内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

「義なる者はエホバにあって歓[ぶ]」

「義なる者はエホバにあって歓[ぶ]」

ダイアナ​は​80​歳​を​過ぎ​て​い​ます。夫​は​アルツハイマー​病​に​かかり,老人​ホーム​に​入っ​て​数​年​で​亡くなり​まし​た。息子​2​人​に​も​先立た​れ,自ら​も​乳がん​と​闘っ​て​き​まし​た。しかし,会衆​の​兄弟​姉妹​は,集会​や​奉仕​で​会う​ダイアナ​が​いつも​喜び​に​あふれ​て​いる​こと​に​気づい​て​い​ます。

ジョン​は​43​年​余り​旅行​する​監督​と​し​て​奉仕​し​まし​た。その​奉仕​が​大好き​でし​た。生きがい​と​言える​ほど​でし​た。しかし,病気​の​親族​を​世話​する​必要​が​生じ,その​奉仕​を​続け​られ​なく​なり​まし​た。今​で​は​地元​の​会衆​で​奉仕​し​て​い​ます。昔​の​ジョン​を​知っ​て​いる​人​は,巡回​大会​や​地区​大会​で​ジョン​に​会う​と​驚き​ます。以前​と​少し​も​変わっ​て​い​ない​から​です。今​で​も​喜び​に​輝い​て​いる​の​です。

ダイアナ​や​ジョン​が​喜び​を​保っ​て​いる​の​は​なぜ​でしょ​う​か。つらい​経験​を​し​たり​病気​に​なっ​たり​し​た​場合,どう​すれ​ば​喜び​を​失わ​ず​に​すみ​ます​か。大切​に​し​て​い​た​奉仕​の​割り当て​を​手離す​こと​に​なっ​た​場合,どう​すれ​ば​幸福​で​いら​れる​でしょ​う​か。聖書​は,「義​なる​者​は​エホバ​に​あっ​て​歓[ぶ]」と​述べ​て​い​ます。(詩 64:10)この​大切​な​真理​を​もっと​よく​理解​する​に​は,何​が​本当​の​喜び​に​つながる​か​を​知る​必要​が​あり​ます。

いつ​まで​も​続く​と​は​限ら​ない​喜び

人​は​様々​な​時​に​喜び​を​味わい​ます。例えば,結婚​し​たり,子ども​が​生ま​れ​たり,会衆​で​特別​な​割り当て​を​与え​られ​たり​する​と,うれしく​思う​もの​です。それ​も​当然​です。エホバ​から​の​贈り物​だ​から​です。エホバ​は​結婚​を​取り決め,子ども​を​もうける​能力​を​与え​て​ください​まし​た。また,クリスチャン​会衆​を​通し​て​様々​な​割り当て​を​与え​て​おら​れ​ます。(創 2:18,22。詩 127:3。テモ​一 3:1

と​は​いえ,そう​し​た​喜び​が​いつ​まで​も​続く​と​は​限り​ませ​ん。配偶​者​が​不​忠実​に​なっ​たり​亡くなっ​たり​する​か​も​しれ​ませ​ん。(エゼ 24:18。ホセ 3:1)子ども​が​親​や​神​に​従う​の​を​やめ,排斥​さ​れる​こと​さえ​あり​ます。例えば,サムエル​の​息子​たち​は​エホバ​に​喜ば​れ​ない​こと​を​し​て​い​まし​た。ダビデ​は​バテ​・​シバ​ と​姦淫​を​犯し​て,家庭​内​に​多く​の​問題​を​引き起こし​まし​た。(サム​一 8:1‐3。サム​二 12:11)そう​し​た​出来事​は,喜び​で​は​なく,悲しみ​や​苦しみ​に​つながり​ます。

神​の​組織​内​の​割り当て​も,病気,家族​の​世話,取り決め​の​変更​など​に​よっ​て​果たせ​なく​なる​こと​が​あり​ます。その​よう​な​経験​を​し​た​人​の​多く​は,以前​の​楽しかっ​た​奉仕​を​思い出し​て​寂しく​感じる​こと​が​ある,と​述べ​て​い​ます。

