内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年8月

 アーカイブ​から

「次の大会が待ち遠しいね」

「次の大会が待ち遠しいね」

1932​年​11​月​後半,メキシコ​市​で​の​こと​です。1​週​間​ほど​前,人口​100万​の​にぎやか​な​この​都市​に​最初​の​信号​機​が​設置​さ​れ​た​ばかり​でし​た。でも​人々​の​関心​は,信号​機​の​こと​より​も​週末​の​イベント​に​向い​て​い​まし​た。鉄道​の​駅​で​は,何​人​も​の​カメラマン​が​特別​な​ゲスト​の​到着​を​待ち構え​て​い​まし​た。ものみの塔​協会​の​会長​ジョセフ​・​F​・​ラザフォード​です。兄弟​は​3​日​間​の​全国​大会​に​出席​する​予定​でし​た。地元​の​エホバ​の​証人​も​大勢​出迎え​に​来​て​い​まし​た。

「黄金​時代」に​は​こう​あり​ます。「この​大会​は,メキシコ​で​の​真理​の​前進​に​とっ​て​重要​な​意義​を​持つ​こと​に​なる​だろ​う」。出席​者​150​人​ほど​の​大会​が​なぜ​特別​な​もの​だっ​た​の​でしょ​う​か。

それ​以前,メキシコ​で​は​王国​の​実​が​ほとんど​生み出さ​れ​て​い​ませ​ん​でし​た。1919​年​以来,小​規模​な​大会​は​何​度​か​開か​れ​て​い​まし​た​が,会衆​の​数​は​減少​し​て​い​まし​た。1929​年​に​メキシコ​市​に​支部​事務​所​が​開設​さ​れ,明るい​見通し​が​ある​よう​に​思え​まし​た。しかし,幾つ​も​の​問題​が​生じ​まし​た。伝道​活動​と​商業​活動​を​混同​し​ない​よう​に​と​の​指示​が​出さ​れる​と,1​人​の​コルポーター​は​腹​を​立て​て​真理​から​離れ,独自​の​聖書​研究​の​グループ​を​作り​まし​た。また,支部​の​監督​は​聖書​に​背く​行ない​を​したため,その​立場​から​離れる​こと​に​なり​まし​た。忠節​な​メキシコ​の​兄弟​たち​は​励まし​を​必要​と​し​て​い​まし​た。

ラザフォード​兄弟​は​訪問​中,兄弟​たち​を​大いに​励まし​まし​た。大会​で​心​を​奮い立た​せる​2​つ​の​話​を​し,ラジオ​で​5​つ​の​力強い​講話​を​行ない​まし​た。ラジオ​放送​で​メキシコ​各地​に​良い​たより​が​伝え​られ​た​の​は​初めて​でし​た。大会​の​後,新た​に​任命​さ​れ​た​支部​の​監督​が​活動​を​組織​し,兄弟​たち​は​熱意​に​あふれ​て​伝道​に​向かい​まし​た。エホバ​が​兄弟​たち​を​豊か​に​祝福​し​て​くださっ​た​の​です。

1941​年​に​メキシコ​市​で​開か​れ​た​大会

翌年​に​は​メキシコ​市​と​港湾​都市​ベラクルス​で​大会​が​開か​れ​まし​た。兄弟​たち​の​勤勉​な​奉仕​は​多く​の​実​を​生み出し​始め​ます。1931​年​に​82​人​だっ​た​伝道​者​は,10​年​後,10​倍​に​増加​し​まし​た。1941​年​に​メキシコ​市​で​開か​れ​た​神権​大会​に​は,1000​人​ほど​が​出席​し​まし​た。

「通り​を​占拠」

1943​年,国内​の​12​か所​で「自由​な​国民​の」神権​大会​が​開か​れる​こと​に​なり,兄弟​たち​は​サンドイッチ​式​プラカード​で​大会​を​宣伝​し​まし​た。 * 2​枚​の​プラカード​を​ひも​で​つなぎ,肩​から​体​の​前​と​後ろ​に​下げる​と​いう​ 方法​です。エホバ​の​証人​は​この​方法​を​1936​年​から​使っ​て​い​まし​た。

