内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年8月

あなたは辛抱強く待ちますか

あなたは辛抱強く待ちますか

「あなた方​も​辛抱​し……なさい」。ヤコ 5:8

歌: 78,139

1,2. (イ)どんな​時,「いつ​まで​です​か」と​尋ね​たく​なる​か​も​しれ​ませ​ん​か。(ロ)昔​の​忠実​な​人々​の​例​から​どんな​励み​を​得​られ​ます​か。

「いつ​まで​です​か」。忠実​な​預言​者​イザヤ​と​ハバクク​は​そう​尋ね​まし​た。(イザ 6:11。ハバ 1:2)ダビデ​も​詩編 13​編​を​書い​た​時,「いつ​まで​です​か」と​4​度​尋ね​まし​た。(詩 13:1,2)イエス​・​キリスト​も​不​信仰​な​人々​に​そう​尋ね​た​こと​が​あり​ます。(マタ 17:17)わたしたち​も「いつ​まで​です​か」と​尋ね​たく​なる​こと​が​あり​ます。

2 どんな​時,その​よう​に​尋ね​たく​なり​ます​か。不​公正​を​経験​し​た​時,老齢​や​病気​で​つらい​時,「対処​し​にくい​危機​の​時代」の​生活​に​ストレス​を​感じる​時​でしょ​う​か。(テモ​二 3:1)周り​の​人​たち​の​言動​に​がっかり​し,疲れ​を​覚える​時​か​も​しれ​ませ​ん。昔​の​忠実​な​人々​は,「いつ​まで​です​か」と​尋ね​た​こと​で​エホバ​から​とがめ​られ​たり​は​し​ませ​ん​でし​た。その​こと​を​知る​と​安心​し​ます。

3. 難しい​状況​に​直面​する​時,どんな​特質​が​役立ち​ます​か。

3 難しい​状況​に​直面​する​時,どんな​特質​が​役立ち​ます​か。イエス​の​異父​兄弟​ヤコブ​は​こう​述べ​て​い​ます。「兄弟​たち,主​の​臨在​の​時​まで​辛抱​し​なさい」。(ヤコ 5:7)わたしたち​は​皆,辛抱​する​必要​が​あり​ ます。では,辛抱強さ​と​は​どんな​特質​でしょ​う​か。

辛抱強さ​と​は​どんな​特質​か

4,5. (イ)辛抱強さ​は​どんな​特質​です​か。(ロ)ヤコブ​は​辛抱強さ​に​つい​て​どんな​こと​を​述べ​て​い​ます​か。(冒頭​の​挿絵​を​参照。)

4 聖書​に​よれ​ば,辛抱強さ​は​聖霊​に​よっ​て​生み出さ​れる​特質​です。不​完全​な​人間​が​難しい​状況​の​もと​で​辛抱​する​に​は,神​の​助け​が​必要​です。辛抱強さ​は​神​から​与え​られる​特質​な​の​で,辛抱​する​こと​に​よっ​て​神​へ​の​愛​を​表わせ​ます。また,他​の​人​へ​の​愛​も​表わせ​ます。辛抱​すれ​ば​愛​の​絆​は​強まり,辛抱​し​ない​と​弱まり​ます。(コリ​一 13:4。ガラ 5:22)辛抱強さ​は​他​の​大切​な​特質​と​も​関係​し​て​い​ます。例えば,忍耐​と​密接​に​関係​し​て​い​ます。忍耐強い​人​は,難しい​状況​に​置か​れ​て​も,積極​的​な​態度​で​辛抱​し​続け​ます。(コロ 1:11。ヤコ 1:3,4)辛抱強さ​が​あれ​ば,苦しい​目​に​遭っ​て​も​仕返し​し​ませ​ん。どんな​問題​に​ぶつかっ​て​も​忠実​を​保て​ます。さらに​聖書​は,待つ​必要​が​ある​と​いう​事実​を​受け入れる​よう​勧め​て​い​ます。ヤコブ 5​章​7,8​節​から​その​点​が​分かり​ます。(読む。)

