内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2018年2月

ノア,ダニエル,ヨブの信仰と従順に倣う

ノア,ダニエル,ヨブの信仰と従順に倣う

「ノア,ダニエル,ヨブ……は,その​義​の​ゆえに​自分​の​魂​を​救い出す​で​あろ​う」。エゼ 14:14

歌: 120,54

1,2. (イ)ノア,ダニエル,ヨブ​に​つい​て​学ぶ​べき​な​の​は​なぜ​です​か。(ロ)エゼキエル​は​どんな​状況​で​エゼキエル 14​章​14​節​を​記し​まし​た​か。

わたしたち​は​病気​や​失業​や​迫害​など​様々​な​難しい​問題​に​直面​する​こと​が​あり​ます。エホバ​に​仕える​喜び​を​保つ​の​が​難しい​と​感じる​こと​も​ある​でしょ​う。ノア,ダニエル,ヨブ​に​つい​て​学ぶ​と,問題​に​立ち向かう​勇気​が​得​られ​ます。3​人​と​も​不​完全​な​人間​で​あり,わたしたち​と​同じ​よう​な​問題​に​直面​し​まし​た。命​が​危険​に​なっ​た​こと​も​あり​ます。それでも​神​へ​の​忠誠​を​保ち​まし​た。神​は​この​3​人​を,非常​に​優れ​た​信仰​と​従順​を​示し​た​人​と​し​て​挙げ​て​い​ます。エゼキエル 14:12‐14を​読む。)

2 エゼキエル​が​この​記事​の​主題​聖句​に​ある​言葉​を​記し​た​の​は,西暦​前​612​年,バビロニア​に​い​た​時​の​こと​です。 *エゼ 1:1; 8:1)背教​し​た​エルサレム​の​滅び​の​時​が​近づい​て​い​まし​た。西暦​前​607​年​に​エルサレム​は​予告​どおり​滅ぼさ​れ​まし​た。ノア,ダニエル,ヨブ​の​よう​な​信仰​と​従順​を​示し​て,生き残る​ため​の​印​を​付け​られ​た​人​たち​は​少数​でし​た。( ゼ 9:1‐5)その​中​に​は,エレミヤ,バルク,エベド​・​メレク,レカブ​人​など​が​い​まし​た。

3. この​記事​で​は​どんな​こと​を​考え​ます​か。

3 現在​の​事物​の​体制​が​終わる​時​に,生き残る​ため​の​印​を​付け​られる​の​は​どんな​人​でしょ​う​か。ノア,ダニエル,ヨブ​の​よう​に,エホバ​から​見​て​義​に​かなっ​た​人​たち​です。(啓 7:9,14)では,エホバ​が​この​3​人​を​正しい​こと​を​行なっ​た​人​と​し​て​挙げ​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。それぞれ​の​人​に​つい​て,(1)どんな​問題​に​直面​し​た​か,(2)その​信仰​と​従順​に​どの​よう​に​倣える​か​を​考え​ましょ​う。

ノア​は​900​年​以上,信仰​と​従順​を​示し​た

4,5. ノア​は​どんな​問題​に​直面​し​まし​た​か。ノア​の​どんな​点​が​素晴らしい​と​思い​ます​か。

4 ノア​は​どんな​問に​直し​た​か。ノア​の​曽祖父​エノク​の​時代,人々​は​神​に​対し​て​非常​に​不敬​な​態度​を​示し​て​い​まし​た。エホバ​に​逆らっ​て「衝撃​的​な​事柄」を​語る​こと​さえ​し​まし​た。(ユダ 14,15)暴力​行為​が​増え​て​いき,ノア​の​時代,「地​は​暴虐​で​満ち」て​い​まし​た。肉体​を​備え​て​現われ​た​悪い​天使​が​人間​の​女性​と​結婚​し,生ま​れ​た​子ども​たち​は​成長​し​て​人々​に​暴力​を​振るい​まし​た。(創 6:2‐4,11,12)しかし,ノア​は​周囲​の​人々​と​は​全く​異なっ​て​い​まし​た。こう​記さ​れ​て​い​ます。「ノア​は​エホバ​の​目​に​恵み​を​得​た。……同​時代​の​人々​の​中​に​あっ​て​とが​の​ない​者​と​なっ​た。ノア​は​まこと​の​神​と​共​に​歩ん​だ」。(創 6:8,9

