内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年7月

思考に対する攻撃に打ち勝つ

思考に対する攻撃に打ち勝つ

あなた攻撃受けます。敵サタン,兵器プロパガンダです。体なく,思考攻撃する兵器です。

使徒パウロは,サタン攻撃警戒ました。でも用心クリスチャンました。コリントあるたち自信過剰なり,自分強いクリスチャン倒れることなどない,と思っました。(コリ一 10:12)それパウロこう警告ました。「わたしは,へびそのこうかつよっエバたぶらかしように,あなた方思いこと腐敗られて,キリスト示されるべき誠実貞潔から離れるようことなりしまい気遣っいるです」。(コリ二 11:3

わたしたち自信過剰ならないようなけれなりません。思考対する攻撃打ち勝つため,プロパガンダ危険理解し,自分守る必要あります。

プロパガンダどれほど危険

ここ言うプロパガンダは,偽情報偏っ情報用いて,人考え行動操ることです。プロパガンダは「うそ,歪曲,欺き,操作,マインドコントロール,心理戦」,「非倫理有害不正策略」と言わます。(「プロパガンダ説得」[英語])

プロパガンダなぜ危険ですか。無色無臭毒ガスように,知らず知らずうち影響与えるからです。徐々入り込んます。人間行動専門バンスパッカードも,「我々多くは……自分思っいる以上影響受け,操らいる」と述べます。あるよると,人々プロパガンダよって「いとも簡単操ら れ,非常危険行動取って」きました。「集団虐殺,……戦争,……人種偏見基づく過激行動,宗教寛容など,常軌逸し行動」です。(「心理操作 プロパガンダ歴史」[英語])

人間プロパガンダ使っわたしたち欺くことできるなら,サタンなおこと巧妙プロパガンダ用いることできるはずです。人間創造以来,サタン人間行動観察し,研究ました。「全世界」はサタン支配あります。ですから,世どの部分自由用いて,うそ広めることできます。(ヨハ一 5:19。ヨハ 8:44)サタン巧妙人々の「思いくらまし」てました。今は「人住む全地惑わして」います。(コリ二 4:4。啓 12:9)では,どうすれサタンプロパガンダ抵抗できるでしょか。

防御固める

イエス言葉は,プロパガンダ戦うため方法示さます。「真理知り,真理あなた方自由するでしょう」。(ヨハ 8:31,32)戦争多く情報広めるため,兵士たち信頼できる情報必要です。わたしたちも,サタンプロパガンダ戦うため信頼できる情報必要ます。エホバ聖書通し確か情報与えおらます。(テモ二 3:16,17

サタンそのことよく知っます。それで,この事物体制用いて,人々聖書読んだり学んだりする妨げようます。サタン策略陥っなりません。(エフェ 6:11)真理全体を「十分」に「悟る」よう努めてください。(エフェ 3:18,19)そのため真剣努力必要です。著述ノームチョムスキーこう述べます。「誰真実注ぎ込んくれたりない。それあなた自分見つけなけれならないものです」。 * それで,「日ごと聖書注意深く調べ」,真理を「自分見つけなければ」なりません。(使徒 17:11

思考対する攻撃打ち勝つため,プロパガンダ危険理解し,自分守る必要ある。

サタンは,わたしたち思考働かせ,理性考えること望みません。「プロパガンダ大きな効果発揮するは,人々が……批判考えようない場合」だからです。(「20世紀メディア 社会」[英語])ですから,聞いことうのみする危険です。(箴 14:15)神から与えられ思考理性働かて,真理自分ものください。(箴 2:10‐15。ロマ 12:1,2

分裂ようする戦略警戒する

軍事戦略は,プロパガンダ使っ敵軍兵士たち士気くじくいう方法あります。偽情報流して,仲間割れさせたり主力部隊から引き離したりすることあります。あるドイツ大将よれば,第世界大戦敗因一つは「ヘビにらまウサギように,敵プロパガンダよっすくしまっこと」でした。サタンも,わたしたち分裂征服するため同じよう方法使います。兄弟姉妹不和生じさせようするしれません。エホバ組織対する不満不信抱かせ,組織から引き離そするしれません。

