内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年5月

「歓びをもってエホバに仕え」るよう「外人居留者」を助ける

「歓びをもってエホバに仕え」るよう「外人居留者」を助ける

「エホバ外人居留守っおられ[る]」。―詩 146:9

歌: 84,73

1,2. (イ)どんな試練経験いる兄弟たちますか。(ロ)これからどんな考えますか。

「ブルンジ内戦始まっ時,わたしたち家族大会出席ました」。リジェいう兄弟語ります。「走っいるたち撃っいるたち見えました。両親わたしたち11子どもほとんど持た逃げました。家族1600以上旅しマラウイ難民キャンプたどり着きましが,わたし含め家族たち散り散りなっしまいました」。

2 紛争迫害ため追わ難民は,現在世界6500万以上おり,記録最多なっます。 * そのエホバ証人大勢ます。家族亡くし,持ち物ほとんど失っ兄弟たち少なくありません。ほか難しい問題直面ます。どんな問題でしょか。試練も「歓びもっエホバ仕え」られるよう,兄弟たちどのよう助けることできますか。(詩 100:2)エホバ ついまだ知らない難民に,どうすれ効果良いたより伝えられるでしょか。

難民生活

3. イエス多く弟子たちなぜ避難なけれなりませでしか。

3 み使いヨセフに,ヘロデイエス殺そいる警告ました。ヨセフ幼いイエス連れエジプト避難し,ヘロデ死ぬまでとどまりました。(マタ 2:13,14,19‐21)数十後,イエス弟子たち迫害受け,「ユダヤ,サマリア地方全域散らされ」ました。(使徒 8:1)イエスは,追随多くほか土地逃げなけれならなくなること知っました。こう述べます。「人々ある都市あなた方迫害するときは,別都市逃げなさい」。(マタ 10:23)どんな理由あれ,避難する大変ことです。

4,5. (イ)避難途中,(ロ)難民キャンプで,どんな危険直面することありますか。

4 避難途中難民キャンプ危険遭うことあります。リジェガドこう言います。「何歩き,幾百死体ました。わたし当時12でした。足ぱんぱん腫れ上がり,もう歩けないから行っ家族言いました。でもわたし見捨てたりませでした。取り残さたら,反乱殺さしれません。毎日エホバ祈っ頼り,何生き延びました。途中,自生マンゴー飢えしのいことあります」。―フィリ 4:12,13

5 リジェ家族ほとんどは,国連難民キャンプ過ごしました。しかし,難民キャンプ安全ありませでした。今巡回監督奉仕いるリジェこう言います。「ほとんどたち仕事なく,うわさたり,お酒飲んだり,ギャンブルたり,物盗んだり,不道徳ことたりました」。兄弟たちそう悪い影響受けないように,会衆活動打ち込む必要ありました。(ヘブ 6:11,12; 10:24,25)強い信仰保つため時間有効用いです。開拓奉仕兄弟姉妹少なくありません。兄弟たちは,イスラエル荒野ように,難民キャンプ生活いずれ終わる考えました。積極態度失わなかっです。―コリ二 4:18

難民兄弟姉妹表わす

6,7. (イ)「神[へ]の愛」があるなら,大変状況ある兄弟たちどのよう示したい思うはずですか。(ロ)例挙げください。

6 「神[へ]の愛」があるなら,大変状況ある兄弟たち表わしたい思うはずです。ヨハネ一 3:17,18読む。)1世紀ユダヤ兄弟たち飢きん見舞わ時,クリスチャン会衆援助取り決めました。(使徒 11:28,29)パウロペテロも,互い温かくもてなすよう勧めます。(ロマ 12:13。ペテ一 4:9)クリスチャンは,他場所から訪れる兄弟たち温かく迎えます。そうあれば,命危険さらさいる兄弟姉妹や,信仰ゆえに迫害いる兄弟姉妹温かく迎えたい思うはずです。―箴言 3:27読む。 *

7 最近,ウクライナ東部生じ紛争迫害ため,幾千兄弟姉妹子どもたち避難余儀なくされました。残念ながら失ったちます。兄弟姉妹国内地域兄弟たちロシア兄弟たちもと寄せました。彼らウクライナロシア政治中立保って「世ものではな[い]」こと示し,熱心に「み言葉良い たより宣明し」続けます。―ヨハ 15:19。使徒 8:4

