内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年7月

読者からの質問

読者からの質問

クリスチャン攻撃から守るために,拳銃ライフルなど銃器所持するふさわしいことですか。

クリスチャン自分守る手段講じる際,聖書原則従います。聖書原則考えると,他攻撃から守るために,拳銃ライフルなど銃器使うふさわしくありません。次考えましょう。

エホバ人間神聖ものおらます。詩編作者ダビデ述べいるように,エホバは「命源」です。(詩 36:9)ですから,クリスチャン自分所有守る手段講じる際,他奪うことないよう細心注意払います。血負わないためです。(申 22:8。詩 51:14

自己防衛ためどんな使っも,血負う可能あります。しかし持っいると,故意なくも,人奪う可能ずっ高くなります。 * 攻撃受け時,相手刺激し,もっと危険状況なるしれません。自分相手失うことさえあります。

イエス地上生涯最後晩,弟子たち対し持つよう言わは,自分たち守るためありませでした。ルカ 22:36,38)むしろ,武器持つ人々対面さえ暴力振るうべきない,という教訓与える ためでした。(ルカ 22:52)ペテロ祭司奴隷切りつけ時,イエスは「あなた納めなさい」と命じました。そして,「すべて取るよっ滅びるです」と言わました。これ今日クリスチャン当てはまる原則です。(マタ 26:51,52

ミカ 43あるとおり,神は「そのすきに,その刈り込みばさみ打ち変え」ます。これクリスチャン特徴です。使徒パウロこう勧めます。「だれ対しも,悪返しなりません。……できるなら,あなた方関するかぎり,すべて対し平和求めなさい」。(ロマ 12:17,18)パウロは「追いはぎ危険」など難しい状況直面も,自分守ろ聖書原則背くことませでした。(コリ二 11:26)神信頼し,聖書知恵頼りました。その知恵は「戦い用具勝り」ます。(伝 9:18

クリスチャンとっよりはるか貴重です。「人その所有いるから生じ」ません。(ルカ 12:15)銃持っ強盗襲わ時,穏やか話し効果ないなら,イエス述べた「邪悪手向かっなりません」という原則従う賢明です。要求金品渡すこと必要しれません。(マタ 5:39,40。ルカ 6:29 * 予防講じること大切です。「自分資力見せびらかすこと」を避け,平和愛するエホバ証人知らいるなら,強盗襲われる危険少なくなるでしょう。(ヨハ一 2:16。箴 18:10

クリスチャン良心配慮ます。ロマ 14:21)あるクリスチャン攻撃から守るため所持いるなら,兄弟姉妹ショック受けたりつまずいたりするしれません。愛あれば,たとえ所持合法あっも,他良心配慮するでしょう。(コリ一 10:32,33; 13:4,5

クリスチャン良い模範示すよう努力ます。コリ二 4:2。ペテ一 5:2,3)他攻撃から守るため所持いるクリスチャンいる場合,長老たち聖書から助言与えます。助言受け所持続けるなら,模範みなさません。会衆責任特権担う資格ないでしょう。銃器携帯求められる仕事続けるクリスチャンつい同じこと言えます。他仕事探すほうよいでしょう。 *

どのよう自分家族所有守るか,どんな仕事就くは,クリスチャン各人決定する事柄です。といえ,決定下す際,聖書原則従います。聖書原則は,神知恵わたしたち対する表われます。ですから,円熟クリスチャン聖書原則尊重し,攻撃から守るため銃器所持することませ。神信仰示し聖書原則従うなら永続安全られる,ということ知っいるからです。(詩 97:10。箴 1:33; 2:6,7

患難時,クリスチャン防衛手段頼るなく,エホバ頼る。

^ 3節 クリスチャンは,食料得るため狩猟たり野生動物から守ったりする目的で,銃器(ライフル散弾など)を所持することます。銃器使用ない弾丸抜き,安全場所保管おく最善です。できれ分解保管ます。銃器所持法律禁止ない規制いる地域は,それ従います。(ロマ 13:1

^ 2節 レイプから守る方法ついは,「目ざめよ!」199338の「レイプ防ぐ方法」という記事参照。

^ 4節 銃器携帯求められる仕事どう見るついは,「ものみの塔」200511131ページ1983101525‐26ページ参照