内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年7月

真の富を追い求める

真の富を追い求める

「不義よっ自分ため作り……なさい」。ルカ 16:9

歌: 32,154

1,2. この事物体制貧しいたちいるなぜですか。

今日経済システム過酷公平です。若者探し苦労ます。命危険冒し豊か行くたちます。貧困世界問題あり,豊か例外ありません。貧富拡大ます。最近推定よると,世界富裕上位1資産が,残る99人々資産相当することです。何十億たち非常貧しい生活送っいる一方で,生涯かけ使い切れないほど資産持つたちいるです。イエス人間社会こう現実知っおり,「あなた方とって,貧しいたちに[いる]」と述べました。(マル 14:7)このよう状況られるなぜでしょか。

2 イエスは,現在経済システム王国来るまで変わらないこと知っました。啓示 183で「旅商人たち」と述べられいる貪欲商業体制は,政治体制宗教体制サタン構成ます。神政治偽り宗教から完全離れますが,ほとんど場合,商業体制から完全離れることできません。

3. この記事どんなこと考えますか。

3 クリスチャンあるわたしたちは,商業体制どういる考える必要あります。この記事は,次よう考えます。どう すれ自分お金持ち物用い忠実示せますか。商業体制かかわり最小限するため,何できますか。神どのようエホバ信仰示しましか。

不義家令例え

4,5. (イ)イエス例えくる家令どんな状況置かましか。(ロ)イエス追随たちどんなこと勧めましか。

4 ルカ 16:1‐9読む。イエス不義家令関する興味深い例え話しました。この家令は,主人財産浪費いる訴えられ後,「実際知恵」を働かて「友作り」ました。家令仕事失っ助けもらうためです。 * もちろんイエスは,この生き延びるため不正手段用いること勧めわけありません。そのよう手段使うことは「この事物体制ら」のやり方ある述べます。イエスこの例え用い大切こと教えました。

5 イエスは,不公正商業体制生活いく追随たちとっ簡単ない,ということ知っました。それこう勧めました。「不義よっ自分ため作り,そうもの尽きとき,彼ら[エホバイエス]があなた方永遠住みか迎え入れくれるようなさい」。この言葉からどんな教訓学べるでしょか。

6. わたしたち貪欲商業体制生活すること目的一部ありませでした。なぜそう言えますか。

6 イエスは「不義の」富述べ理由説明ません。でも聖書よれば,人間貪欲商業体制生活すること目的一部ありませでした。エホバエデンで,アダムエバ必要ものふんだんお与えなりました。(創 2:15,16)1世紀油そそがたち会衆聖霊働い後,彼ら分け合いました。こうあります。「だれひとり,自分所有するついて,それ自分もの言わなかった。彼らすべて共有ある」。(使徒 4:32)預言イザヤよれば,将来すべて産物自由楽しむます。(イザ 25:6‐9; 65:21,22)それまで間,イエス追随は「実際知恵」を働かの「不義富」を用い,神喜ばれる生き方する必要あります。

不義賢く用いる

7. イエスルカ 1610‐13で,どんな助言与えましか。

7 ルカ 16:10‐13読む。イエス例え家令自分利益ため作りました。でもイエスは,利他目的作るよう追随たち勧めます。イエス例え話し後,「不義富」を用いること忠実結び付けました。では,神に「忠実あること示」すため,どのよう用いることできるでしょか。

8,9. 不義用い方関し忠実あること示しいるたち挙げください。

8 関し忠実あること示す一つ方法は,イエス予告世界伝道活動ため寄付することです。(マタ 24:14)インドあるは,小さな貯金お金少しずつためました。欲しいおもちゃ我慢ました。貯金いっぱいなる と,伝道活動ため寄付ました。ココナツ農園持つインドある兄弟は,マラヤラム遠隔翻訳事務たくさんココナツ寄付ました。翻訳事務ココナツ買う必要あるで,お金より現物寄付ほうよい思っです。とても実際知恵です。ギリシャ兄弟たちも,オリーブチーズ食品定期ベテル家族寄付ます。

