内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

エリック​と​エイミー

喜んで自分を差し出した人たち ガーナ

喜んで自分を差し出した人たち ガーナ

王国​伝道​者​の​必要​の​大きな​国​へ​移動​し​た​兄弟​姉妹​を​だれ​か​知っ​て​い​ます​か。「どうして​外国​で​奉仕​し​たい​と​思っ​た​の​だろ​う。どんな​準備​を​し​た​の​だろ​う。自分​も​この​奉仕​が​できる​だろ​う​か」と​考え​た​こと​が​あり​ます​か。では,外国​へ​移動​し​て​奉仕​し​て​いる​兄弟​姉妹​に​尋ね​て​み​ましょ​う。

どうして​外国​で​奉仕​し​たい​と​思っ​た​の​か

何​が​きっかけ​で,必要​の​大きな​国​で​奉仕​する​こと​を​考える​よう​に​なり​まし​た​か。米国​ 出身​で​30​代​半ば​の​エイミー​は​こう​言い​ます。「外国​で​奉仕​し​た​いと​ずっ​と​思っ​て​い​まし​た。でも,自分​に​は​とても​無理​だ​と​感じ​て​い​まし​た」。どうして​見方​が​変わっ​た​の​でしょ​う​か。「2004​年​の​こと​です​が,ベリーズ​に​いる​ご夫婦​から『1​か月,一緒​に​奉仕​し​て​み​ない』と​誘わ​れ​まし​た。実際​に​行っ​て​みる​と,本当​に​楽しい​奉仕​でし​た。それ​から​1​年​後,ガーナ​へ​移動​し​て​開拓​奉仕​を​する​こと​に​なり​まし​た」。

アーロン​と​ステファニー

ステファニー​は​米国​出身​の​20​代​後半​の​女性​です。何​年​か​前,自分​の​状況​に​つい​て​じっくり​考え,「自分​は​健康​だ​し,今​の​ところ​家族​を​世話​する​責任​も​ない。エホバ​に​もっと​お仕え​で​き​ない​だろ​う​か」と​思い​まし​た。それで,ガーナ​へ​移動​し​て​奉仕​を​拡大​する​こと​に​し​まし​た。デンマーク​に​住む​中年​の​夫婦​フィリップ​と​アイダ​は,必要​の​大きな​所​で​奉仕​する​の​が​長年​の​夢​で,それ​を​実現​する​方法​を​いろいろ​探し​て​い​まし​た。フィリップ​は​こう​述べ​て​い​ます。「ついに​その​機会​が​訪れ​まし​た。エホバ​から『さあ,行き​なさい!』と​言わ​れ​た​よう​に​感じ​まし​た」。2​人​は​2008​年​に​ガーナ​へ​移動​し,そこで​3​年​以上​奉仕​し​まし​た。

ブルック​と​ハンス

 ハンス​と​ブルック​は​米国​で​開拓​奉仕​を​し​て​いる​30​代​の​夫婦​です。2005​年​に,ハリケーン​・​カトリーナ​の​被災​地​で​救援​活動​に​参加​し​まし​た。後​に,2​人​は​国際​建設​プロジェクト​へ​の​参加​を​申し込み​まし​た​が,招待​さ​れ​ませ​ん​でし​た。ハンス​は​こう​語り​ます。「その​後,大会​で​ダビデ​王​に​つい​て​の​話​を​聞き​まし​た。ダビデ​は​神殿​を​建てる​の​が​自分​で​は​ない​こと​を​知る​と,別​の​目標​を​持ち​まし​た。それで,自分​たち​も​別​の​神権​的​な​目標​を​持つ​こと​が​できる,と​いう​こと​に​気づき​まし​た」。(代​一 17:1‐4,11,12; 22:5‐11)「エホバ​は,わたしたち​が​別​の​ドア​を​ノック​する​こと​を​望ん​で​おら​れ​た​の​です」と​ブルック​は​言い​ます。

2​人​は​外国​で​奉仕​し​て​いる​友人​たち​から,胸​の​躍る​よう​な​経験​を​聞き,自分​たち​も​外国​で​開拓​奉仕​を​し​て​み​たい​と​思い​まし​た。2012​年​に​ガーナ​に​4​か月​滞在​し,手話​会衆​で​奉仕​し​まし​た。その​後,米国​へ​帰る​こと​に​なり​まし​た​が,ガーナ​で​奉仕​し​た​こと​に​よっ​て,生活​の​中​で​いつも​王国​を​第​一​に​し​たい​と​いう​願い​が​強まり​まし​た。今​は​ミクロネシア​支部​の​建設​に​参加​し​て​い​ます。

目標​達成​に​向け​て​行動​する

必要​の​大きな​所​で​奉仕​する​ため​に​どんな​準備​を​し​まし​た​か。「必要​の​大きな​所​で​の​奉仕​を​取り上げ​た『ものみの塔』の​記事​を​調べ​まし​た」と​ステファニー​は​言い​ます。 * 「会衆​の​長老​たち​や​巡回​監督​ご夫妻​に​も,外国​で​奉仕​し​たい​と​思っ​て​いる​こと​を​話し​まし​た。何​より​も,エホバ​へ​の​祈り​の​中​で​いつも​この​願い​を​お伝え​し​まし​た」。ステファニー​は​生活​を​簡素​に​し,外国​で​生活​する​資金​も​蓄え​まし​た。

