内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年9月

 ライフ​・​ストーリー

エホバを愛する兄弟たちと共に奉仕してきました

エホバを愛する兄弟たちと共に奉仕してきました

1930​年代​半ば,両親​の​ジェームズ​・​シンクレア​と​ジェシー​・​シンクレア​は​ニューヨーク​市​ブロンクス​に​引っ越し​まし​た。そこで​知り合っ​た​の​が​ウィリー​・​スネドン​です。3​人​と​も​スコットランド​出身​だっ​た​こと​も​あり,すぐ​に​打ち解け,お互い​の​家族​の​話​に​なり​まし​た。わたし​が​生ま​れる​数​年​前​の​こと​です。

母​の​父​と​兄​は​第​一​次​世界​大戦​の​少し​前,ヨーロッパ​の​北海​で,乗っ​て​い​た​漁船​が​機雷​に​当たっ​て​亡くなり​まし​た。母​が​その​こと​を​話す​と,「じゃあ,お父さん​は​今,地獄​ *に​いる​ん​です​ね」と​ウィリー​に​言わ​れ​まし​た。母​に​とっ​て,聖書​の​真理​と​の​衝撃​的​な​出会い​でし​た。ウィリー​は​エホバ​の​証人​だっ​た​の​です。

ウィリー​・​スネドン​と​リズ​・​スネドン

父​は​良い​人​だっ​た​の​に,と​母​は​思い​まし​た。戸惑う​母​に​ウィリー​は,「イエス​も​地獄​へ​行っ​た​ん​です​よ」と​言い​まし​た。母​は​教会​で,イエス​は​地獄​へ​下っ​た​が​3​日​目​に​よみがえっ​た,と​いう​教え​を​聞い​た​こと​を​思い出し​まし​た。「もし​地獄​が​悪人​を​火​の​責め苦​に​遭わ​せる​場所​なら,イエス​は​どうして​そこ​へ​行っ​た​の​か​しら」と​考え​まし​た。母​は​真理​に​関心​を​持ち,ブロンクス​会衆​の​集会​に​出席​し​始め​まし​た。そして​1940​年​に​バプテスマ​を​受け​まし​た。

母​と​わたし。父​と​わたし

当時​は,子ども​に​聖書​を​教える​よう​特に​勧め​られ​て​は​い​ませ​ん​でし​た。それで,母​が​週末​に​集会​や​伝道​に​行っ​て​いる​間,父​が​幼い​わたし​の​面倒​を​見​て​くれ​まし​た。でも​数​年​後,家族​3​人​で​集会​に​出席​する​よう​に​なり​まし​た。母​は​伝道​に​とても​熱心​な​人​でし​た。聖書​研究​を​何​件​も​司会​し​て​い​て,お互い​の​家​が​近い​研究​生​数​人​を​集め​て​教える​こと​も​あり​まし​た。学校​が​休み​の​時期​は,わたし​も​母​と​一緒​に​野外​奉仕​へ​行き​まし​た。その​よう​に​し​て,聖書​に​つい​て​も​聖書​を​教える​方法​に​つい​て​も​多く​を​学び​まし​た。

幼い​ころ​は​聖書​の​真理​の​価値​を​よく​理解​し​て​おら​ず,当たり前​の​もの​と​思っ​て​い​まし​た。でも​ 12​歳​ごろ​に​伝道​者​に​なり,定期​的​に​野外​奉仕​に​参加​する​よう​に​なり​まし​た。16​歳​の​時,エホバ​に​献身​し,カナダ​の​トロント​の​大会​で​バプテスマ​を​受け​まし​た。1954​年​7​月​24​日​の​こと​です。

