内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

若い皆さん,信仰を強めてください

若い皆さん,信仰を強めてください

「信仰​と​は,……見え​ない​実体​に​つい​て​の​明白​な​論証​です」。―ヘブ 11:1

歌: 41,69

1,2. 今日,若い​人​たち​は​どんな​圧力​を​受け​て​い​ます​か。その​圧力​に​抵抗​する​ため,何​が​でき​ます​か。

「あなた​み​た​い​な​頭​の​いい​子​が​神様​を​信じ​て​る​なんて​意外」。イギリス​の​若い​姉妹​は​クラスメート​に​そう​言わ​れ​まし​た。ドイツ​の​ある​兄弟​は​こう​書い​て​い​ます。「先生​たち​は,創造​に​つい​て​の​聖書​の​記述​は​神話​だ​と​考え​て​い​ます。生徒​たち​が​進化​を​信じる​の​は​当然​だ​と​思っ​て​いる​よう​です」。フランス​の​若い​姉妹​は​こう​言い​ます。「学校​の​先生​たち​は,今​で​も​聖書​を​信じ​て​いる​生徒​が​いる​こと​に​すごく​驚き​ます」。

2 エホバ​の​若い​僕​の​皆さん​や​エホバ​に​つい​て​学ん​で​いる​皆さん,あなた​は​一般​の​人​たち​と​同じ​こと​を​信じる​よう​に​と​いう​圧力​を​受け​て​い​ます​か。例えば,創造​者​で​は​なく​進化​を​信じる​よう​に​と​いう​圧力​です。もし​そう​なら,強い​信仰​を​築き,それ​を​保つ​ため​に​行なえる​こと​が​幾つ​か​あり​ます。一つ​は,神​から​与え​られ​た​思考​力​を​使う​こと​です。思考​力​は「あなた​を​守り」ます。信仰​を​破壊​する​世​の​考え方​から​守っ​て​くれる​の​です。―箴言 2:10‐12を​読む。

3. この​記事​で​は​どんな​こと​を​考え​ます​か。

3 真​の​信仰​は,神​に​つい​て​の​正確​な​知識​に​基づい​て​い​ます。(テモ​一 2:4)それで,聖書​や​クリスチャン​の​出版​物​を​研究​する​際,ざっと​ 読む​だけ​で​済ませ​ない​よう​に​し​ましょ​う。思考​力​を​使っ​て,読ん​で​いる​事柄​の「意味​を​悟る」よう​に​し​て​ください。(マタ 13:23)創造​者​と​聖書​に​対する​信仰​を​築く​ため​の「納得​さ​せる​証拠」は​たくさん​あり​ます。では,どの​よう​に​思考​力​を​使っ​て​信仰​を​強め​られる​でしょ​う​か。―ヘブ 11:1,脚注。

信仰​を​強める​方法

4. 神​を​信じる​に​し​て​も​進化​を​信じる​に​し​て​も​信仰​が​関係​し​て​いる,と​言える​の​は​なぜ​です​か。この​問題​に​つい​て,どの​よう​に​し​て​結論​を​下す​べき​です​か。

4 「進化​は​科学​に​基づい​て​いる​の​で​信じ​られる。でも,自分​は​信仰​が​ない​から​神​を​信じ​られ​ない」と​言う​人​が​大勢​い​ます。確か​に,神​を​見​たり​創造​の​様子​を​見​たり​し​た​こと​の​ある​人​は​い​ませ​ん。(ヨハ 1:18)しかし,科学​者​を​含め,1​つ​の​種​が​別​の​種​に​進化​する​の​を​見​た​こと​が​ある​人​も​い​ませ​ん。例えば,爬虫​類​の​動物​が​哺乳​類​に​進化​する​の​を​見​た​人​は​い​ませ​ん。(ヨブ 38:1,4)ですから,神​や​進化​に​つい​て​何​を​信じる​と​し​て​も,ある​意味​で​信仰​が​関係​し​て​い​ます。わたしたち​は,証拠​を​調べ,思考​力​を​使っ​て,道理​に​かなっ​た​結論​を​下す​必要​が​あり​ます。使徒​パウロ​は​創造​に​つい​て​こう​述べ​まし​た。「神​の​見え​ない​特質,すなわち,その​とこしえ​の​力​と​神性​と​は,造ら​れ​た​物​を​通し​て​認め​られる​の​で,世界​の​創造​以来​明らか​に​見える​から​で​あり,それゆえに​彼ら​は​言い訳​が​でき​ませ​ん」。―ロマ 1:20

