内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2017年1月

ご存じでしたか

ご存じでしたか

古代  人々  どの よう      運び まし  か。

創世記 22  6   は,アブラハム  遠く    犠牲  ささげる ため,次  よう  準備    こと  記録     ます。「アブラハム  焼燔  捧げ物  ため  まき  取っ  息子 イサク  負わ せ,自分       屠殺   短刀  取っ た。そして,二     進ん  行っ た」。

聖書 は,古代  人々  どの よう    起こし    つい    述べ   ませ ん。ある     ほど  記述  関し て,アブラハム  イサク が「長い   間[火 を]ともし 続ける」こと  難しかっ  だろ   述べ   ます。したがって,聖句  言及    いる   は,火  起こす   必要  道具 だっ     しれ ませ ん。

他方,当時,火  起こす   大変  仕事 だっ   指摘 する    ます。自分    起こす より も,他   から 火種  もらう ほう  簡単 だっ  でしょ う。それ  多く    は,アブラハム  燃える 炭火  たき火 から かき集め,それ    入れ  運ん だ,と 考え   ます。器     持ち手  付い      しれ ませ ん。(イザ 30:14)その よう    火種  運ん  いれ ば,旅  途中,木切れ  使っ  すぐ    起こす こと  でき  でしょ う。