ベテル​奉仕

会衆​に​は​ベテル​奉仕​者​や​元​ベテル​奉仕​者​の​兄弟​たち​が​何​人​か​い​て,その​兄弟​たち​から​大きな​影響​を​受け​まし​た。兄弟​たち​は​会衆​で​話​を​する​の​も​宣教​で​教える​の​も​上手​で,わたし​も​そう​なり​たい​と​思い​まし​た。学校​の​先生​たち​から​は​大学​進学​を​勧め​られ​まし​た​が,わたし​の​目標​は​ベテル​奉仕​でし​た。それで,バプテスマ​を​受け​た​トロント​の​大会​で​ベテル​奉仕​の​申込​書​を​出し,1955​年​に​ニューヨーク​市​ヤンキー​・​スタジアム​で​開か​れ​た​大会​で​もう​一度​申込​書​を​出し​まし​た。その​後​ま​も​なく,ブルックリン​・​ベテル​に​招待​さ​れ​まし​た。1955​年​9​月​19​日,17​歳​の​時​の​こと​です。ベテル​に​着い​た​翌日,アダムズ​通り​117​番​に​ある​製本​部門​で​の​奉仕​を​始め​まし​た。最初​に​割り当て​られ​た​の​は,丁合​機​で​の​奉仕​でし​た。丁合​機​は​32​ページ​の​冊子​を​集め​て​束​に​する​機械​で,冊子​の​束​は​その​後,糸かがり​機​に​かけ​られ​まし​た。

17​歳​の​時,ブルックリン​・​ベテル​で​の​奉仕​を​始め​た。

製本​部門​で​1​か月​ほど​奉仕​し​た​後,雑誌​部門​に​割り当て​られ​まし​た。わたし​は​タイプライター​が​使え​た​から​です。当時​は「ものみの塔」や「目ざめよ!」の​定期​購読​の​申し込み​が​届く​と,購読​者​の​住所​を​ステンシル​と​いう​金属​板​に​タイプ​し​まし​た。数​か月​後,今度​は​発送​部門​に​割り当て​られ​まし​た。わたし​は​部門​監督​の​クラウス​・​ジェンセン​兄弟​から,海外​に​送る​文書​カートン​を​トラック​で​港​に​運ぶ​仕事​を​手伝っ​て​ほしい​と​言わ​れ​まし​た。「少し​体​を​使う​仕事​を​し​た​ほう​ が​いい」と​いう​こと​でし​た。当時​の​わたし​は​がりがり​で,体重​が​57​㌔​しか​なかっ​た​から​です。国内​各地​の​会衆​宛て​の​雑誌​が​詰まっ​た​袋​を​郵便​局​に​運ぶ​仕事​も​し​まし​た。港​や​郵便​局​へ​荷物​を​運ぶ​仕事​を​し​て,ずいぶん​体力​が​つき​まし​た。ジェンセン​兄弟​の​アドバイス​の​おかげ​です。

雑誌​部門​で​は,各地​の​会衆​から​の​雑誌​の​依頼​も​扱っ​て​い​まし​た。聞い​た​こと​の​ない​言語​名​も​たくさん​あり​まし​た。ブルックリン​で​印刷​さ​れ​た​大量​の​雑誌​が​はるか​かなた​の​国々​に​届く​こと​を​考える​と,わくわく​し​まし​た。当時​は​思っ​て​も​み​ませ​ん​でし​た​が,後​に​そう​し​た​国々​の​多く​を​訪問​する​こと​に​なり​ます。

ロバート​・​ウォーレン,チャールズ​・​モロハン,ドン​・​アダムズ​と​共​に。

1961​年,会計​事務​所​に​割り当て​られ​まし​た。監督​は​グラント​・​スーター​兄弟​でし​た。そこで​数​年​奉仕​し​た​後,ネイサン​・​ノア​兄弟​の​事務​所​に​呼ば​れ​まし​た。兄弟​は​当時,世界​的​な​活動​の​指導​の​任​に​当たっ​て​い​まし​た。ノア​兄弟​に​よる​と,事務​所​で​奉仕​し​て​いる​1​人​の​兄弟​が​王国​宣教​学校​に​1​か月​出席​し​た​あと​奉仕​部門​へ​移る​と​いう​こと​でし​た。わたし​は​その​兄弟​の​代わり​に​ノア​兄弟​の​事務​所​で​働く​こと​に​なり​まし​た。そこで​奉仕​し​て​い​た​ドン​・​アダムズ​兄弟​は,1955​年​の​大会​で​わたし​の​ベテル​奉仕​の​申込​書​を​受け取っ​て​くれ​た​兄弟​でし​た。事務​所​で​は​ほか​に​ロバート​・​ウォーレン​兄弟​と​チャールズ​・​モロハン​兄弟​も​働い​て​い​まし​た。わたしたち​4​人​は​50​年​以上​一緒​に​奉仕​し​て​き​まし​た。エホバ​を​愛する​忠実​な​兄弟​たち​と​共​に​働ける​こと​に​感謝​し​て​い​ます。(詩 133:1

