内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

結婚 その始まりと目的

結婚 その始まりと目的

「エホバ​神​は​言わ​れ​た,『人​が​独り​の​まま​で​いる​の​は​良く​ない。わたし​は​彼​の​ため​に……助け手​を​造ろ​う』」。―創 2:18

歌: 36,11

1,2. (イ)結婚​は​どの​よう​に​始まり​まし​た​か。(ロ)最初​の​男女​は,結婚​に​つい​て​どんな​こと​を​理解​し​て​い​た​はず​です​か。(冒頭​の​挿絵​を​参照。)

結婚​は​人生​に​大きな​影響​を​与える​重要​な​事柄​です。結婚​の​始まり​と​目的​に​つい​て​考える​こと​は,結婚​に​対する​正しい​見方​を​持ち,喜び​の​多い​結婚​生活​を​送る​助け​に​なり​ます。神​は​最初​の​人間​アダム​を​創造​し​た​後,アダム​の​ところ​に​動物​たち​を​連れ​て​来​て,名前​を​付け​させ​まし​た。しかし,「人​の​ため​に​は,これ​を​補う​もの​と​なる​助け手」が​い​ませ​ん​でし​た。それ​で​神​は,アダム​を​深く​眠らせ,その​あばら骨​の​一つ​から​女​を​創造​し,アダム​の​ところ​に​連れ​て​来​られ​まし​た。創世記 2:20‐24を​読む。)ですから,結婚​は​神​が​創始​さ​れ​た​もの​です。

2 イエス​は,「人​は​父​と​母​を​離れ​て​自分​の​妻​に​堅く​付き,二​人​は​一体​と​なる」と​いう​エホバ​の​言葉​に​注意​を​向け​まし​た。(マタ 19:4,5)アダム​と​エバ​は,神​が​アダム​の​あばら骨​を​用い​て​エバ​を​創造​さ​れ​た​こと​を​知り,結婚​の​絆​の​強さ​を​感じ​た​こと​でしょ​う。離婚​し​ たり​複数​の​配偶​者​を​持っ​たり​する​取り決め​は​あり​ませ​ん​でし​た。

結婚​と​エホバ​の​目的

3. 結婚​の​重要​な​目的​は​何​でし​た​か。

3 アダム​は​愛らしい​妻​を​与え​られ​た​こと​を​喜び,後​に​彼女​を​エバ​と​名づけ​ます。エバ​は​アダム​を「補う​もの」また「助け手」と​なる​の​です。2​人​が​それぞれ​夫​また​妻​と​し​て​の​役割​を​果たす​なら,毎日​幸せ​に​暮らせ​た​こと​でしょ​う。(創 2:18)結婚​の​重要​な​目的​の​一つ​は,地​を​子孫​で​満たす​こと​でし​た。(創 1:28)人​は​結婚​する​時,愛する​親​の​もと​を​離れ​て​新しい​家庭​を​築き​ます。人類​家族​は​増え​て​いっ​て​地​を​満たし,地球​全体​を​楽園​に​する​の​です。

4. 最初​の​結婚​は​どう​なり​まし​た​か。

4 ところが,この​最初​の​結婚​は​悲惨​な​結果​を​迎え​ます。アダム​と​エバ​は​自由​意志​を​誤用​し​て,エホバ​に​背く​こと​を​選ん​だ​から​です。「初め​から​の​蛇」で​ある​悪魔​サタン​は​エバ​を​欺き,「善悪​の​知識​の​木」の​実​を​食べる​なら​特別​な​知識​を​得​て​善悪​を​決め​られる​よう​に​なる,と​信じ込ま​せ​まし​た。エバ​は,頭​の​権​に​敬意​を​示し​て​夫​に​相談​する,と​いう​こと​は​し​ませ​ん​でし​た。アダム​は,神​に​従う​の​で​は​なく,妻​から​勧め​られ​た​木​の​実​を​食べ​まし​た。―啓 12:9。創 2:9,16,17; 3:1‐6

5. 神​に​対する​アダム​と​エバ​の​返答​から,どんな​教訓​を​得​られ​ます​か。

5 アダム​は​神​から​問いたださ​れ​た​時,妻​の​せい​に​し​て​こう​言い​まし​た。「わたし​と​一緒​に​いる​よう​に​と​与え​て​くださっ​た​女,その​女​が​その​木​から​実​を​くれ​た​の​で,わたし​は​食べ​まし​た」。エバ​は,自分​を​欺い​た​蛇​の​せい​だ​と​言い​まし​た。(創 3:12,13)見え透い​た​言い訳​です。エホバ​に​反逆​し​た​最初​の​人間​夫婦​は,罪​を​宣告​さ​れ​まし​た。これ​は​強力​な​警告​です。結婚​を​成功​さ​せる​に​は,夫​も​妻​も​自分​の​責任​を​果たし,エホバ​に​従わ​なけれ​ば​なら​ない​の​です。

