内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年7月

アリサ

喜んで自分を差し出した人たち トルコ

喜んで自分を差し出した人たち トルコ

1世紀クリスチャンは「王国の……良いたより」をできるだけ多く伝える努力払いました。(マタ 24:14)外国旅行たちます。使徒パウロ宣教旅行際,現在トルコ当たる地域伝道ました。 * それから2000ほど2014年,トルコ特別伝道キャンペーン行なわました。どんなキャンペーンでしか。だれ参加でしょか。

「何あるですか」

トルコ伝道2800余りですが,人口8000万ほどです。人口対する伝道割合は,約2万80001です。まだ良いたより聞いことない人々大勢ます。今回特別伝道キャンペーン目的は,短期間できるだけ多く人々良いたより伝えることでした。トルコ話せる兄弟姉妹550ほど外国からトルコやって,地元兄弟姉妹一緒伝道ました。どんな成果あっでしょか。

大々的伝道行なわた。イスタンブールある会衆こう報告ます。「わたしたち活動たちから,『特別集まりあるの? エホバ証人あちこちいるね』と言わました」。イズミルある会衆よると,「1長老タクシー乗り場働く男性から,『何あるですか。皆さん,ずいぶん頑張っますね』と言わました」。特別キャンペーン人々注意引いです。

ステファン

外国から奉仕は,キャンペーンとても楽しみました。デンマークからステファンいう兄弟こう言います。「エホバつい聞いことないたち毎日伝道できました。エホバお名前知らせいる,という実感ありました」。フランスからジャン‐ダビドこう述べます。「1通り伝道する時間かかりました。とても楽しかっです。エホバ証人つい知らないばかりでした。会話弾み,ビデオ見せ出版渡すことできました」。

ジャン‐ダビド(中央)

 550参加は,わずか26万出版配布ました。実大々的伝道行なわました。

伝道対する熱意高まった。地元兄弟たち熱意高まりました。全時間奉仕始め兄弟たちます。キャンペーン1に,トルコ正規開拓24増加ました。

シリン

外国から参加兄弟姉妹は,伝道対する取り組み変わっ言います。ドイツから参加シリンいう姉妹こう述べます。「トルコ兄弟たちは,ごく自然公式証言ます。わたし公式証言苦手です。でも,トルコ兄弟たち見倣いたい思いました。それキャンペーン中,エホバよく祈っ努力ところ,いろいろ機会公式証言できるようなりました。地下鉄証言パンフレット渡すことできました。苦手意識幾らか和らぎました」。

ヨハネス

ドイツヨハネスこう言います。「たくさんこと学びました。トルコ兄弟たちは,できるだけ大勢真理伝えよういう意欲あります。あらゆる機会活用伝道ます。わたしも,ドイツ戻ったらそうよう思いました。帰国は,様々機会証言するようなりました」。

ゼイネプ

フランスゼイネプこう述べます。「伝道対する意識変わりました。エホバ頼り,勇気もっ証言できるようなりました」。

奉仕どうし強まった。様々兄弟たち示し合い,一致奉仕ことは,忘れがたい思い出なりました。ジャン‐ダビドこう語ります。「温かもてなし受け,兄弟たちを“味わい知り”ました。わたしたち親しい友人家族よう迎え入れ,家泊めくださいました。エホバ証人世界兄弟関係結ばいること出版読ん知っましが,今回,そのことじかに経験できました。エホバ証人あること本当誇り思います。エホバから感謝ます」。

クレール(中央)

 「デンマーク,ドイツ,トルコ,フランスなど,いろいろ兄弟たち1家族よう奉仕ました。エホバ大きな消しゴム国境消しくださっようでした」とフランスクレール言います。

ステファニー(中央)

フランスステファニーこう言います。「わたしたち結び合わせいるは,文化言語なくエホバです」。

キャンペーン続く活動

外国から参加多くは,トルコ移動考えるようなりました。奉仕まだまだ必要されいること気づいからです。かなりたち実際移動し,トルコ兄弟姉妹からとても感謝ます。

例えば,トルコある地方伝道25小さな群れあります。長年,長老1しかませでした。ですから,2015オランダドイツから6奉仕移動時,地元兄弟姉妹大喜びました。

前線奉仕

移動兄弟姉妹トルコ奉仕ついどう感じいるでしょか。苦労あっやりがいある,と感じます。何コメントご紹介ましょう。

フェデリコ

「持ち物少ない自由利き,最も重要活動集中できます」と言うは,夫婦スペインから引っ越し40前半フェデリコです。このよう奉仕兄弟姉妹勧めたい思っいるでしょか。「もちろんです」とフェデリコ言います。「エホバつい人々知らせるため外国移動するは,自分エホバゆだねることなります。エホバ世話強く感じる思います」。

ルディ

オランダから50後半ルディは,こう語ります。「大きな満足あります。いわば前線立ち,真理つい一度聞いことない大勢人々伝道できるからです。真理知っ人々 幸福そう表情見ると,わたし幸せなります」。

サシャ

40前半サシャは,妻ドイツからトルコ引っ越しました。こう述べます。「毎回伝道で,真理つい聞く初めていうたち会います。そのようたちエホバつい伝えることできて,本当うれしいです」。

温子

日本から30半ば温子は,こう言います。「以前は,早くハルマゲドンほしい思っました。でもトルコからは,エホバ辛抱くださっいること感謝ます。エホバ物事導いくださっいる感じ,いっそうエホバ引き寄せられます」。

ロシア出身30前半アリサは,「エホバ善良味わっます」と言います。(詩 34:8)こう述べます。「新た環境で,エホバいっそう身近感じます。エホバわたしお父さんあり,親友です。毎日,うれしいこと感動することたくさんあり,エホバ豊か祝福感じます」。

「畑ご覧なさい」

トルコ特別伝道キャンペーンよって,多く人々良いたより伝えることできました。といえ,まだ広大区域残さます。トルコ移り住ん奉仕たちは,エホバつい一度聞いことないたち毎日会います。あなたそのよう区域奉仕たい思いますか。イエスこう述べました。「目上げご覧なさい。収穫待っ白く色づいます」。(ヨハ 4:35)あなたは,「収穫待っ白く色づいて」いるよう移動できますか。そうあれば,目標達成するため具体計画立て,行動ください。「地最も遠いまで」良いたより伝えるため努力するなら,豊か祝福られるでしょう。(使徒 1:8

^ 2節 『この良いなさい』の冊子32‐33ページ参照。