内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2018年1月

本当の幸せにつながるのはどんな愛ですか

本当の幸せにつながるのはどんな愛ですか

「エホバ​を​その​神​と​する​民​は​幸い​だ!」 詩 144:15

歌: 75,73

1. わたしたち​が​特別​な​時代​に​住ん​で​いる​と​言える​の​は​なぜ​です​か。

わたしたち​は​歴史​上,極めて​特別​な​時代​に​住ん​で​い​ます。聖書​が​予告​し​て​い​た​とおり,エホバ​は「すべて​の​国民​と​部族​と​民​と​国語​の​中​から……大​群衆」を​集め​て​おら​れ​ます。800万​人​を​超える​幸福​で「強大​な​国民」が「昼​も​夜​も​神​に​神聖​な​奉仕​を​ささげ​て」い​ます。(啓 7:9,15。イザ 60:22)神​と​隣人​を​愛する​人々​が​これ​ほど​大勢​い​た​時代​は​あり​ませ​ん。

2. 神​に​仕え​て​い​ない​人々​は​どんな​愛​を​抱い​て​い​ます​か。(冒頭​の​挿絵​を​参照。)

2 と​は​いえ​聖書​は,神​に​仕え​て​い​ない​人々​が​その​よう​な​愛​と​は​異なる​愛​を​示す​こと​も​予告​し​て​い​まし​た。利己​的​な​愛​です。「終わり​の​日​に​は,……人々[が]を​愛する​者,を​愛する​者,……神​を​愛する​より​を​愛する​者」と​なる,と​使徒​パウロ​は​述べ​まし​た。(テモ​二 3:1‐4)その​よう​な​利己​的​な​愛​は,クリスチャン​が​抱く​愛​と​は​正​反対​の​もの​です。決して​人​を​幸せ​に​は​し​ませ​ん。それどころか,利己​的​な​愛​の​せい​で「対処​し​にくい」世​の​中​に​なっ​て​い​ます。

3. この​記事​で​は​どんな​点​を​考え​ます​か。なぜ​です​か。

3 パウロ​は,利己​的​な​愛​が​クリスチャン​に​とっ​て​危険​で​ある​こと​を​知っ​ て​い​まし​た。それで,その​よう​な​愛​を​示す​人々​から「離れ​なさい」と​警告​し​まし​た。(テモ​二 3:5)もちろん,完全​に​接触​を​避ける​こと​は​でき​ませ​ん。では,周囲​の​人々​の​間違っ​た​態度​の​影響​を​受け​ない​よう​に​し,愛​の​神​エホバ​に​喜ん​で​いただく​に​は,どう​し​たら​よい​でしょ​う​か。神​に​喜ば​れる​愛​と,テモテ​第​二 3​章​2‐4​節​に​記さ​れ​て​いる​愛​を​比較​し​て​考え​ましょ​う。そうすれば,自分​が​どんな​愛​を​示す​べき​か​が​分かり​ます。この​愛​こそ,本当​の​満足​感​と​幸せ​に​つながる​愛​です。

神​を​愛する​か,自分​を​愛する​か

4. 自分​を​愛する​こと​が​間違っ​て​い​ない​の​は​なぜ​です​か。

4 パウロ​は「自を​愛する​者に​つい​て​述べ​まし​た。自分​を​愛する​の​は​間違っ​た​こと​でしょ​う​か。いいえ,それ​は​自然​な​こと​で​あり,必要​な​こと​で​も​あり​ます。エホバ​は​人間​を​その​よう​な​者​と​し​て​造ら​れ​まし​た。「あなた​は​隣人​を​の​よう​に​愛さ​ね​ば​なら​ない」と​イエス​は​教え​まし​た。(マル 12:31)自分​を​愛し​て​い​なけれ​ば,隣人​を​愛する​こと​は​でき​ませ​ん。聖書​は​こう​も​述べ​て​い​ます。「夫​は​の​体の​よう​に​妻​を​愛す​べき​です。妻​を​愛する​人​は​を​愛し​て​いる​の​です。自分​の​身​を​憎ん​だ​者​は​かつて​い​ない​から​です。むしろ​人​は,それ​を​養い,また​大切​に​し​ます」。(エフェ 5:28,29)ですから,自分​に​対する​適度​な​愛​は​望ましい​もの​です。