初めて​訪問​し​た​国​は​ベネズエラ。(1970​年)

1970​年​以降,当時​は​地帯​訪問​と​呼ば​れ​て​い​ た​割り当て​を​果たす​よう​に​なり​まし​た。1​年​か​2​年​に​1​度,数​週​間​に​わたり,ものみの塔​協会​の​幾つ​か​の​支部​事務​所​を​訪問​し,記録​類​を​調べ​たり,ベテル​家族​や​宣教​者​たち​を​励まし​たり​し​まし​た。外国​で​の​奉仕​を​忠実​に​続け​て​いる​ギレアデ​の​初期​の​卒業​生​たち​に​会え​た​の​も​喜び​です。これ​まで​に​90​か国​以上​を​訪問​し​まし​た。

90​か国​以上​の​兄弟​たち​を​訪問​し​た。

良い​妻​を​見いだす

ブルックリン​の​ベテル​家族​は​全員,ニューヨーク​市​周辺​の​会衆​に​割り当て​られ​て​い​まし​た。わたし​が​割り当て​られ​た​の​は​ブロンクス​区​の​アッパー​・​ブロンクス​会衆​でし​た。ブロンクス​区​に​元々​あっ​た​会衆​で,成員​が​増加​し​て​分会​し​た​後,その​名称​に​なり​まし​た。

1960​年代​半ば,ブロンクス​南部​で​エホバ​の​証人​に​なっ​た​ラトビア​人​の​家族​が​わたし​の​会衆​の​区域​に​引っ越し​て​き​まし​た。長女​の​リビヤ​は​高校​卒業​後​すぐ​に​正規​開拓​奉仕​を​始め,数​か月​後​に​は​必要​の​大きな​マサチューセッツ​州​ボストン​へ​移動​し​まし​た。わたし​は​リビヤ​に​会衆​の​近況​を​知らせる​手紙​を​書く​よう​に​なり,リビヤ​も​奉仕​の​良い​経験​を​手紙​で​知らせ​て​くれ​まし​た。

リビヤ​と​共​に。

数​年​後,リビヤ​は​特別​開拓​者​に​任命​さ​れ​まし​た。エホバ​に​精一杯​仕え​たい​と​願っ​て​い​た​リビヤ​は​ベテル​奉仕​を​申し込み,1971​年​に​ベテル​に​招待​さ​れ​まし​た。「これ​は​エホバ​か​も」と​わたし​は​思い​まし​た。1973​年​10​月​27​日,わたしたち​は​結婚​し​まし​た。結婚​の​話​を​し​て​くださっ​た​の​は​ノア​兄弟​です。箴言 18​章​22​節​に​は「良い​妻​を​見いだし​た​か。その​人​は​良い​もの​を​見いだし​た​の​で​ある。そして​エホバ​から​善意​を​受ける」と​あり​ます。その​言葉​どおり,エホバ​の​祝福​に​よっ​て​40​年​以上​夫婦​で​ベテル​奉仕​を​楽しん​で​き​まし​た。今​も​ブロンクス​区​の​会衆​で​奉仕​し​て​い​ます。