ですから,そう​し​た​喜び​は​いつ​まで​も​続く​と​は​限り​ませ​ん。では,状況​が​好ましく​ない​方向​に​変化​し​て​も​喜び​を​保てる​でしょ​う​か。保て​ます。サムエル​や​ダビデ​など​の​人​たち​は,試練​の​間​も​喜び​を​失い​ませ​ん​でし​た。

いつ​まで​も​続く​喜び

イエス​は,本当​の​喜び​と​は​何​か​を​知っ​て​い​まし​た。人間​に​なる​前,天​で​理想​的​な​環境​に​い​た​時​に​は,「[エホバ]の​前​で​常​に​喜[ん​で]」い​まし​た。(箴 8:30)地上​で​は,厳しい​問題​に​ぶつかる​こと​も​あり​まし​た​が,天​の​父​の​ご意志​を​行なう​こと​に​喜び​を​見いだし​まし​た。(ヨハ 4:34)死​に​至る​まで​の​数​時間​は​どう​でし​た​か。「自分​の​前​に​置か​れ​た​喜び​の​ため​に……苦しみ​の​杭​に​耐え」まし​た。(ヘブ 12:2)では,イエス​は​喜び​に​つい​て​どんな​こと​を​述べ​て​いる​でしょ​う​か。2​つ​の​点​を​取り上げ​ましょ​う。

ある​時,70​人​の​弟子​たち​が,宣教​を​終え​て​イエス​の​もと​に​帰っ​て​来​まし​た。彼ら​は​強力​な​業​を​行なえ​た​こと,悪霊​たち​さえ​追い出せ​た​こと​を​喜ん​で​い​まし​た。すると,イエス​は​こう​言い​まし​た。「霊​たち​が​あなた方​に​服し​て​いる​こと​を​歓ぶ​の​で​は​なく,むしろ,あなた方​の​名​が​天​に​記さ​れ​た​こと​を​歓び​なさい」。(ルカ 10:1‐9,17,20)大切​な​の​は​エホバ​の​是認​を​得る​こと​です。それ​は​どんな​奉仕​の​割り当て​より​も​大きな​喜び​を​もたらし​ます。

また,イエス​が​群衆​に​向かっ​て​話​を​し​て​い​た​時,ある​ユダヤ​人​女性​が,あなた​の​よう​な​素晴らしい​教師​の​母親​は​とても​幸せ​に​違いない,と​言い​まし​た。すると​イエス​は​彼女​を​こう​正し​まし​た。「いいえ,むしろ, 神​の​言葉​を​聞い​て​それ​を​守っ​て​いる​人​たち​こそ​幸い​です!」(ルカ 11:27,28)もちろん,立派​な​子ども​を​持つ​の​は​誇らしい​こと​です。でも,エホバ​に​従い,エホバ​と​の​友情​を​築く​なら,はるか​に​大きな​喜び​を​味わえ​ます。

エホバ​に​是認​さ​れ​て​いる​と​感じる​と,大きな​喜び​が​得​られ​ます。試練​は​つらい​もの​です​が,エホバ​の​是認​を​奪う​もの​と​は​なり​ませ​ん。試練​に​遭っ​て​も​忠実​を​保つ​なら,喜び​は​いっそう​深まり​ます。(ロマ 5:3‐5)さらに,エホバ​は​ご自分​を​信頼​する​人​に​聖霊​を​お与え​に​なり​ます。喜び​は​聖霊​の​実​の​一面​です。(ガラ 5:22)確か​に,「義​なる​者​は​エホバ​に​あっ​て​歓[ぶ]」の​です。(詩 64:10

