内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 ライフ​・​ストーリー

エホバは「優しくしてくださった」

エホバは「優しくしてくださった」

妻​の​ダニエール​と​ホテル​に​チェックイン​する​と,フロント​の​女性​から「国境​警備​隊​に​電話​し​て​いただけ​ます​か」と​言わ​れ​まし​た。わたしたち​は​数​時間​前​に​アフリカ​の​ガボン​に​到着​し​た​ばかり​でし​た。1970​年代,エホバ​の​証人​の​活動​が​禁止​さ​れ​て​い​た​国​です。

普段​から​よく​気​が​つく​ダニエール​が​耳元​で,「電話​する​必要​は​ない​みたい。もう​来​た​わ​よ」と​ささやき​まし​た。振り向く​と,ホテル​の​前​に​1​台​の​車​が​止まる​の​が​見え​まし​た。数​分​後,わたしたち​2​人​は​兵士​たち​に​逮捕​さ​れ​まし​た。でも,妻​の​機転​の​おかげ​で,一緒​に​い​た​兄弟​に​大切​な​書類​を​渡す​こと​が​でき​まし​た。

警察​署​に​連行​さ​れる​間,エホバ​を​愛する​勇敢​な​妻​が​い​て​くれ​て​よかっ​た,と​つくづく​思い​まし​た。この​時​に​限ら​ず​様々​な​機会​に​夫婦​で​協力​し​まし​た。それにしても,伝道​活動​が​制限​さ​れ​て​いる​国​を​訪問​し​て​い​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。いきさつ​を​お話し​し​ましょ​う。

エホバ​が​わたし​の​目​を​開い​て​くださっ​た

わたし​は​1930​年​に,フランス​北部​の​小さな​町​クロワ​で​生ま​れ​まし​た。家族​は​敬虔​な​カトリック​教徒​で,毎週​ミサ​に​出席​し​て​おり,父​も​教会​の​活動​を​熱心​に​行なっ​て​い​まし​た。でも,わたし​は​14​歳​に​なる​ころ,ある​出来事​が​きっかけ​で​教会​の​偽善​に​気づき​まし​た。

第​二​次​世界​大戦​中,フランス​は​ドイツ​軍​に​占領​さ​れ​て​い​まし​た。司祭​は​いつも​説教​中​に,親​ナチ​の​ビシー​政権​を​支持​する​よう​勧め​まし​た。ぞっ​と​する​よう​な​話​でし​た。フランス​で​は,BBC​ラジオ​で​連合​軍​から​の​ニュース​を​ひそか​に​聞い​て​いる​人​たち​が​大勢​い​まし​た。わたし​の​家族​も​そう​でし​た。しかし,1944​年​9​月​に​連合​軍​が​攻め​て​くる​と,司祭​は​手のひら​を​返し​た​よう​に,連合​軍​の​進軍​を​祝う​感謝​祭​を​取り決め​まし​た。わたし​は​びっくり​し​まし​た。司祭​の​偽善​を​見​て,教会​が​信じ​られ​なく​なり​まし​た。

戦後​ま​も​なく,父​が​亡くなり​まし​た。姉​は​すでに​結婚​し​て​ベルギー​に​住ん​で​い​た​の​で,わたし​が​母​を​養っ​て​いか​なけれ​ば​と​思い,繊維​会社​に​就職​し​まし​た。上司​と​その​息子​たち​は​熱心​な​カトリック​教徒​でし​た。仕事​は​順調​でし​た​が,しばらく​し​て​それ​が​ネック​に​なり​まし​た。

