内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年4月

 ライフ  ストーリー

キリストの兵士として歩み続ける

キリストの兵士として歩み続ける

銃弾  次々  飛ん  くる 中,わたし  ゆっくり  白い ハンカチ  掲げ まし た。「そこ から   こい!」と 兵士 たち  叫び まし た。恐る恐る 兵士 たち    歩い  行き まし た。殺さ れる  か,生かし  もらえる  か,分かり ませ ん。なぜ この よう  状況  なっ   でしょ  か。

1926 年,わたし  ギリシャ  カリツァ  いう 小さな   住む 働き者  両親    生ま  まし た。8  兄弟  7   です。

その    に,両親  ジョン  パパリゾス  いう 熱心   好き  聖書 研究 者(当時,エホバ  証人  そう 呼ば    た)と 出会い まし た。両親  ジョン  理路整然    説明  感銘  受け,村  開か     聖書 研究   集会  出席  始め まし た。母  エホバ    堅い 信仰  抱い   まし た。字  読め ませ  でし  が,あらゆる 機会  証言  まし た。残念 ながら,父  兄弟 姉妹   完全     向け,集会  行く   やめ  しまい まし た。

わたしたち 子ども  聖書  敬意  抱い   まし  が,徐々  遊び  スポーツ  引か   いき まし た。1939 年,ヨーロッパ     世界 大戦  猛威  振るっ      こと です。村  住む いとこ  ニコラス  プサラス  ギリシャ   徴兵   まし た。ニコラス  当時 20   バプテスマ  受け  ばかり でし た。軍 当局  に「わたし  キリスト  兵士    戦争  行く こと  でき ませ ん」と 力強く 証言 し,軍事 裁判   10     宣告     です。村  大騒ぎ  なり まし た。わたし  本当  びっくり  まし た。

1941   初め,連合 国軍   期間 ギリシャ     に,ニコラス  解放   まし た。ニコラス  カリツァ  戻っ  くる と,兄  イリアス  聖書  つい  沢山  質問   まし た。わたし  一生 懸命    傾け まし た。 わたし    イリアス    エフモルフィア  聖書 研究  始め,集会  行く よう  なり まし た。翌年,わたしたち 3   献身   バプテスマ  受け まし た。後 に,兄 2    2   エホバ  証人  なり まし た。

1942  当時,カリツァ 会衆   15  から 25  まで  兄弟 姉妹  9   まし た。厳しい 試練  備え,9   できる だけ 一緒  集まっ て,聖書  研究 し,賛美  歌い,祈り  ささげ まし た。信仰  本当  強まり まし た。

デメトリオス  友人 たち。カリツァ    ころ

内戦

   世界 大戦  終わり ごろ,ギリシャ  共産 主義 勢力  政府  反対 し,激しい 内戦  始まり まし た。共産   ゲリラ 部隊  村々  行き巡り,人々  部隊  加わら  まし た。わたしたち    襲撃  れ,3   若い エホバ  証人  拉致   まし た。アントニオ  スカリス  イリアス  わたし です。自分 たち  クリスチャン  中立  保っ  いる こと  説明  まし  が,オリュンポス  まで 部隊  一緒  歩かさ  まし た。12 時間  です。

共産   隊長 から 戦闘   なる よう 命令   まし た。「真  クリスチャン  武器  取っ  戦う こと   ませ ん」と 言う と,隊長  激怒 し,わたしたち  司令     連れ  行き まし た。司令   同じ 説明  する と,「じゃあ,負傷   ラバ  載せ  病院  運べ」と 言わ  まし た。

「でも,政府   兵士  捕まっ たら,戦闘    思わ  ませ  か」と 言う と,「じゃあ,前線  食料  運べ」と 言わ  まし た。「でも 隊長 から,ラバ  武器  載せ  前線  運べ  命じ られ たら,どう  ましょ う」。司令   しばらく 考え  から,声  荒げ  こう 言い まし た。「もう いい。お前 たち    行っ て,羊       ろ!」

そう いう わけ で,激しい 内戦  続く 中,わたしたち 3     世話   まし た。良心  問題 ない  思っ   です。1  後,長男  イリアス は,やもめ  なっ    母親  世話 する ため,家  帰る こと  許さ  まし た。アントニオ  病気  なり,解放   まし た。でも,わたし  捕まっ  まま でし た。

共産   部隊  政府   徐々  包囲    いき まし た。わたし  捕らえ    部隊 は,山岳 地帯  通っ  隣国 アルバニア  逃げ よう   まし  が,国境 近く  政府   兵士  取り囲ま  まし た。共産   兵士 たち  慌て  逃げ出し まし た。わたし  倒木      潜め まし た。冒頭  出来事  あっ    その   こと です。

共産   捕まっ    こと  政府   兵士 たち  話す と,ベリア(聖書    くる 古代 都市 ベレア)の 近く  軍事 基地  連れ  行か れ,取り調べ  受け まし た。そして,塹壕  掘る よう 命じ られ まし た。断わる と,軍 司令   命令  マクロニソス   送ら れる こと  なり まし た。恐ろしい 流刑     知ら れる  です。

 恐怖  

マクロニソス  は,アテネ から 50  ほど    ある,アッティカ 地方 沿岸   です。太陽  照りつける 荒涼    岩だらけ   で,水  あり ませ ん。島  長さ  13 ㌔,幅  最も 広い   2.5  ほど です。しかし この 小さな   は,1947  から 1958  まで  10万  以上  流刑  され まし た。共産 主義   その 疑い  ある 人々,レジスタンス 運動   活動  など です。大勢  忠実  エホバ  証人  流刑  され まし た。

