アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2016年8月

野外奉仕携わるヨハネスラウテ。おそらく1920年代

 アーカイブ から

「エホバへの賛美の実を刈り取っています」

「エホバへの賛美の実を刈り取っています」

「現在 ヨーロッパ  進行    規模  戦争  比べれ ば,過去  戦争 すべて  小競り合い  思える」。「ものみの塔」(英語)1915  9  1   は,第   世界 大戦  つい  そう 述べ まし た。約 30 か国  巻き込ん  戦争 です。その 影響  つい  同誌 は,「特に ドイツ  フランス  おい て,[王国]奉仕  幾らか 困難  なっ  いる」と 述べ   ます。

世界 規模  激しい 戦争  続い    当時,聖書 研究  たち  クリスチャン  中立  つい  十分 理解     わけ   あり ませ ん。それでも,良い たより  伝える 決意  抱い   まし た。例えば ウィルヘルム  ヒルデブラント は,王国 奉仕  携わり たい  願い,フランス  の「聖書 研究  月刊」と いう 配布   パンフレット  注文  まし た。兄弟 は,コルポーター(全 時間 奉仕 者)と   フランス  赴い  わけ   あり ませ ん。ドイツ   兵士    派遣     です。道行く フランス  人々 は,軍服 姿  敵兵  平和  音信  伝え  いる     驚き まし た。

「ものみの塔」に 掲載    手紙  よる と,軍  所属  ながら も,王国  良い たより  伝え たい  強く 願う ドイツ   聖書 研究  たち  ほか   大勢  まし た。海軍    レムケ 兄弟 は,仲間  乗組  5   真理  関心  持っ   報告    ます。「乗船  も,エホバ   賛美    刈り取っ   ます」と 書い   ます。

ゲオルク  カイザー は,兵士    戦線  赴き,真        帰還  まし た。なぜ でしょ  か。聖書 研究     たまたま   入れ,それ  読ん  王国  真理   から 受け入れ   です。それ  武器  取る こと  拒み,非 戦闘  任務  就き まし た。戦後 は,開拓     長年 熱心  奉仕  まし た。

当時  聖書 研究  は,中立  問題  関し  十分   理解    ませ  でし  が,その 見方  行動  戦争  歓迎  する 人々   全く 異なっ   まし た。政治   教会  指導  たち  いわば 国旗  高く 掲げ      対し,聖書 研究  たち は「平和  君」を 支持      です。(イザ 9:6)厳正 中立  立場  保っ    なかっ   たち も,次  よう  述べ  コンラート  メルター  同じ 基本   信念  抱い   まし た。「わたし は,クリスチャン    殺す べき   ない こと  聖書 から はっきり 理解    まし た」。―出 20:13 *

手押し車 で「黄金 時代」を 宣伝 する ハンス  ヘルターホフ

ドイツ  は,良心  兵役 拒否   兵役  免除 する 規定  あり ませ  でし た。しかし,軍務  就く こと  一切 拒否   聖書 研究   20  以上  まし た。精神 疾患  みなさ   兄弟 たち   ます。その  人,グスタフ  クヤト  精神 病院  送ら   薬物  投与   まし た。兵役  拒ん  ハンス  ヘルターホフ  投獄  れ,刑務    戦争  関係 する 仕事  拒否  まし た。看守 たち  拘束   着せ られ,手足  しびれ   感覚  なり まし  が,妥協  ませ  でし た。それ  看守 たち  死刑 執行  ふり    兄弟  脅し まし た。しかし 兄弟 は,戦争  ずっ  忠実  保ち まし た。

徴兵    兄弟 たち    は,武器  取る こと  拒み,非 戦闘  仕事  願い出   たち   ます。 * 例えば ヨハネス  ラウテ は,鉄道 関係  仕事  配属   まし た。コンラート  メルター  病院   仕事  与え られ,ラインホルト  ウェーバー  看護     働き まし た。アウグスト  クラフツィク   戦闘  仕事  割り当て られ,ありがたく 思い まし た。彼ら は,愛  忠誠  関する 理解  基づい  エホバ  仕える こと  決意      です。

聖書 研究   戦時   取っ  立場 ゆえ に,当局  監視   置か  まし た。戦後    間,ドイツ  聖書 研究  たち は,伝道 活動  行なっ   いう 理由  何千    訴訟  起こさ  まし た。訴え られ  聖書 研究  たち  援助 する ため,マクデブルク  ある ドイツ 支部  法律 部門  設置   まし た。

クリスチャン  中立  問題  関する 理解 は,漸進   精錬    ゆき まし た。第   世界 大戦 中,エホバ  証人  戦争  一切 かかわら ず,厳正 中立  立場  保ち まし た。その ため,ドイツ  エホバ  証人  国家     られ,厳しい 迫害  受け まし た。この 新た  状況  どの よう  対処    は,今後 の「アーカイブ から」で 取り上げ ます。―中央 ヨーロッパ  アーカイブ から。

^ 7節   世界 大戦   英国  聖書 研究  たち  つい  は,「ものみの塔」2013  5  15   の「アーカイブ から 『試み  時』に 堅く 立っ   たち」と いう 記事  参照。

^ 9節 こう   方法 は,1904  発行 の「千年期 黎明」(英語)第 6  と,ドイツ   の「シオン  ものみの塔」1906  8    提案     まし た。「ものみの塔」(英語)1915  9     この   関する 理解  精錬  れ,聖書 研究   軍隊  入ら ない よう 提案   まし た。しかし,この 記事  ドイツ     掲載   ませ  でし た。

もっと調べる

エホバの証人が政治的中立を保つのはなぜですか

エホバの証人は国家の安全を脅かす存在ですか。