9 現在外国住んいるスリランカ出身ある兄弟は,自国所有する建物集会大会場所提供ます。全時間奉仕住まい無償貸します。兄弟経済犠牲求められますが,地元貧しい奉仕たちとっ大きな助けなっます。エホバ証人活動制限いるあるは,自宅王国会館場所提供する兄弟たちます。そのおかげで,開拓含め裕福ない奉仕たちが,経済負担感じることなく集会開くことできます。

10. 寛大与えるどんな祝福られますか。

10 こうから分かるように,神物質用い方いう「ごく小さな忠実」であること示します。(ルカ 16:10)エホバあるそれらたちは,経済犠牲払うことついどう感じいるでしょか。寛大あることよっ物質よりはるか貴重な「真実の」富いる,と感じます。(ルカ 16:11)王国活動ため定期寄付いる姉妹は,自分受けいる祝福ついこう述べます。「ここ年,金銭寛大あることよっ自分不思議現象起きます。金銭寛大あれあるほど,他対し寛容なれます。快く許すことでき,いっそう辛抱強さ示せます。気障る言動受け止められます。助言受け入れやすくなります」。寛大あれられる,ということ多く気づいます。(詩 112:5。箴 22:9

11. (イ)快く与えるなら「実際知恵」を示しいることなります。なぜですか。(ロ)神で,どのよう資金均等図らますか。(冒頭写真参照。)

11 自分資産活用王国活動支援するなら,「実際知恵」を示しいることなります。全時間奉仕外国奉仕できないも,寄付行なうこと宣教支えることできるです。(箴 19:17)わたしたち寄付よって,関心持つたち大勢いる貧しい文書送られ,伝道活動支えられます。コンゴ民主共和国,マダガスカル,ルワンダなど兄弟たち以前,家族食料買うか,聖書買ういう選択迫られることありました。聖書値段が,1週間1か月賃金相当からです。しかし,多く寄付し,資金の「均等」が図ら いるで,研究家族一人一人エホバ組織翻訳,出版聖書無料受け取ることできます。コリント二 8:13‐15読む。)与える受けるも,エホバなることできるです。

「生活ためもうけ仕事」にかかわらない

12. アブラハムどのよう信仰示しましか。

12 エホバなるためは,商業体制かかわり最小限て,「真実の」富追い求めること必要です。古代信仰アブラハム指示従い,繁栄都市ウル天幕生活し,エホバ友情築きました。(ヘブ 11:8‐10)不信仰お金追い求めるなく,真あるいつも向けました。(創 14:22,23)イエスそのよう信仰持つよう,ある富ん若者勧めました。こう述べます。「完全ありたい思うなら,行って,自分持ち物売り,貧しいたち与えなさい。そうすれば,天持つようなるでしょう。それから,来て,わたし追随なりなさい」。(マタ 19:21)残念ことに,この若者アブラハムよう信仰ありませでした。しかし,神強い信仰示し大勢ます。幾手本注目ましょう。

13. (イ)パウロテモテどんな助言与えましか。(ロ)わたしたちパウロ助言どのよう当てはめられますか。

13 テモテ信仰でした。パウロテモテを「キリストイエスりっぱ兵士」と呼び,こう諭しました。「兵士仕えいるだれも,生活ためもうけ仕事などかかわりません。自分兵士募っ是認ようするからです」。(テモ二 2:3,4)今日,100万以上時間奉仕含むイエス追随は,状況許す限りパウロ助言当てはめよう努力ます。「借りる貸す僕[または,奴隷]となる」という原則思い留め,世様々広告宣伝踊らさないようます。(箴 22:7)サタンは,わたしたち商業体制奴隷なって,時間エネルギー費やし尽くすこと願っます。多額住宅ローン,返済期間長い奨学金,高額車,豪華結婚などは,金銭大きな負担なるしれません。生活シンプルし,節約努め,負債抱えないようするなら,実際知恵示しいることなります。商業体制奴隷なく,神奴隷自由仕えることできるからです。(テモ一 6:10

