内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年12月

読者からの質問

読者からの質問

クリスチャン​の​夫婦​は​IUD(子宮​内​避妊​器具)の​使用​を​どう​見​ます​か。

クリスチャン​の​夫婦​は​IUD​の​作用​を​よく​調べ,関係​する​聖書​の​原則​に​つい​て​注意深く​考える​必要​が​あり​ます。そのうえ​で,神​の​前​で​清い​良心​を​保てる​よう​な​決定​を​す​べき​です。

エホバ​は​アダム​と​エバ​や​ノア​と​その​家族​に​対し​て,「子​を​生ん​で​多く」なる​よう​に​と​命じ​られ​まし​た。(創 1:28; 9:1)聖書​は,クリスチャン​が​その​命令​に​従う​必要​が​ある​と​は​述べ​て​い​ませ​ん。ですから,子ども​の​数​を​制限​し​たり​子ども​を​持つ​時期​を​遅らせ​たり​する​ため​に​特定​の​避妊​法​を​用いる​か​どう​か​は,それぞれ​の​夫婦​が​決める​べき​事柄​です。どんな​要素​を​考慮​し​て​決める​べき​でしょ​う​か。

クリスチャン​は​特定​の​避妊​法​が​ふさわしい​か​どう​か​を,聖書​の​種々​の​原則​に​照らし​て​考え​ます。もちろん,妊娠​中絶​は​し​ませ​ん。聖書​は,命​が​非常​に​大切​な​もの​で​ある​と​述べ​て​いる​から​です。胎児​は​やがて​成長​し,出産​の​時​を​迎え​ます。クリスチャン​は,その​よう​な​胎児​の​命​を​故意​に​終わらせる​こと​は​し​ませ​ん。(出 20:13; 21:22,23。詩 139:16。エレ 1:5)では,IUD​の​使用​に​つい​て​は​どう​でしょ​う​か。

この​点​に​つい​て​は,「ものみの塔」1979​年​9​月​1​日​号​30‐31​ページで​取り上げ​られ​まし​た。当時​一般​に​用い​られ​て​い​た​IUD​の​ほとんど​は,妊娠​を​防ぐ​ため​に​子宮​内​に​入れる​プラスチック​製​の​器具​でし​た。その​記事​に​は,この​タイプ​の​IUD​が​どの​よう​に​作用​する​か​は​十分​に​分かっ​て​は​い​ない,と​述べ​られ​て​い​まし​た。多く​の​専門​家​に​よれ​ば,IUD​に​よっ​て​子宮​内​で​何らか​の​ 作用​が​生じ,精子​が​卵子​に​達し​て​受精​する​こと​が​妨げ​られ​ます。受精​し​なけれ​ば,新しい​命​が​誕生​する​こと​は​あり​ませ​ん。

と​は​いえ,IUD​を​使用​し​て​も​受精​が​生じる​場合​も​あり​ます。受精​卵​が​卵管​内​で​成長​し​たり(子宮​外​妊娠),子宮​内​に​入っ​たり​する​こと​も​あり​ます。子宮​内​に​入っ​た​場合,IUD​に​よっ​て​子宮​内膜​へ​の​着床​が​妨げ​られ,妊娠​は​それ​以上​進ま​ない,と​いう​こと​も​あり​ます。成長​し​つつ​ある​命​を​終わらせる​こと​は​妊娠​中絶​の​よう​な​もの​です。先​ほど​の​記事​は​結論​と​し​て​こう​述べ​て​い​ます。「避妊​リング[IUD]を​使用​する​こと​の​妥当​性​に​つい​て​案じる​誠実​な​クリスチャン​は,聖書​に​基づく​生命​の​尊厳​に​対する​敬意​に​照らし​て,上述​の​情報​を​真剣​に​比較​考量​し​て​み​なけれ​ば​なり​ませ​ん」。(詩 36:9

この​記事​が​出さ​れ​た​1979​年​以来,科学​や​医療​の​面​で​新た​な​進展​が​あっ​た​でしょ​う​か。

現在​で​は,2​種類​の​IUD​が​使用​さ​れ​て​い​ます。1​つ​は​銅​を​含む​IUD​で,米国​で​は​1988​年​から​普及​し​始め​まし​た。もう​1​つ​は​ホルモン​を​放出​する​IUD​で,2001​年​に​発売​が​開始​さ​れ​まし​た。この​2​種類​の​IUD​の​作用​に​つい​て,どんな​こと​が​分かっ​て​いる​でしょ​う​か。