5 この​聖句​から,ノア​に​つい​て​どんな​こと​が​分かり​ます​か。当時​の​人々​の​寿命​は​今日​の​よう​に​わずか​七,八十​年​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。ノア​は​大​洪水​前​の​悪い​世​で,600​年​近く​神​と​共​に​歩み​まし​た。(創 7:11)今​は​会衆​から​様々​な​助け​を​得る​こと​が​でき​ます​が,ノア​の​時代​は​そう​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。ノア​の​兄弟​や​姉妹​たち​で​さえ​エホバ​に​仕え​て​い​なかっ​た​よう​です。 *

6. ノア​は​どの​よう​に​勇気​を​示し​まし​た​か。

6 ノア​は​単に​正しい​生き方​を​すれ​ば​よい​と​は​考え​ませ​ん​でし​た。「義​の​伝道​者」と​し​て,エホバ​へ​の​信仰​に​つい​て​大胆​に​語り​まし​た。(ペテ​二 2:5)「信仰​に​よっ​て,[ノア]は​世​を​罪​に​定め[た]」と​使徒​パウロ​は​述べ​て​い​ます。(ヘブ 11:7)その​ため​に​人々​から​あざけら​れ​たり​反対​さ​れ​たり​し​た​こと​でしょ​う。暴力​を​振るわ​れ​そう​に​なっ​た​か​も​しれ​ませ​ん。でも,ノア​は「人​に​対する​おののき」に​負け​ませ​ん​でし​た。(箴 29:25)エホバ​の​助け​に​よっ​て​勇気​を​示し​まし​た。

7. ノア​に​とっ​て​箱船​を​造る​こと​が​簡単​で​は​なかっ​た​の​は​なぜ​です​か。

7 ノア​は​500​年​以上​神​と​共​に​歩ん​だ​後,エホバ​から​箱船​を​造る​よう​命じ​られ​まし​た。人間​と​動物​の​命​を​救う​ため​です。(創 5:32; 6:14)それ​は​とても​難しい​仕事​に​思え​た​に​違いあり​ませ​ん。箱船​の​建造​そのもの​が​大変​だっ​た​だけ​で​は​あり​ませ​ん。箱船​を​造れ​ば,あざけり​や​反対​が​強まる​こと​は​目​に​見え​て​い​まし​た。それでも​ノア​は​信仰​を​示し,神​の​命令​に​従い​まし​た。「まさに​その​とおり​に​行なっ​た」の​です。(創 6:22

8. ノア​は​エホバ​が​必要​な​もの​を​与え​て​くださる​こと​を​確信​し​て​い​まし​た。なぜ​そう​言え​ます​か。

8 ノア​に​は​妻​や​子ども​たち​を​養う​務め​も​あり​まし​た。大​洪水​前,人々​は​作物​を​育てる​ため​に​苦労​し​て​働か​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。ノア​も​例外​で​は​なかっ​た​でしょ​う。(創 5:28,29)それでも,物​で​は​なく​神​を​第​一​に​し​た​生活​を​送り​まし​た。箱船​の​建造​に​は​40​年​か​50​年​かかっ​た​と​思わ​れ​ます​が,その​間​も​ずっ​と​神​に​喜ば​れ る​生き方​を​し​まし​た。大​洪水​後​も​350​年​間,神​に​仕え​続け​まし​た。(創 9:28)信仰​と​従順​の​素晴らしい​手本​です。