5. 自分​を​過度​に​愛する​人​と​は​どんな​人​です​か。

5 しかし,テモテ​第​二 3​章​2​節​に​述べ​られ​て​いる​自分​へ​の​愛​は,健全​な​もの​で​は​あり​ませ​ん。利己​的​で​ゆがん​だ​愛​です。自分​を​過度​に​愛する​人​は,自分​の​こと​を​必要​以上​に​考え​ます。ローマ 12:3を​読む。)自分​の​こと​ばかり​考え,他​の​人​の​こと​は​ほとんど​気​に​かけ​ませ​ん。物事​が​うまく​いか​ない​と,自分​の​責任​を​認め​ず​に,他​の​人​の​せい​に​し​ます。ある​聖書​注解​者​は,自分​を​愛する​人​を​ハリネズミ​に​例え,こう​述べ​て​い​ます。「[ハリネズミ​は]体​を​丸め,自分​は​柔らか​な​体毛​の​中​で​温まる。……しかし……他者​に​向かっ​て​たくさん​の​鋭い​針​を​突き出す」。その​よう​な​自己​中心​的​な​人​は​本当​の​意味​で​幸福​で​は​あり​ませ​ん。

6. 神​を​愛する​人​は​なぜ​幸福​です​か。

6 終わり​の​日​に​人々​が​示す​悪い​特質​と​し​て,自分​へ​の​愛​が​まず​挙げ​られ​て​いる​の​は​なぜ​でしょ​う​か。ある​聖書​学​者​たち​に​よれ​ば,自分​へ​の​愛​は,パウロ​が​挙げ​て​いる​他​の​様々​な​悪い​特質​を​生み出す​から​です。しかし,神​を​愛する​人​は​全く​異なる​特質​を​示し​ます。聖書​は,神​に​喜ば​れる​愛​を,喜び,平和,辛抱強さ,親切,善良,信仰,温和,自制​と​結び付け​て​い​ます。(ガラ 5:22,23)詩編​作者​も「エホバ​を​その​神​と​する​民​は​幸い​だ!」と​述べ​て​い​ます。(詩 144:15)エホバ​は​幸福​な​神​です。ですから,神​の​民​も​幸福​です。自分​を​愛し,受ける​こと​だけ​に​関心​が​ある​人​と​は​異​なり,自分​の​時間​や​エネルギー​を​他​の​人​に​与える​の​で​幸福​です。(使徒 20:35

自分​より​も​神​を​愛し​て​い​ます​か。(7​節​を​参照。)

7. 神​へ​の​愛​の​強さ​を​確かめる​ため,どんな​こと​を​自問​でき​ます​か。

7 神​へ​の​愛​より​も​自分​へ​の​愛​が​強く​なっ​て​い​ない​か,どの​よう​に​確かめ​られ​ます​か。フィリピ 2​章​3,4​節​に​は​こう​あり​ます。「何事​も​闘争​心​や​自己​本位​の​気持ち​から​する​の​で​は​なく,むしろ,他​の​人​が​自分​より​上​で​ある​と​考え​て​へりくだっ​た​思い​を​持ち,自分​の​益​を​図っ​て​自分​の​事​だけ​に​目​を​留め​ず,人​の​益​を​図っ​て​他​の​人​の​事​に​も​目​を​留め​なさい」。こう​自問​でき​ます。「この​助言​を​自分​の​生活​に​当てはめ​て​いる​だろ​ う​か。神​の​ご意志​を​進ん​で​行なお​う​と​し​て​いる​だろ​う​か。会衆​で​も​野外​宣教​で​も,他​の​人​を​助け​よう​と​努め​て​いる​だろ​う​か」。自分​の​時間​や​エネルギー​を​与える​こと​に​は,努力​と​自己​犠牲​が​求め​られ​ます。でも,宇宙​主権​者​の​是認​を​得る​こと​以上​に​幸せ​な​こと​は​あり​ませ​ん。

8. 神​へ​の​愛​に​動かさ​れ,どんな​奉仕​を​し​て​いる​人​たち​も​い​ます​か。

8 神​へ​の​愛​に​動かさ​れ,高​収入​の​得​られる​仕事​を​後​に​し​て,エホバ​に​いっそう​仕え​て​いる​人​たち​も​い​ます。エリカ​は​米国​に​住む​医師​です。でも,医師​と​し​て​成功​し​よう​と​する​の​で​は​なく,正規​開拓​奉仕​を​始め,夫​と​共​に​幾つ​か​の​国​で​奉仕​し​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「外国​語​の​区域​で​奉仕​し​て​たくさん​の​良い​経験​を​し,多く​の​友​を​得,本当​に​充実​し​た​生活​を​送っ​て​き​まし​た。医師​の​仕事​は​続け​て​い​ます​が,エホバ​に​つい​て​人々​に​教え,会衆​の​兄弟​姉妹​を​助ける​こと​に​多く​の​時間​や​エネルギー​を​使っ​て​い​ます。心​から​の​喜び​と​満足​感​を​味わっ​て​い​ます」。