5 エホバ​が​行動​し​て​くださる​こと​を​待つ​必要​が​ある​の​は​なぜ​です​か。ヤコブ​は​農夫​の​例え​を​用い​て​い​ます。農夫​は​種​を​まく​ため​に​一生​懸命​働き​ます​が,天候​や​作物​の​生長​を​コントロール​する​こと​は​でき​ませ​ん。時間​を​早める​こと​も​でき​ませ​ん。「地​の​貴重​な​実」を​辛抱強く​待つ​必要​が​あり​ます。わたしたち​も​エホバ​の​約束​が​果たさ​れる​時​を​待っ​て​い​ます。しかし,コントロール​で​き​ない​事柄​が​たくさん​あり​ます。(マル 13:32,33。使徒 1:7)ですから,農夫​の​よう​に​辛抱強く​待つ​必要​が​あり​ます。

6. 預言​者​ミカ​から​何​を​学べ​ます​か。

6 今日​の​状況​は,預言​者​ミカ​の​時代​の​状況​と​似​て​い​ます。当時​は​悪い​王​アハズ​が​支配​し​て​おり,犯罪​や​不正​が​広く​見​られ​まし​た。「[人々]の​手​は​悪事​の​上​に​ある。それ​を​うまく​行なお​う​と​する」と​ある​とおり​です。ミカ 7:1‐3を​読む。)ミカ​は​その​よう​な​状況​を​変える​こと​は​でき​ない​こと​を​知っ​て​い​まし​た。では,どう​し​た​でしょ​う​か。こう​述べ​て​い​ます。「わたし​は,終始​エホバ​に​目​を​向ける。わたし​の​救い​の​神​を​待ち望も​う[または,辛抱強く​待と​う]。わたし​の​神​は​聞い​て​くださる」。(ミカ 7:7)わたしたち​も,ミカ​の​よう​に​辛抱強く​神​を「待ち望[む]」必要​が​あり​ます。

7. わたしたち​は​どんな​態度​で​待つ​べき​です​か。なぜ​です​か。

7 ミカ​の​よう​な​信仰​が​あれ​ば,積極​的​な​態度​で​エホバ​を​待つ​こと​が​でき​ます。わたしたち​は,独房​で​処刑​を​待つ​囚人​と​は​異なり​ます。囚人​は​仕方なく​待っ​て​おり,処刑​の​日​を​楽しみ​に​など​し​て​い​ませ​ん。わたしたち​は​喜ん​で​エホバ​を​待っ​て​い​ます。神​が​ご自分​の​約束​を​果たし,最も​ふさわしい​時​に​永遠​の​命​を​与え​て​くださる​こと​を​知っ​て​いる​から​です。わたしたち​は「十分​に​耐え忍ぶ​者,また​喜ん​で​辛抱​する​者」です。(コロ 1:11,12)「エホバ​は​遅い」と​不平​を​言い​ながら​しぶしぶ​待つ​なら,神​に​喜ば​れ​ませ​ん。(コロ 3:12

忠実​に​辛抱​し​た​人​たち

8. 昔​の​忠実​な​人​たち​の​どんな​点​に​注目​でき​ます​か。

8 昔​の​忠実​な​人​たち​は,エホバ​が​約束​を​果たさ​れる​時​を​辛抱強く​待ち​まし​た。彼ら​の​手本​に​つい​て​考える​と,喜ん​で​待ち​たい​と​いう​気持ち​が​強まり​ます。(ロマ 15:4)彼ら​が​どれ​ほど​長く​待つ​必要​が​あっ​た​か,なぜ​待つ​ こと​が​でき​た​か,どんな​祝福​を​受け​た​か​に​注目​し​ましょ​う。

アブラハム​は​孫​の​エサウ​と​ヤコブ​が​生ま​れる​まで,長い​間​待た​なけれ​ば​なら​なかっ​た。(9,10​節​を​参照。)

