内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年7月

「ヤハを賛美せよ!」

「ヤハを賛美せよ!」

「あなた方ヤハ賛美せよ。……それ快いことからある ― 賛美ふさわしい」。詩 147:1

歌: 104,152

1‐3. (イ)詩編 147いつ書か思わますか。(ロ)詩編 147からどんなこと学べますか。

立派特質示し良い仕事成し遂げ称賛受けます。では,エホバついどうでしょか。エホバ計り知れない用い宇宙創造ました。人類深い愛情示し,イエス贖い犠牲与えくださいました。エホバ確か賛美受けるべきです。

2 詩編 147作者エホバ賛美いらませでした。他エホバ賛美するよう勧めます。詩編 147:1,12読む。)

3 この詩編作者だれ分かりません。でも,エホバイスラエルバビロン捕囚から解放し,エルサレム連れ戻さころ生き思わます。(詩 147:2)詩編作者は,神崇拝場所戻るて,エホバ賛美たい思っでしょう。詩編作者エホバ賛美理由ほかあります。どんな理由ですか。わたしたちは「ハレルヤ」つまり「ヤハ賛美せよ」 言うべきどんな理由あるでしょか。(詩 147:1; 104:35,脚注)

エホバ打ち砕かいやされる

4. イスラエル捕囚から解放時,どう感じ違いありませか。なぜですか。

4 バビロン捕囚なっイスラエルは,どんな気持ちだっでしょか。バビロニアからは「我々ためシオン一つ歌え」とあざけらました。イスラエルとっ歓びおも理由あるエルサレム荒廃ました。(詩 137:1‐3,6)とても歌う気分なれなかっでしょう。心打ち砕かれ,慰め励まし必要ました。後彼らは,神預言どおり,ペルシャキュロス通し救出ました。バビロン征服キュロスこう宣言ました。「エホバは……エルサレムご自分ため建てることわたしゆだねられた。すべてそのあなた方いるだれも,そのエホバそのおられるように。それゆえ,その上っ行くように」。(二 36:23)バビロン住んイスラエルどんな喜んことでしょう。

5. エホバどのようわたしたち慰めくださいますか。

5 エホバイスラエル国民全体だけなく,個々慰められました。今日そうです。詩編作者こう述べます。「神打ち砕かいやし,その痛む包んくださる」。(詩 147:3)エホバは,病気気持ち沈んいる気遣い,助けくださいます。そのよう慰め,力づけたい願っおらます。(詩 34:18。イザ 57:15)問題対処するため知恵与えくださいます。(ヤコ 1:5

6. 詩編 1474からどんなこと学べますか。(冒頭挿絵参照。)

6 詩編作者天体注意向け,「神数えおられ,そのすべて各々呼ばれる」と述べます。(詩 147:4)詩編作者たくさんましが,その知りませでした。今当時よりはるか多く観測できます。天の川銀河1000億以上恒星あり,宇宙全体何兆銀河ある言わます。まさに無数です。創造そのすべて名前付けおらます。エホバとっどのそれぞれ異なるものです。(コリ一 15:41)では,エホバ地上人間どうご覧なっいるでしょか。それぞれいつどこあるご存じは,わたしたち一人一人どこいるか,今どんな気持ちか,何必要いる正確知っおらます。

7,8. (イ)エホバどんなこと理解くださいますか。(ロ)エホバ思いやり深く助けくださること示す挙げください。

7 エホバわたしたち関心持っおられるだけなく,わたしたち直面する問題理解おられ,助けるお持ちです。詩編 147:5読む。)わたしたちとても負えない問題思えるしれません。でもわたしたち限界ご存じで,「わたしたちあること覚えおられ」ます。(詩 103:14)不完全わたしたち同じ間違い繰り返します。言うべきないこと言っしまったり,他うらやんだりすることあります。間違っ欲望生じることあります。エホバそうことありませが,わたしたちこと深く理解 おらます。計り知れない理解お持ちからです。(イザ 40:28

8 あなた問題直面し,エホバ力強いよっ助けられ経験あるしれません。(イザ 41:10,13)開拓恭子は,割り当てられ会衆移動後,精神落ち込んしまいました。でもエホバ姉妹状況理解おらました。移動会衆その近くに,姉妹気持ち理解くれる兄弟姉妹です。姉妹エホバからこう言わいるよう感じました。「わたしあなた開拓からなく,わたし献身から愛しいるですよ。わたし証人生活楽しんください」。あなた場合どうでしか。全能は,「語り尽くすことできない」理解どのよう示しくださいましか。

エホバ必要もの与えくださる

9,10. エホバどんな助け与えくださいますか。例挙げ説明ください。

9 わたしたち衣食住必要ます。十分食べ物入るどう心配時,どんなこと思い起こせますか。エホバ自然サイクル定め,植物成長おられる,ということです。おなか空か幼い渡りがらすさえ食べ物与えおらます。詩編 147:8,9読む。)ですから,わたしたちこと養っくださる確信できます。(詩 37:25

