アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2016年8月

 ライフ  ストーリー

与える喜びを味わってきました

与える喜びを味わってきました

自分  価値 ある もの  与える こと  できる,と いう こと  気づい    12    です。大会 中,ある 兄弟 から「伝道  行き たい です か」と 尋ね られ まし た。わたし  伝道   こと  あり ませ  でし  が,「はい」と 答え まし た。伝道 区域  行く と,兄弟    王国  つい   冊子    かくれ まし た。そして,「この 通り  あちら   訪問   ください。わたし  こちら   行き ます から」と 言い まし た。わたし  緊張  ながら   訪問  始め まし た。驚い  こと に,あっと いう   すべて  冊子  配布   しまい まし た。「ぼく  与える もの  必要    いる   たくさん いる  だ」と 思い まし た。

わたし  1923   英国 ケント   チャタム  生ま  まし た。当時  人々     沈痛  空気  漂っ   まし た。大戦  よっ      良く なる,と いう 期待  裏切ら     から です。わたし  両親 は,自分  昇進  こと ばかり 考え  いる バプテスト 教会  牧師 たち  失望    まし た。母 は,わたし  9  くらい  時,国際 聖書 研究  協会  会館  行く よう  なり まし た。そこ  は,エホバ  証人  いう 名称  用いる よう  なっ   たち  クラス つまり 会衆  集会  開い   まし た。また,姉妹     聖書 と「神  立琴」の   使っ て,わたしたち 子ども  教え  くれ まし た。とても 楽しかっ    覚え   ます。

年上  兄弟 たち から 学ぶ

   なり,人々  聖書  希望  伝える 喜び  知り まし た。家 から   奉仕  1   行なう こと  よく あり まし  が,他    一緒  奉仕   学ぶ こと  たくさん あり まし た。ある 日,年上  兄弟  一緒  自転   伝道 区域  向かう 途中,牧師  見かけ  わたし は,「やぎ   ます よ」と 言い まし た。すると 兄弟  自転   止め,「あそこ  丸太  座ろ う」と 言い まし た。そして こう 言い まし た。「だれ  やぎ   裁く 権威 なんて,わたしたち  ある  かな。裁く   エホバ   だ。わたしたち  喜ん  良い たより  伝え よう」。こう   経験  通し て,喜ん  与える こと  大切   学び まし た。―マタ 25:31‐33。使徒 20:35

  年上  兄弟 から 学ん   は,与える 喜び  味わう   辛抱強く 待た なけれ  なら ない,と いう こと です。兄弟  奥さん  エホバ  証人  嫌い でし た。ある 日,兄弟 から お茶  招か  まし た。奥さん  兄弟  伝道   行っ  こと  とても   立て,お茶    次々  投げつけ   まし た。兄弟  奥さん  叱る どころ か,嫌   一つ   に,お茶    1  1    場所  戻し まし た。何   後,兄弟  辛抱  報わ  まし た。奥さん  バプテスマ  受け   です。

人々  将来  希望  伝え たい  いう わたし  願い は,日    強く なり まし た。そして,1940  3 月,母  わたし  ドーバー  バプテスマ  受け まし た。英国  ドイツ  宣戦 布告     1939  9 月,わたし  16    です。1940  6 月,わたし    玄関   から   いる と,負傷   いっぱい  なっ  トラック     通り過ぎ  行き まし た。ダンケルク  戦い  生き残っ  兵士 たち でし た。うつろ    兵士 たち   て,神  王国  つい  伝え たい,と 強く 思い まし た。同じ 年,英国   爆撃  頻繁  なり,ドイツ   爆撃   夜な夜な 上空  飛び交い まし た。爆弾  落下 する ヒュー  いう   聞こえ,ぞっ   まし た。翌朝,外    みる と,辺り  家々  がれき    化し   まし た。将来  希望  王国  しか ない,と いう 確信  いよいよ 強まり まし た。