9,10. アブラハム​と​サラ​は,どれ​ほど​の​期間​エホバ​を​待つ​必要​が​あり​まし​た​か。

9 アブラハム​と​サラ​の​例​を​考え​ましょ​う。2​人​は「信仰​と​辛抱​と​に​よっ​て​約束​を​受け継ぐ​人々」です。エホバ​は​アブラハム​を​祝福​し,子孫​を​増やす,と​約束​さ​れ​まし​た。「アブラハム​は,辛抱​し​た​後」,この​約束​を​与え​られ​まし​た。(ヘブ 6:12,15)この​約束​が​果たさ​れる​まで​に​は​時間​が​かかり​まし​た。ですから,アブラハム​は​辛抱​する​必要​が​あり​まし​た。エホバ​が​アブラハム​と​結ん​だ​契約​は,西暦​前​1943​年​ニサン​14​日​に​発効​し​まし​た。その​日,アブラハム​と​サラ​は​家​の​者​たち​と​共​に​ユーフラテス​川​を​渡っ​て​約束​の​地​に​入り​まし​た。その​後​アブラハム​は,西暦​前​1918​年​に​息子​イサク​が​生ま​れる​まで​25​年​間​待た​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。西暦​前​1858​年​に​孫​の​エサウ​と​ヤコブ​が​生ま​れる​まで​に​は,さらに​60​年​待つ​必要​が​あり​まし​た。(ヘブ 11:9

10 アブラハム​は​どれ​ほど​の​土地​を​受け継ぎ​まし​た​か。聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「でも[エホバ​は]そこ​に​おい​て,相続​物​と​なる​所有​地​を​少し​も​彼[アブラハム]に​お与え​に​なり​ませ​ん​でし​た。そう​です,足​の​幅​ほど​も​です。ただ,そこ​を​所有​地​と​し​て​彼​に,そして​彼​の​後​その​胤​に​与える​こと​を​約束​さ​れ​た​の​です​が,それ​は​まだ​彼​に​ひとり​も​子供​の​い​ない​時​でし​た」。(使徒 7:5)アブラハム​の​子孫​が​約束​の​地​を​取得​する​国民​と​し​て​組織​さ​れ​た​の​は,アブラハム​が​ユーフラテス​川​を​渡っ​て​から​ 430​年​後​の​こと​でし​た。(出 12:40‐42。ガラ 3:17

11. アブラハム​が​辛抱強く​エホバ​を​待つ​こと​が​でき​た​の​は​なぜ​です​か。辛抱​し​た​結果,どんな​祝福​を​受け​ます​か。

11 アブラハム​が​辛抱強く​エホバ​を​待つ​こと​が​でき​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。エホバ​へ​の​信仰​が​あっ​た​から​です。ヘブライ 11:8‐12を​読む。)自分​の​生き​て​いる​間​に​約束​の​完全​な​成就​を​見る​こと​は​でき​ませ​ん​でし​た​が,喜ん​で​待ち​まし​た。アブラハム​は​地上​の​パラダイス​に​復活​する​時,どれ​ほど​大きな​喜び​を​味わう​こと​でしょ​う。自分​や​自分​の​子孫​の​こと​が​聖書​の​多く​の​部分​に​記さ​れ​て​いる​こと​を​知っ​て​驚く​に​違いあり​ませ​ん。 * 約束​の​メシア​に​関する​エホバ​の​目的​の​中​で​自分​が​どれ​ほど​重要​な​役割​を​果たし​た​か​を​知り,感激​する​こと​でしょ​う。長い​間​待っ​た​かい​が​あっ​た,と​思う​はず​です。

12,13. ヨセフ​が​辛抱​する​必要​が​あっ​た​の​は​なぜ​です​か。ヨセフ​は​どんな​態度​を​示し​まし​た​か。

12 アブラハム​の​ひ孫​ヨセフ​も​辛抱​し​続け​まし​た。ヨセフ​は​非常​に​不当​な​扱い​を​受け​まし​た。17​歳​の​ころ,兄​たち​に​奴隷​と​し​て​売ら​れ​まし​た。後​に,主人​の​妻​を​レイプ​し​よう​と​し​た​と​いう​虚偽​の​訴え​を​受け​て​投獄​さ​れ​まし​た。(創 39:11‐20。詩 105:17,18)正しい​こと​を​し​て​い​た​の​に​つらい​目​に​遭い,祝福​さ​れ​て​いる​よう​に​は​見え​ませ​ん​でし​た。しかし​13​年​後,事態​は​一変​し​ます。ヨセフ​は​釈放​さ​れ,エジプト​の​第​二​の​地位​に​就け​られ​まし​た。(創 41:14,37‐43。使徒 7:9,10

