください​ます。その​こと​を​何​度​も​何​度​も​経験​し​まし​た。エホバ​は​ご自分​の​約束​どおり,いつも​わたし​を​励まし,強め,「義​の​右手」で​しっかり​支え​て​くださっ​て​い​ます。(イザ 41:10