ジョン​が​深い​喜び​を​保つ​の​に,何​が​役立ち​まし​た​か。

こう​し​た​こと​を​考える​と,冒頭​の​ダイアナ​と​ジョン​が​難しい​状況​の​もと​で​も​喜び​を​保っ​て​いる​の​は​なぜか​が​よく​分かり​ます。ダイアナ​は​こう​言い​ます。「エホバ​の​もと​に​避難​し​まし​た。子ども​が​親​に​助け​を​求める​の​と​同じ​です」。こう​も​述べ​て​い​ます。「エホバ​は,わたし​が​笑顔​で​伝道​を​続け​られる​よう​に​し​て​ください​まし​た」。ジョン​は,旅行​する​奉仕​を​終え​た​後​も​熱心​に​宣教​を​行なっ​て​い​ます。そう​する​の​に​何​が​役立っ​た​でしょ​う​か。こう​述べ​て​い​ます。「1998​年​に​宣教​訓練​学校​の​教訓​者​と​し​て​奉仕​し​始め​まし​た。それ​以来,もっと​個人​研究​を​行なう​よう​に​なり​まし​た」。こう​も​述べ​て​い​ます。「わたしたち​夫婦​は​どんな​立場​で​も​エホバ​に​一生​懸命​奉仕​する​よう​に​し​て​き​た​の​で,今回​も​比較​的​スムーズ​に​順応​でき​まし​た。自分​たち​の​決定​を​少し​も​後悔​し​て​い​ませ​ん」。

他​の​兄弟​姉妹​も,詩編 64​編​10​節​の​言葉​どおり​で​ある​こと​を​経験​し​まし​た。例えば,米国​ベテル​で​30​年​以上​奉仕​し​た​ある​夫婦​は,野外​で​特別​開拓​者​と​し​て​奉仕​する​よう​割り当て​られ​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「大好き​な​もの​を​失っ​て​悲しく​思う​の​は​当然​です。でも​いつ​まで​も​悲しん​で​は​いら​れ​ませ​ん」。2​人​は​すぐ​に​会衆​で​の​宣教​に​専念​し​まし​た。こう​言い​ます。「具体​的​に​祈り​まし​た。エホバ​が​その​祈り​に​答え​て​くださっ​た​の​で,喜び​や​力​が​得​られ​まし​た。移動​後​しばらく​し​て,何​人​か​の​兄弟​姉妹​が​開拓​奉仕​を​始め​まし​た。わたしたち​の​研究​生​2​人​も​意欲​的​に​聖書​を​学ん​で​い​ます」。

「永久​に」喜ぶ

もちろん,喜び​を​保つ​の​は​必ずしも​簡単​で​は​あり​ませ​ん。人生​に​は​いろいろ​な​こと​が​あり​ます。ですから,詩編 64​編​10​節​に​記さ​れ​て​いる​エホバ​の​言葉​は​励み​に​なり​ます。落胆​する​こと​は​あり​ます​が,どんな​時​に​も​忠実​を​保つ​なら,「エホバ​に​あっ​て​歓[べ]」ます。さらに,「新しい​天​と​新しい​地」に​関する​エホバ​の​約束​が​実現​する​時​を​楽しみ​に​待つ​こと​も​でき​ます。神​に​仕える​人​は​皆,完全​に​なり,エホバ​が​行なわ​れる​こと​の​ゆえに「永久​に​歓喜​し,それ​を​喜[ぶ]」の​です。(イザ 65:17,18

新しい​世​で​は,完全​に​健康​な​体​に​なり,元気​いっぱい​で​1​日​を​始め​られる​よう​に​なり​ます。過去​に​どれ​ほど​深い​心​の​傷​を​負っ​た​と​し​て​も,つらい​思い出​は​消え去り​ます。「以前​の​こと​は​思い出さ​れる​こと​も,心​の​中​に​上る​こと​も​ない」の​です。復活​と​いう​奇跡​に​よっ​て,亡くなっ​た​愛する​家族​と​再び​会う​こと​が​でき​ます。イエス​が​12​歳​の​少女​を​復活​さ​せ​た​時,両親​は「狂喜​の​あまり​我​を​忘れる​ほど​に」なり​まし​た。わたしたち​も​同じ​よう​な​喜び​を​感じる​に​違いあり​ませ​ん。(マル 5:42)最終​的​に​は,地球​上​の​すべて​の​人​が​完全​な​意味​で「義​なる​者」となり,いつ​まで​も「エホバ​に​あっ​て​歓[ぶ]」こと​でしょ​う。