13 不当​な​扱い​を​受け​た​ヨセフ​は​苦々しい​気持ち​に​なり​まし​た​か。エホバ​へ​の​信頼​を​失っ​た​でしょ​う​か。その​よう​な​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。ヨセフ​が​辛抱強く​待つ​こと​が​でき​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。エホバ​へ​の​信仰​が​あっ​た​から​です。エホバ​が​物事​を​導い​て​おら​れる​こと​に​気づい​て​い​まし​た。その​こと​は,兄​たち​へ​の​次​の​言葉​に​表われ​て​い​ます。「恐れ​たり​し​ない​で​ください。わたし​が​神​の​地位​に​で​も​いる​の​でしょ​う​か。あなた方​と​し​て​は​わたし​に​対し​て​悪事​を​思い図り​まし​た。神​は​それ​を​良い​事​の​ため​に​図ら​れ​た​の​です。それ​は,今日​見る​とおり​多く​の​民​を​生き長らえ​させる​ため​でし​た」。(創 50:19,20)ヨセフ​は,待っ​た​かい​が​あっ​た​と​感じ​た​はず​です。

14,15. (イ)ダビデ​の​辛抱​の​どんな​点​が​素晴らしい​と​思い​ます​か。(ロ)ダビデ​が​辛抱強く​待つ​こと​が​でき​た​の​は​なぜ​です​か。

14 ダビデ​も​たびたび​不当​に​扱わ​れ​まし​た。若い​ころ​に​将来​の​イスラエル​の​王​と​し​て​エホバ​に​油そそが​れ​た​に​も​かかわら​ず,自分​の​部族​の​王​と​される​まで​に​15​年​ほど​待た​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。(サム​二 2:3,4)その​間,不​忠実​な​サウル​王​から​命​を​付けねらわ​れ,逃亡​生活​を​余儀なく​され​た​こと​も​あり​ます。 * 異国​の​地​や​荒野​の​洞くつ​で​過ごさ​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。やがて​サウル​は​戦い​で​死に​まし​た。しかし,ダビデ​は​イスラエル​全体​の​王​に​なる​まで​さらに​7​年​ほど​待た​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。(サム​二 5:4,5

15 ダビデ​が​辛抱強く​待つ​こと​が​でき​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。「いつ​まで​です​か」と​4​度​尋ね​た​詩編​の​中​で​こう​述べ​て​い​ます。「わたし​ は,あなた​の​愛​ある​親切​に​依り頼み​まし​た。わたし​の​心​が​あなた​の​救い​を​喜び​ます​よう​に。わたし​は​エホバ​に​向かっ​て​歌い​ます。豊か​な​報い​を​もっ​て​わたし​を​扱っ​て​くださっ​た​から​です」。(詩 13:5,6)ダビデ​は​エホバ​が​忠節​な​愛​を​示し​て​くださる​こと​を​信頼​し​て​い​まし​た。救い​を​喜ん​で​待ち望み​まし​た。また,エホバ​が​それ​まで​どれ​ほど​豊か​に​報い​て​くださっ​た​か​を​思い巡らし​まし​た。待つ​価値​が​ある​と​信じ​て​い​た​の​です。

