内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年2月

 ライフ  ストーリー

神はいつも過分のご親切を示してくださいました

神はいつも過分のご親切を示してくださいました

  アーサー  ゲスト  若い ころ から 信仰   あり,メソジスト   牧師  なる こと  目指し   まし た。しかし,聖書 研究   文書  読ん で,その 集まり  行く よう  なる と,考え  変わり まし た。父  1914 年,17     バプテスマ  受け まし た。その ころ    世界 大戦  激しさ  増し   まし た。父  兵役  拒否   ため,カナダ  オンタリオ   キングストン 刑務   10 か月  投獄   まし た。釈放 後,父  コルポーター(開拓 者)と    時間 宣教  始め まし た。

1926 年,父  ヘイゼル  ウィルキンソン  結婚  まし た。ヘイゼル  母親  1908   真理  学び まし た。わたし  1931  4  24   生ま  まし た。4  兄弟  2   です。わたしたち 家族  エホバ   崇拝  中心    生活  送り まし た。父  聖書  深い 敬意  抱い    おかげ で,わたしたち  聖書  愛する よう  なり まし た。家族   から   宣教   定期   携わり まし た。―使徒 20:20

  倣っ  中立  保ち,開拓 奉仕  行なう

1939      世界 大戦  勃発 し,翌年   カナダ  エホバ  証人  活動  禁止   まし た。公立  学校  は,国旗 敬礼  国歌 斉唱 など 愛国 主義   事柄  行なわ  まし た。その 間,姉  ドロシー  わたし  教室    いる こと  許さ  まし た。しかし ある 日,先生  わたし  こと  臆病   言っ  ばか     です。放課後,幾    生徒  やっ   て,わたし  殴り倒し まし た。でも,「自分 たち  支配     人間 より   従[う]」決意  かえって 強まり まし た。―使徒 5:29

 1942  7 月,11     農場  水おけ  バプテスマ  受け まし た。学校  休み  時期  いつも 休暇 開拓 奉仕(現在  補助 開拓 奉仕)を 楽しみ まし た。ある 年,わたし  3   兄弟  一緒 に,オンタリオ  北部   割り当て 区域  行き,きこり   証言  行ない まし た。

1949  5  1 日,正規 開拓   なり まし た。その 後,カナダ 支部  建設 奉仕  招待  れ,12  1    ベテル 家族  一員  なり まし た。印刷  仕事  割り当て られ,平台 印刷   操作   学び まし た。数  間,夜勤  パンフレット  印刷   こと  思い出し ます。その パンフレット は,カナダ  エホバ    受け    迫害  関する もの でし た。

奉仕 部門  奉仕     時,支部  訪れ      開拓  から   聞く 機会  あり まし た。彼ら は,当時 激しい 反対  生じ    ケベック    奉仕  向かう 途中 でし た。その うち  1   アルバータ  エドモントン から   メアリー  ザズラ でし た。メアリー    ジョー  聖書 研究  やめ なかっ  ため,正教会  熱心  信者  ある 両親 から   追い出さ  まし た。2   1951  6   バプテスマ  受け,6 か月    開拓 奉仕  始め まし た。わたし    聞き ながら,メアリー  エホバ  深く 愛し  いる こと  感銘  受け まし た。「特に 問題  なる こと  なけれ ば,ぜひ この 姉妹  結婚  たい」と 思い まし た。わたしたち は,9 か月   1954  1  30   結婚  まし た。1      巡回 奉仕  訓練  受ける 機会  与え られ,2  間,オンタリオ  北部  巡回   奉仕  まし た。

当時  世界   伝道 活動  急速  拡大 し,より 多く  宣教   必要  され   まし た。わたしたち  カナダ  凍える よう      多い   経験      で,どこ  割り当て られ   やっ  いける  考え まし た。間  なく ギレアデ  27   招待  れ,1956  7   卒業  まし た。11   は,割り当て られ  ブラジル   奉仕  始め まし た。