難民兄弟姉妹信仰強める

8,9. (イ)難民新たどんな難しい問題直面することありますか。(ロ)難民兄弟姉妹辛抱強く援助する必要あるなぜですか。

8 国内避難するたちますが,他避難し,全く異なる環境生活なけれならないたちます。政府から衣食住提供れるしれませが,食べ慣れもの入らないでしょう。温暖からたち生ま初めて寒さ経験し,何着けたらよい分かりません。田舎からたち電化製品使い方分からず,戸惑うことでしょう。

9 難民新た環境順応できるよう,支援プログラム設けいるあります。しかし多く場合,数か月自立すること求められます。それ簡単ことありません。その言語,法律,習慣,礼儀,税金様々料金支払い,子ども学校しつけつい学ぶ必要あります。しかもいっぺん学ばなけれなりません。あなたそのよう状況置かいる兄弟姉妹思いやり示し,辛抱強く援助することできますか。―フィリ 2:3,4

10. 難民兄弟たち信仰どのよう強めることできますか。(冒頭写真参照。)

10 当局から制限ため,難民兄弟たち地元会衆連絡取る難しかっ場合あります。就職紹介ものの,集会行けなくなるいう理由断わると,援助打ち切る在留資格与えられない言わことあります。恐れ不安感じ当局従っ兄弟たちます。ですから,難民兄弟たち入国たら,できるだけ早く接触すること大切です。わたしたち気遣っいること知っもらう必要あるです。深い思いやり示し,実際援助するなら,兄弟姉妹信仰強めることできるでしょう。―箴 12:25; 17:17

実際援助する

11. (イ)難民兄弟たちは,当初どんな援助必要ますか。(ロ)難民兄弟たちは,どのよう感謝表わせますか。

11 まずは,食べ物衣類など生活必需提供する必要あるしれません。 * ネクタイプレゼントするいった,ちょっと親切喜ばます。難民兄弟たち要求なるなく感謝表わすなら,援助する兄弟たち与える喜び味わえるでしょう。難民兄弟たち自身自立できるよう努めること大切です。そうすれば,自尊保ち,兄弟たち良い関係築けるでしょう。(テサ二 3:7‐10)といえ,実際援助必要こと変わりありません。

難民兄弟姉妹どのよう助けることできますか(11‐13参照)

12,13. (イ)難民兄弟姉妹どんな実際援助できますか。(ロ)例挙げください。

12 実際援助必要は,たくさんお金いうより時間気遣いです。例えば,公共交通機関使い方,仕事見つけ方,良い食品安く買える店,仕事使う道具買える場所,様々相談できる機関など教えることできます。もっと大切は,新しい会衆溶け込み,十分活動できるよう援助することです。可能なら集会送迎ます。会衆伝道区域どのよう会話始められる説明ます。一緒宣教行なうよいでしょう。

 13 ある会衆4若い難民兄弟たち交わり始めました。長老たち兄弟たちに,車運転タイプ仕方,履歴書き方など教えました。エホバ十分仕えられるよう,予定立て方教えました。(ガラ 6:10)やがて4開拓なりました。長老たち援助受けつつ,当人たち目標持っ努力結果,サタン引き込まれることなく,クリスチャン成長できです。

14. (イ)難民兄弟姉妹どんな誘惑抵抗する必要ありますか。(ロ)例挙げください。

14 クリスチャン同様,難民兄弟姉妹も,お金ようエホバ関係損なうことないよう注意する必要あります。その強い誘惑圧力直面するからです。 * 冒頭リジェその兄弟姉妹は,逃げいる父親から信仰関する大切教訓学びました。こう語っます。「父それほど必要ない1ずつ捨ていきました。最後笑顔空っぽ見せ,『ほら,これでも十分やっいけるね』と言いました」。―テモテ一 6:8読む。

難民兄弟姉妹最も必要いるもの

15,16. (イ)難民兄弟姉妹エホバ関係強められるよう,どのよう助けることできますか。(ロ)どうすれ感情支えなれますか。

15 難民兄弟姉妹は,お金より感情支え聖書から励まし必要ます。(マタ 4:4)長老たちは,兄弟姉妹母語出版入手し,その言語話す兄弟たち連絡取れるよう助けます。兄弟姉妹多くは,親族近所たち以前会衆から引き離さしまいました。ですから,仲間クリスチャン交友通して,エホバ思いやり感じる必要あります。そうないと,エホバ仕えない親族同じたち引かしまうしれません。(コリ一 15:33)わたしたちは,兄弟姉妹会衆受け入れられいる感じられるようすることより,「外人居留守っおられ[る]」エホバ倣えます。―詩 146:9