1953​年,エホバ​の​証人​に​なっ​て​い​た​姉​の​シモーヌ​が​訪ね​て​来​まし​た。シモーヌ​は​聖書​を​上手​に​使っ​て,地獄​の​火​や​三位一体​や​魂​の​不滅​など,カトリック​教会​の​教え​が​間違っ​て​いる​こと​を​説明​し​まし​た。最初​の​うちわ​たし​は,カトリック​の​聖書​を​使わ​ない​の​は​おかしい​と​反論​し​ て​い​まし​た​が,すぐ​に​シモーヌ​の​言っ​て​いる​こと​は​正しい​と​思う​よう​に​なり​まし​た。後日,シモーヌ​は「ものみの塔」の​古い​号​を​何​冊​か​持っ​て​き​て​くれ​まし​た。わたし​は​夜,寝室​で​その​雑誌​を​むさぼる​よう​に​読み​まし​た。これ​こそ​真理​だ​と​思い​まし​た。でも,仕事​を​失う​の​が​怖く​て,エホバ​の​側​に​立場​を​定める​こと​が​でき​ませ​ん​でし​た。

何​か月​か​は​自分​で​聖書​や「ものみの塔」を​勉強​し​て​い​まし​た​が,どうして​も​王国​会館​に​行き​たく​なり​まし​た。集会​に​出席​し​て​み​て,温か​な​雰囲気​に​感動​し​まし​た。長年​奉仕​し​て​いる​兄弟​と​6​か月​間​研究​し​た​後,1954​年​9​月​に​バプテスマ​を​受け​まし​た。その​後​しばらく​し​て,母​と​妹​も​エホバ​の​証人​に​なり​まし​た。とても​うれしかっ​た​です。

エホバ​に​頼っ​て​全​時間​奉仕​を​行なう

悲しい​こと​に,母​は​1958​年​に​亡くなり​まし​た。その​数​週​間​後,わたし​は​ニューヨーク​で​開か​れ​た​国際​大会​に​出席​でき​まし​た。家族​を​養う​責任​が​なくなっ​た​の​で,大会​から​戻る​と​すぐ​に​仕事​を​やめ​て,開拓​奉仕​を​始め​まし​た。そして,熱心​な​開拓​者​ダニエール​・​デリー​と​婚約​し,1959​年​5​月​に​結婚​し​まし​た。

ダニエール​は,実家​から​遠く​離れ​た​ブルターニュ​で​全​時間​奉仕​を​し​て​い​まし​た。農村​部​を​自転​車​で​奉仕​し​なけれ​ば​なら​ず,カトリック​信仰​の​根強い​地域​だっ​た​の​で,勇気​が​要っ​た​はず​です。ダニエール​も​わたし​と​同じく​緊急​感​を​抱い​て​奉仕​し​て​い​まし​た。終わり​が​いつ​来る​か​分から​なかっ​た​から​です。(マタ 25:13)ダニエール​の​自己​犠牲​の​精神​は,夫婦​で​全​時間​奉仕​を​続ける​助け​に​なっ​て​い​ます。

結婚​し​て​数​日​後,巡回​奉仕​を​する​よう​割り当て​られ​まし​た。質素​な​生活​に​慣れる​必要​が​あり​まし​た。最初​に​訪問​し​た​会衆​は​成員​が​14​人​で,みんな​貧しかっ​た​の​で,わたしたち​を​泊める​こと​が​でき​ませ​ん​でし​た。それ​で​わたしたち​は​王国​会館​の​ステージ​に​マットレス​を​敷い​て​寝​まし​た。最高​の​寝​心地​と​は​言え​ませ​ん​でし​た​が,背骨​に​は​良かっ​た​と​思い​ます。

小さな​車​で​会衆​を​訪問​し​た。

忙しい​毎日​に​も​かかわら​ず,妻​は​旅行​する​奉仕​に​自分​を​合わせる​よう​努力​し​て​い​まし​た。長老​の​集まり​が​急​に​開か​れ,小さな​車​の​中​で​待た​なけれ​ば​なら​ない​こと​も​たびたび​でし​た​が,決して​不平​を​言い​ませ​ん​でし​た。巡回​奉仕​を​し​た​わずか​2​年​の​間​に,夫婦​が​気持ち​を​包み隠さ​ず​に​話す​こと​や​協力​する​こと​が​どれ​ほど​大切​か​を​学び​まし​た。(伝 4:9