ブラジル   宣教  奉仕

ブラジル 支部  到着   から,ポルトガル   学び 始め まし た。簡単  あいさつ  1    雑誌  証言  覚え  から,野外 奉仕  行き まし た。関心  示し      は,新しい    生活  関する 聖句  読み まし た。初めて 野外 奉仕  出かけ  日,1   女性  よく   傾け  くれ   で,啓示 21  3,4   読み まし た。でも,わたし  そのまま   失っ  しまい まし た。暑さ   湿気    まだ 慣れ   なかっ   です。気候  順応 する   しばらく 時間  かかり まし た。

宣教     割り当て られ    カンポス でし た。今   市内  15  会衆  あり ます が,当時  1   孤立   群れ  ある だけ でし た。宣教  ホーム   ほか  4   姉妹  住ん   まし た。エスター  トレーシー,ラモーナ  バウアー,ルイザ  シュワルツ,ロレイン  ブルックス(現在  ウォーレン)です。ホーム   わたし  仕事 は,洗濯  手伝い  料理   まき  調達 でし た。ある 月曜   晩,「ものみの塔」研究  終わっ  から,メアリー  1   活動  つい         こと です。珍客  現われ まし た。ソファー  くつろい    メアリー  起き上がろ     クッション から   上げる と,その  から ヘビ       です。わたし  ヘビ  退治 する まで 大騒ぎ でし た。

ポルトガル   1  学ん  ころ,巡回 監督  任命   まし た。電気  ない 辺ぴ  地域  簡素  生活  送り まし た。敷物    眠り,馬車  使っ  移動  まし た。未 割り当て 区域  奉仕     は,列車  山合い    行き,宿  借り  滞在  まし た。支部 事務   配布   雑誌  800  送っ  くれ まし た。雑誌  入っ    運ぶ ため に,郵便   宿       往復  なけれ  なり ませ  でし た。

1962 年,ブラジル 各地  王国 宣教 学校  開か れ,兄弟 たち  宣教   姉妹 たち  出席  まし た。わたし  教訓     割り当て られ,6 か月  わたっ て,マナウス,ベレン,フォルタレザ,レシフェ,サルバドル など  教え まし た。メアリー  一緒   あり ませ  でし た。マナウス  は,有名  オペラハウス  行なわ   地域 大会  組織  まし た。激しい   せい  飲み水  汚く なり,大会   食事  する 予定 だっ  場所  使え なく なっ  しまい まし た。(当時,大会   食事  提供     まし た。)軍 当局  相談   ところ,親切  将校  大会   十分  飲み水  用意 し,兵士 たち  送っ  2   大きな テント  立て  くれ まし た。わたしたち  そこで 調理  食事  する こと  でき まし た。

わたし  留守  間,メアリー  ポルトガル   商業 地域  伝道  まし た。人々  お金  稼ぐ こと  しか 関心  あり ませ  でし た。メアリー  聖書  つい  だれ       がっかり し,幾    ベテル 奉仕  に,「ポルトガル だけ   住み たく ない わ」と 言い まし た。驚い  こと に,その    なく,ポルトガル  奉仕 する よう   いう 手紙  受け取っ   です。当時 ポルトガル    エホバ  証人  伝道  禁止     まし た。メアリー  最初 びっくり    まし  が,わたしたち  割り当て  受け入れ まし た。

ポルトガル   奉仕

1964  8 月,わたしたち  ポルトガル  リスボン  到着  まし た。地元  兄弟 姉妹  秘密 警察  付けねらわ    まし た。それで,出迎え     もらわ ず,兄弟 姉妹  接触  ない よう   まし た。居住 許可  出る まで  宿  借り  滞在 し,ビザ  取得     アパート  借り まし た。1965  1 月,ようやく 支部 事務   連絡  取る こと  でき まし た。ポルトガル  到着   5 か月 たっ  初めて 集会  出席     喜び  忘れ られ ませ ん。

警察  兄弟 たち    毎日  よう  強制 捜査  まし た。王国 会館  閉鎖      ため,個人    集会  行なわ      です。幾百    兄弟 姉妹  警察  連行    身元  確認  れ,尋問  受け まし た。警察  集会  司会   いる 兄弟 たち  名前  聞き出そ    て,厳しい 取り調べ  行ない まし た。それで,兄弟 姉妹  お互い  名字   なく,ホセ  パウロ  いっ  ファーストネーム  呼び合い まし た。わたしたち  そう  まし た。

