内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年6月

仲直りして会衆の平和を守りましょう

仲直りして会衆の平和を守りましょう

エホバクリスチャン平和大切し,互い仲良くするよう望んおらます。そのよう努力すれば,会衆とても平和ところなります。他平和関係持ちたい思っいる多く会衆引き寄せられるでしょう。

例えば,マダガスカル著名呪術は,エホバ証人和気あいあい雰囲気て,「自分行なうたらこの宗教だ」と思いました。やがて呪術やめ,数か月かけ結婚関係正し,平和エホバ崇拝なりました。

平和関係持ちたい願っいるたちほかます。実際,毎年大勢たちクリスチャン会衆成員なり,仲間平和関係築います。しかし聖書述べるとおり,会衆に「苦々しいねたみ闘争心」があると,友情ひび入り,問題生じます。(ヤコ 3:14‐16)聖書は,そう問題避け,平和関係築く役立つアドバイス収められます。では,実際生じ問題幾つ取り上げましょう。

問題どのよう解決

「同じ職場兄弟なかなかうまくやっいけませでした。その兄弟怒鳴り合っいるところ2られしまいました」。クリス

「よく一緒奉仕姉妹突然,奉仕くれなくなりました。話くれなくなりました。どうして全く分かりませでした」。ジャネット

「電話3通話ました。1が『じゃあね』と言っで,電話切っ思いました。その後,そのつい親切こと言っしまいました。でも,実際まだ電話切っなかっです」。マイケル

「会衆2開拓悪くなり,口論することありました。会衆兄弟姉妹その様子残念思いました」。ゲーリー

どれ大した問題ない思うしれません。しかし,感情しこり残し,会衆平和損ないかねない問題でした。幸い,兄弟姉妹聖書原則当てはめ,平和関係取り戻すことできました。どんな聖書原則でしょか。

「途中互いいきり立ったりないください」。創 45:24)ヨセフは,父ところ戻ろたちそう述べました。とても賢明 アドバイスでした。感情コントロールず,すぐいきり立つと,他たち怒り出すしれません。先ほどクリスは,自分弱点誇りせい指示従えないことだ,と気づきました。自分変えたい思い,相手兄弟謝り,感情コントロールするよう努力ました。クリス努力気づい相手兄弟変化ました。2平和関係取り戻しました。

「内密話し合いないところ計画ざ折あ[る]」。箴 15:22)ジャネットこのアドバイス当てはめ,相手姉妹と「話し合[う]」ことました。話し合い際,姉妹気持ち上手引き出すよう努めました。最初ぎこちない雰囲気でしが,穏やか話し合ううち緊張和らいいきました。相手姉妹自分誤解こと気づきました。ジャネット全く関係なかっです。姉妹ジャネット謝り,再び一緒奉仕するようなりました。

「供え物祭壇持って,兄弟自分対し反感抱いいることそこで思い出しなら,あなた供え物そこ,祭壇残しおいて,出かけ行きなさい。まず自分兄弟和睦し……なさい」。マタ 5:23,24)イエス山上垂訓与えアドバイスです。マイケル思慮親切発言ことひどく後悔ました。仲直りなけれ思い,傷つけしまっ兄弟会い行っ誠実謝りました。どうなっでしょか。マイケルは,「兄弟から許しくれました」と述べます。友情取り戻すことできました。

「だれ対し不満理由ある場合も,引き続き互い忍び,互い惜しみなく許し合いなさい」。コロ 3:12‐14)仲たがい2開拓どうなっでしょか。親切長老2援助し,次考えるよう勧めました。「自分たち不和せいたちがっかりさせよいだろか。互い忍び合い,仲良くエホバ仕えるべきないだろか」。2長老アドバイス受け入れ,仲良く奉仕するようなりました。

だれ傷つけられ時,コロサイ 312‐14助言当てはめて,謙遜許し,忘れること大切です。努力なかなか許せない場合どうですか。イエスマタイ 1815教え原則役立つしれません。この聖句は,だれ自分対し重大犯し 取るべき行動つい述べられます。しかし,だれ傷つけられ場合その原則適用できるしれません。相手ところ行って,謙遜態度穏やか話し合い,解決するよう努力するです。

