古代  人々  どの よう      運び まし  か。

創世記 22  6   は,アブラハム  遠く    犠牲  ささげる ため,次  よう  準備    こと  記録     ます。「アブラハム  焼燔  捧げ物  ため  まき  取っ  息子 イサク  負わ せ,自分       屠殺   短刀  取っ た。そして,二     進ん  行っ た」。

聖書 は,古代  人々  どの よう    起こし    つい    述べ   ませ ん。ある     ほど  記述  関し て,アブラハム  イサク が「長い   間[火 を]ともし 続ける」こと  難しかっ  だろ   述べ   ます。したがって,聖句  言及    いる   は,火  起こす   必要  道具 だっ     しれ ませ ん。

他方,当時,火  起こす   大変  仕事 だっ   指摘 する    ます。自分    起こす より も,他   から 火種  もらう ほう  簡単 だっ  でしょ う。それ  多く    は,アブラハム  燃える 炭火  たき火 から かき集め,それ    入れ  運ん だ,と 考え   ます。器     持ち手  付い      しれ ませ ん。(イザ 30:14)その よう    火種  運ん  いれ ば,旅  途中,木切れ  使っ  すぐ    起こす こと  でき  でしょ う。