内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年5月

 ライフストーリー

耳は聞こえなくても積極的に真理を伝えました

耳は聞こえなくても積極的に真理を伝えました

わたし1941年,12バプテスマ受けました。でも,聖書真理本当理解1946ことです。なぜでしょか。お話しましょう。

両親1910年代ジョージア(グルジア)のトビリシからカナダ移住ました。住み始めは,カナダ西部サスカチワンペリー近くあるです。大草原ある小さなでした。わたし1928生まました。6兄弟末っ子です。父わたし生まれる半年亡くなり,母わたし赤ちゃん亡くなりました。程なくて,一番ルーシー17若さ亡くなりました。その後,叔父ニックわたしたち子ども引き取っくれました。

わたしまだよちよち歩きころことです。わたし農場しっぽ引っ張っようです。家族わたし蹴られる思い,「やめなさい!」と叫びました。でもわたし反応でした。家族向けて,叫び声聞こえなかっです。幸い,けがませでしが,その時,家族わたし聞こえないこと気づきました。

家族知り合いは,わたしろう者子どもたち一緒教育受けほうよいない言いました。それ叔父は,わたしサスカチワンサスカトゥーンあるろう学校入れることました。わたしまだ5でしが,家から時間かかる場所生活することなり,寂しくたまりませでした。家帰れる休日夏休みだけだっです。でも少しずつ手話覚え,友達できました。

聖書真理学ぶ

1939に,上マリオンビルダニエルチュク結婚し,わたしフランシス引き取っくれました。家族最初エホバ証人接しは,マリオン ビルです。わたし夏休み間,2聖書から学んこと一生懸命教えくれました。2手話できなかっで,正直言っよく分かりませでした。でも2は,わたし聖書関心ある思っようです。わたし2いること聖書関係ある違いない思い,伝道付いいきました。やがてバプテスマ受けたい思うようなり,194195日,ビルからバプテスマ受けました。ドラムため井戸で,とても冷たかっ覚えます。

1946年,オハイオクリーブランド大会。ろう者兄弟姉妹

1946帰省時,米国オハイオクリーブランド大会出席ました。大会初日,姉たち交代ノート取り,わたしプログラム付いいけるようくれました。2目,驚いことに,ろう者グループ手話通訳見つけました。わたしそこで手話プログラム楽しみました。聖書真理本当意味理解できた,と感じました。

真理伝える

当時世界大戦終わっばかりで,国家主義風潮られました。大会励まさわたしは,学校信仰しっかり表明よう決意ました。それで,国旗敬礼国家斉唱加わらないことました。休日祝い参加ず,学校義務づけられ礼拝行きませでした。学校職員快く思わず,わたし考え変えさせようて,脅したりうそついたりました。クラス大騒ぎなりましが,真理伝える良い機会なりました。クラスメートラリーアンドロソフ,ノーマンディトリック,イーミルシュナイダーなど真理受け入れ,今忠節エホバ仕えます。

都市行くいつも,ろう者真理伝えるよう努力ました。例えばモントリオールは,地域ろう者集まっいる場所行き,不良グループ1だっエディーテイガーいう若い男性証言ました。エディー昨年亡くなるまで,ケベックラバルある手話会衆奉仕ました。フアンアルダネズいう若い男性会いました。フアンベレアたちように,聖書書かいること本当どう意欲調べるでした。(使徒 17:10,11)やがて真理受け入れ,オンタリオオタワ会衆で,亡くなるまで忠実長老奉仕ました。

1950年代初め街路証言

1950年,わたしバンクーバー引っ越しました。ろう者真理伝える大好きでしが,街路証言クリススパイサーいう聴者女性出会っこと忘れられません。その女性雑誌定期購読申し込み,夫ゲーリー会っほしい言いました。 訪ね,筆談かなり長い時間話し合いました。その会う機会なかっですが,数後,オンタリオトロント大会2呼び止められました。そのなんとゲーリーバプテスマ受けるだっです。この素晴らしい経験通して,いつ宣べ伝えること大切学びました。真理いつどこ結ぶ分からないです。

その後,サスカトゥーン戻りました。そこである母親から,耳聞こえない双子たち聖書教えほしい頼まました。ジーンローセンバーガージョーンローセンバーガーで,わたし卒業たろ学校生徒でした。やがて2学んことクラスメート伝えるようなり,5エホバ証人なりました。その1ユーニスコリンです。わたし最終学年学校会っことあるでした。そのわたしお菓子くれ,友達なろ言っくれ覚えます。ユーニスに,わたし人生とても大切存在なりました。妻なっです。

19601989撮っ写真

ユーニス母親聖書学んいること知ると,校長頼ん研究やめさせようました。校長ユーニス研究没収することさえました。でもユーニスエホバ仕える決意抱いました。両親バプテスマ受けたい思っいること伝えると,「エホバ証人なるならいけ!」と言わました。17実際て,地元エホバ証人家族ところ寄せることなりました。ユーニス聖書学び続け,やがてバプテスマ受けました。わたしたち1960結婚時,ユーニス両親くれませでした。でもたつうちに,わたしたち生き方子ども育て方て,理解示しくれるようなりました。

 エホバ温か世話

息子ニコラスデボラロンドンベテル奉仕いる

わたしたち聞こえる7息子育てました。これなかなか大変でした。でも,親子コミュニケーション図り,真理教えるため,息子たち手話覚えさせました。会衆兄弟姉妹助け感謝ます。例えば,息子王国会館悪い言葉使っいると,あるメモ知らせくれました。おかげで,すぐ息子正すことできました。4息子たち,ジェームズ,ジェリー,ニコラス,スティーブンは,妻子どもたちエホバ忠実仕えます。4長老です。ニコラスデボラ英国支部手話翻訳仕事援助ます。スティーブンシャナン米国支部手話翻訳チーム奉仕ます。

息子ジェームズ,ジェリー,スティーブンは,夫婦手話奉仕熱心行なっいる

ユーニスは,結婚40周年迎えるがん亡くなりました。闘病決して弱気なったりませでした。復活固く信じです。ユーニス再会できる心待ちます。

フェイジェームズ。ジェリーエブリン。シャナンスティーブン

20122に,わたし転ん折っしまい,世話もらうこと必要なりました。それで,息子夫婦ところ寄せました。今カルガリー手話会衆交わり,引き続き長老奉仕ます。実手話会衆成員なる初めてです。自分信じられません。1946以来ずっ英語会衆ながら,エホバ強い関係保つことできなぜでしょか。エホバご自分言葉どおり,父なし子わたし世話くださっです。(詩 10:14)これまで大勢兄弟姉妹手話学んだり,メモ書いたり,できる限り通訳くれたりこと感謝ます。

79アメリカ手話開拓奉仕学校出席

は,相手言っいる分からなかったり,ろう者必要助け理解ないよう感じたりことあります。正直言うと,いらいらもう思っことありました。でも,そういうは,ペテロイエス言っ言葉思い出すようました。「主よ,わたしたちだれところ行けよいいうでしょう。あなたこそ永遠ことば持っおらます」。(ヨハ 6:66‐68)長年奉仕いるろう者兄弟姉妹みんなそう思いますが,わたし辛抱大切学びました。エホバ組織信頼待つこと学びました。そう本当良かっ思います。今手話ビデオたくさんあります。集会大会プログラムアメリカ手話楽しめます。わたし偉大エホバ仕えることよって,本当幸福充実人生送っました。