内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

親の皆さん,信仰を築くようお子さんを助けてください

親の皆さん,信仰を築くようお子さんを助けてください

「若者​たち​よ,また,処女​たち​よ。……彼ら​が​エホバ​の​み名​を​賛美​する​よう​に」。―詩 148:12,13

歌: 88,115

1,2. (イ)親​に​は​どんな​難しい​仕事​が​あり​ます​か。どう​すれ​ば​その​仕事​を​果たせ​ます​か。(ロ)これ​から​どんな​4​つ​の​点​を​考え​ます​か。

「親​が​エホバ​を​信じ​て​いる​から​と​いっ​て,子ども​も​エホバ​を​信じる​よう​に​なる​と​は​限り​ませ​ん」。フランス​の​ある​夫婦​は​そう​言い​ます。「子ども​は​親​の​信仰​を​自動​的​に​受け継ぐ​わけ​で​は​あり​ませ​ん。自分​で​少し​ずつ​培わ​なけれ​ば​なら​ない​の​です」。オーストラリア​の​ある​兄弟​は​こう​書い​て​い​ます。「子ども​の​心​に​信仰​を​育てる​の​は​大​仕事​です。あらゆる​もの​を​活用​する​必要​が​あり​ます。子ども​の​質問​に​答え,納得​し​て​くれ​た​と​思っ​て​も,しばらく​すると​また​同じ​質問​を​し​て​き​ます。子ども​は​好奇​心​が​旺盛​で,今日​は​答え​に​納得​し​て​も,明日​は​その​答え​に​納得​し​て​くれ​ませ​ん。同じ​事柄​に​つい​て​何​度​も​説明​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん」。

2 親​の​皆さん​は,子ども​を​教え​て,信仰​を​持つ​大人​に​なる​よう​育てる​こと​など​とても​でき​ない,と​感じる​こと​が​あり​ます​か。確か​に,自分​の​知恵​だけ​で​その​仕事​を​果たせる​人​は​い​ませ​ん。(エレ 10:23)しかし,神​に​頼る​なら,それ​は​可能​です。信仰​を​築く​よう​子ども​を​助ける​うえ​で​役立つ​4​つ​の​点​を​考え​ましょ​う。(1)子ども​を​よく​知る,(2)心​から​ 教える,(3)良い​例え​を​用いる,(4)辛抱強く​あり,よく​祈る,と​いう​点​です。

子ども​を​よく​知る

3. 親​は​どの​よう​に​イエス​の​教え方​に​倣え​ます​か。

3 イエス​は,追随​者​たち​が​何​を​信じ​て​いる​の​か​を​恐れ​ず​に​尋ね​まし​た。(マタ 16:13‐15)親​は​その​手本​に​倣え​ます。リラックス​し​た​雰囲気​の​中​で,子ども​の​気持ち​や​考え​を​尋ね​て,自由​に​話し​て​もらう​よう​に​し​ましょ​う。子ども​が​確信​を​持て​ない​で​いる​こと​や​疑問​に​思っ​て​いる​こと​に​つい​て​も​話し合え​ます。オーストラリア​に​住む​15​歳​の​兄弟​は​こう​述べ​て​い​ます。「父​は​よく​僕​の​信仰​に​つい​て​尋ね,筋道​立て​て​考える​よう​助け​て​くれ​ます。例えば,『聖書​に​は​何​と​書い​て​ある?』,『本当​に​その​とおり​だ​と​思う?』,『どうして​そう​信じ​られる?』と​質問​し​て​き​ます。父​や​母​の​言葉​を​ただ​繰り返す​の​で​は​なく,自分​の​言葉​で​答える​よう​に​と​言わ​れ​ます。年齢​が​上​に​なる​に​つれ​て,もっと​詳しく​答え​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た」。

