アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2017年1月

喜んで自分を差し出した人たち

喜んで自分を差し出した人たち

王国 伝道   必要  大きな   働い  いる 熱心  奉仕     は,独身  姉妹 たち  大勢  ます。中  は,外国  何十   奉仕   いる 姉妹 たち   ます。姉妹 たち  外国  移動 する 決意  する うえ で,何  助け  なっ  でしょ  か。外国   奉仕 から   学び まし  か。どんな 祝福  あり まし  か。幾    姉妹 たち  コメント  ご紹介  ましょ う。実り  多い 宣教  楽しみ たい  思っ  いる 独身  姉妹 たち  とっ て,たいへん 参考  なる でしょ う。もちろん,クリスチャン すべて  とっ  大きな 励まし  なる はず です。

不安  乗り越える

アニタ

「独身  自分  外国  開拓 奉仕 なんて できる  だろ  か」と 思っ  こと  あり ます か。現在 70  半ば  アニタ は,とても 無理   思っ   まし た。アニタ  英国  育ち,18     開拓 奉仕  始め まし た。こう 述べ   ます。「エホバ  つい  教える   好き でし  が,外国  奉仕 できる なんて 思っ    ませ  でし た。外国   勉強   こと  なく,話せる よう  なる 自信  あり ませ  でし た。ですから,ギレアデ  招待  受け    びっくり  まし た。自分  よう    招待  れる   思っ   なかっ  から です。でも,『エホバ が「できる」と 言っ  くださっ  いる  だから,頑張っ   よう』と 決意  まし た。それ から 50  以上 たち ます が,今  日本  宣教     奉仕    ます」。アニタ  こう  述べ   ます。「若い 姉妹 たち  熱意  こめ  こう 言う  です。『リュック  しょっ て,最高  冒険  出かけ   ない?』 大勢  姉妹 たち  実際  そう する    て,うれしく 思っ   ます」。

勇気  奮い起こす

いま 外国  奉仕   いる 大勢  姉妹 たち も,最初  外国  奉仕 する   ためらっ   まし た。どの よう    勇気  奮い起こし   でしょ  か。

モーリーン

「子ども  ころ から,『人    立つ,目的  ある 生き方   たい』と 思っ   まし た」と,60  半ば  モーリーン  言い ます。20   なっ  時,開拓   必要  大きな,カナダ  ケベック   引っ越し まし た。「その 後,ギレアデ  招待  受け まし  が,友人   ない 見知ら  土地  行く こと  不安  覚え まし た」と 述べ   ます。こう  言い ます。「病気    看病 する   残し  行く   心配 でし た。幾     流し ながら エホバ  祈り まし た。両親  不安  打ち明ける と,ぜひ 招待  受け入れる よう   言わ  まし た。地元  会衆  両親  愛情 深く 援助   くださっ  いる 様子   まし た。エホバ  優しい 気遣い  感じ,エホバ  わたし  こと  必ず 世話   くださる,  思い まし た。それ  行く 決意  でき   です」。モーリーン は,1979  から 30  以上,西 アフリカ  宣教  奉仕   まし た。今  カナダ で,母親  世話   ながら 特別 開拓 奉仕     ます。外国  奉仕   年月  振り返り,「エホバ  いつも,わたし  必要  もの  ちょうど 良い   与え  ください まし た」と 述べ   ます。

ウェンディ

60  半ば  ウェンディ は,十     オーストラリア  開拓 奉仕  始め まし た。こう 語り ます。「わたし  とても 内気 で,知ら ない   話す   苦手 でし た。でも,開拓 奉仕  始め  いろ いろ   たち  話す 機会  あり,自信  持てる よう  なり まし た。やがて,自信  ある  どう   大切   ない こと  気づき まし た。開拓 奉仕  通し て,エホバ  頼る こと  大切   学び,外国   奉仕  つい   考え 始め   です。そんな 時,日本  30  以上 宣教     奉仕   独身  姉妹 から,一緒  日本  行っ  3 か月  奉仕  よう  誘わ  まし た。姉妹  一緒  奉仕  て,外国  行き たい  いう 願い  強まり まし た」。ウェンディ  1980 年代 半ば に,オーストラリア    1800     ある 島国,バヌアツ  移動  まし た。

