内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

野外​奉仕​に​携わる​ヨハネス​・​ラウテ。おそらく​1920​年代

 アーカイブ​から

「エホバへの賛美の実を刈り取っています」

「エホバへの賛美の実を刈り取っています」

「現在​ヨーロッパ​で​進行​中​の​大​規模​な​戦争​に​比べれ​ば,過去​の​戦争​すべて​は​小競り合い​に​思える」。「ものみの塔」(英語)1915​年​9​月​1​日​号​は,第​一​次​世界​大戦​に​つい​て​そう​述べ​まし​た。約​30​か国​を​巻き込ん​だ​戦争​です。その​影響​に​つい​て​同誌​は,「特に​ドイツ​と​フランス​に​おい​て,[王国]奉仕​が​幾らか​困難​に​なっ​て​いる」と​述べ​て​い​ます。

世界​規模​の​激しい​戦争​が​続い​て​い​た​当時,聖書​研究​者​たち​は​クリスチャン​の​中立​に​つい​て​十分​理解​し​て​い​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。それでも,良い​たより​を​伝える​決意​を​抱い​て​い​まし​た。例えば​ウィルヘルム​・​ヒルデブラント​は,王国​奉仕​に​携わり​たい​と​願い,フランス​語​の「聖書​研究​者​月刊」と​いう​配布​用​の​パンフレット​を​注文​し​まし​た。兄弟​は,コルポーター(全​時間​奉仕​者)と​し​て​フランス​へ​赴い​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。ドイツ​軍​の​兵士​と​し​て​派遣​さ​れ​た​の​です。道行く​フランス​の​人々​は,軍服​姿​の​敵兵​が​平和​の​音信​を​伝え​て​いる​の​を​見​て​驚き​まし​た。

「ものみの塔」に​掲載​さ​れ​た​手紙​に​よる​と,軍​に​所属​し​ながら​も,王国​の​良い​たより​を​伝え​たい​と​強く​願う​ドイツ​人​の​聖書​研究​者​たち​が​ほか​に​も​大勢​い​まし​た。海軍​に​い​た​レムケ​兄弟​は,仲間​の​乗組​員​5​人​が​真理​に​関心​を​持っ​た​と​報告​し​て​い​ます。「乗船​中​も,エホバ​へ​の​賛美​の​実​を​刈り取っ​て​い​ます」と​書い​て​い​ます。

ゲオルク​・​カイザー​は,兵士​と​し​て​戦線​に​赴き,真​の​神​の​僕​と​し​て​帰還​し​まし​た。なぜ​でしょ​う​か。聖書​研究​者​の​本​を​たまたま​手​に​入れ,それ​を​読ん​で​王国​の​真理​を​心​から​受け入れ​た​の​です。それ​で​武器​を​取る​こと​を​拒み,非​戦闘​の​任務​に​就き​まし​た。戦後​は,開拓​者​と​し​て​長年​熱心​に​奉仕​し​まし​た。

当時​の​聖書​研究​者​は,中立​の​問題​に​関し​て​十分​に​は​理解​し​て​い​ませ​ん​でし​た​が,その​見方​や​行動​は​戦争​を​歓迎​ する​人々​と​は​全く​異なっ​て​い​まし​た。政治​家​や​教会​の​指導​者​たち​が​いわば​国旗​を​高く​掲げ​て​い​た​の​に​対し,聖書​研究​者​たち​は「平和​の​君」を​支持​し​て​い​た​の​です。(イザ 9:6)厳正​中立​の​立場​を​保っ​て​は​い​なかっ​た​人​たち​も,次​の​よう​に​述べ​た​コンラート​・​メルター​と​同じ​基本​的​な​信念​を​抱い​て​い​まし​た。「わたし​は,クリスチャン​が​人​を​殺す​べき​で​は​ない​こと​を​聖書​から​はっきり​理解​し​て​い​まし​た」。―出 20:13 *