4. 子ども​の​質問​を​真剣​に​受け止める​こと​が​大切​な​の​は​なぜ​です​か。例​を​挙げ​て​ください。

4 子ども​が​何​か​の​教え​に​確信​を​持て​ない​で​いる​場合,過敏​に​反応​し​たり,すぐ​に​反論​し​たり​し​ない​よう​に​し​ましょ​う。筋道​立て​て​考える​よう​辛抱強く​助け​て​ください。ある​父親​は​こう​述べ​て​い​ます。「子ども​の​質問​を​真剣​に​受け止め​ます。大した​質問​で​は​ない​と​片づけ​て​しまわ​ない​よう​に​し​ます。答え​にくい​質問​だ​から​と​いっ​て​避け​よう​と​する​の​も​良く​あり​ませ​ん」。子ども​の​誠実​な​質問​から,子ども​が​関心​を​持っ​て​いる​こと​や​理解​し​たい​と​思っ​て​いる​こと​を​知る​こと​が​でき​ます。イエス​は​12​歳​の​時,真剣​に​質問​し​まし​た。ルカ 2:46を​読む。)デンマーク​に​住む​15​歳​の​若者​は,こう​言い​ます。「僕​が『エホバ​の​証人​は​本当​に​正しい​宗教​な​の​かな』と​言っ​た​時,両親​は​僕​の​こと​が​心配​に​なっ​た​と​思い​ます​が,穏やか​に​接し​て​くれ​まし​た。僕​の​質問​すべて​に​聖書​を​使っ​て​答え​て​くれ​まし​た」。

5. 子ども​が​信仰​を​持っ​て​いる​よう​に​思え​て​も,親​は​どんな​こと​を​す​べき​です​か。

5 子ども​を​よく​知る​よう​に​し​て​ください。子ども​が​考え​て​いる​こと,感じ​て​いる​こと,気​に​かけ​て​いる​こと​を​知る​よう​努める​の​です。親​と​一緒​に​集会​に​出席​し​たり​野外​奉仕​に​参加​し​たり​し​て​いる​から,信仰​を​持っ​て​いる​はず​だ,と​は​考え​ない​で​ください。ふだん​の​生活​の​中​で​も,霊的​な​事柄​を​話題​に​し​ましょ​う。子ども​と​一緒​に,また​子ども​の​ため​に​祈る​こと​も​大切​です。子ども​に​とっ​て​信仰​の​試み​と​なる​状況​に​目ざとく​あり,それ​に​対処​できる​よう​助け​て​ください。

心​から​教える

6. 親​が​聖書​の​真理​を​心​に​取り入れる​こと​は,子ども​を​教える​うえ​で​どの​よう​に​役立ち​ます​か。

6 イエス​は,エホバ​と​み言葉​と​人々​を​愛し​て​い​た​の​で,教える​際​に​心​を​動かす​こと​が​でき​まし​た。(ルカ 24:32。ヨハ 7:46)親​も​その​よう​な​愛​が​あれ​ば,子ども​の​心​を​動かす​こと​が​でき​ます。申命記 6:5‐8; ルカ 6:45を​読む。)親​の​皆さん,聖書​や​出版​物​を​勤勉​に​学ん​で​ください。創造​物​に​関心​を​持ち,創造​物​に​関する​記事​を​よく​読ん​で​ください。(マタ 6:26,28)そうすれば,知識​が​増し,エホバ​へ​の​感謝​が​深まり,子ども​を​いっそう​効果​的​に​教える​こと​が​できる​でしょ​う。―ルカ 6:40

7,8. 親​は​自分​の​心​が​聖書​の​真理​で​満たさ​れ​て​いる​なら,どう​し​たく​なる​はず​です​か。例​を​挙げ​て​ください。

7 親​で​ある​あなた​の​心​が​聖書​の​真理​で​満たさ​れ​て​いる​なら,真理​に​つい​て​子ども​たち​と​話し​たく​なる​はず​です。集会​の​準備​や​家族​の​崇拝​の​時​だけ​で​なく,いつ​で​も​話し合え​ます。無理やり​に​で​は​なく,ふだん​の​会話​の​中​で​自然​に​話す​の​です。米国​の​ある​夫婦​は,家族​で​美しい​ 自然​や​おいしい​食べ物​を​楽しん​で​いる​時​に,エホバ​に​つい​て​話​し​ます。こう​言っ​て​い​ます。「子ども​たち​に,エホバ​が​与え​て​くださっ​た​すべて​の​もの​に​は​愛​と​知恵​が​表われ​て​いる,と​いう​こと​を​教え​ます」。南​アフリカ​の​夫婦​は,2​人​の​娘​と​ガーデニング​を​する​時,種​から​芽​が​出​て​成長​する​素晴らしい​仕組み​に​つい​て​話​し​ます。「娘​たち​に,生命​の​素晴らしさ​と​動植物​の​複雑​な​造り​に​感動​し​て​ほしい​と​思っ​て​い​ます」と​述べ​て​い​ます。