14. わたしたちする必要ありますか。手本なる兄弟姉妹挙げください。

14 シンプル生活送るは,正しい優先順位定める必要あります。ある夫婦製造大きな収益上げました。しかし,全時間奉仕再び行ないたい強く願い,事業手離し,ボートなど様々売りました。その後,ニューヨークウォーウィック世界本部建設奉仕参加ました。2とっ特にうれしかっは,ベテル夫婦一緒奉仕できことです。数は,やはりウォーウィック建設奉仕参加両親一緒奉仕できました。米国コロラド住む開拓姉妹は,銀行パートタイム仕事ました。責任姉妹仕事ぶり感心し,3給料払う時間働かない持ちかけました。でも姉妹断わりました。全時間働く宣教十分行なえなくなる思っ からです。エホバ仕えるためこのよう犠牲払っいるほか大勢ます。わたしたち王国する決意抱きましょう。神友情は,物質よりはるか貴重ものです。

尽きる

15. 大きな満足もたらすどんなですか。

15 物質必ずしも祝福証拠ありません。エホバから祝福れるは「りっぱ富」んです。テモテ一 6:17‐19読む。)例えば,イタリアルチア *いう姉妹アルバニア奉仕必要こと知り,1993そこ移動ました。仕事まだ見つかっませでしが,エホバ強い信仰示しました。アルバニア学び,60以上たちバプテスマ段階まで援助ました。わたしたち奉仕いる場所は,その区域ほど産出ないしれません。それでも,人々見いだし,その歩み続けられるよう,熱心奉仕たいものです。わたしたち払うどんな努力永遠なるでしょう。(マタ 6:20

16. (イ)今日商業体制どうなりますか。(ロ)将来起きる事柄知っいるなら,不義どう見るはずですか。

16 イエスは「不義尽きなら」となく,「尽きとき」と述べました。(ルカ 16:9)終わり今,銀行倒産経済破綻生じます。しかし,間なく世界規模はるか大きな事柄起きようます。サタン政治体制,宗教体制,商業体制すべて終わるです。預言エゼキエルゼパニヤは,商業体制貴重られなど価値なること予告ます。(エゼ 7:19。ゼパ 1:18)仮に自分終わろいるましょう。自分が「不義富」を蓄えるため犠牲こと気づいたら,どう思うでしょか。それは,一生涯かけため沢山お金すべて偽札だっこと気づくようものです。(箴 18:11)不義やがて必ず尽きしまいます。ですから,不義用いに「友作[る]」機会逸しなりません。エホバ王国活動推し進めるため努力するなら,本当意味豊かなれるです。

17,18. どんな将来ありますか。

17 王国来ると,家賃ローンなくなります。たくさん食べ物あり,しかも無料です。医療必要ありません。地最高産物楽しむことできます。金宝石は,投資蓄財ためなく,装飾活用れるでしょう。良質金属ただ入れ,美しい建てることできます。友人たち手伝っくれるはずです。お金ためありません。純粋助けたい思っ手伝っくれるです。人々産物互い分け合っ生活するでしょう。

18 これは,天作る人々与えられる貴重贈り物すぎません。エホバ地上崇拝たちは,イエスからよう告げられる時,最高喜び感じることでしょう。「さあ,わたし祝福たちよ,世置か以来あなた方ため備えられいる王国受け継ぎなさい」。(マタ 25:34

^ 4節 イエスこの訴え正当ものだっどうついて,何述べません。ルカ 161で「訴えが……なされ[た]」と訳さいるギリシャは,中傷いう意味あります。いずれイエスは,家令仕事失っ理由なく,家令反応注意向けます。

^ 15節 ルチアムッサネットライフストーリーは,「目ざめよ!」200362218‐22ページ掲載ます。