わたしたち  兄弟 たち  聖書 文書  受け取れる よう 精一杯 努力  まし た。メアリー は,謄写    原紙 に,「ものみの塔」の 研究 記事    文書  内容  タイプ  まし た。

法廷  良い たより  擁護 する

1966  6 月,リスボン  重要  裁判  行なわ れる こと  なり まし た。フェイジョー 会衆  49   成員 全員 が,個人   開か   違法  集会  出席    いう 理由  訴え られ   です。わたし  検察    なり,兄弟 たち  反対 尋問  答え られる よう 助け まし た。敗訴 する こと  分かっ   まし  が,この 裁判  大きな 証し  なる こと  確信    まし た。わたしたち  弁護   1 世紀  ガマリエル  言葉  引用 し,弁論  終え まし た。(使徒 5:33‐39)その 裁判  広く 報道   まし た。結局,兄弟 姉妹  45  から 5    服役  まし た。うれしい こと に,その 勇敢  弁護   聖書 研究  始め,亡くなる まで 集会  出席  まし た。

1966  12 月,わたし  支部  監督  任命  れ,法的  問題  扱う ため  多く  時間  費やし まし た。エホバ  証人  崇拝  自由  確立 する ため に,多大  努力  払わ  まし た。(フィリ 1:7)1974  12  18 日,ついに 法的  認可  与え られ まし た。世界 本部   ネイサン  ノア 兄弟  フレデリック  フランズ 兄弟  ポルトガル  訪問 し,オポルト  リスボン  行なわ   歴史   集会  喜び  分かち合い まし た。合計 4万6870   出席  まし た。

エホバ  祝福  より,ポルトガル       いる 多く  島々  宣教  行なう 機会  開か  まし た。アゾレス 諸島,マデイラ 諸島,カボベルデ  サントメ  プリンシペ  ある 島々 です。活動  拡大  伴い,より 大きな 支部 施設  必要  なり まし た。新た  支部 施設  完成 し,1988  4  23   献堂   行なわ  まし た。ミルトン  ヘンシェル 兄弟  献堂    し,4万5522   聴衆  熱心    傾け まし た。以前  ポルトガル  宣教     奉仕     20   兄弟 姉妹 も,この 歴史   集まり  招待   まし た。

兄弟 たち  手本 から 学ぶ

経験 豊か  兄弟 たち  信仰 から 多く  学び まし た。例えば,セオドア  ジャラズ 兄弟  地帯 訪問  同行     こと です。訪問   支部  深刻  問題  直面   おり,支部 委員   兄弟 たち  できる 限り  こと  行なっ   まし た。ジャラズ 兄弟 は,「あと  聖霊  働き  ゆだね ましょ う」と 言っ  兄弟 たち  励まし まし た。また,何十     ブルックリン  訪れ  時,幾    兄弟 たち    フランズ 兄弟    伺う 機会  あり まし た。長年 奉仕     兄弟  アドバイス  求める と,こう おっしゃい まし た。「順調   も,そう  ない  も,目  見える エホバ  組織  とどまっ  ください。イエス  命令  従っ    王国  良い たより  宣べ伝え  いる  は,この 組織 だけ です」。

わたしたち 夫婦  エホバ  組織  とどまり,大きな 喜び  味わっ   まし た。地帯 訪問  世界 各地  支部  訪れ  こと  貴重  思い出 です。エホバ  忠実  仕え  いる 若い 奉仕   年長  奉仕   感謝  伝え,引き続き   仕える よう 励ます こと  でき まし た。

早い もの で,わたしたち  80   なり まし た。メアリー  様々  健康   問題  抱え   ます。(コリ 二 12:9)多く  試練  経験  まし  が,それ  よっ  信仰  精錬  れ,忠誠  保つ 決意  強まり まし た。これ まで  人生  振り返る と,エホバ  いつも 過分  ご親切  示し  くださっ   感じ ます。 *

^ 29節 この 記事  準備  進め られ    2015  10  25  に,ダグラス  ゲスト 兄弟  エホバ   忠実  保っ  亡くなり まし た。