新しい​奉仕​の​割り当て​を​受ける

1962​年,わたしたち​は,ニューヨーク​の​ブルックリン​で​開か​れ​た,ギレアデ​学校​第​37​期​の​10​か月​の​課程​に​招待​さ​れ​まし​た。100​人​の​生徒​中,13​組​が​夫婦​でし​た。大勢​の​友​が​でき​た​こと​を​うれしく​思っ​て​い​ます。フレデリック​・​フランズ,ユリシーズ​・​グラス,アレクサンダー​・​H​・​マクミラン​など,信仰​の​柱​と​も​言える​兄弟​たち​と​親しく​なれ​た​の​も​良い​思い出​です。

夫婦​で​ギレアデ​学校​に​出席​でき​た​の​は​大きな​喜び​だっ​た。

ギレアデ​で​は,観察​力​を​働か​せる​こと​を​学び​まし​た。土曜​日​の​午後​は,クラス​で​の​授業​の​後,訓練​の​一環​と​し​ て​ニューヨーク​の​市内​観光​に​行く​こと​も​あり​まし​た。月曜​日​に​は,見学​し​た​事柄​に​つい​て​の​筆記​試験​が​あり​まし​た。土曜​日​の​晩​は​大抵,疲れ果て​て​帰っ​て​来​まし​た​が,ツアーガイド​の​ベテル​奉仕​者​から​復習​の​質問​を​され​まし​た。筆記​試験​に​備え​て​大切​な​点​を​覚え​られる​よう​に​する​ため​です。ある​土曜​日,わたしたち​は​午後​じゅう​市内​を​歩き回り,いろいろ​な​場所​を​訪れ​まし​た。天文​台​で​は​流星​と​隕石​の​違い​を,アメリカ​自然​史​博物​館​で​は​ワニ​の​アリゲーター​と​クロコダイル​の​違い​を​学び​まし​た。ベテル​に​戻る​と,ツアーガイド​から​こう​尋ね​られ​まし​た。「では,流星​と​隕石​の​違い​は​何​です​か」。疲れ切っ​て​い​た​ダニエール​は​勘違い​し​て,「えっ​と,隕石​の​方​が​歯​が​長い​です」と​答え​まし​た。

アフリカ​の​忠実​な​兄弟​姉妹​を​訪問​し​た。

驚い​た​こと​に,ギレアデ​卒業​後​は​フランス​支部​で​奉仕​する​よう​割り​当て​られ,53​年​以上​そこで​奉仕​し​て​き​まし​た。わたし​は​1976​年​に​支部​委員​会​の​調整​者​に​任命​さ​れ​まし​た。伝道​活動​が​禁令​や​制限​の​もと​に​置か​れ​て​い​た​アフリカ​や​中東​の​国々​を​訪問​する​割り当て​も​いただき​まし​た。冒頭​で​お話し​し​た​ガボン​を​訪れ​た​の​は​その​ため​です。正直​言っ​て,この​よう​な​割り当て​を​いただく​と​は​予期​し​て​おら​ず,自分​に​は​難しい​と​感じる​こと​も​あり​まし​た。でも,妻​の​おかげ​で​どんな​割り当て​に​も​取り組む​こと​が​でき​まし​た。

