内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年9月

自制心を培いましょう

自制心を培いましょう

「霊​の​実​は……自制​です」。ガラ 5:22,23

歌: 83,52

1,2. (イ)自制​心​に​欠ける​と,どんな​結果​に​なり​ます​か。(ロ)自制​心​に​つい​て​考える​必要​が​ある​の​は​なぜ​です​か。

自制​心​は​神​に​喜ば​れる​特質​です。(ガラ 5:22,23)エホバ​は​完全​な​自制​心​を​持っ​て​おら​れ​ます。しかし,不​完全​な​わたしたち​に​とっ​て,自制​心​を​保つ​の​は​簡単​で​は​あり​ませ​ん。今日​生じ​て​いる​問題​の​多く​は,自制​心​が​欠け​て​いる​ため​に​生じ​て​い​ます。自分​を​コントロール​で​き​ない​と,やる​べき​こと​を​後回し​に​し​て​しまい​ます。勉強​や​仕事​も​はかどり​ませ​ん。自制​心​の​欠如​は,暴言,大酒,暴力,犯罪,離婚,不​必要​な​負債,依存​症,感情​的​な​トラウマ,性​感染​症,望ま​ない​妊娠​など​に​つながる​こと​も​あり​ます。(詩 34:11‐14

2 自制​心​に​欠ける​と,自分​も​周囲​の​人​たち​も​問題​を​抱える​こと​に​なる​でしょ​う。人々​の​自制​心​は​ますます​失わ​れ​て​い​ます。1940​年代​に​行なわ​れ​た​研究​に​よる​と,当時​も​自制​心​の​欠如​は​問題​に​なっ​て​い​まし​た。でも​最近​の​研究​に​よる​と,人々​の​自制​心​は​もっと​低下​し​て​い​ます。これ​は​意外​な​こと​で​は​あり​ませ​ん。聖書​は「終わり​の​日」の​特徴​と​し​て,人々​が「自制​心​の​ない​者」に​なる​こと​を​予告​し​て​い​た​から​です。(テモ​二 3:1‐3

3. 自制​心​を​培う​べき​な​の​は​なぜ​です​か。

3 自制​心​を​培う​べき​な​の​は​なぜ​でしょ​う​か。2​つ​の​大切​な​理由​ が​あり​ます。一つ​は,自分​の​衝動​を​コントロール​で​きる​人​は​深刻​な​問題​を​抱え​ず​に​すむ,と​いう​こと​です。その​よう​な​人​は​感情​的​に​安定​し​て​おり,他​の​人​と​の​良い​関係​を​築け​ます。衝動​的​な​人​に​比べ​て,怒っ​たり​悩ん​だり​落ち込ん​だり​する​こと​が​少ない​でしょ​う。もう​一つ​の​理由​と​し​て,誘惑​に​抵抗​し,間違っ​た​衝動​を​コントロール​する​なら,神​に​喜ん​で​いただく​こと​が​でき​ます。アダム​と​エバ​は​その​点​で​失敗​し​まし​た。(創 3:6)今日​で​も,大勢​の​人々​が​自制​心​を​失っ​た​ため​に​様々​な​問題​を​抱え​て​い​ます。

4. 自制​心​を​示し​たい​と​思っ​て​いる​人​に​とっ​て,どんな​こと​は​励み​に​なり​ます​か。

4 不​完全​な​人間​が​完全​な​自制​心​を​示す​こと​は​でき​ませ​ん。エホバ​は​その​こと​を​ご存じ​で​あり,わたしたち​が​自制​心​を​示せる​よう​助け​たい​と​願っ​て​おら​れ​ます。(王​一 8:46‐50)エホバ​は​優しい​友​と​し​て,自制​心​を​示そ​う​と​努力​し​て​いる​僕​たち​を​温かく​励まし​て​おら​れる​の​です。では​これ​から,エホバ​の​完全​な​自制​心​に​つい​て​考え​ましょ​う。その​後,聖書​中​の​良い​例​と​悪い​例​を​取り上げ​ます。最後​に,自制​心​を​培う​ため​に​何​が​できる​か​を​考え​ます。