ウェンディ  今,バヌアツ  遠隔 翻訳 事務   奉仕    ます。こう 述べ   ます。「辺ぴ  地域   会衆  群れ  設立  れる    て,とても うれしく 思っ   ます。わずか  こと しか でき ませ  が,この   島々  エホバ    携われる   本当  大きな 特権 です」。

久美子(中央)

現在 60  半ば  久美子 は,日本  正規 開拓 奉仕      ころ,パートナー  姉妹 から,一緒  ネパール  移動  よう  誘わ  まし た。こう 述べ   ます。「姉妹 から    誘わ  まし  が,行く   なれ ませ  でし た。新しい 言語  学ん だり,新しい 環境  慣れ たり する こと  不安  あり まし た。外国  移動 する   必要  資金  準備 できる   問題 でし た。そんな こと  思い悩ん    時,バイク  事故  遭い,病院  運ば  まし た。入院   考え まし た。『いつ  どき,何  起こる  分から ない。重い 病気  なっ たら,外国  開拓 奉仕  する こと なんて もう でき ない だろ う。1  だけ   外国  奉仕 でき ない だろ  か』。そして エホバ に,行動 できる よう  助け  ください  熱烈  祈り まし た」。退院 後,久美子  ネパール  下見  行き,後  パートナー  姉妹  一緒  移動  まし た。

ネパール   10  近く  奉仕  振り返り,久美子  こう 語り ます。「紅海    分かれる   よう に,心配     こと  解決   いき まし た。必要  大きな   奉仕 する こと    本当  良かっ   思い ます。ネパール  は,1     証言   いる と,近所    五,六  やっ     一緒    聞い  くれる,と いう こと  よく あり ます。小さな 子ども たち  お行儀 よく 近づい   て,パンフレット  欲しがり ます。こんな  反応  良い 区域  奉仕 でき て,本当  うれしい です」。

問題  取り組む

勇気  出し  外国  行っ  姉妹 たち も,様々  問題  直面  まし た。どの よう  対処   でしょ  か。

ダイアン

「最初 は,家族 から 遠く 離れ  場所  暮らす   たいへん でし た」と カナダ 出身  ダイアン  言い ます。60  初め  ダイアン は,象牙 海岸(現在  コートジボワール)で 20   宣教     奉仕  まし た。こう   ます。「地元  人々  愛せる よう  助け  ください,と エホバ  祈り まし た。ギレアデ  教訓   ジャック  レッドフォード 兄弟 は,最初  地元  人々  生活  様子,特に ひどく 貧しい 状態    当たり   て,戸惑っ たり ショック  受け たり する   しれ ない,と 言い まし た。しかし,こう  言い まし た。『貧しさ    向け   なり ませ ん。人々    向け ましょ う。人々        ください。聖書  真理  聞い    反応  しっかり 見る  です』。その アドバイス  従っ て,素晴らしい 経験  でき まし た。慰め  なる 王国  音信  伝える と,人々    輝い   です」。ダイアン  外国   奉仕  慣れる うえ で,ほか   役立っ  こと  あり ます。こう 述べ   ます。「研究   親しく なる よう   まし た。研究   エホバ  忠実    なる    て,とても 大きな 喜び  味わい まし た。ここ  自分     感じる よう  なり まし た。イエス  約束 どおり,霊的    父,兄弟  姉妹  与え られ  から です」。―マル 10:29,30

