内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年8月

読者からの質問

読者からの質問

イエス​の​誕生​と​子ども​時代​に​関する,マタイ​の​記述​と​ルカ​の​記述​に​違い​が​ある​の​は​なぜ​です​か。

マタイ​と​ルカ​の​視点​が​異なる​から​です。

マタイ​は​ヨセフ​に​生じ​た​出来事​に​焦点​を​当て​て​い​ます。例えば,マリア​の​妊娠​を​知っ​た​時​の​ヨセフ​の​反応​や,ヨセフ​が​夢​の​中​で​み使い​から​マリア​の​妊娠​の​理由​を​説明​さ​れ,み使い​の​指示​に​従っ​た​こと​を​述べ​て​い​ます。(マタ 1:19‐25)また,ヨセフ​が​夢​の​中​で​み使い​から​エジプト​へ​逃げる​よう​指示​され,家族​を​連れ​て​逃げ​た​こと,再び​夢​の​中​で​み使い​から​イスラエル​の​地​へ​戻る​よう​に​と​言わ​れ,イスラエル​に​帰っ​て​家族​と​共​に​ナザレ​に​住ん​だ​こと​を​記し​て​い​ます。(マタ 2:13,14,19‐23)マタイ​の​福音​書​の​最初​の​2​章​に,マリア​の​名前​は​5​回​しか​出​て​き​ませ​ん​が,ヨセフ​の​名前​は​7​回​出​て​き​ます。

他方,ルカ​は​マリア​に​焦点​を​当て​て​い​ます。例えば,マリア​が​み使い​ガブリエル​の​訪問​を​受け​た​こと​や,親族​の​エリサベツ​を​訪ね​た​こと​を​書い​て​い​ます。エホバ​を​賛美​する​マリア​の​言葉​も​記録​し​て​い​ます。(ルカ 1:26‐56)ルカ​は,イエス​の​将来​の​苦しみ​に​つい​て​シメオン​が​マリア​に​語っ​た​言葉​も​記し​て​い​ます。イエス​が​12​歳​の​時​に​家族​で​神殿​へ​行っ​た​記述​で​は,ヨセフ​で​は​なく​マリア​の​言葉​を​引用​し​て​い​ます。また,そう​し​た​出来事​が​マリア​に​強い​印象​を​与え​た​こと​に​も​触れ​て​い​ます。(ルカ 2:19,34,35,48,51)ルカ​の​福音​書​の​最初​の​2​章​に,ヨセフ​の​名前​は​3​回​しか​出​て​き​ませ​ん​が,マリア​の​名前​は​12​回​も​出​て​き​ます。この​よう​に,マタイ​は​おもに​ヨセフ​の​反応​や​行動​を​記し​て​いる​の​に​対し​て,ルカ​は​マリア​の​経験​や​考え​を​詳しく​述べ​て​い​ます。

マタイ​と​ルカ​の​記し​た​系図​に​も​違い​が​あり​ます。マタイ​は​イエス​の​養父​で​ある​ヨセフ​の​先祖​を​たどり,イエス​が​ダビデ​の​王権​の​法的​な​相続​人​で​ある​こと​を​示し​て​い​ます。ヨセフ​は​ダビデ​の​息子​ソロモン​を​通し​て​ダビデ​王​の​子孫​と​なっ​た​から​です。(マタ 1:6,16)他方,ルカ​は​マリア​の​先祖​を​たどっ​て​いる​よう​です。その​よう​に​し​て,イエス​が​ダビデ​の​王権​の「肉​によ[る]」相続​人,つまり​生来​の​相続​人​で​ある​こと​を​示し​て​い​ます。(ロマ 1:3)マリア​は​ダビデ​の​息子​ナタン​を​通し​て​ダビデ​王​の​子孫​と​なっ​た​から​です。(ルカ 3:31)ルカ​が,ヘリ​の​子​と​し​て​娘​の​マリア​で​は​なく​ヨセフ​の​名前​を​記し​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。公式​の​系図​に​は​ふつう​男性​の​名前​が​記さ​れ​た​から​です。系図​を​見る​人​は,ヨセフ​が​ヘリ​の​義理​の​息子​で​ある​こと​を​理解​し​まし​た。(ルカ 3:23

マタイ​と​ルカ​の​記し​た​系図​は,イエス​が​約束​の​メシア​で​ある​こと​を​裏付ける​強力​な​証拠​です。イエス​が​ダビデ​王​の​子孫​で​ある​こと​は​非常​に​よく​知ら​れ​て​い​た​ため,パリサイ​人​や​サドカイ​人​で​さえ​異議​を​唱える​こと​は​でき​ませ​ん​でし​た。マタイ​と​ルカ​の​系図​を​調べる​と,神​の​約束​は​必ず​果たさ​れる​と​いう​信仰​が​強まり​ます。