キリスト​の​兄弟​たち​と​密接​に​働く

ノア​兄弟​の​身近​で​奉仕​でき​た​の​は​楽しい​経験​でし​た。兄弟​は​真理​の​ため​に​精力​的​に​働く​人​で,世界​中​の​宣教​者​たち​に​深い​感謝​の​気持ち​を​抱い​て​い​まし​た。多く​の​宣教​者​は​エホバ​の​証人​が​一​人​も​い​ない​国​に​派遣​さ​れ,忠実​に​奉仕​し​て​い​まし​た。1976​年,ノア​兄弟​に​がん​が​見つかり​まし​た。闘病​生活​を​送る​兄弟​を​見る​の​は​つらい​こと​でし​た。寝たきり​に​なっ​た​兄弟​から,出版​の​準備​段階​の​原稿​を​読ん​で​聞か​せ​て​ほしい​と​頼ま​れ​まし​た。フレデリック​・​フランズ​兄弟​も​部屋​に​呼ん​で​一緒​に​聞ける​よう​に​し​て​ほしい,と​も​言わ​れ​まし​た。後​で​知っ​た​の​です​が,ノア​兄弟​は​視力​が​衰え​つつ​あっ​た​フランズ​兄弟​の​ため​に,よく​時間​を​取っ​て​原稿​を​読ん​で​い​た​そう​です。

ダニエル​・​シドリック​兄弟,マリーナ​・​シドリック​姉妹​と​一緒​に​地帯​訪問​を​行なっ​た。(1977​年)

ノア​兄弟​は​1977​年​に​忠実​の​うち​に​地上​で​の​歩み​を​終え​まし​た。(啓 2:10)その​後​は,フランズ​兄弟​が​世界​的​な​活動​の​指導​の​任​に​当たる​よう​に​なり​まし​た。

 当時​わたし​は,ミルトン​・​ヘンシェル​兄弟​の​秘書​の​仕事​を​し​て​い​まし​た。ヘンシェル​兄弟​は​ノア​兄弟​と​何十​年​も​共​に​奉仕​し​て​き​た​人​でし​た。わたし​は​ヘンシェル​兄弟​から,「今後,兄弟​の​一番​の​仕事​は,フランズ​兄弟​を​できる​限り​サポート​する​こと​です」と​言わ​れ​まし​た。出版​の​準備​段階​の​原稿​を​フランズ​兄弟​の​ため​に​読む​こと​も​仕事​の​一つ​でし​た。フランズ​兄弟​は​素晴らしい​記憶​力​と​集中​力​の​持ち主​で,朗読​に​一心​に​耳​を​傾け​て​おら​れ​まし​た。1992​年​12​月​に​兄弟​が​地上​で​の​歩み​を​終える​まで,兄弟​を​サポート​で​き​た​こと​は​特権​でし​た。

コロンビア​・​ハイツ​124​番​で​何十​年​も​奉仕​し​た。

ベテル​で​奉仕​し​た​61​年​は​あっと​いう​間​に​過ぎ​まし​た。わたし​の​両親​は​亡くなる​まで​エホバ​に​忠実​でし​た。楽園​と​なっ​た​新しい​地​で​2​人​を​迎える​日​を​楽しみ​に​し​て​い​ます。(ヨハ 5:28,29)この​世​で​得​られる​どんな​もの​も,世界​中​の​神​の​民​の​ため​に​忠実​な​兄弟​姉妹​と​共​に​奉仕​する​喜び​と​は​比べもの​に​なり​ませ​ん。これ​まで​の​奉仕​を​振り返り,「エホバ​の​喜び​は[わたしたち]の​とりで……です」と​心​から​言う​こと​が​でき​ます。(ネヘ 8:10

エホバ​の​組織​の​活動​は​特定​の​人​に​依存​し​て​い​ませ​ん。王国​の​真理​を​伝える​活動​は​前進​し​続け​ます。これ​まで,固い​信仰​を​持つ​大勢​の​忠節​な​兄弟​姉妹​と​共​に​働い​て​き​まし​た。身近​で​奉仕​し​た​油そそが​れ​た​兄弟​たち​の​ほとんど​は,地上​で​の​歩み​を​終え​まし​た。エホバ​を​愛する​忠実​な​兄弟​たち​と​密接​に​奉仕​でき​た​こと​を​うれしく​思っ​て​い​ます。

^ 5節 一部​の​聖書​で「地獄」と​訳さ​れ​て​いる​原語​の​シェオル​や​ハデス​は​墓​を​意味​し​て​い​ます。