与える 生き方  始める

1941 年,さらに 幸福  生活  始まり まし た。それ まで は,チャタム  王立 造船   造船 技師  見習い     まし た。多く    うらやむ,割  良い 仕事 です。エホバ   たち  長年,クリスチャン  国家   戦争  参加  べき   ない  いう こと  理解    まし た。そして,1941  ごろ  は,軍事 産業  働く べき   ない  いう こと  理解 する よう  なり まし た。(ヨハ 18:36)造船    潜水   造っ     で,わたし  仕事  辞め   時間 宣教  始める こと   まし た。最初  割り当て られ   は,コツウォルド 丘陵  美しい  サイレンセスター でし た。

18   時,兵役  拒否   ため  9 か月  投獄   まし た。独房    閉じ られ,1  きり  なっ    は,とても 不安  なり まし た。しかし,その  すぐ  看守  囚人 たち が,なぜ 投獄       尋ね     で,自分  信仰  つい  喜ん    まし た。

釈放    後,レナード  スミス  *   故郷  ケント   ある 幾つ     伝道 する よう 割り当て られ まし た。1944  以来,爆弾  搭載   1000  以上  無人 飛行   ケント   攻撃  まし た。わたしたち は,ナチ 占領   ヨーロッパ  ロンドン  結ぶ 空路  真下  住ん   まし た。人々  恐怖  震え まし た。エンジン     止まっ    思う と,数     その 飛行 爆弾  落ち    爆発 する  です。わたしたち  そういう こと     経験  まし た。ある 5  家族   聖書 研究    は,よく 鉄製  テーブル    座り,家  壊れ      守れる よう   まし た。その 家族  全員,バプテスマ  受け まし た。

外国  良い たより  伝える

アイルランド  開拓 奉仕      ころ。大会  宣伝   いる

戦後,南 アイルランド  2  間,開拓 奉仕   まし た。アイルランド  イングランド  どれ ほど 違う か,知り ませ  でし た。家 から   訪ね,自分 たち  宣教   泊まる 場所  探し  いる こと  説明  まし た。また,街路  雑誌  配布  まし た。カトリック      大胆  こと       でしょ う。ある 男性  殴ら  そう  なっ  時,警官  相談 する と,「で,どうして ほしい  だ」と 言わ  まし た。わたしたち は,司祭  どれ ほど 強い   持っ  いる   理解    ませ  でし た。わたしたち    受け取る 人々    失い まし た。また,わたしたち  泊まっ    場所 から 追い出さ  まし た。

わたしたち  すぐ に,新しい 区域  奉仕 する   は,泊まっ  いる 場所 から できる だけ 遠く  自転   行っ  奉仕 する   よい,と いう こと  気づき まし た。その 地区  司祭  わたしたち  こと  知ら ない から です。泊まっ  いる 場所  近く  最後  奉仕  ます。キルケニー  は,暴徒 たち から 脅さ  ながら も,若い 男性   3  研究  まし た。聖書  真理  教える   とても 楽しかっ   で,宣教   なる 訓練  受ける ため,ものみの塔 ギレアデ 聖書 学校   入校  申し込み まし た。

1948  から 1953  まで,帆船 シビア   わたしたち  宣教  ホーム だっ 

ニューヨーク    5 か月  課程  後,4   卒業   カリブ   小さな 島々  奉仕 する よう 割り当て られ まし た。1948  11 月,全長 18   帆船 シビア   乗っ  ニューヨーク   出発  まし た。帆船  乗る   初めて だっ   で,わくわく  まし た。卒業     ガスト  マキ  経験 豊か  船長 で,基本   操船   教え  くれ まし た。それぞれ    上げ下げ  仕方,コンパス  使い方,風上  向かっ  進む 方法 など です。危険       遭い まし  が,兄弟  上手    操り まし た。30  後,わたしたち  バハマ  着き ます。

「遠く  島々    それ  告げ  言え」

わたしたち は,バハマ 諸島  小さな 島々   か月 伝道   後,リーワード 諸島  ウィンドワード 諸島  向かい まし た。プエルトリコ  近く  バージン 諸島 から トリニダード  まで,約 800   わたっ  連なる 島々 です。5  間,エホバ  証人  全く  ない 島々    伝道  まし た。郵便  やり取り      でき ない こと  あり まし た。いろいろ  不便  あり まし  が,島々  エホバ  言葉  告げ知らせる   大きな 喜び でし た。―エレ 31:10