8 オーストラリア​の​ある​父親​は,息子​が​10​歳​くらい​の​時,親子​で​博物​館​に​行っ​た​機会​を​活用​し​て,息子​が​神​と​創造​に​対する​信仰​を​強め​られる​よう​に​助け​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「アンモナイト​や​三葉虫​など​古代​の​海洋​生物​の​展示​を​見​まし​た。わたしたち​は,その​よう​な​絶滅​し​た​生物​が​美しく​て​複雑​で​完成​し​た​個体​で​ある​こと​に​驚き​まし​た。今日​見​られる​生物​に​引け​を​取り​ませ​ん。もし​生命​が​単純​な​形態​から​複雑​な​形態​に​進化​し​た​の​なら,これら​の​古代​生物​が​すでに​複雑​な​形態​に​なっ​て​いる​の​は​なぜ​でしょ​う。わたし​は​深い​感銘​を​受け,息子​と​その​こと​に​つい​て​話し合い​まし​た」。

効果​的​な​例え​を​用いる

9. 例え​が​効果​的​な​の​は​なぜ​です​か。ある​母親​は​どんな​例え​を​用い​まし​た​か。

9 イエス​は​よく​例え​を​用い​まし​た。例え​は,思考​を​刺激​し,心​に​訴え,記憶​の​助け​と​なり​ます。(マタ 13:34,35)子ども​は​想像​力​が​豊か​です。ですから​親​の​皆さん,お子さん​を​教える​際,例え​を​たくさん​用い​て​ください。日本​の​ある​母親​は​そう​し​まし​た。2​人​の​息子​が​8​歳​と​10​歳​の​時,地球​の​大気​に​つい​て​教え,エホバ​が​人間​の​こと​を​よく​考え​て​空気​を​造っ​て​くださっ​た​こと​を​説明​し​まし​た。息子​たち​に​ミルク​と​砂糖​と​コーヒー​を​渡し,「お母さん​に​コーヒー​を​作っ​て​くれる?」と​言い​まし​た。「子ども​たち​は​一生​懸命​に​コーヒー​を​作り​まし​た」と​母親​は​述べ​て​い​ます。さらに​こう​言い​ます。「どんな​思い​で​作っ​て​くれ​た​の​か​を​尋ねる​と,『お母さん​に​おいしい​と​思っ​て​もらえる​よう​に​作っ​た』と​いう​答え​でし​た。それで,エホバ​も​同じ​気持ち​で,いろいろ​な​気体​を​混ぜ​て​人間​に​とっ​て​ちょうど​いい​空気​を​造っ​て​くれ​た,と​いう​こと​を​教え​まし​た」。その​例え​は,その​年齢​の​子ども​たち​に​ぴったり​でし​た。ただ​話​を​聞く​だけ​で​は​なく,自分​たち​も​考え​たり​活動​し​たり​し​ながら​学び​まし​た。学ん​だ​こと​を​ずっ​と​忘れ​ない​でしょ​う。

身近​な​もの​を​使っ​て,神​と​創造​に​対する​信仰​を​築く​こと​が​できる(10​節​を​参照)

10,11. (イ)子ども​が​神​へ​の​信仰​を​築ける​よう,どんな​例え​を​用いる​こと​が​でき​ます​か。(冒頭​の​写真​を​参照。)(ロ)あなた​は​お子さん​を​教える​際,どんな​例え​を​用い​まし​た​か。

10 子ども​が​信仰​を​築ける​よう,レシピ​の​例え​も​使え​ます。ケーキ​や​クッキー​を​焼い​た​後,レシピ​に​つい​て​説明​し​ます。それ​から​子ども​に​りんご​など​の​果物​を​渡し,「この​りんご​に​も​レシピ​が​ある​ん​だ​よ」と​言い​ます。そして,りんご​を​半分​に​切っ​て​種​を​渡し,種​の​中​に​レシピ​が​書か​れ​て​いる​こと,レシピ​の​本​より​ずっ​と​複雑​な​言葉​が​使わ​れ​て​いる​こと​を​説明​でき​ます。そして,「ケーキ​の​レシピ​を​書い​た​人​が​いる​ なら,ずっ​と​複雑​な​りんご​の​レシピ​を​書い​た​の​は​だれ​だろ​う」と​尋ね​ます。少し​年長​の​子ども​に​は,りんご​の​レシピ,つまり​りんご​の​木​全体​の​レシピ​が,DNA​の​暗号​に​含ま​れ​て​いる​こと​を​説明​できる​か​も​しれ​ませ​ん。「生命​の​起源 ― 5​つ​の​大切​な​質問」の​ブロシュアー​の​10‐20​ページ​に​ある​挿絵​や​例え​の​幾つ​か​を​一緒​に​見る​こと​も​でき​ます。

