内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2016年9月

権威者たちの前で良いたよりを擁護する

権威者たちの前で良いたよりを擁護する

「わたし  とっ  この  は,わたし     国民 に,また  たち……に 携え  行く ため  選び    から です」。(使徒 9:15)主 イエス  そう 述べ  人物 は,キリスト   改宗   ばかり  ユダヤ  男性,後  使徒 パウロ です。

「王 たち」の    ローマ 皇帝 ネロ   まし た。もし あなた  その よう  支配     信仰  つい  弁明  なけれ  なら ない   たら,どう 感じる でしょ  か。不安  思う   しれ ませ ん。しかし,クリスチャン  パウロ  見倣う よう  勧め られ   ます。(コリ 一 11:1)では,パウロ  当時   制度  もと  どの よう  経験      調べ   ましょ う。

モーセ  律法 は,イスラエル  守ら      でし  が,他  様々    住む 敬虔  ユダヤ   従う 道徳    あり まし た。西暦 33   ペンテコステ 以降,真  崇拝   モーセ  律法  従う 必要  なくなり まし た。(使徒 15:28,29。ガラ 4:9‐11)しかし,パウロ    クリスチャン  律法  つい  悪く 言う こと  なかっ   で,妨害     ユダヤ     証言 でき まし た。(コリ 一 9:20)事実,パウロ  よく 会堂  行き,アブラハム    つい  知っ  いる 人々  証言 し,ヘブライ  聖書 から 論じ まし た。―使徒 9:19,20; 13:5,14‐16; 14:1; 17:1,2

使徒 たち  当初 エルサレム から 伝道 活動  関する 指示  出し,よく エルサレム  神殿  教え   まし た。(使徒 1:4; 2:46; 5:20)パウロ  時おり エルサレム  訪れ   まし た。ある  エルサレム  拘束  れ,その 後,様々  出来事  経て ローマ  裁判  受ける こと  なり まし た。

パウロ  ローマ 

ローマ  当局  たち は,パウロ  宣べ伝え    音信  どう     でしょ  か。ローマ   宗教 全般  対し  寛容 でし た。国家  安全  脅かし たり 風紀  乱し たり  ない 限り,帝国   様々  民族  自分 たち  宗教  捨てる よう 求める こと  あり ませ  でし た。

 帝国 領内  ユダヤ    幅広い 権利  与え られ   まし た。「初期 キリスト   背景」(英語)と いう   こう 述べ   ます。「ローマ 帝国  おい  ユダヤ   優遇     た。……ユダヤ   宗教  自由  実践 でき,ローマ  神々  崇拝    すん だ。自分 たち  共同 社会  自分 たち    従っ  生活 でき た」。ユダヤ   軍務  就く 必要  あり ませ  でし た。 * パウロ は,ローマ   もと  ユダヤ   与え られ    保護  活用 し,ローマ  当局     キリスト   つい  弁明 する こと  なり ます。

反対  たち  様々  方法  使っ て,一般  人々  当局  たち  パウロ  敵対   よう   まし た。(使徒 13:50; 14:2,19; 18:12,13)一例  考え   ましょ う。エルサレム 会衆  長老 たち は,ユダヤ     広まっ   た,パウロ が「モーセ から  背教」を 説い  いる  いう うわさ  聞き まし た。その うわさ  放置  れる なら,改宗   ユダヤ   クリスチャン が,パウロ    取り決め  軽んじ  いる  思い込む おそれ  あり まし た。さらに  サンヘドリン が,キリスト   ユダヤ  から  背教  ある  宣言 する おそれ  あり まし た。そう なれ ば,クリスチャン  交友  持つ ユダヤ   処罰  れ,ユダヤ  社会 から のけ者  され たり,神殿  会堂    話せ なく なっ たり する でしょ う。それで,長老 たち  パウロ に,神殿  行っ  うわさ  誤り  証明 する よう 勧め ます。神  ご要求   ない もの の,行なっ   問題  ない 事柄  行なう よう 勧め   です。―使徒 21:18‐27

パウロ  長老 たち  勧め  従っ  結果,「良い たより  擁護   法的  確立 する」機会  開か れる こと  なり ます。(フィリ 1:7)パウロ  神殿  行く と,ユダヤ  たち  暴動  起こし,パウロ  殺そ    ます。ローマ   司令   よっ  拘束    パウロ は,まさに むち打た  よう      時,自分  ローマ 市民  ある こと  明らか   ます。その 結果,カエサレア  連れ  行か  ます。ローマ   ユダヤ  対する 統治  行なっ    場所 です。カエサレア  は,当局  たち    大胆  証言 する 機会     あり まし た。それ は,キリスト   つい  あまり 知ら ない 人々  真理  伝える 機会  なっ  でしょ う。