富​を​天​に​蓄える​か,地上​に​蓄える​か

9. お金​を​愛する​人​が​幸福​に​なれ​ない​の​は​なぜ​です​か。

9 パウロ​は「金を​愛する​者に​つい​て​も​述べ​まし​た。何​年​か​前,アイルランド​の​開拓​者​は​ある​男性​に​神​に​つい​て​話​し​まし​た。すると​男性​は​財布​から​数​枚​の​紙幣​を​取り出し​て,誇らしげ​に「これ​が​わたし​の​神​だ​よ!」と​言い​まし​た。これ​ほど​あからさま​に​言わ​ない​と​し​て​も,お金​や​物​を​愛する​人​が​世界​に​は​あふれ​て​い​ます。聖書​は​こう​警告​し​て​い​ます。「ただ​銀​を​愛する​者​は​銀​に​満ち足りる​こと​なく,富​を​愛する​者​は​収入​に​満ち足りる​こと​が​ない」。(伝 5:10)その​よう​な​人​は​もっと​たくさん​の​お金​を​欲しがり,お金​を​貯める​ため​に​必死​に​努力​し​ます。その​結果,「多く​の​苦痛」を​経験​し​て​い​ます。(テモ​一 6:9,10

10. 聖書​に​は​富​と​貧しさ​に​つい​て​どんな​こと​が​記さ​れ​て​い​ます​か。

10 もちろん,お金​は​必要​です。ある​程度,身​の​守り​と​も​なり​ます。(伝 7:12)では,基本​的​な​必要​を​賄う​お金​しか​なく​て​も​幸せ​に​なれる​でしょ​う​か。もちろん​なれ​ます。の​書 5:12を​読む。)ヤケ​の​子​アグル​は​こう​述べ​まし​た。「わたし​に​貧しさ​を​も​富​を​も​与え​ない​で​ください。わたし​の​ため​に​定め​られ​た​食物​を​わたし​に​むさぼり食わ​せ​て​ください」。アグル​が​ひどく​貧しい​生活​を​望ま​なかっ​た​の​は,続く​部分​で​述べ​て​いる​よう​に,貧しさ​の​ゆえに​盗み​を​働き,神​の​名​を​汚す​よう​な​こと​は​し​たく​なかっ​た​から​です。では,アグル​が​富​を​与え​ない​で​ほしい​と​祈っ​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。こう​述べ​て​い​ます。「それ​は,わたし​が​満ち足り​て​あなた​を​実際​に​否み,『エホバ​と​は​だれ​か』と​言う​こと​の​ない​ため……です」。(箴 30:8,9)今日​で​も,神​で​は​なく​富​を​信頼​し​て​いる​人​が​大勢​いる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。

11. イエス​は​お金​に​関し​て​どんな​助言​を​与え​まし​た​か。

11 お金​を​愛する​人​は​神​に​喜ば​れ​ませ​ん。イエス​は​こう​言い​まし​た。「だれ​も​二​人​の​主人​に​奴隷​と​し​て​仕える​こと​は​でき​ませ​ん。一方​を​憎ん​で​他方​を​愛する​か,一方​に​堅く​付い​て​他方​を​侮る​か​の​どちら​か​だ​から​です。あなた方​は​神​と​富​と​に​奴隷​と​し​て​仕える​こと​は​でき​ませ​ん」。イエス​は​こう​も​述べ​まし​た。「あなた方​は​自分​の​ため​に​地上​に​宝​を​蓄える​の​を​やめ​なさい。そこ​で​は​蛾​や​さび​が​食い尽くし,また​盗人​が​押し入っ​て​盗み​ます。むしろ,自分​の​ため​に​天​に​宝​を​蓄え​なさい。そこ​で​は​蛾​も​さび​も​食わ​ず,盗人​が​押し入っ​て​盗む​こと​も​あり​ませ​ん」。(マタ 6:19,20,24