エホバ​の​手本

5,6. エホバ​は​どの​よう​に​自制​心​を​示し​て​おら​れ​ます​か。

5 エホバ​は​完全​な​自制​心​を​示さ​れ​ます。すべて​の​点​で​完全​な​方​だ​から​です。(申 32:4)しかし,わたしたち​は​不​完全​です。自制​心​を​示す​に​は,エホバ​の​手本​に​つい​て​学び,エホバ​に​倣う​必要​が​あり​ます。エホバ​が​自制​心​を​示さ​れ​た​どんな​例​が​ある​でしょ​う​か。

6 サタン​が​反逆​し​た​時,エホバ​は​自制​心​を​示さ​れ​まし​た。サタン​の​厚顔​無恥​な​主張​に​つい​て​知っ​た​忠節​な​み使い​たち​は,憤り​を​感じ,サタン​を​軽蔑​し​た​こと​でしょ​う。あなた​も,サタン​が​多く​の​苦しみ​を​引き起こし​た​こと​に​憤り​を​覚える​か​も​しれ​ませ​ん。でも,エホバ​は​性急​に​行動​し​たり​は​され​ませ​ん​でし​た。神​は​怒る​こと​に​遅い​方​です。ご自分​を​制し,サタン​の​反逆​に​公正​に​対処​し​て​こら​れ​まし​た。(出 34:6。ヨブ 2:2‐6)人間​が​一​人​も​滅ぼさ​れる​こと​なく,「すべて​の​者​が​悔い改め​に​至る​こと​を​望ま​れる」の​で,しばらく​待つ​こと​に​され​た​の​です。(ペテ​二 3:9

7. エホバ​の​手本​から​何​を​学べ​ます​か。

7 エホバ​の​手本​から​何​を​学べ​ます​か。性急​に​なる​の​で​は​なく,話し​たり​行動​し​たり​する​前​に​よく​考える,と​いう​こと​です。重要​な​決定​を​下す​時​に​は,時間​を​取っ​て​考え​ましょ​う。正しい​こと​を​語り,行なえる​よう,知恵​を​祈り​求め​て​ください。(詩 141:3)感情​の​まま​に​行動​し​ない​よう​に​し​ましょ​う。わたしたち​の​多く​が​経験​し​て​いる​とおり,性急​に​行動​する​と​後悔​する​こと​に​なり​ます。(箴 14:29; 15:28; 19:2

聖書​中​の​良い​例​と​悪い​例

8. (イ)自制​心​を​示し​た​人​の​例​を​どこ​に​見いだせ​ます​か。(ロ)ヨセフ​が​ポテパル​の​妻​の​誘惑​を​退ける​こと​が​でき​た​の​は​なぜ​です​か。(冒頭​の​挿絵​を​参照。)

8 聖書​に​は​自制​心​の​大切​さ​を​教える​例​が​幾つ​も​あり​ます。例えば,ヤコブ​の​息子​ヨセフ​は​難しい​状況​に​置か​れ​て​も​自分​を​制し​まし​た。ファラオ​の​護衛​の​長​ポテパル​の​家​で​仕え​て​い​た​時​の​こと​です。ポテパル​の​妻​は,「姿​が​美しく,容ぼう​の​美しい」ヨセフ​に​目​を​つけ,何​度​も​誘惑​し​まし​た。ヨセフ​が​誘惑​ を​退ける​こと​が​でき​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。誘惑​に​負け​たら​どう​なる​か,時間​を​取っ​て​考え​て​い​た​から​でしょ​う。衣​を​つかま​れ​た​時​に​は,すぐ​に​逃げ​まし​た。ヨセフ​が​どの​よう​に​考え​て​い​た​か​は,次​の​言葉​に​表われ​て​い​ます。「どうして​わたし​は​この​大きな​悪行​を​犯し​て,まさに​神​に​対し​て​罪​を​おかす​こと​など​できる​でしょ​う​か」。(創 39:6,9。箴言 1:10を​読む。)