わたし  1949  初め  流刑  され まし た。島   幾つ   収容   あり まし  が,最も 警備  緩い 収容   入れ られ まし た。そこ   数百   囚人   まし た。わたしたち 40  ほど  10    布製 テント  押し込め られ,地面     まし た。飲み水  汚く,食事  ヒラマメ  ナス ばかり でし た。砂 混じり    吹き荒れる ひどい 環境 でし た。と  いえ,残酷  刑罰  免れ まし た。意味  なく   あっち  運ん だり こっち  運ん だり させ られ,体    ぼろぼろ  なっ  しまう 囚人 たち  大勢    です。

マクロニソス   流刑  され  兄弟 たち   

ある 日,海岸  歩い  いる と,ほか  収容   いる 兄弟 たち     会い まし た。本当  うれしかっ  です。その   ひそか  会っ  励まし合い まし た。他  囚人 たち   用心深く 証言  まし た。後  エホバ  証人  なっ   たち   ます。この よう  活動  祈り  よっ  強い 信仰  保て まし た。

燃える    

10 か月  わたる“矯正”過程  後,軍服  着る よう 命じ られ まし た。それ  拒む と,収容   司令     連れ  行か  まし た。「わたし  キリスト  兵士  しか なり ませ ん」と 記し  書面  司令   手渡す と,ひどく 脅さ れ,副 司令     送ら  まし た。副 司令   ギリシャ 正教会  大主教 で,正装    まとっ   まし た。わたし  大主教  質問  聖書 から はっきり 答える と,大主教    立て,「この 囚人  さっさ  連れ  行け。とんでもない 狂信  だ!」と 怒鳴り まし た。

翌朝,再び 軍服  着る よう 命じ られ まし た。拒否 する と,殴ら  たり こん棒  たたか  たり  まし た。診療   連れ  行か れ,骨折    ない こと  分かる と,テント  帰さ  まし た。これ  毎日,2 か月  続き まし た。

わたし  妥協  なかっ   で,いら立っ  兵士 たち  新た    使い まし た。わたし  後ろ手  縛ら れ,足      容赦なく 打ちたたか    です。激痛  こらえ ながら,イエス    言葉  思い出し まし た。「人々  わたし  ため  あなた方  非難 し,迫害[する]とき,……歓び,かつ 喜び躍り なさい。天  おい  あなた方  報い  大きい から です。人々  あなた方 より   預言  たち  その よう    迫害    です」。(マタ 5:11,12)苦しみ  永遠  続く   思え まし  が,やがて 意識  失っ  しまい まし た。

  覚ます  冷たい 独房     まし た。パン    毛布  与え られ ませ  でし た。でも 気持ち  穏やか でし た。聖書  言う とおり,「神  平和 が[わたし の]心  知力 を……守っ て」くれ     です。(フィリ 4:7)次  日,親切  兵士  パン    オーバー  持っ    くれ まし た。自分  食料  分け  くれ  兵士   ます。エホバ  優しい 世話  感じ まし た。

わたし  矯正 不能  囚人  みなさ れ,アテネ  軍事 裁判   送ら  まし た。裁判  結果,ヤロス   刑務   3   服役 する よう 命じ られ まし た。マクロニソス    50  ほど    ある  です。

「信頼 できる  たち  ある こと  分かっ   ます」

ヤロス 刑務    れんが  巨大  建物  5000  以上  政治   収容     まし た。エホバ  証人  7   まし た。全員,中立 ゆえに 投獄    兄弟 たち です。厳しく 禁じ られ    まし  が,皆  ひそか  集まっ  聖書  研究  まし た。「ものみの塔」も こっそり 持ち込ま れ,それ  届く たび  書き写し  研究  使い まし た。

ある 日,集まっ  研究   いる と,看守  見つかり, 聖書 文書  没収   まし た。わたしたち  刑務    所長   呼び出さ  まし た。刑期  延びる    ない   心配  まし  が,意外    所長  こう 言い まし た。「皆さん  こと  よく 知っ   ます。信念  立派   思い ます。信頼 できる  たち  ある こと  分かっ   ます。どうぞ 仕事  戻っ  ください」。何    軽い 仕事  割り当て   くれ まし た。感謝  いっぱい  なり まし た。神   忠誠  保つ こと  よっ て,刑務      エホバ  賛美  もたらす こと  でき   です。

確固    態度  示す こと で,ほか   良い 結果   られ まし た。数学 教授 だっ  囚人  わたしたち  振る舞い    関心  持ち,エホバ  証人  信条  つい  質問    まし た。1951  初め  わたしたち  釈放    時,その   釈放   まし た。やがて エホバ  証人  なり,全 時間 奉仕  始め まし た。

  キリスト  兵士

  ジャネット   

わたし  釈放 後,家族  いる カリツァ  帰り まし た。後 に,多く  ギリシャ     オーストラリア  メルボルン  移住  まし た。そこで ジャネット  いう 立派  姉妹  結婚 し,息子 1    3   聖書  原則  沿っ  育て まし た。

90   超え   も,長老    奉仕    ます。古傷  せい      時々 痛み ます。伝道  あと  特に ひどい 痛み  感じ ます。それでも,「キリスト  イエス  りっぱ  兵士」と   歩み 続ける 決意  変わり  あり ませ ん。―テモ 二 2:3