銅​を​含む​IUD: すでに​述べ​た​とおり,IUD​は​精子​が​子宮​内​を​通っ​て​卵子​に​達する​の​を​妨げる​もの​と​思わ​れ​ます。銅​を​含む​IUD​の​場合,放出​さ​れる​銅​イオン​が​殺​精子​剤​の​よう​な​働き​を​する​よう​です。 * この​IUD​は​子宮​内膜​に​変化​を​生じ​させる​と​も​言わ​れ​て​い​ます。

ホルモン​を​含む​IUD: この​IUD​は​多く​の​避妊​ピル​に​含ま​れる​の​と​同種​の​ホルモン​を​含み,子宮​内​で​その​ホルモン​を​放出​し​ます。この​IUD​に​は​排卵​を​抑える​働き​が​ある​よう​です。排卵​が​なけれ​ば,受精​は​生じ​ませ​ん。この​IUD​に​含ま​れる​ホルモン​は​子宮​内膜​を​薄く​する​と​も​言わ​れ​て​い​ます。 * また,子宮​頸管​の​粘液​の​粘度​を​高め,精子​が​膣​から​子宮​に​入る​の​を​妨げ​ます。

すでに​述べ​た​よう​に,銅​を​含む​IUD​も​ホルモン​を​含む​IUD​も​子宮​内膜​に​変化​を​生じ​させる​よう​です。もし​排卵​が​あり,卵子​が​受精​し​た​場合​は​どう​なる​でしょ​う​か。受精​卵​は​子宮​内​に​入っ​て​も,子宮​内膜​の​状態​が​整っ​て​い​ない​ため​着床​し​ない​こと​が​あり​ます。その​場合,妊娠​は​初期​の​段階​で​終わり​ます。と​は​いえ,その​よう​な​ケース​は​まれ​で​ある​と​考え​られ​て​い​ます。避妊​ピル​を​使用​し​た​場合​に​も,その​よう​な​ケース​が​時折​あり​ます。

それで,銅​を​含む​IUD​や​ホルモン​を​含む​IUD​を​使用​し​た​場合,受精​が​絶対​に​起き​ない​と​は​言い切れ​ませ​ん。しかし​科学​的​な​種々​の​証拠​に​よれ​ば,この​記事​で​取り上げ​た​よう​な​幾つ​も​の​作用​が​働く​ため,妊娠​する​こと​は​まれ​です。

IUD​の​使用​を​考え​て​いる​クリスチャン​の​夫婦​は,地元​で​使用​さ​れ​て​いる​IUD​や​その​効果​と​危険​性​に​つい​て,専門​の​医師​と​話し合う​こと​でしょ​う。と​は​いえ,IUD​を​使用​する​か​どう​か​に​関し​て,医師​を​含め​第​三​者​に​決定​を​委ねる​べき​で​は​あり​ませ​ん。(ロマ 14:12。ガラ 6:4,5)それ​は​夫婦​が​自分​たち​で​決定​す​べき​事柄​です。神​に​喜ん​で​いただける​決定,神​の​前​で​清い​良心​を​保てる​よう​な​決定​を​する​必要​が​あり​ます。(テモテ​第​一 1:18,19; テモテ​第​二 1:3​と​比較。)

^ 4節 英国​の​国民​保健​サービス​の​資料​に​は​こう​あり​ます。「銅​の​含有​量​が​多い​IUD​の​場合,避妊​成功​率​は​99​%​を​上回る。逆​に​言え​ば,IUD​の​使用​者​の​1​%​弱​は​1​年​以内​に​妊娠​する。銅​の​含有​量​が​少ない​IUD​ほど​避妊​成功​率​は​低く​なる」。

^ 5節 ホルモン​を​含む​IUD​は​子宮​内膜​を​薄く​する​ため,月経​過多​の​女性​に​処方​さ​れる​こと​も​あり​ます。