9. 誘惑​に​抵抗​できる​よう,前もって​どんな​こと​が​でき​ます​か。

9 ヨセフ​の​手本​から​何​を​学べ​ます​か。神​の​律法​を​破ら​せ​よう​と​する​誘惑​から​逃げる​必要​が​ある,と​いう​こと​です。兄弟​姉妹​の​中​に​は​かつて,大食,大酒,喫煙,薬物​の​乱用,性的​不​道徳​など​の​問題​を​抱え​て​い​た​人​たち​が​い​ます。バプテスマ​の​後​も,以前​の​行ない​に​逆戻り​し​そう​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。その​よう​な​時,どう​し​たら​よい​でしょ​う​か。衝動​に​負け​て​罪​を​犯す​なら​エホバ​と​の​関係​が​どう​なる​か,時間​を​取っ​て​考え,自分​を​強める​こと​です。誘惑​に​なり​そう​な​状況​を​予測​し,それ​を​どの​よう​に​避け​られる​か​を​考え​て​おく​と​よい​でしょ​う。(詩 26:4,5。箴 22:3)実際​に​誘惑​に​遭っ​た​なら,抵抗​する​ため​の​知恵​と​自制​心​を​エホバ​に​祈り​求め​て​ください。

10,11. (イ)多く​の​若い​クリスチャン​は​学校​で​どんな​問題​に​直面​し​て​い​ます​か。(ロ)若い​クリスチャン​が​誘惑​に​抵抗​する​ため​に,何​が​助け​に​なり​ます​か。

10 多く​の​若い​クリスチャン​は​ヨセフ​と​同じ​よう​な​問題​に​直面​し​て​い​ます。レニー​と​いう​姉妹​の​例​を​考え​ましょ​う。レニー​の​クラスメート​は​みんな​セックス​に​関心​が​あり,週末​に​どんな​経験​を​し​た​か​を​よく​自慢​し​て​い​まし​た。もちろん,レニー​に​は​話す​よう​な​経験​など​あり​ませ​ん。レニー​は​自分​が​みんな​と​違う​の​で,「仲間​外れ​に​され​て​いる​みたい​に​感じ​た」と​述べ​て​い​ます。みんな​から​は,デート​し​ない​こと​を​からかわ​れ​まし​た。でも​レニー​は,若い​うち​に​デート​する​と​情欲​に​負け​て​罪​を​犯し​て​しまう​か​も​しれ​ない,と​いう​こと​を​理解​し​て​い​まし​た。(テモ​二 2:22)学校​の​友達​から​は​よく,「まだ​経験​し​て​ない​の?」と​尋ね​られ​まし​た。そんな​時​に​は,自分​が​セックス​を​し​ない​理由​を​説明​し​まし​た。この​よう​に,多く​の​若い​クリスチャン​が​性的​不​道徳​へ​の​誘惑​に​抵抗​し​て​いる​の​は​本当​に​素晴らしい​こと​です。エホバ​も​うれしく​思っ​て​おら​れる​に​違いあり​ませ​ん。

11 聖書​に​は,自制​心​を​欠い​て​性的​不​道徳​を​犯し​た​人​たち​の​例​と​その​残念​な​結果​が​記さ​れ​て​い​ます。レニー​と​同じ​よう​な​状況​に​置か​れ​た​なら,箴言 7​章​に​出​て​くる​愚か​な​若者​の​例​を​考え​ましょ​う。アムノン​の​し​た​こと​と​その​悲惨​な​結果​に​つい​て​も​考え​て​ください。(サム​二 13:1,2,10‐15,28‐32)親​は​家族​の​崇拝​の​時​に​こう​し​た​例​を​取り上げ,子ども​が​自制​心​と​知恵​を​培える​よう​助ける​こと​が​でき​ます。