他​の​人​と​話し合う​ため​に​様々​な​道具​を​活用​し​ましょ​う(5​節​を​参照)

5. エホバ​の​組織​は,「悟る」うえ​で​役立つ​どんな​情報​を​提供​し​て​い​ます​か。

5 「悟る」と​は,すぐ​に​は​見え​ない​もの​や​はっきり​し​て​い​ない​もの​を​認識​する​こと​です。(ヘブ 11:3)悟る​に​は,目​や​耳​だけ​で​なく,思考​力​を​使う​必要​が​あり​ます。エホバ​の​組織​は,十分​な​調査​に​基づく​多く​の​情報​を​提供​し​て​い​ます。そう​し​た​情報​を​活用​する​なら,信仰​の​目​で​創造​者​を「見[る]」こと​が​でき​ます。(ヘブ 11:27)例えば,「創造​の​驚異​は​神​の​栄光​を​表わす」の​ビデオ,「生命 ― どこ​から?」や「生命​の​起源 ― 5​つ​の​大切​な​質問」の​ブロシュアー,「あなた​の​こと​を​気づかう​創造​者​が​おら​れ​ます​か」の​本​など​が​あり​ます。雑誌​に​も​思考​を​刺激​する​優れ​た​情報​が​載せ​られ​て​い​ます。 目ざめよ!」に​は,科学​者​や​他​の​専門​家​が​どの​よう​に​神​を​信じる​よう​に​なっ​た​か​に​関する​インタビュー​が​よく​掲載​さ​れ​ます。「だれ​か​が​設計?」と​いう​連載​記事​は,自然​界​に​見​られる​驚く​べき​設計​に​つい​て​取り上げ​て​い​ます。そこ​に​は,科学​者​たち​が​模倣​し​よう​と​し​て​いる​素晴らしい​設計​に​つい​て​説明​さ​れ​て​い​ます。

6. ある​人​たち​は,エホバ​の​組織​の​備え​た​道具​を​活用​し​て​どんな​益​を​得​て​き​まし​た​か。あなた​は​どんな​益​を​得​て​き​まし​た​か。

6 先​ほど​の​2​冊​の​ブロシュアー​に​つい​て,米国​の​19​歳​の​兄弟​は​こう​述べ​て​い​ます。「とても​役立っ​て​い​ます。もう​10​回​ぐらい​研究​し​まし​た」。フランス​の​姉妹​は​こう​書い​て​い​ます。「『だれ​か​が​設計?』の​記事​を​読む​と​いつも​驚き​ます。優秀​な​技術​者​たち​は​自然​界​の​複雑​な​設計​を​まねる​こと​は​でき​て​も,決して​同じ​レベル​に​達する​こと​は​でき​ませ​ん」。15​歳​の​娘​を​持つ​南​アフリカ​の​夫婦​は,こう​言い​ます。「娘​は​いつも​真っ先​に,『目ざめよ!』の『インタビュー』の​記事​を​読み​ます」。あなた​は​どう​です​か。この​よう​な​情報​を​十分​に​活用​し​て​い​ます​か。そうすれば,あなた​の​信仰​は​しっかり​と​根​を​張っ​た​木​の​よう​に​なる​でしょ​う。偽り​の​教え​の​風​が​吹きつけ​て​も​堅く​立つ​こと​が​できる​の​です。―エレ 17:5‐8

聖書​に​対する​あなた​の​信仰

7. 神​は​なぜ,あなた​が​理性​を​働か​せる​こと​を​望ん​で​おら​れ​ます​か。

7 聖書​に​つい​て​誠実​な​疑問​を​持つ​の​は​間違っ​た​こと​です​か。その​よう​な​こと​は​あり​ませ​ん。エホバ​は,あなた​が「理性」を​働か​せ​て​真理​を​自ら​わきまえ知る​こと​を​願っ​て​おら​れ​ます。他​の​人​が​信じ​て​いる​から​信じる,と​いう​こと​を​望ん​で​は​おら​れ​ない​の​です。ですから,思考​力​を​使っ​て​正確​な​知識​を​得​て​ください。そう​し​た​知識​は,真​の​信仰​の​強固​な​土台​と​なり​ます。ローマ 12:1,2; テモテ​第​一 2:4を​読む。)正確​な​知識​を​得る​一つ​の​方法​は,テーマ​を​決め​て​聖書​を​研究​する​こと​です。

8,9. (イ)何​を​テーマ​に​し​て​聖書​を​研究​でき​ます​か。(ロ)ある​人​たち​は,学ん​だ​事柄​を​黙想​する​こと​に​よっ​て​どんな​益​を​得​て​い​ます​か。