6. 創世記 3​章​15​節​から​どんな​こと​が​分かり​ます​か。

6 サタン​が​エデン​で​問題​を​起こし​た​後,エホバ​は​最初​の​聖書​預言​の​中​で​人類​に​希望​を​お与え​に​なり​まし​た。創世記 3:15を​読む。)最初​の​反逆​者​と​なっ​た​霊者​は,「女​の​胤」に​よっ​て​砕か​れる​の​です。この​預言​から,天​で​忠実​に​仕える​無数​の​霊者​と​エホバ​と​の​間​の​特別​な​関係​を​垣間見る​こと​が​でき​ます。聖書​に​よる​と,神​が​この​妻​の​よう​な​組織​から​遣わす​者​は​悪魔​を「砕き」ます。また​その​者​は,最初​の​人間​夫婦​が​失っ​た​もの​を​取り戻す​ため​の​手だて​と​なり​ます。従順​な​人類​は,エホバ​の​当初​の​目的​どおり​地上​で​永遠​に​生きる​こと​が​できる​の​です。―ヨハ 3:16

7. (イ)アダム​と​エバ​の​反逆​は,人類​の​結婚​生活​に​どんな​影響​を​与え​まし​た​か。(ロ)聖書​に​よる​と,夫​と​妻​に​は​どんな​務め​が​あり​ます​か。

7 アダム​と​エバ​の​反逆​は,2​人​の​結婚​生活​だけ​で​なく,2​人​の​子孫​の​結婚​生活​に​も​大きな​影響​を​与え​まし​た。例えば,エバ​と​その​子孫​の​女性​たち​は,妊娠​と​出産​の​時​に​苦痛​を​経験​する​こと​に​なり​ます。妻​は​夫​を​慕い求め​ます​が,夫​は​妻​を​支配​し​ます。今日,妻​を​虐待​する​夫​も​少なく​あり​ませ​ん。(創 3:16)聖書​は,夫​が​頭​の​権​を​愛情​深く​行使​す​べき​で​ある​と​教え​て​い​ます。また,妻​は​夫​の​頭​の​権​に​服する​べき​です。(エフェ 5:33)神​を​恐れる​夫​と​妻​が​互い​に​協力​し​合う​なら,多く​の​問題​を​避ける​こと​が​でき​ます。

 アダム​の​時​から​大​洪水​の​時​まで

8. アダム​の​時​から​大​洪水​の​時​まで,結婚​は​どんな​歴史​を​たどり​まし​た​か。

8 アダム​と​エバ​は​罪​を​犯し​て​不​完全​に​なっ​た​後,息子​や​娘​たち​を​もうけ​まし​た。(創 5:4)2​人​の​最初​の​息子​カイン​は,親族​の​女性​の​一​人​と​結婚​し​まし​た。カイン​の​子孫​レメク​に​は​2​人​の​妻​が​い​た​と​記録​さ​れ​て​い​ます。(創 4:17,19)アダム​の​時​から​ノア​の​時代​の​大​洪水​まで,エホバ​の​崇拝​者​は​ごく​わずか​でし​た。その​中​に​は,アベル,エノク,ノア​と​その​家族​が​い​まし​た。ノア​の​時代​に​起き​た​事柄​に​つい​て​聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「まこと​の​神​の​子​ら​は​人​の​娘​たち​を​見,その​器量​の​良い​こと​に​気づく​よう​に​なっ​た。そして​彼ら​は​自分​たち​の​ため​に​妻​を,すべて​自分​の​選ぶ​ところ​の​者​を​めとっ​て​いっ​た」。肉体​を​備え​て​現われ​た​み使い​たち​と​人間​の​女性​たち​と​の​不​自然​な​結びつき​に​よっ​て,子ども​たち​が​生ま​れ​まし​た。その​子ども​たち​は​暴力​的​な​巨人​と​なり,ネフィリム​と​し​て​知ら​れ​まし​た。そして,「人​の​悪​が​地​に​あふれ,その​心​の​考え​の​すべて​の​傾向​が​終始​ただ​悪​に​向か」い​まし​た。―創 6:1‐5

9. エホバ​は​ノア​の​時代​の​邪悪​な​人々​を​どう​さ​れ​まし​た​か。その​時代​に​生じ​た​事柄​から​どんな​教訓​を​得​られ​ます​か。