12. (イ)ヨセフ​は​兄​たち​の​前​で​どの​よう​に​感情​を​抑え​まし​た​か。(ロ)どんな​時,感情​を​制する​必要​が​あり​ます​か。

12 ヨセフ​は​別​の​時​に​も​自制​心​を​示し​まし​た。エジプト​に​食料​を​買い​に​来​た​兄​たち​と​会っ​た​時,ヨセフ​は​彼ら​の​本心​を​知る​ため​に​自分​が​だれ​か​を​明かし​ませ​ん​でし​た。感情​が​高まっ​た​時​に​は,涙​を​見せ​ない​よう​私室​に​行き​まし​た。(創 43:30,31; 45:1)わたしたち​も​兄弟​姉妹​や​家族​に​気分​を​害さ​れ​た​ 時,衝動​的​に​反応​する​の​で​は​なく,ヨセフ​の​よう​に​自分​を​制する​べき​です。(箴 16:32; 17:27)家族​や​親族​が​排斥​さ​れ​て​いる​なら,感情​を​コントロール​し​て,不​必要​に​接触​を​持た​ない​よう​に​する​必要​が​あり​ます。それ​は​簡単​な​こと​で​は​あり​ませ​ん。しかし,自制​心​を​働か​せる​なら,エホバ​の​手本​に​倣い,エホバ​の​助言​に​従っ​て​いる​こと​に​なり​ます。

13. ダビデ​王​に​関する​記述​から​何​を​学べ​ます​か。

13 ダビデ​王​の​手本​に​も​注目​でき​ます。ダビデ​は,サウル​に​追わ​れ​て​い​た​時​も,シムイ​に​挑発​さ​れ​た​時​も,怒り​に​任せ​て​自分​の​力​を​行使​し​たり​は​し​ませ​ん​でし​た。(サム​一 26:9‐11。サム​二 16:5‐10)と​は​いえ,いつも​自分​を​コントロール​で​き​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。バテ​・​シバ​と​の​間​で​罪​を​犯し​まし​た​し,ナバル​の​態度​に​激怒​し​て​性急​に​行動​し​そう​に​なっ​た​こと​も​あり​ます。(サム​一 25:10‐13。サム​二 11:2‐4)ダビデ​の​記述​から​大切​な​教訓​を​学べ​ます。一​つ​目​に,監督​と​し​て​任命​さ​れ​て​いる​人​たち​は,自分​の​権限​を​乱用​し​ない​よう,特に​自制​心​を​働か​せ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。二​つ​目​に,自分​は​誘惑​に​負ける​こと​など​ない​と​だれ​も​考える​べき​で​は​あり​ませ​ん。(コリ​一 10:12

何​が​できる​か

14. ある​兄弟​は​どんな​経験​を​し​まし​た​か。その​よう​な​時,自制​心​を​保つ​の​が​大切​な​の​は​なぜ​です​か。

14 自制​心​を​培う​ため​に​何​が​できる​でしょ​う​か。実際​の​例​を​取り上げ​ましょ​う。ルイジ​と​いう​兄弟​は​運転​中,別​の​車​に​衝突​さ​れ​まし​た。相手​の​ドライバー​は,自分​が​加害​者​な​の​に​ルイジ​を​怒鳴りつけ,攻撃​的​な​態度​を​取り​まし​た。ルイジ​は​穏やか​に​対応​できる​よう​助け​て​ください​と​エホバ​に​祈り,相手​の​気持ち​を​落ち着か​せ​よう​と​し​まし​た。でも,その​男性​は​怒鳴り​続け​まし​た。ルイジ​は​何​と​か​相手​の​保険​の​情報​を​書き留め​て,その​場​を​去り​まし​た。1​週​間​後,ルイジ​は​ある​女性​を​再​訪問​し​まし​た。驚い​た​こと​に,その​女性​の​夫​は​例​の​ドライバー​でし​た。男性​は​自分​の​取っ​た​態度​を​恥じ,謝り​まし​た。保険​の​手続き​が​早く​進む​よう,ルイジ​の​保険​会社​に​連絡​を​取る​と​も​言っ​て​くれ​まし​た。聖書​の​話し合い​に​も​加わり,よく​耳​を​傾け​まし​た。ルイジ​は,事故​の​時​に​穏やか​な​態度​を​保っ​て​よかっ​た​と​思い​まし​た。かっと​なっ​て​い​たら,きっと​追い返さ​れ​て​い​た​こと​でしょ​う。コリント​第​二 6:3,4を​読む。)

自制​心​を​示す​か​どう​か​は​宣教​に​大きな​影響​を​与える。(14​節​を​参照。)