シビア   旅行   宣教  たち(左 から  へ): ロナルド  パーキン,ディック  ライド,ガスト  マキ,スタンレー  カーター

わたしたち      到着 する と,ちょっと   騒ぎ  なり まし た。どんな  たち     だろ  と,島   たち  船着き場 まで      です。帆船  白人  物珍しかっ   でしょ う。みんな 友好   信仰   あり,聖書  内容  よく 知っ   まし た。また,新鮮    アボカド  ピーナッツ  くれる こと  あり まし た。わたしたち  狭い 船内  料理  洗濯  し,何   寝泊まり  まし た。

   1  じゅう 人々  伝道 し,聖書    行なわ れる こと  伝え まし た。日  暮れる ころ,船    鳴らし まし た。島   たち  集まっ  くる 光景  印象  でし た。丘  下っ  来る 人々        ランプ が,きらめく    よう  見え まし た。時   100     たち  集まり,夜遅く まで いろいろ  質問     まし た。みんな   好き だっ   で,王国    歌詞  タイプ   配り まし た。わたしたち  一生 懸命 歌う と,人々  美しい 歌声  合唱   くれ まし た。幸せ  ひと時 でし た。

研究     は,自分  聖書 研究  後,わたしたち  付い   て,次  聖書 研究  参加 する  たち   まし た。わたしたち  とどまれる      だけ だっ   で,特に 関心  示し  研究  たち に,わたしたち  戻る まで,代わり  研究  司会    ほしい  頼み まし た。その 割り当て  真剣  取り組む 姿  とても 励まさ  まし た。

今,これら  島々  観光   にぎわっ   ます が,当時  紺碧  海,白い 砂浜,やし  木々  ある だけ  静か  場所 でし た。わたしたち  大抵,夜  時間        移動  まし た。イルカ  楽し そう    そば  泳ぎ,聞こえ  くる       切っ  進む  ぐらい でし た。穏やか    映し出さ       輝き が,水平線  かなた まで 続い   まし た。

わたしたち  島々  5   伝道   後,プエルトリコ  行き まし た。帆船  エンジン 付き    交換 する ため です。プエルトリコ  マクシン  ボイド  いう 美しい 宣教   姉妹  会い,好き  なり まし た。姉妹  子ども  ころ から 熱心  良い たより  伝え   まし た。ドミニカ 共和   宣教     奉仕    まし  が,1950   カトリック  政権   国外 追放   まし た。わたし    乗組     プエルトリコ  滞在  許可      期間  1 か月 だけ でし た。その   また 島々     始まり,戻っ   られる      でしょ う。それ  自分  こう 言い まし た。「ロナルド,彼女 しか  ない  思う なら,すぐ 行動 する  だ」。3   後,彼女  プロポーズ し,その 3   後,結婚  まし た。わたしたち 夫婦  宣教     プエルトリコ  割り当て られ まし た。それ  わたし は,新しい    乗り ませ  でし た。

1956 年,巡回 奉仕  始め まし た。わたしたち  兄弟 たち  訪問 する   大好き でし た。兄弟 たち  多く  貧しい 生活     まし た。例えば,ポタラ  パスティリョ   は,たくさん  子ども  持つ,2   クリスチャン 家族   まし た。わたし  みんな  ため に,よく フルート  吹い  あげ まし た。子ども たち    イルダ  いう      まし た。わたし  イルダ  一緒  伝道  行き たい  尋ねる と,「行き たい けど,靴  ない から 行け ませ ん」と 言い まし た。わたしたち    買っ  あげる と,イルダ  一緒  伝道  行き まし た。それ から    たっ  1972  に,マクシン  わたし  ブルックリン  ベテル  訪ね    時,ギレアデ  卒業     姉妹  近づい   まし た。割り当て られ  エクアドル  旅立と     いる ところ でし た。姉妹  わたしたち に,「わたし  こと  覚え   ます か。パスティリョ  裸足 だっ   です」。あの イルダ だっ   です。わたしたち は,うれしさ  あまり 泣い  しまい まし た。