10 最も大切て,エホバ強い信仰保つ必要もの与えくださいます。「一切考え勝る平和」も与えくださいます。(フィリ 4:6,7)陸奥夫は,エホバ支え経験ました。2011日本震災起き時,2自宅屋根上り,辛うじて津波から逃れました。物ほとんど失い,損壊自宅2部屋暗く寒い過ごしました。翌朝,聖書出版探しました。力たい思っです。見つかっは「2006 エホバ証人年鑑」だけでした。本開くと,「史最悪津波」という見出し留まりました。2004スマトラ地震生じた,史最も破壊津波つい書かました。2それ読み,声上げ泣きました。まさにその必要励ましでした。神優しさ感じました。エホバ兄弟姉妹通し救援物資与えくださいました。特になっは,神組織代表たち会衆訪問くれことです。陸奥夫こう述べます。「まるでエホバそば一人一人気遣っいるよう感じ,心から慰められました」。神は,わたしたちとっ最も大切もの,つまり強い信仰保つ必要もの与えくださいます。そして,身体必要もの与えくださいます。

助け得る

11. 助け得ることできるどんなですか。

11 エホバいつも「柔和たち助け」たい願っおらます。(詩 147:6前半)どうすれ助けられるでしょか。神良い関係持っいる必要あります。そのためは,柔和培わなけれなりません。(ゼパ 2:3)柔和は,神正し,苦しみ終わらせくださる待ちます。エホバそのよう喜ばます。

12,13. (イ)神助け得るは,何避けなけれなりませか。(ロ)エホバどんな喜ばますか。

 12 しかし,神は「邪悪たち卑しめ」られます。(詩 147:6後半)エホバ憤り買わないようし,神から忠節示しいただくは,神憎まれるもの憎む必要あります。(詩 97:10)例えば,性的道徳憎むべきです。ポルノなど,性的道徳犯すきっかけなりかねないもの一切避けなけれなりません。(詩 119:37。マタ 5:28)大変闘い求められるしれませが,努力する価値あります。エホバ祝福られるからです。

13 この闘い勝つは,自分なくエホバ頼る必要あります。エホバ喜ばたいなら,「馬力強さ」に助け求めるべきありません。自分ようて,「人間脚」に頼っなりません。(詩 147:10)むしろ,エホバ祈り,助け求めましょう。エホバ人間カウンセラー異なります。わたしたち何度祈っも,もう聞き飽きなど思わません。「エホバは,ご自分恐れるたち,ご自分ある親切待ち望むたち楽しみおられ」ます。(詩 147:11)エホバ忠節示しくださいます。わたしたちから決して離れず,悪い欲望勝てるよう助けくださるです。

14. 詩編作者どんなこと確信ましか。

14 エホバわたしたち問題直面する時,必ず助けくださいます。詩編作者エルサレム回復ついこう述べました。「神あなたかんぬき強固されからある。神あなたいるあなた祝福くださった。神あなた領地平和置いおられ[る]」。(詩 147:13,14)詩編作者は,神エルサレム強固し,崇拝たち守っくださること確信ました。

問題押しつぶさそう感じる時,聖書どのよう助けなりますか。(15‐17参照。)

15‐17. (イ)自分問題ついどう感じることありますか。エホバ聖書用いどのよう助けくださいますか。(ロ)「み言葉[が]速やか走る」こと示す挙げください。

15 難しい問題直面不安なるどうでしょか。エホバ対処するため知恵与えくださいます。詩編作者は,「神みことば送っおられ,そのみ言葉速やか走る」と述べます。また,「神を……与えおられ,白霜を……散らされる。神そのを……投げおられる」と述べ,「だれその寒さ立ち得るだろか」と尋ねます。そして,「神み言葉送り出して,それら溶かす」と述べます。(詩 147:15‐18)豊か知恵持たれるは,雪制御することできます。そうあれば,わたしたちどんな問題乗り越えられるよう助けくださるはずです。

16 今日,エホバみ言葉 聖書用い助けくださいます。「み言葉速やか走る」とあるとおり,必要指針すぐ与えくださいます。聖書,「忠実思慮深い奴隷」の出版物,JW Broadcasting<ブロードキャスティング>,jw.org,長老たち,兄弟姉妹通して,どれほど助けられ考えください。(マタ 24:45)エホバ速やか助けくださっないでしょか。

17 シモーン言葉実感ました。自分価値なく,神喜んいただけない感じました。でも落ち込んは,ひたすらエホバ祈り,助け求めまし た。また,聖書一生懸命学びました。こう述べます。「エホバいつもわたし力づけ,必要励まし与えくださいました」。シモーンエホバ助けて,頑張ろいう気持ち奮い起こします。

18. わたしたち恵み受けいる言えるなぜですか。あなたが「ヤハ賛美」したい思うなぜですか。

18 詩編作者は,イスラエル国民どれほど恵ま知っました。彼らの「言葉」と「規定司法定め」を与えられ唯一国民でした。詩編 147:19,20読む。)今日,わたしたちお名前よっ呼ばいる唯一です。これ大きな誉れです。エホバ知り,神言葉与えられ,神親しい関係持てるようなりました。こうこと考えると,わたしたち詩編 147作者同様,「ヤハ賛美せよ!」と言わいらません。これからエホバ賛美続けましょう。そして,他その賛美加わるよう励ましましょう。