8 聖書​の​預言​や,聖書​の​歴史​的,考古​学​的,科学​的​正確​さ​など​を​テーマ​に​し​て​研究​し​た​人​たち​も​い​ます。研究​できる​素晴らしい​預言​の​一つ​は,創世記 3​章​15​節​です。この​聖句​は​聖書​の​主題​を​紹介​し​て​い​ます。つまり,王国​に​よっ​て​神​の​主権​が​立証​さ​れ,神​の​み名​が​神聖​な​もの​と​される​こと​です。この​聖句​に​は,エデン​の​時​以来,人間​が​味わっ​て​き​た​すべて​の​苦しみ​を​エホバ​が​どの​よう​に​取り除か​れる​か​が,象徴​的​な​表現​で​述べ​られ​て​い​ます。創世記 3​章​15​節​を​どの​よう​に​研究​できる​でしょ​う​か。一つ​の​方法​は,年表​を​作る​こと​です。この​聖句​で​言及​さ​れ​て​いる​者​たち​や​取り決め​に​関し​て,神​が​徐々​に​明らか​に​され​た​こと​を​示す​主​な​聖句​を​年表​に​書き込み​ます。この​預言​が​どの​よう​に​成就​する​か​を​示す​聖句​も​書き込め​ます。それら​の​聖句​が​互い​に​調和​し​て​いる​こと​を​知る​と,聖書​筆者​や​預言​者​が「聖霊​に​導か​れ」たこ​と​を​確信​できる​でしょ​う。―ペテ​二 1:21

9 ドイツ​の​ある​兄弟​は​こう​書い​て​い​ます。「王国​と​いう​主題​は,輝く​1​本​の​糸​の​よう​に​聖書​を​貫い​て​い​ます。約​40​人​の​人​が​書い​た​に​も​かかわら​ず,そう​なっ​て​い​ます。聖書​筆者​たち​の​多く​は,別々​の​時代​に​生活​し,お互い​に​面識​も​あり​ませ​ん​でし​た」。オーストラリア​の​ある​姉妹​は,過ぎ越し​の​意味​に​つい​て​論じ​た「ものみの塔」2013​年​12​月​15​日​号​の​研究​記事に​感動​し​まし​た。過ぎ越し​は,創世記 3​章​15​節​や​メシア​の​到来​と​深く​関わっ​て​い​ます。姉妹​ は​こう​書い​て​い​ます。「この​研究​記事​に​よっ​て,エホバ​が​どれ​ほど​素晴らしい​方​で​ある​か​が​分かり​まし​た。この​よう​な​取り決め​を​イスラエル​人​の​ため​に​考え出し,イエス​に​成就​する​よう​に​され​た​エホバ​に​心​から​感動​し​まし​た。わたし​は​この​過ぎ越し​の​食事​の​預言​的​な​意味​に​つい​て​じっくり​考え​まし​た。本当​に​すごい​と​思い​まし​た」。姉妹​は​どうして​この​よう​に​感じ​た​の​でしょ​う​か。読ん​だ​事柄​に​つい​て​深く​考え,「その​意味​を​悟」っ​たか​ら​で​す。その​よう​に​し​て​信仰​が​強まり,エホバ​に​引き寄せ​られ​まし​た。―マタ 13:23

10. 聖書​筆者​の​正直​さ​は,どの​よう​に​聖書​に​対する​信仰​を​強め​ます​か。

10 聖書​に​対する​信仰​を​強める​別​の​点​は,聖書​筆者​の​勇気​と​正直​さ​です。古代​の​多く​の​著述​家​は,支配​者​たち​を​ほめたて,王国​の​栄光​を​たたえ​まし​た。しかし,エホバ​の​預言​者​たち​は​いつも​真実​を​語り​まし​た。自国​の​民​や​王​の​欠点​を​ためらわ​ず​に​指摘​し​まし​た。(代​二 16:9,10; 24:18‐22)また,自分​の​失敗​や,神​の​他​の​僕​たち​の​失敗​を​包み隠さ​ず​に​記し​まし​た。(サム​二 12:1‐14。マル 14:50)英国​の​ある​若い​兄弟​は​こう​述べ​て​い​ます。「この​よう​な​正直​さ​は,ほか​で​は​あまり​見​られ​ませ​ん。聖書​が​本当​に​エホバ​の​言葉​だ​と​いう​確信​が​深まり​ます」。