9 エホバ​は​ノア​の​時代​の​邪悪​な​人々​を​滅ぼす​ため,大​洪水​を​もたらさ​れ​まし​た。当時​の​人々​は,結婚​を​含む​生活​上​の​事柄​に​気​を​取ら​れ,「義​の​伝道​者​ノア」の​伝え​た​滅び​に​関する​警告​を​真剣​に​受け止め​ませ​ん​でし​た。(ペテ​二 2:5)イエス​は​当時​と​同じ​よう​な​状況​が​生じる​こと​を​予告​さ​れ​まし​た。マタイ 24:37‐39を​読む。)この​邪悪​な​体制​の​終わり​が​近づく​今,神​の​王国​の​良い​たより​が​世界​中​で​宣べ伝え​られ​て​い​ます。しかし,ほとんど​の​人​たち​は​耳​を​傾け​よう​と​し​ませ​ん。わたしたち​は,結婚​や​子育て​など​家族​の​事柄​に​気​を​奪わ​れ​て,エホバ​の​日​が​近い​と​いう​緊急​感​を​失わ​ない​よう​注意​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。

大​洪水​の​時​から​イエス​の​時代​まで

10. (イ)多く​の​文化​圏​で​は,どんな​慣行​が​広く​見​られ​て​い​まし​た​か。(ロ)アブラハム​と​サラ​は,結婚​生活​に​おい​て​どんな​良い​手本​を​示し​まし​た​か。

10 ノア​と​3​人​の​息子​たち​に​は​それぞれ​1​人​の​妻​が​い​まし​た​が,族長​時代​に​は​一夫多妻​が​一般​的​でし​た。多く​の​文化​圏​で​は,性的​不​道徳​が​広く​見​られ,宗教​儀式​に​さえ​取り入れ​られ​て​い​まし​た。アブラム(アブラハム)と​妻​サライ(サラ)が​神​の​命令​に​従っ​て​カナン​に​移動​し​た​時,その​地​で​は​結婚​関係​を​軽視​する​慣行​が​広く​行なわ​れ​て​い​まし​た。エホバ​は,甚だ​し​い​性的​不​道徳​が​行なわ​れ​て​い​た​ソドム​と​ゴモラ​を​滅ぼさ​れ​まし​た。その​よう​な​中​で,アブラハム​は​家族​を​正しく​導き,サラ​は​夫​の​頭​の​権​に​服し​て​良い​手本​を​示し​まし​た。ペテロ​第​一 3:3‐6を​読む。)また​アブラハム​は,息子​イサク​が​エホバ​の​崇拝​者​と​結婚​する​よう​に​見届け​まし​た。イサク​の​息子​ヤコブ​も​エホバ​の​崇拝​者​と​結婚​し,その​息子​たち​は​イスラエル​の​12​部族​の​父祖​と​なり​まし​た。

11. イスラエル​人​は,モーセ​の​律法​に​よっ​て​どの​よう​に​保護​さ​れ​まし​た​か。

11 後​に​エホバ​は,ヤコブ(イスラエル)の​子孫​と​契約​を​結ば​れ​ます。モーセ​の​律法​で​は,一夫多妻​を​含め,結婚​の​慣行​に​関する​様々​な​規定​が​設け​られ​まし​た。また​律法​で​は, 偽り​の​神​を​崇拝​する​人々​と​の​結婚​が​禁じ​られ​た​ため,イスラエル​人​は​霊的​に​保護​さ​れ​まし​た。申命記 7:3,4を​読む。)結婚​生活​に​おい​て​深刻​な​問題​が​生じ​た​場合​に​は,年長​者​たち​の​援助​を​受ける​こと​が​でき​まし​た。不​忠実,しっと,疑念​など​は,適切​に​扱わ​れ​まし​た。離婚​は​認め​られ​て​い​まし​た​が,制約​が​あり​まし​た。妻​に「何​か​みだり​な​点」が​ある​場合,夫​は​妻​を​離婚​する​こと​が​でき​まし​た。(申 24:1)何​が「みだり​な​点」か​は​明確​に​規定​さ​れ​て​い​ませ​ん​でし​た​が,ささい​な​事柄​は​含ま​れ​て​い​なかっ​た​に​違いあり​ませ​ん。―レビ 19:18後半

配偶​者​に​対し​て​不実​な​振る舞い​を​し​て​は​なら​ない

12,13. (イ)マラキ​の​時代,妻​を​どの​よう​に​扱う​夫​が​い​まし​た​か。(ロ)今日,バプテスマ​を​受け​た​人​が​他​の​人​の​配偶​者​と​駆け落ち​し​た​場合,どう​なり​ます​か。