15,16. 自制​心​を​培う​うえ​で​聖書​は​どの​よう​に​役立ち​ます​か。

15 聖書​を​よく​学ぶ​なら,自制​心​を​培え​ます。神​は​ヨシュア​に​こう​言わ​れ​まし​た。「この​律法​の​書​が​あなた​の​口​から​離れ​て​は​いけ​ない。あなた​は​それ​を​昼​も​夜​も​小声​で​読ま​なけれ​ば​なら​ない。注意​し​て​そこ​に​記さ​れ​て​いる​すべて​の​こと​を​その​とおり​に​行なう​ため​で​ある。そう​すれ​ば​あなた​は​自分​の​道​を​成功​さ​せ,賢く​行動​できる​から​で​ある」。(ヨシュ 1:8)聖書​を​学ぶ​こと​は,自制​心​を​培う​うえ​で​どの​よう​に​役立ち​ます​か。

16 すでに​考え​た​とおり,聖書​に​は,自制​心​を​働か​せる​と​どんな​良い​結果​に​なる​か,働か​せ​ない​と​どんな​悪い​結果​に​なる​か​が​記さ​れ​て​い​ます。エホバ​は​わたしたち​の​ため​に​そう​し​た​実例​を​聖書​に​収め​て​ください​まし​た。(ロマ 15:4)その​よう​な​記述​を​読み,研究​し,黙想​する​の​は​大切​な​こと​です。自分​ や​家族​に​どの​よう​に​適用​できる​か​を​考え​ましょ​う。学ん​だ​こと​を​適用​できる​よう​エホバ​の​助け​を​祈り​求め​て​ください。何​か​の​点​で​自制​心​が​足り​ない​こと​に​気づく​なら,まずは​その​こと​を​認め​ましょ​う。エホバ​に​祈っ​て,どの​よう​に​改善​できる​か​を​真剣​に​考え​て​ください。(ヤコ 1:5)出版​物​を​調べる​なら,自分​に​役立つ​資料​が​見つかる​でしょ​う。

17. 親​は​子ども​が​自制​心​を​培える​よう,どの​よう​に​助ける​こと​が​でき​ます​か。

17 親​は​子ども​が​自制​心​を​培える​よう,どの​よう​に​助ける​こと​が​でき​ます​か。自制​心​は​自然​に​身​に​着く​もの​で​は​あり​ませ​ん。どんな​特質​に​つい​て​も​言える​こと​です​が,親​の​良い​手本​が​必要​です。(エフェ 6:4)お子さん​が​自制​心​を​なかなか​示せ​ない​よう​なら,自分​が​良い​手本​を​示し​て​いる​か​を​考え​て​ください。定期​的​に​野外​奉仕​に​参加​し,集会​に​出席​し,家族​の​崇拝​を​行なう​こと​が​大切​です。必要​な​時​に​は「だめ」と​言う​こと​を​恐れ​ない​で​ください。エホバ​は​アダム​と​エバ​の​ため​に​制限​を​設け​られ​まし​た。制限​が​あっ​た​の​で,2​人​は​エホバ​の​権威​に​従わ​なけれ​ば​なら​ない​と​いう​こと​を​知り​まし​た。親​の​皆さん​も,お子さん​を​きちんと​しつけ,良い​手本​を​示す​なら,自制​心​の​大切​さ​を​教える​こと​が​でき​ます。神​の​権威​に​対する​愛​と​神​の​規準​に​対する​敬意​を​培える​よう​お子さん​を​助ける​こと​は,非常​に​大切​です。箴言 1:5,7,8を​読む。)

18. 友​を​賢く​選ぶ​なら,どんな​報い​が​得​られ​ます​か。

18 わたしたち​は​皆,友​を​賢く​選ぶ​必要​が​あり​ます。有意義​な​目標​を​達成​する​よう​励まし,問題​を​避ける​よう​助け​て​くれる​人​を​友​に​し​て​ください。(箴 13:20)エホバ​を​愛する​友​は​あなた​に​良い​影響​を​与え​ます。自制​心​を​示す​友​の​生き方​に​倣い​たい​と​思う​でしょ​う。あなた​の​良い​行ない​も​友​に​とっ​て​励み​と​なる​はず​です。自制​心​を​培う​なら,神​に​喜ば​れる​生き方​を​し,家族​や​友人​と​の​良い​関係​を​保てる​でしょ​う。