12. 生活​を​シンプル​に​する​なら,もっと​エホバ​に​仕える​こと​が​でき​ます。例​を​挙げ​て​ください。

 12 生活​を​シンプル​に​する​なら,エホバ​に​仕える​時間​を​増やす​こと​が​でき,もっと​幸せ​に​なれ​ます。その​こと​に​気づい​た​人​は​大勢​い​ます。米国​に​住む​ジャック​は,妻​と​一緒​に​開拓​奉仕​を​する​ため,大きな​家​と​仕事​を​手離し​まし​た。こう​言い​ます。「自然​に​囲ま​れ​た​美しい​家​や​土地​を​手離す​の​は​つらい​こと​でし​た。でも,それ​まで​何​年​も​の​間,わたし​は​仕事​上​の​問題​の​ため​に​いらいら​し​て​家​に​帰っ​て​い​まし​た。でも,開拓​奉仕​を​し​て​い​た​妻​は​いつも​幸せ​そう​でし​た。妻​は​よく『わたし​に​は​最高​の​上司​が​いる​から』と​言っ​て​い​まし​た。今​は​わたし​も​開拓​奉仕​を​し,同じ​上司​で​ある​エホバ​に​仕え​て​い​ます」。

お金​より​も​神​を​愛し​て​い​ます​か。(13​節​を​参照。)

13. お金​に​対し​て​バランス​の​取れ​た​見方​を​し​て​いる​か​を,どの​よう​に​確かめる​こと​が​でき​ます​か。

13 お金​に​対し​て​バランス​の​取れ​た​見方​を​し​て​いる​か​を​確かめる​ため,こう​自問​し​て​み​ましょ​う。「聖書​が​お金​に​つい​て​述べ​て​いる​事柄​を​本当​に​信じ​て​いる​だろ​う​か。その​こと​が​生活​に​表われ​て​いる​だろ​う​か。お金​を​稼ぐ​こと​が​生活​の​中心​に​なっ​て​い​ない​だろ​う​か。エホバ​と​の​関係​や​他​の​人​と​の​関係​より​も,お金​や​物​を​大切​に​し​て​い​ない​だろ​う​か。エホバ​が​必要​な​もの​を​与え​て​くださる​こと​を​本当​に​信じ​て​いる​だろ​う​か」。エホバ​は​ご自分​に​頼る​人​を​決して​失望​さ​せ​ませ​ん。(マタ 6:33

エホバ​を​愛する​か,快楽​を​愛する​か

14. 生活​を​楽しむ​こと​に​つい​て,どんな​バランス​の​取れ​た​見方​が​でき​ます​か。

14 予告​さ​れ​て​い​た​とおり,今日​多く​の​人​は「快を​愛する​者と​なっ​て​い​ます。自分​や​お金​に​対し​て​健全​な​見方​を​する​こと​が​大切​な​よう​に,生活​を​楽しむ​こと​に​つい​て​も​バランス​の​取れ​た​見方​を​する​必要​が​あり​ます。エホバ​は,わたしたち​が​健全​な​活動​を​楽しむ​こと​を​禁じ​て​は​おら​れ​ませ​ん。聖書​は,神​に​忠実​に​仕える​人​たち​に,「行っ​て,歓び​を​もっ​て​あなた​の​食物​を​食べ,良い​心​を​もっ​て​あなた​の​ぶどう​酒​を​飲め」と​勧め​て​い​ます。(伝 9:7

15. 「快楽​を​愛する​者」と​は​どんな​人​の​こと​です​か。

15 テモテ​第​二 3​章​4​節​は,神​を​無視​する​ほど​ 快楽​を​追求​する​人​に​つい​て​述べ​て​い​ます。この​聖句​の「神​を​愛する​より」快楽​を​愛する​と​いう​表現​に​関し​て,ある​学​者​は​こう​述べ​て​い​ます。「[この​聖句]は,彼ら​が​神​の​こと​も​幾らか​愛し​て​いる​と​いう​意味​で​は​ない。神​を​全く​愛し​て​い​ない​と​いう​意味​で​ある」。快楽​を​愛する​人​に​対する​何​と​強力​な​警告​でしょ​う。「快楽​を​愛する​者」は「快楽​に​さらわ​れ​て​しまい」ます。(ルカ 8:14

16,17. イエス​は​生活​を​楽しむ​こと​に​関し​て​どんな​バランス​の​取れ​た​見方​を​し​まし​た​か。

16 イエス​は​生活​を​楽しむ​こと​に​対し​て​完全​に​バランス​の​取れ​た​見方​を​し​まし​た。「婚宴」や「盛大​な​歓迎​の​宴」に​出席​し​た​こと​も​あり​ます。(ヨハ 2:1‐10。ルカ 5:29)婚宴​で​は​水​を​ぶどう​酒​に​変える​奇跡​を​行ない​まし​た。ぶどう​酒​が​足り​なく​なっ​た​から​です。別​の​機会​に​は,食べ​たり​飲ん​だり​し​て​いる​イエス​を​非難​し​た​人​たち​の​独善​的​な​見方​を​正し​まし​た。(ルカ 7:33‐36