11 多く​の​親​は,「目ざめよ!」の「だれ​か​が​設計?」と​いう​連載​記事​を​使っ​て,子ども​と​楽しく​話し合っ​て​い​ます。子ども​が​幼い​場合,この​記事​の​内容​を​簡単​に​説明​する​こと​も​でき​ます。例えば,デンマーク​の​ある​夫婦​は,飛行​機​と​鳥​を​比較​し​て,子ども​に​こう​言い​まし​た。「飛行​機​は​鳥​に​似​て​いる​ね。でも​飛行​機​は​卵​を​産ん​で​小さな​飛行​機​を​作れる​か​な? 鳥​に​は​滑走​路​が​要る​か​な? 飛行​機​の​出す​音​と​鳥​の​歌う​声​を​比べ​て​どう​思う? 飛行​機​を​作っ​た​人​と​鳥​を​造っ​た​方​と​で​は,どちら​の​ほう​が​賢い​だろ​う」。その​よう​な​説明​や​質問​を​する​なら,子ども​が「思考​力」を​培い,神​へ​の​信仰​を​築く​よう​に​助ける​こと​が​でき​ます。―箴 2:10‐12

12. 子ども​の​信仰​を​強める​うえ​で,例え​は​どの​よう​に​役立ち​ます​か。

12 効果​的​な​例え​を​用いる​なら,聖書​の​正確​さ​に​対する​子ども​の​信仰​を​強める​こと​が​でき​ます。一例​と​し​て​ヨブ 26​章​7​節​に​つい​て​考え​ましょ​う。(読む。)この​聖句​が​霊感​を​受け​た​もの​で​ある​こと​を,どの​よう​に​説明​できる​でしょ​う​か。「エホバ​が​そう​書か​せ​た​ん​だ​よ」と​述べる​だけ​で​は​なく,子ども​の​想像​力​を​刺激​する​方法​を​使う​こと​が​でき​ます。まず​子ども​に,「ヨブ​の​時代​に​は​望遠​鏡​も​宇宙​船​も​なかっ​た​よ​ね」と​言い​ます。そして,ヨブ​の​言葉​を​聞い​た​近所​の​人​が​ヨブ​に​何​と​言う​か​を​子ども​に​考え​させ​ます。「地球​の​よう​な​大きな​物​が,何​も​ない​所​に​浮かん​で​いる​なんて​信じ​られ​ない」と​言う​か​も​しれ​ませ​ん。ボール​や​石​を​使っ​て,物​は​何​か​の​上​に​置か​ない​と​下​に​落ち​て​しまう​こと​を​示す​か​も​しれ​ませ​ん。この​よう​な​方法​で​学ぶ​なら,子ども​は​聖書​が​神​から​の​本​で​ある​こと​を​実感​する​でしょ​う。昔​の​人​たち​が​知ら​なかっ​た​正確​な​情報​が​収め​られ​て​いる​から​です。―ネヘ 9:6

例え​を​用い​て​聖書​の​原則​の​価値​を​教える

13,14. 親​は​どの​よう​に,子ども​が​聖書​の​原則​の​価値​を​理解​する​よう​助ける​こと​が​でき​ます​か。

13 子ども​が​聖書​の​原則​の​価値​を​理解​できる​よう​助ける​こと​は,非常​に​大切​です。詩編 1:1‐3を​読む。)その​方法​は​いろいろ​あり​ます。例えば​子ども​に,「遠く​の​島​に​住む​こと​に​なっ​て,一緒​に​住む​人​たち​を​決め​なけれ​ば​なら​ない​と​し​たら​どう​する?」と​言い​ます。そして,「みんな​が​仲良く​平和​に​暮らす​に​は,どんな​特質​を​示す​必要​が​ある​か​な」と​質問​し​ます。ガラテア 5​章​19‐23​節​の​賢明​な​諭し​に​つい​て​も​話し合え​ます。

14 この​よう​な​方法​で,子ども​に​2​つ​の​大切​な​こと​を​教える​こと​が​でき​ます。1​つ​は,神​の​規準​に​従う​なら​仲良く​平和​に​暮らせる,と​いう​こと​です。もう​1​つ​は,エホバ​は​その​方法​を​今​教える​こと​に​よっ​て,新しい​世​で​生活​できる​よう​助け​て​くださっ​て​いる,と​いう​こと​です。(イザ 54:13。ヨハ 17:3)出版​物​の​経験​を​使っ​て,そう​し​た​点​を​教える​こと​も​でき​ます。「ものみの塔」の「聖書​は​人​の​生き方​を​変える」と​いう​連載​記事​を​使える​か​も​しれ​ませ​ん。エホバ​に​喜ん​で​いただく​ため​に​大きな​変化​を​遂げ​た​会衆​の​兄弟​か​姉妹​を​家​に​招き,経験​を​話し​て​もらう​こと​も​でき​ます。そう​し​た​経験​は,聖書​の​原則​の​価値​を​実感​する​助け​に​なり​ます。―ヘブ 4:12