聖書ほか役立つアドバイスあります。その多く共通いるは,「愛,喜び,平和,辛抱強さ,親切,善良,信仰,温和,自制」という「霊実」を表わすことです。(ガラ 5:22,23)霊潤滑よう役割果たします。霊示すなら,他良い関係築きやすくなります。

個性違い会衆彩り豊かする

個性一人一人異なります。個性違う付き合う楽しいことです。といえ,個性違い不和原因なることあります。経験豊か1長老こう述べます。「内気は,外向感情表現豊かうまくいかないことあります。こう性格違い小さなこと思えるしれませが,難しい問題発展することあります」。では,個性大きく異なるたち同士うまくやっいけないでしょか。ペテロヨハネつい考えましょう。ペテロどんなでしか。率直語る衝動いう印象あるしれません。ヨハネついどうですか。愛情深く,よく考えから発言し,行動するいうイメージあるしれません。確かに,聖書そう人物うかがわせる記述あります。2個性かなり異なっようですが,一致協力働きました。(使徒 8:14。ガラ 2:9)今日も,個性大きく異なるクリスチャン一致働くこと可能です。

 会衆だれ言動いらいらられることあるしれません。でもキリストそのためなげうたました。ですから,あなたその愛する務めあります。(ヨハ 13:34,35。ロマ 5:6‐8)その友達なれない決めつけたり,その避けたりするなく,こう自問ください。「そのは,聖書反することいるだろか。わたしわざと傷つけよういるだろか。単に自分個性違うだけだろか」。またこう自問するよいでしょう。「そのは,見倣えるどんな良い特質あるだろか」。

この最後特に大切です。例えば,その話し好き,あなた無口いう場合,一緒奉仕行くどうですか。家上手会話する方法学べるしれません。そのとても寛大,自分そうないいう場合どうですか。その年配病気困っいるどのよう助けいる観察できるしれません。個性違っも,相手良い向ければ,その距離縮まります。親友言えるほど親しくはなれないしれませが,その引き寄せられ,平和関係築けるでしょう。会衆平和貢献できます。

ユウオデアスントケ個性かなり異なっしれません。それでも使徒パウロ2に「主あっ同じ思いください」と勧めました。(フィリ 4:2)あなた平和関係築くため努力できますか。

問題長引かない

花壇雑草ように,他対する感情すぐ取り除かない広がっいきます。苦々 しい思い募らせるなら,会衆雰囲気影響及ぶことでしょう。エホバ兄弟たち愛しいれば,個人問題よっ会衆平和損なわないようするはずです。

謙遜態度仲直りする努力払うなら,良い結果られる

仲直りする努力払うなら,思っ以上良い結果られるしれません。1姉妹こう述べます。「ある姉妹から子ども扱いいるよう感じ,本当でした。いらいら募り,姉妹愛想態度取るようなりました。『敬意示しくれないなら,わたしだっ示さない』と思いました」。

でも,姉妹自分自身態度つい考えるようなりました。こう言います。「自分良くない気づき,深く反省ました。考え方改めなけれ思い,エホバ助け祈り求めました。ひどい態度取っこと謝るカード書き,プレゼント姉妹渡しました。わたしたちハグし,すべて流そ約束ました。それ以来,姉妹仲良くやっます」。

人々平和関係保ちたい願っます。でも,自分立場危うくなったりプライド傷つけられたりすると,平和関係損なうようことます。しかし,エホバ崇拝する人々平和一致保たなけれなりません。パウロこう書きました。「あなた方懇願ます。あなた方召さ召しふさわしく歩み,全くへりくだっ思い温和もち,また辛抱強さもっうち互い忍び,結合きずなある平和うち一致守るため真剣励みなさい」。(エフェ 4:1‐3)「結合きずなある平和」はかけがえないものです。これから結合きずな強めましょう。他問題生じなら,すぐ解決する努力払いましょう。