エホバ​は​わたしたち​に​だけ​待つ​よう​求め​て​おら​れる​の​で​は​ない。ご自分​も​辛抱強く​待っ​て​おら​れる。

16,17. エホバ​神​と​イエス​・​キリスト​は,辛抱強く​待つ​点​で​どんな​手本​を​示し​て​おら​れ​ます​か。

16 エホバ​は​わたしたち​に​だけ​待つ​よう​求め​て​おら​れる​の​で​は​あり​ませ​ん。ご自分​も​辛抱強く​待っ​て​おら​れ​ます。実際,待つ​点​で​最高​の​手本​を​示し​て​おら​れ​ます。ペテロ​第​二 3:9を​読む。)エホバ​は​エデン​の​園​で​提起​さ​れ​た​倫理​的​な​問題​が​疑問​の​余地​なく​解決​さ​れる​よう,これ​まで​何千​年​も​辛抱強く​待っ​て​こら​れ​まし​た。ご自分​の​名​が​完全​に​神聖​に​される​時​を​辛抱強く「待ち望」ん​で​おら​れる​の​です。わたしたち​も​エホバ​を​心​から「待ち望む」なら,豊か​な​祝福​を​受ける​こと​が​でき​ます。(イザ 30:18

17 イエス​も​辛抱強く​待つ​点​で​の​手本​です。地上​で​死​に​至る​まで​忠誠​を​保ち,西暦​33​年​に​贖い​の​犠牲​の​価値​を​神​に​差し出し​まし​た​が,王​と​し​て​支配​を​始め​た​の​は​1914​年​でし​た。それ​まで​ずっ​と​待ち​まし​た。(使徒 2:33‐35。ヘブ 10:12,13)また,イエス​の​敵​すべて​が​完全​に​滅ぼさ​れる​の​は,千​年​統治​が​終わっ​て​から​です。(コリ​一 15:25)イエス​は​それ​まで​長い​間​待た​なけれ​ば​なり​ませ​ん。しかし,確か​に​待つ​価値​が​あり​ます。

何​が​助け​に​なる​か

18,19. 辛抱強く​待つ​うえ​で​何​が​助け​に​なり​ます​か。

18 ですから,わたしたち​一人一人​も​辛抱強く​待つ​必要​が​あり​ます。何​が​助け​に​なる​でしょ​う​か。聖霊​を​祈り​求める​こと​です。辛抱強さ​は​霊​の​実​の​一面​だ​から​です。(エフェ 3:16; 6:18。テサ​一 5:17‐19)辛抱強く​待ち​続ける​こと​が​できる​よう,エホバ​に​助け​を​求め​て​ください。

19 アブラハム,ヨセフ,ダビデ​に​とっ​て,エホバ​の​約束​が​果たさ​れる​時​を​辛抱強く​待つ​うえ​で​何​が​助け​に​なっ​た​でしょ​う​か。エホバ​へ​の​信仰​と,エホバ​が​報い​て​くださる​と​いう​信頼​です。彼ら​は​自分​の​こと​や​自分​の​願い​だけ​に​関心​を​向け​たり​は​し​ませ​ん​でし​た。彼ら​の​辛抱​が​報わ​れ​た​こと​を​考える​と,わたしたち​も​辛抱強く​待と​う​と​いう​気持ち​に​なり​ます。

20. 試練​に​遭う​と​し​て​も,どんな​態度​を​示し​たい​と​思い​ます​か。

20 では,試練​に​遭う​と​し​て​も「待つ​態度」を​示し​ましょ​う。「エホバ​よ,いつ​まで​です​か」と​叫び​たく​なる​こと​も​ある​でしょ​う。(イザ 6:11)でも,神​の​強力​な​聖霊​に​頼り,次​の​よう​に​述べ​た​エレミヤ​に​倣い​ましょ​う。「エホバ​は​わたし​の​受け分​です……それゆえに,わたし​は​神​を​待つ​態度​を​示す​の​です」。(哀 3:21,24

^ 11節 創世記​の​15​の​章​に​は,主​に​アブラハム​に​つい​て​記さ​れ​て​い​ます。また,クリスチャン​・​ギリシャ​語​聖書​に​は​アブラハム​の​こと​が​70​回​以上​出​て​き​ます。

^ 14節 サウル​は​支配​を​始め​て​2​年​少し​後​に​エホバ​から​退け​られ​まし​た​が,さらに​38​年​間,死ぬ​まで​王​と​し​て​支配​し​まし​た。(サム​一 13:1。使徒 13:21