15. 子ども​を​教える​際,どんな​こと​を​意識​でき​ます​か。

15 大切​な​の​は,教え方​が​マンネリ​化​し​ない​ よう​に​する​こと​です。想像​力​を​働か​せ​ましょ​う。子ども​の​年齢​に​応じ​て,子ども​の​思考​を​刺激​し​ましょ​う。子ども​が​わくわく​する​よう​な​方法​で​教え,子ども​の​信仰​を​強め​て​ください。「同じ​テーマ​の​こと​で​も,新しい​教え方​を​考え出し,試し​て​み​て​ください」と,ある​父親​は​述べ​て​い​ます。

信仰​を​示し,辛抱強く​あり,よく​祈る

16. 子ども​を​教える​際,辛抱強さ​が​肝要​な​の​は​なぜ​です​か。例​を​挙げ​て​説明​し​て​ください。

16 強い​信仰​を​培う​に​は,神​の​霊​が​必要​です。(ガラ 5:22,23)果物​と​同様,信仰​が​成長​する​まで​に​は​時間​が​かかり​ます。ですから,子ども​を​教える​際​に​は​辛抱強く​あり,粘り強さ​を​示さ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。2​人​の​子ども​を​持つ​日本​の​父親​は​こう​述べ​て​い​ます。「わたしたち​夫婦​は,子ども​たち​に​できる​だけ​多く​の​時間​を​与える​よう​に​し​まし​た。子ども​が​幼い​ころ,集会​の​ない​日​は​毎日​15​分​一緒​に​研究​し​まし​た。15​分​なら,親​に​も​子ども​に​も​あまり​負担​に​は​なり​ませ​ん」。ある​巡回​監督​は​こう​書い​て​い​ます。「十​代​の​ころ,口​に​は​出し​ませ​ん​でし​た​が,心​の​中​で​は​いろいろ​疑問​に​思っ​て​い​まし​た。でも,そう​し​た​疑問​の​多く​は,集会​や​家族​研究​や​個人​研究​の​時​に​徐々​に​解決​し​て​ゆき​まし​た。ですから,親​が​子ども​を​教え​続ける​こと​は​大切​です」。

効果​的​に​教える​ため​に​は,親​自身​の​心​に​神​の​言葉​を​置か​なけれ​ば​なら​ない(17​節​を​参照)

17. 親​が​良い​手本​を​示す​こと​は​なぜ​大切​です​か。ある​夫婦​は,子ども​たち​に​どんな​良い​手本​を​示し​まし​た​か。

17 親​自身​が​信仰​の​手本​を​示す​こと​も​非常​に​大切​です。子ども​は​親​の​する​こと​を​観察​し,その​影響​を​受け​ます。ですから​親​の​皆さん,自分​の​信仰​を​強め​続け​て​ください。エホバ​が​あなた​に​とっ​て​どれ​ほど​現実​の​存在​で​ある​か​が,お子さん​に​も​分かる​よう​に​し​ましょ​う。バミューダ​の​ある​夫婦​は,何​か​心配​な​こと​が​ある​時​に​は​子ども​と​一緒​に​祈り,エホバ​の​導き​を​求める​よう​に​し​て​い​ます。そして,子ども​に​も​自分​で​祈る​よう​に​勧め​ます。こう​言っ​て​い​ます。「上​の​娘​に​は,『エホバ​を​心​から​信頼​し​て,奉仕​を​一生​懸命​行ない,あまり​心配​しすぎ​ない​よう​に』と​教え​て​い​ます。娘​は​そう​する​時​に​良い​結果​に​なる​の​を​見​て,エホバ​が​助け​て​くださっ​て​いる,と​いう​こと​を​感じ​ます。そういう​経験​を​し​て,神​と​聖書​に​対する​娘​の​信仰​は​とても​強まり​まし​た」。

18. 親​は,どんな​大切​な​点​を​認識​す​べき​です​か。

18 もちろん,子ども​が​信仰​を​持つ​よう​に​なる​か​どう​か​は,最終​的​に​は​本人​に​かかっ​て​い​ます。親​に​できる​の​は,植え​て​水​を​注ぐ​こと​です。成長​さ​せ​て​くださる​の​は​神​です。(コリ​一 3:6)ですから,神​の​霊​を​祈り​求め,大切​な​お子さん​を​教える​ため​に​最善​を​尽くし​て​ください。そうすれば,エホバ​は​豊か​に​祝福​し​て​くださる​でしょ​う。―エフェ 6:4