ハンス​は​こう​述べ​て​い​ます。「エホバ​に​導き​を​祈り​求め​まし​た。エホバ​の​望ま​れる​所​へ​行き​たい​と​思っ​て​い​た​から​です。また​祈り​の​中​に,計画​を​実行​に​移そ​う​と​思う​日付​も​含め​まし​た」。4​つ​の​支部​に​手紙​を​書い​た​ところ,ぜひ​来​て​ ほしい​と​いう​返事​が​ガーナ​支部​から​あり,2​か月​奉仕​する​つもり​で​ガーナ​へ​行き​まし​た。「会衆​と​の​奉仕​が​とても​楽しかっ​た​の​で,滞在​を​延長​し​まし​た」。

エイドリア​と​ジョージ

カナダ​に​住む​30​代​後半​の​夫婦​ジョージ​と​エイドリア​は,エホバ​に​祝福​し​て​いただく​に​は​願う​だけ​で​なく​実行​する​こと​が​必要​だ,と​思っ​て​い​まし​た。それで,目標​達成​に​向け​て​積極​的​な​行動​を​取る​こと​に​し​ます。まず,ガーナ​へ​移動​し​て​奉仕​し​て​いる​1​人​の​姉妹​と​連絡​を​取り,そこ​で​の​奉仕​に​つい​て​いろいろ​尋ね​まし​た。また,カナダ​支部​と​ガーナ​支部​に​問い合わせ​の​手紙​も​書き​まし​た。エイドリア​は,「すでに​簡素​な​生活​を​送っ​て​い​まし​た​が,もっと​簡素​に​でき​ない​か​を​考え​まし​た」と​言い​ます。その​よう​な​努力​が​実り,2004​年​に​夫婦​で​ガーナ​へ​移動​でき​まし​た。

問題​に​取り組む

移動​後,どんな​問題​に​ぶつかり​まし​た​か。どの​よう​に​克服​し​まし​た​か。エイミー​の​場合,最初​に​直面​し​た​の​は​ホームシック​でし​た。「今​まで​の​生活​と​何​も​か​も​違い​まし​た」と​言い​ます。ホームシック​を​どの​よう​に​乗り越え​た​でしょ​う​か。こう​述べ​て​い​ます。「家族​から​電話​で,ガーナ​で​奉仕​し​て​いる​わたし​の​こと​を​本当​に​誇り​に​思っ​て​いる,と​言わ​れ​まし​た。それ​は,自分​が​ここ​へ​来​た​目的​を​思い​に​留める​助け​に​なり​まし​た。その​後,ビデオ​通話​で​お互い​の​顔​を​見る​こと​が​できる​よう​に​なっ​た​の​で,家族​と​の​距離​を​あまり​感じ​なく​なり​まし​た」。また,円熟​し​た​地元​の​姉妹​と​友達​に​なっ​た​こと​は,土地​の​習慣​を​理解​する​うえ​で​役立っ​た,と​エイミー​は​言い​ます。「地元​の​人々​の​言動​の​理由​が​分から​ない​時​は,いつ​で​も​その​ 姉妹​に​相談​でき​まし​た。おかげ​で,す​べき​こと​と​す​べき​で​ない​こと​が​よく​分かり,宣教​の​喜び​を​保つ​うえ​で​とても​役立ち​まし​た」。

ジョージ​と​エイドリア​は​初めて​ガーナ​に​来​た​時,過去​に​タイムスリップ​し​た​か​の​よう​に​感じ​まし​た。エイドリア​は​こう​言い​ます。「洗濯​機​で​は​なく​バケツ​を​使っ​て​洗濯​し​まし​た。食事​の​準備​に​10​倍​も​時間​が​かかる​よう​に​思え​まし​た。でも​しばらく​する​と,少し​大変​な​こと​も​新鮮​な​気持ち​で​楽しめる​よう​に​なり​まし​た」。ブルック​は​こう​述べ​て​い​ます。「開拓​者​と​し​て​様々​な​問題​に​直面​し​ます​が,有意義​な​毎日​を​送っ​て​い​ます。これ​まで​の​楽しい​経験​の​数々​が,かけがえ​の​ない​思い出​の​美しい​花束​と​なっ​て​い​ます」。

報い​の​多い​宣教

この​奉仕​を​他​の​人​たち​に​も​勧め​たい​と​思う​の​は​なぜ​です​か。ステファニー​は​こう​述べ​て​い​ます。「真理​を​知り​たい​と​強く​願い,研究​を​毎日​司会​し​て​ほしい​と​思っ​て​いる​人​たち​に​会い​ます。こういう​区域​で​奉仕​する​の​は​本当​に​楽しい​です。必要​の​大きな​所​で​奉仕​する​と​いう​決定​を​し​て​本当​に​良かっ​た​と​思い​ます」。ステファニー​は​2014​年​に​アーロン​と​結婚​し,今​は​ガーナ​支部​で​奉仕​し​て​い​ます。