1960 年,わたしたち  プエルトリコ 支部  奉仕 する よう 割り当て られ まし た。サンフアン   サントゥルーセ  ある 2  建て  小さな  でし た。最初  ころ,レナート  ジョンソン  わたし  支部  ほとんど  仕事     まし た。レナート  奥さん  ドミニカ 共和   最初  エホバ  証人  なっ   たち で,1957   プエルトリコ   まし た。マクシン   に,雑誌  予約  扱う 仕事  する よう  なり まし た。週  1000  以上  予約  あり まし た。マクシン は,霊的  食物  受け取る  たち    思い浮かべ ながら,楽しく 奉仕    まし た。

わたし  ベテル 奉仕  大好き です。与える 生き方  できる から です。でも,いつも 順調  いう わけ   あり ませ ん。例えば,1967   プエルトリコ  初めて 国際 大会  開か   時,やる べき こと    よう  あり,責任  重さ  押しつぶさ  そう  なり まし た。当時 エホバ  証人  活動  監督     ネイサン  ノア  大会   まし た。兄弟 は,わたし  外国 から   宣教  たち  交通 手段  きちんと 取り決め   なかっ   誤解  まし た。実際   取り決め     です。でも 兄弟 から,もっと しっかり 組織 する よう   強く 助言   まし た。「あなた   がっかり  た」と  言わ  まし た。わたし  反論  よう   思い ませ  でし  が,誤解   て,しばらく 落ち込み まし た。でも,わたしたち 夫婦    ノア 兄弟   会っ  時,兄弟  わたしたち  部屋  招い  食事  振る 舞っ  くれ まし た。

プエルトリコ  いる 間,英国  実家     帰省  まし た。母  わたし  エホバ  証人  なっ  ころ,父  まだ 真理  受け入れ   ませ  でし た。母  よく,ベテル から   講演     泊まっ  もらっ   まし た。父  その 兄弟 たち  謙遜   感銘  受け  よう です。嫌気  差し    牧師 たち   大違い だっ   です。1962 年,父  ついに バプテスマ  受け,エホバ  証人  なり まし た。

マクシン    プエルトリコ で。新婚 当時 と,結婚 50 周年  迎え  2003 

愛する  マクシン は,2011   亡くなり まし た。復活   くる   会う   心待ち     ます。その   こと  想像 する だけ  うれしく なり ます。2   奉仕   58   に,プエルトリコ  エホバ     650  から 2万6000  以上  増加  まし た。2013 年,プエルトリコ 支部  米国 支部  統合  れ,わたし  ニューヨーク  ウォールキル  割り当て られ まし た。島  60   奉仕   わたし は,プエルトリコ  よく 知ら   カエル,コキー  同じ くらい プエルトリコ  なじん   まし た。森  すむ この カエル は,夕暮れ   なる  コキー,コキー  鳴く  です。わたし  後ろ髪  引か れる 思い  プエルトリコ     まし た。

「神  快く 与える   愛さ れる」

わたし    ベテル     奉仕  楽しん   ます。90   超え  わたし  仕事 は,牧者    ベテル 家族  成員  励ます こと です。わたし  ウォールキル    から 牧羊 訪問   奉仕   600  以上  なる そう です。個人   問題  家族  問題  相談   くる 兄弟 姉妹   ます。ベテル 奉仕  成功  せる   どう  たら よい か,尋ねる    ます。新婚 夫婦  結婚  関する アドバイス  求める こと  あり ます。新た  野外  奉仕 する 割り当て  受け   たち   ます。兄弟 姉妹    よく 聞き,ふさわしい    こう 言い ます。「『神  快く 与える   愛さ れ』ます。どうぞ 奉仕  楽しん  ください。エホバ   奉仕 です から」。―コリ 二 9:7

ベテル 奉仕  あれ,他  奉仕  あれ,喜び  保つ ため  秘訣  同じ です。自分    いる こと  なぜ 重要   よく 考える こと です。ベテル   仕事  どれ  神聖  奉仕 です。世界   兄弟 姉妹  霊的  食物  与える「忠実  思慮深い 奴隷」を 支援   いる  です。(マタ 24:45)どこ  エホバ  仕える    も,エホバ  賛美 する こと  でき ます。神 から 与え られる 務め  喜ん  果たし ましょ う。「神  快く 与える   愛さ れる」から です。

^ 13節 レナード  スミス  ライフ  ストーリー は,「ものみの塔」2012  4  15   掲載     ます。