9,10. (イ)ノア​の​信仰​と​従順​に​どの​よう​に​倣え​ます​か。(ロ)神​の​規準​に​従う​人​は​どんな​こと​を​確信​でき​ます​か。

9 ノア​の​信と​従に​どの​よう​に​倣える​か。神​の​義​の​規準​に​従い,サタン​の​世​の​もの​に​なる​こと​を​避け,王国​を​いつも​第​一​に​する​こと​に​よっ​て,ノア​の​信仰​と​従順​に​倣え​ます。(マタ 6:33。ヨハ 15:19)世​の​人々​は,わたしたち​の​生き方​を​好ましく​思わ​ない​でしょ​う。結婚​と​性​道徳​に​関する​神​の​規準​に​従う​エホバ​の​証人​に​つい​て,批判​的​な​報道​が​行なわ​れる​こと​も​あり​ます。マラキ 3:17,18を​読む。)でも,わたしたち​は​ノア​の​よう​に,人​で​は​なく​エホバ​を​恐れ​ます。エホバ​だけ​が​永遠​の​命​を​与え​て​くださる​こと​を​知っ​て​い​ます。(ルカ 12:4,5

10 あなた​は​いかが​です​か。ばか​に​され​たり​批判​さ​れ​たり​し​て​も,「神​と​共​に​歩」み​続け​ます​か。経済​的​に​難しい​状況​に​置か​れ​た​と​し​て​も,エホバ​へ​の​信仰​を​保ち​ます​か。ノア​の​よう​な​信仰​と​従順​を​示す​なら,エホバ​は​必ず​世話​し​て​ください​ます。(フィリ 4:6,7

ダニエル​は​邪悪​な​都市​で​信仰​と​従順​を​示し​た

11. ダニエル​と​3​人​の​友​は,バビロン​で​どんな​難しい​問題​に​直面​し​まし​た​か。(冒頭​の​挿絵​を​参照。)

11 ダニエル​は​どんな​問に​直し​た​か。ダニエル​は,偶像​礼拝​と​心霊​術​の​盛ん​な​都市​バビロン​で​生活​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。バビロニア​人​は​ユダヤ​人​を​見下し,ユダヤ​人​と​その​神​エホバ​を​あざけり​まし​た。(詩 137:1,3)ダニエル​など,神​に​信仰​を​抱く​ユダヤ​人​たち​は​深く​傷つい​た​に​違いあり​ませ​ん。また,ダニエル​と​3​人​の​友​ハナニヤ,ミシャエル,アザリヤ​は​人々​の​注目​の​的​と​なり​まし​た。王​に​仕える​ため​の​訓練​を​受ける​こと​に​なっ​た​の​です。特別​な​食事​も​用意​さ​れ​まし​た。彼ら​は​難しい​状況​に​置か​れ​まし​た。ダニエル​は「王​の​美食……に​よっ​て​自分​の​身​を​汚[し]」たく​なかっ​た​から​です。(ダニ 1:5‐8,14‐17

12. (イ)ダニエル​は​どんな​特質​を​示し​まし​た​か。(ロ)エホバ​は​ダニエル​を​どう​ご覧​に​なり​まし​た​か。

12 ダニエル​は​優れ​た​能力​を​持っ​て​い​た​の​で,特別​な​立場​を​与え​られ​まし​た。これ​も​ある​意味​で​難しい​問題​でし​た。(ダニ 1:19,20)でも​ダニエル​は​尊大​に​なる​の​で​は​なく,謙遜​さ​と​慎み​を​保ち,いつも​エホバ​に​誉れ​を​帰し​まし​た。(ダニ 2:30)エホバ​は​際立っ​た​信仰​を​示し​た​ノア​や​ヨブ​と​共​に,まだ​若者​だっ​た​ダニエル​の​名前​を​挙げ​まし​た。ダニエル​は​神​の​信頼​に​こたえ,生涯​の​終わり​に​至る​まで​信仰​と​従順​を​示し​続け​まし​た。100​歳​近く​に​なっ​た​時,天使​から「ダニエル,大いに​望ましい​人​よ」と​温かく​呼びかけ​られ​まし​た。(ダニ 10:11