12 預言​者​マラキ​の​時代,ユダヤ​人​の​多く​の​夫​は,いろいろ​な​理由​を​付け​て​妻​を​離婚​し,妻​に​対し​て​不実​な​振る舞い​を​し​て​い​まし​た。若い​女性​や​異教​徒​の​女性​と​結婚​する​ため​に,若い​時​の​妻​を​捨て​た​の​でしょ​う。イエス​が​地上​に​い​た​時代​に​も,ユダヤ​人​の​男性​は​様々​な「根拠」を​持ち出し​て​妻​を​離婚​し,不実​に​振る舞い​まし​た。(マタ 19:3)エホバ​神​は​その​よう​な​離婚​を​憎ま​れ​まし​た。―マラキ 2:13‐16を​読む。

13 今日,エホバ​の​民​の​間​で​配偶​者​へ​の​裏切り​は​容認​さ​れ​ませ​ん。バプテスマ​を​受け​た​既婚​者​が​他​の​人​の​配偶​者​と​駆け落ち​し,離婚​し​た​後​に​結婚​する​なら,どう​なり​ます​か。悔い改め​ない​なら,排斥​さ​れ​ます。会衆​の​霊的​清さ​を​保つ​ため​です。(コリ​一 5:11‐13)会衆​に​戻る​こと​が​認め​られる​に​は,「悔い改め​に​ふさわしい​実​を​生み​出」さ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(ルカ 3:8。コリ​二 2:5‐10)神​の​民​の​間​で​その​よう​な​裏切り​行為​は​まれ​に​しか​生じ​ない​と​は​いえ,見過ごさ​れる​こと​は​あり​ませ​ん。その​人​の​復帰​が​認め​られる​まで​の​期間​に​つい​て​明確​な​規定​は​あり​ませ​ん​が,真​の​悔い改め​を​実証​する​に​は,かなり​の​期間,おそらく​1​年​か​それ​以上​かかる​でしょ​う。たとえ​復帰​し​た​と​し​て​も,その​人​は「神​の​裁き​の​座​の​前」で​言い開き​を​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。―ロマ 14:10‐12「ものみの塔」1980​年​2​月​15​日​号​31‐32​ページを​参照。

クリスチャン​の​結婚

14. 律法​は​どんな​役割​を​果たし​まし​た​か。

14 イスラエル​人​は​1500​年​以上​に​わたり,モーセ​の​律法​の​もと​に​い​まし​た。家族​に​関係​し​た​事柄​や​他​の​問題​を​義​の​原則​に​沿っ​て​扱う​うえ​で,律法​は​助け​に​なり​まし​た。また,メシア​に​導く​養育​係​と​も​なり​まし​た。(ガラ 3:23,24)律法​が​イエス​の​死​に​よっ​て​廃さ​れる​と,神​は​新た​な​取り決め​を​施行​し​始め​ます。(ヘブ 8:6)その​結果,律法​で​容認​さ​れ​て​い​た​幾つ​か​の​事柄​は​もはや​認め​られ​なく​なり​まし​た。

15. (イ)結婚​に​関する​どんな​規準​が​クリスチャン​会衆​に​適用​さ​れ​ます​か。(ロ)クリスチャン​は​離婚​す​べき​か​どう​か​を​考える​際,どんな​点​を​思い​に​留める​べき​です​か。

15 イエス​は​パリサイ​人​たち​の​質問​に​答え​た​際,モーセ​が​離婚​に​関し​て​譲歩​し​た​こと​に​つい​て,「初め​から​そう​なっ​て​い​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん」と​述べ​まし​た。(マタ 19:6‐8)イエス​は,神​が​エデン​で​定め​た​結婚​の​規準​が​クリスチャン​会衆​に​適用​さ​れる​こと​を​示し​た​の​です。(テモ​一 3:2,12)結婚​し​ た​夫婦​は「一体」となり,互い​に​堅く​付き​ます。神​へ​の​愛​と​互い​へ​の​愛​に​よっ​て​強い​絆​で​結ば​れる​の​です。淫行​つまり​性的​不​道徳​以外​の​理由​で​法的​な​離婚​を​する​人​に​は,再婚​の​自由​は​あり​ませ​ん。(マタ 19:9)姦淫​を​犯し​た​配偶​者​が​悔い改め​た​場合,許す​こと​に​する​人​も​いる​でしょ​う。預言​者​ホセア​は,不​道徳​な​妻​ゴメル​を​許し​た​よう​です。エホバ​も,霊的​な​姦淫​を​犯し​た​イスラエル​国民​が​悔い改め​た​時,憐れみ​を​示さ​れ​まし​た。(ホセ 3:1‐5)自分​の​配偶​者​が​姦淫​を​犯し​た​こと​を​知っ​た​後,配偶​者​と​性​関係​を​持つ​こと​を​選ぶ​なら,相手​を​許し​た​こと​に​なり,離婚​する​聖書​的​な​根拠​は​失わ​れ​ます。