40  半ば  アン は,エホバ  証人  活動  制限    いる アジア  ある   奉仕    ます。こう 述べ   ます。「これ まで 外国  いろいろ  場所     奉仕    まし た。一緒  生活   姉妹 たち は,わたし   背景  性格  全く 違い まし た。それ  原因  誤解   感情  生じ  こと  あり ます。そういう   は,その 姉妹  一緒  時間  過ごし,相手  文化  理解 する よう   まし た。もっと   示し,道理  かなっ  見方  する よう  努力  まし た。その 結果,多く  姉妹 たち と,長く 続く 強い 友情  築く こと  でき まし た。その よう  友情 から,奉仕  続ける ため       ます」。

ウテ

ドイツ 出身  現在 50  前半  ウテ は,1993   マダガスカル  宣教     割り当て られ まし た。こう 述べ   ます。「最初  地元  言語  覚える   苦労  まし た。 湿気  多い 気候  慣れる   大変 でし  し,マラリア  はじめ,アメーバ  寄生虫  よる 病気   悩まさ  まし た。でも,いろいろ   たち  助け  くれ まし た。地元  姉妹 たち や,子ども たち,研究  たち  言語  学ぶ   辛抱強く 助け  くれ まし  し,病気     宣教   パートナー  親切  看病   くれ まし た。一番 大きな   なっ  くださっ    エホバ です。いつも 祈り    エホバ  悩み  打ち明け,その   祈り  答え  辛抱強く 待ち まし た。何     答え  与え られる こと  あれ ば,何 か月  待た なけれ  なら ない こと  あり まし た。でも,エホバ  解決   くださら なかっ  問題  一つ  あり ませ ん」。ウテ  これ まで 23  間,マダガスカル   奉仕  続け   ます。

充実   生き方

必要  大きな   奉仕   いる 兄弟 姉妹  よく 言う よう に,外国  奉仕   いる 独身  姉妹 たち も,充実   生き方  でき  いる  感じ   ます。外国   奉仕 から どんな 祝福    でしょ  か。

ハイディ

ドイツ 出身  ハイディ  70  前半  姉妹 です。1968  以来,象牙 海岸(現在  コートジボワール)で 宣教  奉仕     ます。こう   ます。「一番 うれしい  は,霊的  子ども たち が『真理  うち  歩み つづけ  いる』こと です。わたし  研究  だっ   たち    は,開拓   長老  なっ     ます。みんな わたし  こと を『お母さん』と か『おばあちゃん』と 呼ん  くれ ます。長老  なっ  1   兄弟  その 奥さん  子ども たち は,実  家族  よう  接し  くれ ます。エホバ  息子    3     与え  くださっ   です」。―ヨハ 三 4

カレン(中央)

カナダ 出身  70  初め  カレン は,西 アフリカ  20  以上 奉仕  まし た。こう 言い ます。「宣教      生活  通し て,自己 犠牲    辛抱強さ  大切   学び まし た。多く    兄弟 姉妹  奉仕 する こと で,見方  広がり まし た。物事   いろいろ  やり方  ある こと  学び まし た。親しい 友人  世界   いる こと  大きな 祝福 です。それぞれ  生活  割り当て  変わっ   も,友情  続い   ます」。

マーガレット  英国 出身  70  後半  姉妹 です。ラオス  宣教     奉仕   経験  あり ます。こう 述べ   ます。「外国   奉仕  通し て,エホバ  あらゆる 人種  背景  人々  組織  集め入れ  おら れる   じかに 見る こと  でき まし た。信仰  とても 強まり まし た。エホバ  ご自分  組織  導い  おら れ,将来,ご自分  目的  必ず 果たさ れる,と いう こと  いっそう 確信 でき まし た」。

確か に,外国  奉仕 する 独身  姉妹 たち は,宣べ伝える 活動  おい  素晴らしい 働き     ます。本当  称賛  べき こと です。(裁 11:40)外国  奉仕 する 姉妹 たち  ますます 増加    ます。(詩 68:11)あなた  生活  調整  て,この 記事      熱心  姉妹 たち    続く こと  でき ます か。そうすれば,「エホバ  善良  ある こと  味わい 知[る]」でしょ う。―詩 34:8