13. ダニエル​が​高い​地位​に​就け​られ​た​の​は​なぜ​だ​と​考え​られ​ます​か。

13 神​の​恵み​を​受け​た​ダニエル​は,バビロニア​で​も​メディア‐ペルシャ​で​も,高い​地位​に​就け​られ​まし​た。(ダニ 1:21; 6:1,2)エジプト​の​ヨセフ,ペルシャ​の​エステル​や​モルデカイ​の​時​の​よう​に,エホバ​は​ダニエル​が​神​の​民​を​助ける​こと​が​できる​よう​物事​を​導か​れ​た​の​でしょ​う。 *ダニ 2:48)エゼキエル​を​含め,流刑​に​され​て​い​た​ユダヤ​人​は,エホバ​が​介入​し​て​おら​れる​の​を​見​て​非常​に​力づけ​られ​た​に​違いあり​ませ​ん。

忠誠​を​保つ​人​は​エホバ​に​とっ​て​貴重​な​存在。(14,15​節​を​参照。)

14,15. (イ)わたしたち​の​状況​は​ダニエル​の​状況​と​どの​よう​に​似​て​い​ます​か。(ロ)親​の​皆さん​は​ダニエル​の​親​から​どんな​こと​を​学べ​ます​か。

14 ダニエル​の​信と​従に​どの​よう​に​倣える​か。今日​わたしたち​は,サタン​の​世​で​外国​人​の​ よう​に​生活​し​て​い​ます。世​の​人々​は,偽り​の​宗教​の​世界​帝国​で​ある​大いなる​バビロン​の​影響​を​受け​て​道徳​的​に​も​宗教​的​に​も​腐敗​し​て​い​ます。大いなる​バビロン​は「悪霊​たち​の​住みか」と​も​呼ば​れ​て​い​ます。(啓 18:2)わたしたち​も​他​の​人々​と​は​異なっ​て​いる​ため,あざけら​れる​こと​が​あり​ます。(マル 13:13)でも​ダニエル​の​よう​に,エホバ​神​に​近づき​ましょ​う。謙遜​に​神​に​頼り,神​に​従う​なら,わたしたち​も​神​の​目​に​貴重​な​者​と​なれ​ます。(ハガ 2:7

15 親​の​皆さん​は​ダニエル​の​親​から​教訓​を​学べ​ます。ダニエル​が​子ども​時代​を​過ごし​た​ユダ​で​は​悪い​こと​が​広く​行なわ​れ​て​い​まし​た​が,ダニエル​は​神​を​愛する​人​に​なり​まし​た。偶然​そう​なっ​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。親​から​よく​教え​られ​て​い​た​から​に​違いあり​ませ​ん。(箴 22:6)ダニエル​と​いう​名前​に​は「わたし​の​裁き主​は​神」と​いう​意味​が​あり​ます。 * これ​は​ダニエル​の​両親​が​神​を​敬う​人​だっ​た​こと​の​証拠​です。親​の​皆さん,あきらめ​ず​に​辛抱強く​子ども​を​教え​て​ください。(エフェ 6:4)お子さん​と​一緒​に,また​お子さん​の​ため​に​祈っ​て​ください。聖書​の​真理​を​愛する​よう​お子さん​を​助ける​なら,エホバ​は​豊か​に​祝福​し​て​くださる​でしょ​う。(詩 37:5

ヨブ​は​富ん​で​いる​時​に​も​貧しい​時​に​も​信仰​と​従順​を​示し​た

16,17. ヨブ​は​どんな​状況​の​変化​を​経験​し​まし​た​か。それぞれ​の​状況​で​どんな​問題​に​直面​し​まし​た​か。

16 ヨブ​は​どんな​問に​直し​た​か。ヨブ​は​波乱​に​満ち​た​人生​を​送り​まし​た。試練​に​遭う​前​は「すべて​の​東洋​人​の​うち​で​最も​大いなる​者」でし​た。(ヨブ 1:3)非常​に​裕福​で,多く​の​人​に​知ら​れ,尊敬​さ​れ​て​い​まし​た。(ヨブ 29:7‐16)それでも,高慢​に​なっ​たり,神​など​必要​な​い​と​考え​たり​し​ませ​ん​でし​た。エホバ​は​ヨブ​に​つい​て,「わたし​の​僕」また「廉直​で,神​を​恐れ,悪​から​離れ​て​いる​人」と​言わ​れ​まし​た。(ヨブ 1:8