16 幼いイエス両親同じように,難民兄弟姉妹政権変わらない限り故国戻れ ないしれません。もう帰りたくない思うます。リジェこう言います。「家族レイプされたり殺さたりたちは,そんな場所子ども連れ帰ることなどできない感じます」。心深い負っ兄弟姉妹助けるため,難民受け入れいる兄弟たちは「思いやり示し合い,兄弟愛情抱き,優しい同情富み,謙遜思い抱[く]」必要あります。(ペテ一 3:8)迫害受け兄弟姉妹は,人あまり接したくない思うます。特に子どもたち自分たち経験苦しみついたがらないしれません。「自分同じ立場だったら,どう接しほしいだろか」と考えましょう。―マタ 7:12

難民伝道する

17. 多く難民エホバ証人伝道活動通して,どのようさわやかされますか。

17 今日,難民多くは,エホバ証人伝道制限いるからます。難民受け入れいる兄弟姉妹熱心奉仕おかげで,大勢難民が「王国言葉」を初めて聞います。(マタ 13:19,23)「荷負っいる」多くたち集会さわやかされ,「神ほんとうあなた方おられる」と感じいるです。―マタ 11:28‐30。コリ一 14:25

18,19. 難民伝道する際,どのよう知恵示せますか。

18 難民伝道するは,「用心深く」,「明敏ある」必要あります。(マタ 10:16。箴 22:3)相手辛抱強く傾けますが,政治問題つい話し合いません。自分危険さらさないため,支部事務地元当局指示従いましょう。難民宗教的,文化背景知り,彼ら感じ方考え方配慮示しください。例えば,ある文化からたちは,女性どんな服装べきつい強い意見持っます。ですから,伝道人々感情害さないよう服装ましょう。

19 わたしたちは,イエス例えくる親切サマリアように,苦しんいる助けたい思います。エホバ証人ないこと助けたい思っます。(ルカ 10:33‐37)最善方法は,良いたより伝えることです。多く難民援助長老こう述べます。「自分エホバ証人で,主目的経済支援することなく,聖書希望伝えることあることすぐ知らせます。そうないと,あるたち経済メリット期待エホバ証人付き合おするしれません」。

喜ばしい結果

20,21. (イ)難民クリスチャン示すなら,どんな良い結果生じますか。(ロ)次記事どんな考えますか。

20 「外人居留者」にクリスチャン示すなら,良い結果生じます。ある姉妹家族は,エリトリア迫害逃れるため避難ました。4子どもたち大変思い砂漠8旅し,何スーダンたどり着きました。姉妹こう言います。「兄弟たち子どもたち家族よう接しくれました。衣食住提供し,交通便宜図っくれました。同じ崇拝いるいうだけで,見知ら迎えくれるたちが,ほかいるでしょか。エホバ証人以外考えられません」。―ヨハネ 13:35読む。

21 難民移民子どもたちついどうでしょか。次記事は,そのよう子どもたちエホバ喜ん仕えられるよう,どのよう助けることできる考えます。

^ 2節 この記事の「難民」とは,武力紛争迫害災害などため国外国内地域避難たちことです。国内避難いるたちは「国内避難民」と呼ばます。国連難民高等弁務事務よると,現在,世界で「1131人」が「避難余儀なくされて」います。

^ 6節 「ものみの塔」2016108‐12ページの「見知らたち親切忘れなりません」という記事参照。

^ 11節 長老たちは,難民兄弟姉妹到着たらすぐに,「エホバご意志行なうため組織」の830指示沿っ必要手続き行なうべきです。当人以前会衆連絡取るためjw.org通し自国支部手紙送ることできます。また,以前会衆宣教様子つい当人親切尋ねるよいでしょう。そうすれ当人霊的状態知ることできます。

^ 14節 「ものみの塔」201441517‐26ページの「だれ主人仕えることできませ」と「勇気持ちなさい ― エホバあなた助け主!」という記事参照。