内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年10月

心を動かした親切

心を動かした親切

ジョン​の​父親​は​1950​年代​後半​に,インド​の​グジャラート​州​の​小さな​町​で​エホバ​の​証人​に​なり​まし​た。でも,妻​や​6​人​の​子ども​たち​から​強い​反対​を​受け​まし​た。みんな​熱心​な​カトリック​教徒​だっ​た​から​です。

ある​日,ジョン​は​父親​から​1​通​の​手紙​を​友人​に​届け​て​ほしい​と​頼ま​れ​まし​た。その​人​も​エホバ​の​証人​でし​た。ところ​が​ジョン​は​その​朝,大きな​金属​製​の​容器​を​開け​て​いる​時​に​指​を​切り,ひどく​出血​し​て​しまい​まし​た。それでも,父親​の​言う​とおり​に​し​たい​と​思っ​た​ジョン​は,指​に​布切れ​を​巻きつけ​て​手紙​を​届け​に​行き​まし​た。

家​に​着く​と,奥さん​が​応対​に​出​て​き​まし​た。奥さん​も​エホバ​の​証人​でし​た。手紙​を​渡し​た​時,奥さん​は​ジョン​の​指​の​けが​に​気づき​まし​た。それ​で​応急​手当て​の​道具​を​取り​に​行き,指​の​傷​を​消毒​し​て​包帯​を​し​て​くれ​まし​た。温かい​お茶​も​入れ​て​くれ​まし​た。その​間,聖書​に​つい​て​優しく​話し​て​くれ​まし​た。

エホバ​の​証人​に​対する​ジョン​の​偏見​は,少し​ずつ​和らい​で​いき​まし​た。それで,カトリック​の​教え​と​エホバ​の​証人​の​教え​の​違い​に​つい​て​尋ね​て​み​まし​た。イエス​は​神​か​と​いう​点​と,クリスチャン​は​マリア​に​祈る​べき​か​と​いう​点​です。奥さん​は​ジョン​の​母語​の​グジャラティー​語​を​学ん​で​い​た​の​で,グジャラティー​語​で​聖書​から​質問​に​答え,『御国​の​この​良い​たより』の​小冊子​を​くれ​まし​た。

ジョン​は​その​小冊子​を​読ん​で,これ​は​真理​だ​と​思い​まし​た。それ​で​教会​の​司祭​の​所​へ​行っ​て,同じ​質問​を​し​て​み​まし​た。すると​司祭​は​怒り​出し,聖書​を​ジョン​に​投げつけ​て​こう​言い​まし​た。「お前​は​サタン​に​なっ​た​の​か! イエス​が​神様​じゃ​ない​と​聖書​の​どこ​に​書い​て​ある​って​いう​ん​だ。マリア​様​に​祈っ​て​は​いけ​ない​と​どこ​に​書い​て​ある​ん​だ。言っ​て​みろ!」 ジョン​は​司祭​の​態度​に​びっくり​し,「もう​二​度​と​教会​に​は​来​ませ​ん」と​言い​まし​た。実際,二​度​と​行き​ませ​ん​でし​た。

ジョン​は​聖書​を​学び​始め,真理​を​受け入れ​て,エホバ​の​証人​に​なり​まし​た。やがて,家族​の​ほか​の​何​人​か​も​真理​を​受け入れ​まし​た。今​も​ジョン​の​右手​の​人差し指​に​は​60​年​前​の​傷​が​あり​ます。その​傷​を​見る​たび​に,エホバ​に​仕える​きっかけ​に​なっ​た​親切​な​行ない​を​思い出し​ます。(コリ​二 6:4,6