1988​年​に​パリ​で​開か​れ​た「神​の​公正」大会​で​セオドア​・​ジャラズ​兄弟​の​話​を​通訳​し​て​いる。

難しい​問題​に​ぶつかる

ベテル​で​の​生活​は​すぐ​に​好き​に​なり​まし​た。ギレアデ​に​出席​する​前​の​5​か月​で​英語​を​学ん​だ​妻​は​優秀​な​翻訳​者​に​なり,様々​な​出版​物​を​翻訳​し​まし​た。わたしたち​は​ベテル​奉仕​から​大きな​満足​感​を​味わい​まし​た​が,会衆​で​の​奉仕​に​よっ​て​喜び​は​2​倍​に​なり​まし​た。夜遅く,妻​と​一緒​に​パリ​の​地下鉄​に​乗っ​て​ベテル​に​帰っ​た​こと​を​思い出し​ます。聖書​レッスン​を​何​件​か​司会​し​た​後​で​疲れ切っ​て​い​まし​た​が,とても​幸せ​でし​た。しかし,ある​時,妻​が​突然​体調​を​崩し,思う​よう​に​奉仕​でき​なく​なり​まし​た。

妻​は​1993​年​に​乳がん​と​診断​さ​れ​まし​た。手術​や​強力​な​化学​療法​など,とても​つらい​治療​を​受け​まし​た。15​年​後​に​再び​がん​と​診断​さ​れ​まし​た。最初​の​時​より​も​たち​の​悪い​がん​でし​た。でも,妻​は​翻訳​の​仕事​に​愛着​が​あっ​た​の​で,体調​の​許す​限り,何​と​か​仕事​を​続け​まし​た。

妻​の​病状​は​非常​に​深刻​でし​た​が,2​人​と​も​ベテル​を​出る​こと​など​考え​ませ​ん​でし​た。と​は​いえ,病気​を​抱え​て​ベテル​で​生活​する​こと​に​は,それなり​の​苦労​も​あり​ます。周り​の​兄弟​姉妹​が​病気​の​こと​を​知ら​ない​場合​は​特に​そう​です。(箴 14:13)妻​は​70​代​後半​でし​た​が,いつも​優しい​笑顔​を​浮かべ,気品​に​あふれ​て​い​た​の​で,重い​病気​を​抱え​て​いる​よう​に​は​見え​ませ​ん​でし​た。くよくよ​する​こと​も​あり​ませ​ん​でし​た。むしろ,一生​懸命​に​他​の​人​を​助け​まし​た。問題​や​悩み​を​抱える​人​の​話​を​よく​聞く​こと​が,その​人​に​とっ​て​大きな​助け​に​なる​こと​を​知っ​て​い​まし​た。(箴 17:17)カウンセラー​の​よう​に​振る舞う​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た​が,自分​の​経験​を​生かし​て,がん​に​かかっ​た​多く​の​姉妹​たち​を​励まし​まし​た。

妻​は​やがて,ベテル​の​仕事​を​十分​に​行なえ​なく​なり​まし​ た。でも,わたし​を​支える​ため​に​いろいろ​な​こと​を​し​て​くれ​まし​た。おかげ​で​37​年​間,支部​委員​会​の​調整​者​と​し​て​奉仕​でき​まし​た。妻​が​毎日​昼食​を​準備​し​て​くれ​た​の​で,部屋​で​少し​の​時間,一緒​に​くつろぐ​こと​が​でき​まし​た。(箴 18:22

日々​の​不安​に​対処​する

妻​は​いつも​前向き​で,生きる​意欲​を​失い​ませ​ん​でし​た。でも,再び​がん​が​見つかっ​た​時​に​は,2​人​と​も​無力​感​に​襲わ​れ​まし​た。化学​療法​と​放射線​療法​を​何​度​も​受け,歩け​なく​なる​ほど​体力​が​落ち​た​こと​も​あり​ます。有能​な​翻訳​者​だっ​た​愛する​妻​が,思う​よう​に​話せ​ない​の​を​見る​の​は​本当​に​つらい​こと​でし​た。

それでも,わたしたち​は​あきらめ​ず​に​エホバ​に​祈り​続け​まし​た。わたしたち​が​耐え​られる​以上​に​苦しむ​こと​を​エホバ​は​許さ​れ​ない,と​確信​し​て​い​た​から​です。(コリ​一 10:13)聖書,ベテル​の​医療​スタッフ,兄弟​姉妹​の​愛情​深い​支え​など,エホバ​が​与え​て​くださる​助け​に​対する​感謝​を​忘れ​ない​よう​に​し​て​き​まし​た。