手押し車​で「黄金​時代」を​宣伝​する​ハンス​・​ヘルターホフ

ドイツ​で​は,良心​的​兵役​拒否​者​の​兵役​を​免除​する​規定​は​あり​ませ​ん​でし​た。しかし,軍務​に​就く​こと​を​一切​拒否​し​た​聖書​研究​者​が​20​人​以上​い​まし​た。精神​疾患​と​みなさ​れ​た​兄弟​たち​も​い​ます。その​一​人,グスタフ​・​クヤト​は​精神​病院​へ​送ら​れ​て​薬物​を​投与​さ​れ​まし​た。兵役​を​拒ん​だ​ハンス​・​ヘルターホフ​は​投獄​さ​れ,刑務​所​で​も​戦争​に​関係​する​仕事​を​拒否​し​まし​た。看守​たち​に​拘束​服​を​着せ​られ,手足​が​しびれ​て​無​感覚​に​なり​まし​た​が,妥協​し​ませ​ん​でし​た。それ​で​看守​たち​は​死刑​執行​の​ふり​を​し​て​兄弟​を​脅し​まし​た。しかし​兄弟​は,戦争​中​ずっ​と​忠実​を​保ち​まし​た。

徴兵​さ​れ​た​兄弟​たち​の​中​に​は,武器​を​取る​こと​を​拒み,非​戦闘​の​仕事​を​願い出​た​人​たち​も​い​ます。 * 例えば​ヨハネス​・​ラウテ​は,鉄道​関係​の​仕事​に​配属​さ​れ​まし​た。コンラート​・​メルター​は​病院​で​の​仕事​を​与え​られ,ラインホルト​・​ウェーバー​は​看護​師​と​し​て​働き​まし​た。アウグスト​・​クラフツィク​も​非​戦闘​の​仕事​を​割り当て​られ,ありがたく​思い​まし​た。彼ら​は,愛​と​忠誠​に​関する​理解​に​基づい​て​エホバ​に​仕える​こと​を​決意​し​て​い​た​の​です。

聖書​研究​者​は​戦時​中​に​取っ​た​立場​ゆえ​に,当局​の​監視​下​に​置か​れ​まし​た。戦後​の​数​年​間,ドイツ​の​聖書​研究​者​たち​は,伝道​活動​を​行なっ​た​と​いう​理由​で​何千​件​も​の​訴訟​を​起こさ​れ​まし​た。訴え​られ​た​聖書​研究​者​たち​を​援助​する​ため,マクデブルク​に​ある​ドイツ​支部​に​法律​部門​が​設置​さ​れ​まし​た。

クリスチャン​の​中立​の​問題​に​関する​理解​は,漸進​的​に​精錬​さ​れ​て​ゆき​まし​た。第​二​次​世界​大戦​中,エホバ​の​証人​は​戦争​に​一切​かかわら​ず,厳正​中立​の​立場​を​保ち​まし​た。その​ため,ドイツ​の​エホバ​の​証人​は​国家​の​敵​と​見​られ,厳しい​迫害​を​受け​まし​た。この​新た​な​状況​に​どの​よう​に​対処​し​た​か​は,今後​の「アーカイブ​から」で​取り上げ​ます。―中央​ヨーロッパ​の​アーカイブ​から。

^ 7節 第​一​次​世界​大戦​中​の​英国​の​聖書​研究​者​たち​に​つい​て​は,「ものみの塔」2013​年​5​月​15​日​号​の「アーカイブ​から 『試み​の​時』に​堅く​立っ​た​人​たち」と​いう​記事​を​参照。

^ 9節 こう​し​た​方法​は,1904​年​発行​の「千年期​黎明」(英語)第​6​巻​と,ドイツ​語​版​の「シオン​の​ものみの塔」1906​年​8​月​号​で​提案​さ​れ​て​い​まし​た。「ものみの塔」(英語)1915​年​9​月​号​で​は​この​点​に​関する​理解​が​精錬​さ​れ,聖書​研究​者​は​軍隊​に​入ら​ない​よう​提案​さ​れ​まし​た。しかし,この​記事​は​ドイツ​語​版​に​は​掲載​さ​れ​ませ​ん​でし​た。