「素晴らしい​経験​が​でき​て​い​ます」と​語る​の​は,ドイツ​出身​で​30​代​前半​の​開拓​者​クリスティン​です。クリスティン​は​ボリビア​で​奉仕​し​た​後,ガーナ​へ​移動​し​まし​た。こう​言い​ます。「家族​から​離れ​て​暮らし​て​いる​の​で,いつも​エホバ​に​依り頼む​よう​に​なり​まし​た。エホバ​が​以前​より​も​ずっ​と​身近​に​感じ​られ​ます。エホバ​の​民​の​素晴らしい​一致​も​実感​し​て​い​ます。充実​し​た​生活​です」。クリスティン​は​最近,ギデオン​と​結婚​し,夫婦​で​ガーナ​で​の​奉仕​を​楽しん​で​い​ます。

クリスティン​と​ギデオン

フィリップ​と​アイダ​は​研究​生​が​進歩​する​よう,どんな​点​に​配慮​し​まし​た​か。「以前​は​15​件​以上​の​研究​を​司会​し​て​い​まし​た​が,10​件​以下​に​抑える​よう​に​し​まし​た。研究​生​を​もっと​丁寧​に​教える​ため​です」と​述べ​て​い​ます。研究​生​に​とっ​て​どんな​益​が​あり​まし​た​か。フィリップ​は​こう​説明​し​ます。「マイケル​と​いう​若い​男性​の​研究​生​が​い​まし​た。マイケル​は​毎日​研究​し,とても​よく​予習​し​て​い​た​の​で,『聖書​の​教え』の​本​を​1​か月​で​学び​終え​て​しまい​まし​た。その​後,バプテスマ​を​受け​て​い​ない​伝道​者​に​なっ​た​マイケル​は,初めて​野外​奉仕​に​出​た​日​に,『研究​生​たち​を​援助​する​方法​を​教え​て​いただけ​ます​か』と​言い​まし​た。わたし​は​びっくり​し​て​マイケル​の​顔​を​見​まし​た。『3​件​の​研究​が​取り決まっ​た​の​で,司会​の​方法​を​教え​て​いただき​たい​ん​です』と​の​こと​でし​た」。聖書​を​学び​たい​人​が​多く​て,研究​生​も​研究​を​司会​し​なけれ​ば​なら​ない​ほど​な​の​です。

アイダ​と​フィリップ

エイミー​は,必要​が​本当​に​大きい​こと​に​すぐ​気づき​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「ガーナ​に​移動​し​て​間​も​なく,ある​小さな​村​で​伝道​し,ろう者​を​探し​まし​た。たっ​た​1​つ​の​村​で​8​人​の​ろう者​に​会え​た​の​です」。エイミー​は​エリック​と​結婚​し,夫婦​で​特別​開拓​奉仕​を​し​て​い​ます。ガーナ​に​は​300​人​以上​の​ろう者​の​伝道​者​と​関心​ある​人​たち​が​おり,エイミー​と​エリック​は​手話​会衆​の​一つ​で​奉仕​し​て​い​ます。ジョージ​と​エイドリア​に​とっ​て,ガーナ​で​の​奉仕​は​宣教​者​に​必要​な​経験​を​積む​機会​と​なり​まし​た。それで,ギレアデ​学校​126​期​に​招待​さ​れ​た​時,とても​うれしく​思い​まし​た。現在,モザンビーク​で​宣教​者​と​し​て​奉仕​し​て​い​ます。

愛​に​動かさ​れ​て

外国​から​来​た​大勢​の​奉仕​者​が,地元​の​兄弟​姉妹​と​力​を​合わせ​て​収穫​の​業​に​励ん​で​い​ます。その​よう​な​姿​を​見る​と,心​温まる​思い​が​し​ます。(ヨハ 4:35)ガーナ​で​は,毎週​平均​120​人​が​バプテスマ​を​受け​て​い​ます。ガーナ​へ​移動​し​て​来​た​17​人​の​奉仕​者​と​同様,エホバ​へ​の​愛​に​動かさ​れ,「進ん​で​自ら​を​ささげ」て​いる​兄弟​姉妹​が​世界​中​に​大勢​い​ます。王国​伝道​者​の​必要​の​大きな​所​へ​移動​し​て​奉仕​し​て​いる​の​です。進ん​で​働く​兄弟​姉妹​は,エホバ​の​心​を​どれ​ほど​歓ばせ​て​いる​こと​でしょ​う。―詩 110:3。箴 27:11

^ 9節 「ものみの塔」2009​年​4​月​15​日​号​の「あなた​も​王国​伝道​者​の​必要​の​大きな​所​で​奉仕​でき​ます​か」と​いう​記事​や,2009​年​12​月​15​日​号​の「あなた​も​マケドニア​へ​渡っ​て​行く​こと​が​でき​ます​か」と​いう​記事​を​参照。