内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2018年2月

 アーカイブ​から

公開講演は良い知らせをアイルランドに広める

公開講演は良い知らせをアイルランドに広める

1​隻​の​蒸気​船​が​ベルファスト​湾​に​入っ​て​き​ます。甲板​から​は​朝日​に​照らさ​れ​た​緑​の​丘​が​見え​ます。1910​年​5​月​の​こと​です。チャールズ​・​T​・​ラッセル​が​アイルランド​を​訪れる​の​は​これ​で​5​度​目​です。やがて,建造​中​の​2​隻​の​大型​客船​が​見え​て​き​ます。悲劇​の​タイタニック​号​と​その​姉妹​船​オリンピック​号​です。 * 造船​所​の​先​の​波止場​で​は,10​人​ほど​の​聖書​研究​者​が​ラッセル​兄弟​の​到着​を​待ちわび​て​い​ます。

それ​より​20​年​ほど​前,良い​知らせ​を​世界​中​に​広める​方法​を​探し​て​い​た​ラッセル​兄弟​は,外国​に​伝道​旅行​へ​行く​こと​に​し​まし​た。1891​年​7​月,兄弟​が​初めて​伝道​旅行​で​訪れ​た​の​は​アイルランド​でし​た。シティー​・​オブ​・​シカゴ​号​が​クイーンズタウン(現在​の​コーブ)に​近づい​た​時,海岸​線​に​沈む​夕日​を​見​ながら,両親​が​故郷​に​つい​て​話​し​て​くれ​た​の​を​思い出し​た​こと​でしょ​う。ラッセル​兄弟​の​一行​は​整然​と​し​た​町​や​美しい​田園​地帯​を​旅し​ながら,アイルランド​が「収穫​を​待つ​ばかり​の」畑​で​ある​と​感じ​まし​た。

ラッセル​兄弟​は​アイルランド​を​7​回​訪れ​まし​た。最初​の​伝道​旅行​で​兄弟​の​話​を​聞い​た​人​たち​は,次回​の​話​も​聞き​たい​と​思っ​た​でしょ​う。兄弟​が​2​度​目​に​アイルランド​を​訪れ​た​の​は,1903​年​5​月​の​こと​です。ベルファスト​と​ダブリン​で​行なわ​れる​公開​集会​が​地元​の​幾つ​か​の​新聞​で​宣伝​さ​れ​まし​た。ラッセル​兄弟​は,アブラハム​の​信仰​と​人類​の​将来​の​祝福​を​取り上げ​た「誓い​を​伴う​約束」と​いう​話​を​し​まし​た。兄弟​に​よる​と,「聴衆​は​非常​に​熱心​に​耳​を​傾け」まし​た。

関心​を​示す​人​が​大勢​い​た​の​で,ラッセル​兄弟​は​ヨーロッパ​へ​の​3​度​目​の​伝道​旅行​で​も​アイルランド​を​訪れ​まし​た。1908​年​4​月​の​ある​朝,ベルファスト​の​波止場​に​到着​し​た​ラッセル​兄弟​は​5​人​の​兄弟​たち​に​迎え​られ​まし​た。その​晩,ラッセル​兄弟​は「サタン​の​帝国​は​倒壊​する」と​いう​公開​講演​を​行ない​まし​た。前もって​宣伝​さ​れ​て​い​た​講演​会​に「約​300​人​の​聡明​な​人​たち」が​出席​し​まし​た。聴衆​の​中​に​は​1​人​の​反対​者​が​い​まし​た​が,ラッセル​兄弟​が​聖書​を​上手​に​使っ​て​返答​する​と,何​も​言え​なく​なっ​て​しまい​まし​た。ダブリン​の​講演​会​に​は,もっと​強気​な​反対​者​が​い​まし​た。YMCA(キリスト​教​青年​会)の​役員​だっ​た​オコナー​氏​です。オコナー​氏​は​1000​人​以上​の​聴衆​を​何​と​か​自分​の​味方​に​つけ​よう​と​し​ます。