17 しかし,その​後​ま​も​なく,ヨブ​の​生活​は​一変​し,貧困​と​絶望​の​どん底​に​突き落とさ​れ​ます。わたしたち​は,その​原因​が​中傷​する​者​サタン​で​ある​こと​を​知っ​て​い​ます。サタン​は,ヨブ​が​利己​的​な​動機​で​神​を​崇拝​し​て​いる​と​いう​偽り​の​訴え​を​し​まし​た。ヨブ 1:9,10を​読む。)エホバ​は​どう​さ​れ​た​でしょ​う​か。サタン​の​悪意​に​満ち​た​主張​を​無視​する​の​で​は​なく,ヨブ​が​忠誠​を​実証​し,純粋​な​愛​の​動機​で​神​を​崇拝​し​て​いる​こと​を​示す​機会​を​お与え​に​なり​まし​た。

18. (イ)ヨブ​の​どんな​点​が​素晴らしい​と​思い​ます​か。(ロ)ヨブ​に​対する​エホバ​の​接し方​から,エホバ​が​どんな​方​だ​と​いう​こと​が​分かり​ます​か。

 18 サタン​は​ヨブ​に​対し​て​卑劣​な​攻撃​を​始め,「こんな​こと​が​起き​て​いる​の​は​神​の​せい​だ」と​思わ​せ​よう​と​し​ます。(ヨブ 1:13‐21)3​人​の​偽り​の​慰め手​が​やっ​て​来​て​辛らつ​な​言葉​を​浴びせ,「あなた​が​神​から​罰​を​受ける​の​は​当然​だ」と​いう​趣旨​の​こと​を​言い​ます。(ヨブ 2:11; 22:1,5‐10)それでも​ヨブ​は​忠誠​を​保ち​まし​た。ヨブ​は​軽率​に​話し​た​こと​も​あり​ます​が,エホバ​は​ヨブ​の​つらい​気持ち​を​ご存じ​でし​た。(ヨブ 6:1‐3)ヨブ​は​サタン​から​いわば​地面​に​たたきつけ​られ,偽り​の​非難​を​受け,ののしら​れ​まし​た。意気​消沈​し​て​も,神​に​背​を​向け​たり​し​ませ​ん​でし​た。エホバ​は​その​様子​を​ずっ​と​見​て​おら​れ​まし​た。後​に,神​は​ヨブ​が​以前​に​持っ​て​い​た​もの​の​2​倍​を​お与え​に​なり​まし​た。また​ヨブ​は​さらに​140​年​生きる​こと​が​でき​まし​た。(ヤコ 5:11)ヨブ​は​その​間​も​神​に​全き​専心​を​示し​続け​まし​た。なぜ​そう​言え​ます​か。エゼキエル​が​この​記事​の​主題​聖句​を​書い​た​の​は,ヨブ​が​亡くなっ​た​ずっ​と​後​の​こと​だ​から​です。

19,20. (イ)ヨブ​の​信仰​と​従順​に​どの​よう​に​倣え​ます​か。(ロ)兄弟​姉妹​と​接する​際,どの​よう​に​神​の​思いやり​に​倣え​ます​か。

19 ヨブ​の​信と​従に​どの​よう​に​倣える​か。どんな​状況​に​置か​れ​て​も,いつも​エホバ​を​第​一​に​し​た​生き方​を​し​ましょ​う。エホバ​を​全く​信頼​し,心​から​神​に​従い​ましょ​う。ヨブ​が​そう​し​た​の​で​あれ​ば,わたしたち​は​なお​の​こと​そう​す​べき​です。なぜ​でしょ​う​か。わたしたち​は​サタン​と​その​策略​に​つい​て​多く​の​こと​を​知っ​て​い​ます。(コリ​二 2:11)ヨブ​記​を​含む​聖書​の​記述​の​おかげ​で,神​が​悪​の​存在​を​今​の​ところ​許し​て​おら​れる​の​は​なぜか​も​知っ​て​い​ます。ダニエル​の​預言​から,神​の​王国​が​キリスト​・​イエス​を​王​と​する​世界​政府​で​ある​こと​も​理解​し​て​い​ます。(ダニ 7:13,14)この​王国​が​すべて​の​苦しみ​を​永久​に​終わらせる​こと​も​知っ​て​い​ます。