使徒 24   は,パウロ  ユダヤ  ローマ 総督 フェリクス    受け  裁判  つい  記さ    ます。フェリクス  クリスチャン  信条  つい  すでに いくらか 聞い   まし た。ユダヤ  たち は,パウロ  少なく   3     ローマ   背い  いる  訴え まし た。ローマ 帝国   ユダヤ     暴動  引き起こし,危険  一派  先導 し,ローマ  保護   ある 神殿  汚そ     いる,と 訴え   です。(使徒 24:5,6)どれ  死刑  なり かね ない  でし た。

パウロ  裁判  際,どの よう  行動   でしょ  か。穏やか   保ち,敬意  示し まし た。律法  預言  たち    言及 し,自分  は「父祖 たち  神」を 崇拝 する 権利  ある こと  主張  ます。それ は,ローマ   もと  ユダヤ   認め られ    権利 でし た。(使徒 24:14)やがて パウロ は,次  総督 ポルキオ  フェスト  ヘロデ  アグリッパ      信仰  つい  弁明 し,証し する こと  でき まし た。

最終  に,パウロ  公正  審理  受ける ため,「わたし  カエサル  上訴  ます!」と 言い ます。当時  最高 権力   上訴    です。―使徒 25:11

パウロ  カエサル    裁判  受ける

  パウロ  み使い から,「あなた  カエサル    立た   なら ない」と 告げ られ まし た。(使徒 27:24)ローマ 皇帝 ネロ  統治  初め から,すべて  裁判  自分  行なう わけ   ない  述べ   まし た。事実,統治  最初  8  間,ほとんど  裁判     たち  委ね まし た。「聖 パウロ  生涯  手紙」(英語)と いう   よる と,ネロ  自ら  裁判  行なう 場合,自分  宮殿  顧問   たち  助け   て,審理  まし た。顧問  たち  経験 豊富 で,強い 影響   持っ   まし た。

ネロ 自身  パウロ  訴え  聞き,裁判  行なっ   でしょ  か。それとも,他    パウロ  訴え  聞く 務め  委ね,内容  報告     でしょ  か。聖書  特に 述べ   ませ ん。いずれ    も,パウロ は,自分  ユダヤ     崇拝   いる こと や,政府  ふさわしい 敬意  払う よう 人々  勧め  いる こと  説明   でしょ う。(ロマ 13:1‐7。テト 3:1,2)権威  たち    良い たより  擁護   パウロ  努力 は,功  奏し まし た。自由    なっ   です。―フィリ 2:24。フィレ 22

良い たより  擁護 する わたしたち  責任

イエス  弟子 たち  こう 言い まし た。「あなた方  わたし  ため  総督   たち    引き出さ れる でしょ う。彼ら   国民  対する 証し  ため です」。(マタ 10:18)イエス  ため  語れる   特権 です。良い たより  擁護 する 努力  結果,法的  勝利   られる こと  あり ます。もちろん,不 完全  人間  判決  よっ て,良い たより  完全  意味 で「法的  確立」できる わけ   あり ませ ん。抑圧   公正 から  恒久   自由  実現 できる     王国 だけ です。―伝 8:9。エレ 10:23

しかし   も,クリスチャン  信仰  つい  弁明 する なら,エホバ  み名  栄光  もたらさ  ます。パウロ  倣っ て,穏やか   保ち,誠実  確信  こめ  語れ ます。イエス  追随  たち  こう 勧め まし た。「どの よう  弁明 する  前もって けいこ など  ない こと    定め なさい。わたし  あなた方    知恵  与える から です。あなた方  反対   みな 一緒  なっ  も,それ  抵抗 する こと  論ばく する こと  でき ない でしょ う」。―ルカ 21:14,15。テモ 二 3:12。ペテ 一 3:15

クリスチャン    支配  など 権威  たち    信仰  つい  弁明 する なら,他  方法   良い たより  聞く 機会  あまり   人々  証し する こと  でき ます。裁判   勝訴  よっ  法律  改正  れ,言論  崇拝  自由  保護  れる 場合  あり ます。しかし,裁判  結果  どんな もの  あれ,神   たち  勇気  もっ  語る なら,エホバ  喜ん  くださる でしょ う。

信仰  つい  弁明 する なら,エホバ  み名  高め られる

^ 8節 著述  ジェームズ  パークス  こう 述べ   ます。「ユダヤ   は……自分 たち  慣習  守る 権利  あっ た。そう   権利  特例    与え られ  わけ   なかっ た。ローマ  は,帝国 各地  自治   可能  限り 認める  いう 慣例  従っ     すぎ ない」。