わたしたち​は​よく​エホバ​に,どんな​治療​を​受け​たら​よい​の​か​教え​て​ください,と​祈り​まし​た。ある​時​に​は,これ​以上​手​の​施し​よう​が​ない​よう​に​思え​まし​た。妻​を​23​年​間​診​て​くれ​た​医師​は,化学​療法​の​たび​に​妻​が​意識​を​失う​理由​が​分から​ず,代わり​の​治療​法​も​思いつか​ない​よう​でし​た。わたしたち​は​なす​すべ​が​ない​よう​に​感じ,不安​に​なり​まし​た。そんな​時,別​の​がん​専門​医​が​治療​し​て​くれる​こと​に​なり​まし​た。わたしたち​が​不安​に​対処​できる​よう,エホバ​が​逃れ​道​を​与え​て​くださっ​た​の​だ​と​思い​まし​た。

その​日​の​不安​だけ​に​取り組む​こと​を​学び​まし​た。イエス​が​述べ​た​よう​に,「一日​の​悪い​こと​は​その​日​だけ​で​十分​です」。(マタ 6:34)プラス​思考​や​ユーモア​の​センス​も​役立ち​まし​た。2​か月​間,化学​療法​が​なかっ​た​時,妻​は​いたずら​っぽく​ほほえん​で,「今​まで​で​一番​治療​が​うまく​いっ​て​いる​みたい!」と​言い​まし​た。(箴 17:22)治療​で​苦しい​時​に​も,新しい​王国​の​歌​を​確信​を​こめ​て​歌い,喜び​を​保ち​まし​た。

妻​が​前向き​だっ​た​の​で,わたし​も​前向き​で​いら​れ​まし​た。結婚​し​て​57​年​と​いう​もの,妻​が​わたし​の​身​の​周り​の​こと​を​すべて​し​て​くれ​て​い​まし​た。目玉焼き​の​作り方​さえ​教え​て​くれ​ませ​ん​でし​た。ですから,妻​の​病状​が​悪化​し​た​時​に​は,皿洗い​や​洗濯​の​仕方,簡単​な​食事​の​作り方​を​覚え​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。グラス​を​何​個​か​割っ​て​しまい​まし​た​が,妻​が​喜ん​で​くれる​と​思う​と,家事​も​楽しく​行なえ​まし​た。 *

エホバ​の​愛​ある​親切​に​感謝​する

健康​の​問題​や​老齢​の​ため,できる​こと​は​少なく​なり​まし​た​が,学ん​だ​こと​も​たくさん​あり​ます。第​1​に,どんな​に​忙しく​て​も,愛する​配偶​者​の​ため​に​時間​を​取る​こと​です。活力​が​十分​に​ある​うち​に,愛する​家族​を​できる​限り​世話​す​べき​です。(伝 9:9)第​2​に,小さな​こと​で​くよくよ​し​ない​こと​です。さもないと,毎日​得​て​いる​たくさん​の​祝福​が​見え​なく​なっ​て​しまい​ます。(箴 15:15

これ​まで​の​全​時間​奉仕​を​振り返る​と,エホバ​が​わたしたち​の​想像​を​はるか​に​超える​仕方​で​祝福​し​て​くださっ​た​と​思い​ます。わたし​は​次​の​よう​に​述べ​た​詩編​作者​と​同じ​よう​に​感じ​て​い​ます。「エホバ​は​私​に​優しく​し​て​くださっ​た」。(詩 116:7,「新​世界​訳」改訂​版[英語])

^ 32節 ダニエール​・​ボカエール​姉妹​は,この​記事​が​準備​さ​れ​て​いる​間​に​亡くなり​まし​た。78​歳​でし​た。