20 ヨブ​の​経験​から,難しい​問題​と​闘っ​て​いる​兄弟​姉妹​の​気持ち​に​寄り添う​こと​の​大切​さ​も​学べ​ます。中​に​は,ヨブ​の​よう​に​軽率​な​こと​を​言っ​て​しまう​兄弟​姉妹​も​いる​か​も​しれ​ませ​ん。(伝 7:7)その​人​を​批判​する​の​で​は​なく,洞察​力​と​思いやり​を​示し​ましょ​う。そうすれば,愛​と​憐れみ​に​富む​父​エホバ​に​倣っ​て​いる​こと​に​なり​ます。(詩 103:8

エホバ​は「あなた方​を……強い​者​と​し​て​くださる」

21. ペテロ​第​一 5​章​10​節​は,ノア,ダニエル,ヨブ​に​どの​よう​に​当てはまり​ます​か。

21 ノア,ダニエル,ヨブ​は,生活​し​て​い​た​時代​も​置か​れ​て​い​た​状況​も​違い​まし​た。しかし​3​人​と​も​難しい​状況​の​中​で​頑張り​続け​まし​た。3​人​に​関する​聖書​の​記述​を​読む​と,使徒​ペテロ​の​次​の​言葉​を​思い出す​か​も​しれ​ませ​ん。「あなた方​が​しばらく​の​あいだ​苦しみ​に​遭っ​た​後,……あらゆる​過分​の​ご親切​の​神​は,自ら​あなた方​の​訓練​を​終え,あなた方​を​確固​と​し​た​者,強い​者​と​し​て​くださる​でしょ​う」。(ペテ​一 5:10

22. 次​の​記事​で​は​どんな​こと​を​学び​ます​か。

22 エホバ​は​ご自分​の​僕​たち​を​確固​と​し​た​強い​者​に​し​て​くださる​と​約束​し​て​おら​れ​ます。この​聖句​は​今日​の​神​の​民​に​も​当てはまり​ます。わたしたち​も,エホバ​へ​の​崇拝​に​おい​て​確固​と​し​た​者,強い​者​に​し​て​いただき​たい​と​願っ​て​い​ます。ですから,ノア,ダニエル,ヨブ​の​信仰​と​従順​に​倣い​ましょ​う。次​の​記事​で​は,この​3​人​が​忠誠​を​保て​た​の​は,エホバ​を​本当​に​よく​知っ​て​い​た​から​だ​と​いう​こと​を​学び​ます。彼ら​は​エホバ​から​求め​られ​て​いる「すべて​の​こと​を​理解」し​て​い​まし​た。(箴 28:5)わたしたち​も​エホバ​を​よく​知る​こと​が​でき​ます。

^ 2節 エゼキエル​は​西暦​前​617​年​に​流刑​に​され​まし​た。エゼキエル 8​章​1​節​から​19​章​14​節​は​エゼキエル​の​流刑​の「第​六​年」つまり​西暦​前​612​年​に​書か​れ​まし​た。

^ 5節 ノア​の​父​レメク​は​神​を​敬う​人​で,洪水​の​5​年​ほど​前​に​亡くなり​まし​た。ノア​の​母親​や​兄弟​姉妹​は​どう​なっ​た​の​でしょ​う​か。大​洪水​が​始まっ​た​時​に​生き​て​い​た​と​し​たら,大​洪水​で​滅ん​だ​こと​に​なり​ます。

^ 13節 ダニエル​の​3​人​の​友​が​高い​地位​に​就け​られ​た​の​も,神​が​物事​を​導か​れ​た​から​か​も​しれ​ませ​ん。(ダニ 2:49

^ 15節 ダニエル​書​の​書名​の​脚注​を​参照。