11. 若い​人​たち​は​どう​すれ​ば,聖書​の​原則​の​価値​に​対する​認識​を​深める​こと​が​でき​ます​か。

11 多く​の​人​は,聖書​の​原則​が​実際​に​役立つ​こと​を​経験​し​て,聖書​が​神​の​霊感​を​受け​た​もの​で​ある​と​確信​し​まし​た。詩編 19:7‐11を​読む。)日本​の​ある​若い​姉妹​は​こう​書い​て​い​ます。「わたしたち​家族​は,聖書​の​教え​を​当てはめ​て​本当​に​幸福​に​なり,平和​や​一致​や​愛​を​経験​し​て​い​ます」。聖書​の​原則​を​当てはめる​なら,多く​の​人​を​束縛​し​て​いる​偽り​の​崇拝​や​迷信​から​保護​さ​れ​ます。(詩 115:3‐8)神​は​い​ない,と​いう​考え方​は​人々​に​影響​を​与え​て​いる​でしょ​う​か。進化​論​など​の​教え​で​は,自然​が​一​種​の​神​と​され,エホバ​の​力​が​自然​の​力​と​みなさ​れ​て​い​ます。神​は​い​ない​と​言う​人​たち​は,人間​の​将来​は​人間​の​手​に​かかっ​て​いる,と​主張​し​ます​が,将来​の​明るい​希望​を​何​も​差し伸べる​こと​が​でき​ませ​ん。―詩 146:3,4

他​の​人​と​効果​的​に​話し合う

12,13. どう​すれ​ば,創造​や​聖書​に​つい​て​クラスメート​や​先生​など​他​の​人​と​上手​に​話し合え​ます​か。

12 どう​すれ​ば,創造​や​聖書​に​つい​て​他​の​人​と​効果​的​に​話し合え​ます​か。まず,相手​の​信じ​て​いる​こと​を​知る​よう​に​し​ます。進化​を​信じ​て​いる​と​言う​人​の​中​に​も,神​の​存在​を​信じ​て​いる​人​が​い​ます。神​は​進化​を​用い​て​様々​な​生物​を​創造​し​た​と​考え​て​いる​の​です。また,進化​は​学校​で​教え​られ​て​いる​の​だから​事実​に​違いない,と​考える​人​も​い​ます。宗教​に​幻滅​し​て​神​を​信じ​なく​なっ​た​人​も​い​ます。ですから,生命​の​起源​に​つい​て​だれ​か​と​話し合う​時​に​は,まず​質問​を​し​て,相手​が​何​を​信じ​て​いる​か​を​確かめる​と​よい​でしょ​う。その​よう​に​道理​を​わきまえ​て​接し,話​を​よく​聞く​なら,相手​も​あなた​の​話​を​聞き​たい​と​思う​か​も​しれ​ませ​ん。―テト 3:2

13 創造​を​信じるなんて​おかしい」と​言わ​れる​なら,上手​に​質問​し​て,相手​に​説明​し​て​もらう​こと​が​でき​ます。例えば,「創造​者​が​い​ない​なら,生命​は​どう​やっ​て​始まっ​た​の?」と​尋ねる​こと​が​できる​でしょ​う。最初​の​生物​が​存続​し​続ける​に​は,増殖​する​能力,つまり​自己​複製​能力​が​必要​だっ​た​でしょ​う。ある​化学​の​教授​に​よる​と,生物​が​自己​複製​する​に​は,(1)保護​膜,(2)エネルギー​を​取り入れ​て​処理​する​能力,(3)遺伝子​情報,(4)遺伝子​情報​を​複製​ する​能力​が​必要​です。教授​は​こう​述べ​て​い​ます。「最も​単純​な​形態​の​生物​に​関し​て​さえ,その​複雑​さ​に​人​は​驚嘆​する」。生命​が​進化​に​よっ​て​生じ​た​と​は,とても​考え​られ​ない​の​で​は​あり​ませ​ん​か。

14. 進化​か​創造​か​と​いう​問題​に​つい​て​話す​の​は​難しい​と​感じる​なら,どんな​こと​が​でき​ます​か。

14 進化​か​創造​かと​いう​問題​に​つい​て​話し合う​の​は​難しい​と​感じる​なら,パウロ​の​分かり​やすい​説明​の​仕方​を​用いる​こと​が​でき​ます。パウロ​は​こう​述べ​まし​た。「家​は​すべて​だれ​か​に​よっ​て​造ら​れる​の​で​あり,すべて​の​もの​を​造ら​れ​た​の​は​神​です」。(ヘブ 3:4)非常​に​道理​に​かなっ​た​効果​的​な​説明​です。複雑​な​設計​を​する​に​は​知性​が​必要​な​の​です。また,ふさわしい​出版​物​を​用いる​こと​も​でき​ます。ある​姉妹​は​先​ほど​の​2​冊​の​ブロシュアー​を​用い​て​ある​若い​男性​と​話し合い​まし​た。その​男性​は,「神​は​い​ない。進化​が​正しい​と​思う」と​述べ​て​い​まし​た。1​週​間​ぐらい​し​て,その​男性​は「今​は​神​を​信じ​て​いる」と​言い​まし​た。やがて​聖書​研究​を​始め,バプテスマ​を​受け​まし​た。