サタンだまさないください。聖書アドバイス従いましょう。例えば,兄弟一致保つことついて,聖書は「引き続き……互い惜しみなく許し合い」,不和生じたらすぐ解決するよう勧めます。(コロ 3:13,14。マタ 5:23,24)聖書は,会衆から自分孤立ないよう警告ます。(箴 18:1)あなたサタンプロパガンダ抵抗ますか。こう自問できます。「最近,だれ傷つけられ時,どう反応だろか。自分反応仕方考え方影響受けだろか。それ影響受けだろか」。(ガラ 5:16‐26。エフェ 2:2,3

信頼弱めない

兵士指導忠誠弱まると,戦闘意欲なくします。プロパガンダ使っ戦略は,兵士司令信頼関係打ち砕くいう方法あります。「あなた指導信頼できない」とか「あんな指導付いいったら大変ことなる」と思い込まようます。指導間違いすると,その機会付け込んで,指導信頼失わせようます。サタンこの戦略用います。サタンは,エホバご自分導くため用いいる人々信頼失わせようます。

どうすれこの戦略打ち勝てますか。エホバ組織固く付き,エホバ用いいる人々忠節 支持することです。そのよう人々完全あっ支持ます。(テサ一 5:12,13)背教反対は,わたしたち思い欺こます。彼ら主張どんなもっともらしく思えも,「すぐ動揺理性失ったり」しなりません。(テサ二 2:2。テト 1:10)若いテモテ与えられアドバイス従いましょう。学ん真理固く付き,どんな経路通し学ん忘れないように,というアドバイスです。(テモ二 3:14,15)エホバは,わたしたち真理歩めるよう,これまで100近くわたっ忠実奴隷用いこらました。忠実奴隷信頼できる証拠数多くあるないでしょか。(マタ 24:45‐47。ヘブ 13:7,17

恐れ負けない

サタンは,あからさま方法用いることあります。恐怖あおるいう方法です。これは「昔からあるプロパガンダ一つ」です。(「心理操作 プロパガンダ歴史」)英国フィリップMテーラー教授よると,アッシリアは「宣伝工作よっ恐怖植え付ける政策」を用い服従ました。サタンは,人恐れ,迫害恐れ,死恐れなど,恐怖あおっわたしたち服従せ,エホバ仕えるやめさせようます。(イザ 8:12。エレ 42:11。ヘブ 2:15

サタン恐怖あおらて,弱気なったり,神忠誠失ったりないください。イエスこう述べます。「体殺しも,そのもうできないたち恐れなりません」。(ルカ 12:4)エホバわたしたち見守り,「普通超えた……力」を与え,恐怖あおる攻撃立ち向かえるよう助ける,と約束おらます。その約束固く信じましょう。(コリ二 4:7‐9。ペテ一 3:14

あなたも,恐れ不安感じる状況直面するしれません。そのようは,ヨシュア対するエホバ言葉思い出しください。「勇気出し,強くありなさい。うろたえたり,おびえたりいけない。あなたどこ行こも,あなたエホバいるからある」。(ヨシュ 1:9)不安襲わたらすぐエホバ祈り,助け求めください。そうすれば,「神平和が[あなたの]心知力を……守って」,サタンプロパガンダ抵抗するられるでしょう。(フィリ 4:6,7,13

アッシリア使者ラブシャケ対し使っプロパガンダ覚えますか。ラブシャケようこと言いました。「お前たちアッシリアから守っくれるなどない。お前たちエホバ守っくれない」。こう言いました。「エホバ我々エルサレム滅ぼせ言わだ」。しかし,エホバこう述べられます。「アッシリア従者たちわたしことあしざま語った,あなた聞いその言葉ゆえに恐れならない」。(二 18:22‐25; 19:6)そのエホバひとりみ使い送り,一うち18万5000アッシリア滅ぼしました。(二 19:35

賢くあって,エホバ言葉傾けください

映画で,登場人物だまさそうなっいるシーンことありますか。心思わず「だまさないで!」と叫んでしょう。あなたサタン攻撃受けいる時,み使いたちも「サタンうそだまさないで!」と叫んいるしれません。

サタン巧妙言葉貸さないください。(箴 26:24,25)エホバ言葉傾け,何行なうエホバ頼っください。(箴 3:5‐7)エホバある呼びかけ応じください。「我よ,賢くあって,わたし歓ばせよ」。(箴 27:11)そうすれば,思考対するサタン攻撃打ち勝つことできるでしょう。

^ 11節 「グローバリズム世界破壊する プロパガンダ民意」(Propaganda and the Public Mind--Conversations with Noam Chomsky),ノームチョムスキー著,藤田 真利子訳,明石書店発行。