16. イエス​は​独身​に​つい​て​どんな​こと​を​述べ​まし​た​か。

16 イエス​は,離婚​の​唯一​の​根拠​が​性的​不​道徳​で​ある​こと​を​指摘​し​た​後,独身​で​生活​する「賜物​を​持つ​人​たち」に​つい​て​語り​まし​た。そして,「それ​を​受け入れる​こと​の​できる​人​は,受け入れ​なさい」と​述べ​まし​た。(マタ 19:10‐12)多く​の​人​は,エホバ​へ​の​奉仕​に​集中​する​ため​独身​で​いる​こと​を​選ん​で​い​ます。それ​は​称賛​す​べき​こと​です。

17. 結婚​する​か​どう​か​を​決める​際,どんな​点​を​考える​こと​は​役立ち​ます​か。

17 独身​で​いる​か​結婚​する​か​を​考える​際,自分​は​独身​の​賜物​を​培える​だろ​う​か​と​自問​でき​ます。使徒​パウロ​は​独身​を​勧め​まし​た​が,こう​も​述べ​まし​た。「淫行​が​はびこっ​て​い​ます​から,男​は​おのおの​自分​の​妻​を​持ち,女​は​おのおの​自分​の​夫​を​持ち​なさい」。さらに,「自制​でき​ない​なら,その​人​たち​は​結婚​し​なさい。情欲​に​燃える​より​は​結婚​する​ほう​が​良い​から​です」と​も​書き​まし​た。結婚​する​こと​に​より,情欲​に​負け​て​マスターベーション​を​行なっ​たり​性的​不​道徳​を​犯し​たり​し​ない​よう​守ら​れる​か​も​しれ​ませ​ん。また,年齢​と​いう​要素​に​つい​て,パウロ​は​こう​述べ​て​い​ます。「人​が​自分​の​童貞​性​に​ふさわしく​ない​振る舞い​を​し​て​いる​と​考え,若さ​の​盛り​を​過ぎ​て​おり,しかも​それ​が​当然​の​道​で​あれ​ば,その​人​は​自分​の​望む​こと​を​行ない​なさい。その​人​は​罪​を​おかす​わけ​で​は​あり​ませ​ん。その​人​たち​は​結婚​し​なさい」。(コリ​一 7:2,9,36。テモ​一 4:1‐3)と​は​いえ,若い​時​の​情欲​の​まま​に​結婚​す​べき​で​は​あり​ませ​ん。結婚​生活​に​伴う​種々​の​責任​を​担える​ほど​成熟​し​て​い​ない​か​も​しれ​ませ​ん。

18,19. (イ)クリスチャン​の​結婚​は​どの​よう​に​し​て​始まり​ます​か。(ロ)次​の​記事​で​は​どんな​事柄​を​学び​ます​か。

18 クリスチャン​の​結婚​は​どの​よう​に​し​て​始まる​でしょ​う​か。エホバ​に​献身​し,神​を​心​から​愛する​男性​と​女性​が​出会い​ます。互い​へ​の​愛​が​深まり,結婚​の​絆​で​結ば​れ​たい​と​願う​よう​に​なり​ます。「主​に​ある​者​と​だけ」結婚​する​よう​に​と​いう​助言​に​従っ​た​2​人​は,きっと​幸せ​に​なる​でしょ​う。(コリ​一 7:39)結婚​後​も,夫婦​に​対する​聖書​の​アドバイス​が​役立つ​こと​を​実感​し​ます。

19 「終わり​の​日」で​ある​今日,多く​の​人々​は​結婚​生活​の​妨げ​と​なる​性向​を​示し​て​い​ます。(テモ​二 3:1‐5)次​の​記事​で​は,クリスチャン​の​夫婦​が​問題​に​対処​する​うえ​で​役立つ​事柄​を​学び​ます。エホバ​は,わたしたち​が​結婚​を​成功​さ​せ,神​の​民​と​共​に​永遠​の​命​に​至る​道​を​歩み​続ける​ため,聖書​を​通し​て​必要​な​アドバイス​を​与え​て​おら​れ​ます。―マタ 7:13,14