15,16. 聖書​に​つい​て​話し合う​際,どの​よう​に​相手​に​合わせる​こと​が​でき​ます​か。どんな​目標​で​話し合い​ます​か。

15 聖書​は​信じ​られ​ない​と​思っ​て​いる​人​と​話す​場合​に​も,同じ​よう​な​方法​を​用いる​こと​が​でき​ます。相手​が​実際​に​何​を​信じ​て​いる​か​を​確かめ,どんな​話題​に​興味​が​ある​か​を​知る​よう​に​し​ます。(箴 18:13)科学​に​関心​が​ある​人​なら,聖書​の​科学​的​な​正確​さ​に​つい​て​話す​と​よい​か​も​しれ​ませ​ん。聖書​に​記さ​れ​て​いる​正確​な​預言​や​歴史​に​感心​する​人​も​い​ます。山上​の​垂訓​など,生活​に​役立つ​聖書​の​原則​に​つい​て​話す​と​よい​場合​も​あり​ます。

16 目標​は​議論​に​勝つ​こと​で​は​なく,心​を​動かす​こと​です。相手​の​話​を​よく​聞い​て​ください。誠実​な​質問​を​し,温和​に​敬意​を​こめ​て​意見​を​述べ​て​ください。年上​の​人​と​話す​際​は​特に​そう​す​べき​です。あなた​が​その​よう​に​接する​なら,相手​も​あなた​の​考え​に​敬意​を​示し​て​くれる​か​も​しれ​ませ​ん。また,あなた​が​十分​に​考え​た​うえ​で​信じ​て​いる,と​いう​こと​に​も​気づく​でしょ​う。多く​の​若い​人​は​そう​し​て​い​ませ​ん。もちろん,道理​を​わきまえ​ない​人​や,あなた​の​信じ​て​いる​こと​を​ばか​に​し​たい​と​思っ​て​いる​人​の​質問​に​答える​必要​は​あり​ませ​ん。―箴 26:4

真理​を​自分​の​もの​に​する

17,18. (イ)真理​を​自分​の​もの​に​する​ため​に,どんな​こと​が​役立ち​ます​か。(ロ)次​の​記事​で​は​どんな​点​を​考え​ます​か。

17 強い​信仰​を​築く​に​は,聖書​の​基本​的​な​知識​だけ​で​なく,深い​知識​が​必要​です。隠さ​れ​た​宝​を​探す​よう​に,聖書​を​深く​掘り下げ​て​学ん​で​ください。(箴 2:3‐6Watchtower Library<ワッチタワー ライブラリー>,「ものみの塔 オンライン​・​ライブラリー」,「ものみの塔​出版​物​索引」,「エホバ​の​証人​の​ため​の​リサーチガイド」など​の​道具​を​活用​でき​ます。また,聖書​全巻​を​読む​こと​を​目標​に​し​て​ください。1​年​で​読む​よう​努力​できる​か​も​しれ​ませ​ん。聖書​を​読む​こと​は,信仰​を​強める​ため​の​非常​に​優れ​た​方法​です。ある​巡回​監督​は​若い​ころ​を​振り返っ​て​こう​述べ​て​い​ます。「聖書​が​神​の​言葉​で​ある​こと​を​認識​する​助け​に​なっ​た​の​は,聖書​全巻​を​読み通し​た​こと​です。幼い​ころ​から​学ん​で​き​た​聖書​の​いろいろ​な​物語​が,やっと​つながっ​た​気​が​し​まし​た。それ​が​わたし​の​霊的​な​進歩​の​きっかけ​に​なり​まし​た」。

18 親​の​皆さん,お子さん​が​霊的​に​進歩​する​に​は​あなた​の​助け​が​欠か​せ​ませ​ん。どう​すれ​ば,お子さん​が​強い​信仰​を​築ける​よう​助ける​こと​が​できる​でしょ​う​か。次​の​記事​で​は​その​点​を​取り上げ​ます。