17 と​は​いえ,イエス​は​快楽​を​中心​に​し​た​生き方​を​し​て​い​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。エホバ​を​第​一​に​し,他​の​人​たち​を​助ける​ため​に​多く​の​時間​と​エネルギー​を​費やし​まし​た。人々​の​命​を​救う​ため,大きな​苦痛​を​伴う​死​を​遂げ​まし​た。また,ご自分​に​従お​う​と​する​者​たち​に​こう​言い​まし​た。「人々​が​わたし​の​ため​に​あなた方​を​非難​し,迫害​し,あらゆる​邪悪​な​こと​を​偽っ​て​あなた方​に​言う​とき,あなた方​は​幸い​です。歓び,かつ​喜び躍り​なさい。天​に​おい​て​あなた方​の​報い​は​大きい​から​です。人々​は​あなた方​より​前​の​預言​者​たち​を​その​よう​に​し​て​迫害​し​た​の​です」。(マタ 5:11,12

快楽​より​も​神​を​愛し​て​い​ます​か。(18​節​を​参照。)

18. 生活​を​楽しむ​こと​に​関し​て​バランス​の​取れ​た​見方​を​し​て​いる​か,どの​よう​に​確かめる​こと​が​でき​ます​か。

18 あなた​は​生活​を​楽しむ​こと​に​関し​て​バランス​の​取れ​た​見方​を​し​て​い​ます​か。こう​自問​でき​ます。「集会​や​野外​奉仕​より​も​遊び​を​優先​し​て​い​ない​だろ​う​か。神​に​仕える​ため,自分​に​とっ​て​楽しい​こと​を​進ん​で​犠牲​に​する​だろ​う​か。映画​や​音楽​や​ゲーム​を​選ぶ​際,エホバ​が​どう​ご覧​に​なる​か​を​考える​だろ​う​か」。神​を​本当​に​愛し​て​いる​なら,神​に​喜ば​れ​ない​と​はっきり​分かっ​て​いる​事柄​だけ​で​なく,神​に​喜ば​れ​ない​可能​性​が​ある​事柄​も​注意深く​避ける​でしょ​う。マタイ 22:37,38を​読む。)

幸せ​な​生き方

19. どんな​人​は​本当​の​意味​で​幸せ​に​は​なれ​ませ​ん​か。

19 約​6000​年​に​及ぶ​サタン​の​支配​は​間​も​なく​終わろ​う​と​し​て​い​ます。今​の​世界​に​は​自分​や​お金​や​快楽​を​過度​に​愛する​人​たち​が​あふれ​て​い​ます。できる​だけ​多く​の​もの​を​得​よう​と​し,自分​の​欲望​を​満たす​こと​を​生活​の​中心​に​し​て​い​ます。その​よう​な​人​は​本当​の​意味​で​幸せ​に​は​なれ​ませ​ん。では​どんな​人​が​幸せ​に​なれ​ます​か。詩編​作者​は​こう​述べ​て​い​ます。「ヤコブ​の​神​を​自分​の​助け​と​する​者​は​幸い​だ。彼​の​望み​は​その​神​エホバ​に​ある」。(詩 146:5

20. 神​を​愛する​なら​どんな​喜び​を​味わえ​ます​か。

20 エホバ​の​民​は​神​を​深く​愛し​て​おり,その​民​の​数​は​年々​増加​し​て​い​ます。これ​は​神​の​王国​が​すでに​支配​し​て​おり,間​も​なく​素晴らしい​祝福​を​地​に​もたらす​こと​の​証拠​です。神​の​ご意志​を​行なう​なら,神​に​喜ん​で​いただく​こと​が​でき​ます。エホバ​に​喜ん​で​いただい​て​いる​と​いう​実感​が​ある​と,本当​に​幸せ​に​なれ​ます。エホバ​を​愛する​人​は​永遠​に​喜び​を​味わう​でしょ​う。次​の​記事​で​は,利己​的​な​愛​から​生じる​幾つ​か​の​特質​を​取り上げ,エホバ​の​民​の​示す​特質​と​の​違い​に​つい​て​考え​ます。