メキシコ​市​で​の​宣伝​行進​の​様子​を​伝える​記事(1944​年)

この​宣伝​は​功​を​奏し​まし​た。メキシコ​市​で​の​宣伝​行進​に​つい​て,ラ​・​ナシオン​誌(スペイン​語)は​こう​述べ​て​い​ます。「[大会]初日,[エホバ​の​証人]は​もっと​多く​の​人​たち​を​招待​する​よう​勧め​られ​た。翌日,会場​に​入りきれ​ない​ほど​の​人​が​集まっ​た」。カトリック​教会​は​快く​思わず,エホバ​の​証人​に​対する​反対​運動​を​始め​まし​た。しかし,兄弟​姉妹​は​少し​も​恐れ​ず​に​宣伝​行進​を​続け​まし​た。ラ​・​ナシオン​誌​は​こう​伝え​て​い​ます。「町中​の​注目​の​的​だっ​た。……男性​も​女性​も“サンドイッチマン”に​姿​を​変え​た」。記事​に​は,メキシコ​市​の​通り​を​歩く​兄弟​たち​の​写真​が​掲載​さ​れ,「通り​を​占拠」と​いう​見出し​が​付け​られ​まし​た。

「コンクリート​の​床​より​柔らかく​て​温かい​ベッド」

当時​は​大会​が​それ​ほど​多く​の​場所​で​開か​れ​て​い​なかっ​た​ため,開催​地​まで​かなり​の​距離​を​旅行​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。線路​どころ​か​道路​も​通っ​て​い​ない​田舎​町​から​来る​人​たち​も​少なく​あり​ませ​ん​でし​た。ある​会衆​の​報告​に​は​こう​あり​ます。「この​辺り​に​通っ​て​いる​の​は,電線​ぐらい​です」。ですから,列車​に​乗る​に​は,何​日​も​ラバ​に​乗る​か​歩く​か​し​て​駅​へ​行か​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。

ほとんど​の​エホバ​の​証人​は​貧しく,大会​都市​へ​の​片道​の​旅費​しか​あり​ませ​ん​でし​た。大会​中,どこ​に​泊まっ​た​でしょ​う​か。地元​の​兄弟​姉妹​が​親切​に​自宅​に​泊め​て​くれ​まし​た。王国​会館​に​泊まっ​た​人​たち​も​い​ます。ある​時​に​は,支部​事務​所​に​90​人​ほど​が​泊まり​まし​た。「書籍​の​入っ​た​カートン​が​並べ​られ,カートン​20​個​が​1​人​分​の​ベッド」に​なり​まし​た。「年鑑」に​よる​と,感謝​の​気持ち​の​厚い​兄弟​たち​に​とっ​て,「コンクリート​の​床​より​柔らかく​て​温かい​ベッド」でし​た。

感謝​の​気持ち​に​あふれ​た​兄弟​たち​は​大会​を​楽しみ,努力​し​て​出席​し​て​よかっ​た​と​感じ​た​こと​でしょ​う。メキシコ​の​兄弟​たち​は​今​も​深い​感謝​の​気持ち​を​抱い​て​い​ます。メキシコ​の​伝道​者​は​着実​に​増加​し,100万​人​に​近づい​て​い​ます。 * 1949​年​の​メキシコ​支部​から​の​報告​に​は​こう​あり​ます。「困難​な​状況​に​面し​て​も,兄弟​たち​は​熱意​を​失っ​て​い​ませ​ん。毎回,大会​後​しばらく​は​大会​の​話​で​持ちきり​です。兄弟​たち​は『次​の​大会​が​待ち遠しい​ね』と​よく​言い​ます」。昔​も​今​も,大会​に​出席​し​た​人​たち​の​気持ち​は​変わり​ませ​ん。中央​アメリカ​の​アーカイブ​から。

^ 9節 『1944 年鑑』(英語)に​よる​と,この​大会​を​きっかけ​に「メキシコ​の​エホバ​の​証人​は​よく​知ら​れる​よう​に​なり​まし​た」。

^ 14節 2016​年​の​記念​式​の​出席​者​数​は​226万2646​人​でし​た。