その​時​の​様子​を​想像​し​て​み​ましょ​う。聖書​の​真理​に​関心​が​ある​あなた​は,アイリッシュ​・​タイムズ​紙(英語)の​宣伝​を​見​て,講演​会​に​出席​する​こと​に​し​ます。込み合っ​た​会場​で​ 何​と​か​席​を​見つけ​ます。演壇​に​登場​し​た​の​は,あごひげ​を​生やし,黒い​ロングコート​を​着​た​白髪​の​男性​です。男性​は​身ぶり​を​し​ながら​演壇​を​歩き回り,1​つ​の​聖句​を​使っ​て​他​の​聖句​を​論理​的​に​説明​し​ます。実​に​納得​の​いく​説明​です。拡声​装置​は​あり​ませ​ん​が,その​男性​の​声​は​会場​全体​に​よく​響き,人々​は​1​時間​半​ずっ​と​話​に​聞き入り​ます。話​の​後​の​質疑​応答​で​は,オコナー​氏​と​仲間​たち​が​その​男性​に​いろいろ​な​質問​を​し​ます。しかし​男性​が​聖書​を​使っ​て​上手​に​答える​と,聴衆​は​拍手​喝采​し​ます。講演​の​後,あなた​は​近く​の​聖書​研究​者​たち​に​話しかけ,聖書​に​つい​て​もっと​教え​て​ほしい​と​頼み​ます。実際,この​よう​に​し​て​多く​の​人​が​真理​を​学び​まし​た。

1909​年​5​月,ラッセル​兄弟​は​4​度​目​の​伝道​旅行​に​行く​ため,モーリタニア​号​に​乗っ​て​ニューヨーク​を​出発​し​まし​た。速記​者​の​ハントシンガー​兄弟​も​同行​し​まし​た。航海​中​に「ものみの塔」の​原稿​を​書き取る​ため​です。ベルファスト​で​の​公開​講演​に​は​450​人​が​出席​し​まし​た。座席​が​いっぱい​に​なっ​た​ため,約​100​人​が​立っ​て​話​を​聞き​まし​た。

ルシタニア​号​に​乗っ​て​いる​ラッセル​兄弟

冒頭​で​述べ​た​5​度​目​の​伝道​旅行​の​時​に​も,以前​と​同じ​よう​な​こと​が​あり​まし​た。ダブリン​で​の​講演​会​の​際,オコナー​氏​が​連れ​て​き​た​有名​な​神学​者​が​次々​と​質問​を​し​た​の​です。でも​今回​も,ラッセル​兄弟​は​すべて​の​質問​に​聖書​から​明快​に​答え​まし​た。聴衆​は​その​やり取り​を​大いに​楽しみ​まし​た。翌日,兄弟​たち​は​高速​郵便​船​で​リバプール​へ​行き,そこ​から​有名​な​ルシタニア​号​に​乗っ​て​ニューヨーク​へ​向かい​まし​た。 *

1910​年​5​月​20​日,アイリッシュ​・​タイムズ​紙​に​掲載​さ​れ​た​公開​講演​の​宣伝

ラッセル​兄弟​は,1911​年​に​6​度​目​と​7​度​目​の​伝道​旅行​を​し​まし​た。やはり​公開​講演​が​計画​さ​れ,前もって​宣伝​さ​れ​まし​た。春​に​は,ベルファスト​で​開か​れ​た「死後​の​世界」と​題する​講演​会​に​2000​人​が​集まり,地元​の​20​人​の​聖書​研究​者​たち​が​出席​者​を​迎え​まし​た。ダブリン​の​講演​会​で​は,オコナー​氏​と​一緒​に​やっ​て​来​た​別​の​聖職​者​が​様々​な​質問​を​し​まし​た。しかし,聖書​に​基づく​ラッセル​兄弟​の​見事​な​返答​に,聴衆​から​拍手​が​わき起こり​まし​た。その​年​の​秋​に​は​ほか​の​幾つ​か​の​町​で​も​講演​会​が​あり,大勢​の​人々​が​集まり​まし​た。ダブリン​で​は,オコナー​氏​と​100​人​の​男​たち​が​騒ぎ​を​起こし​て​集まり​を​妨害​し​よう​と​し​まし​た​が,聴衆​は​ラッセル​兄弟​を​熱烈​に​支持​し​まし​た。

当時,おもに​公開​講演​を​し​て​い​た​の​は​ラッセル​兄弟​でし​た。でも​兄弟​は,「これ​は​人間​が​し​て​いる​業​で​は​あり​ませ​ん。神​の​業​です」と​述べ,その​業​の​成功​が「特定​の​人​に​依存​し​て​い​ない」と​いう​こと​を​認め​て​い​まし​た。公開​講演​は​聖書​の​真理​を​伝える​素晴らしい​機会​と​なり,公開​集会​の​先駆け​と​も​なり​まし​た。公開​講演​に​よっ​て​良い​知らせ​が​アイルランド​に​広まり,国内​各地​に​会衆​が​誕生​し​た​の​です。の​アーカイブ​から。

^ 3節 約​2​年​後,タイタニック​号​は​沈没​し​まし​た。

^ 9節 1915​年​5​月,ルシタニア​号​は​アイルランド​の​南岸​沖​で​魚雷​を​受け​て​沈没​し​まし​た。