内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 アーカイブ​から

「業を委ねられている人たちへ」

「業を委ねられている人たちへ」

雨風​の​強い​数​日​が​過ぎ,よく​晴れ​た​暖か​な​日​を​迎え​まし​た。1919​年​9​月​1​日,月曜​日​です。その​日​の​午後,米国​オハイオ​州​シーダーポイント​で​大会​の​開会​の​話​が​行なわ​れ​た​時,2500​席​の​会場​に​集まっ​た​の​は​1000​人​弱​でし​た。しかし​夕方​まで​に,さらに​2000​人​ほど​が​船​や​自動​車​や​特別​列車​で​やっ​て​来​まし​た。火曜​日​に​は,会場​に​入りきれ​ない​ほど​大勢​の​人々​が​集まり,屋外​の​高い​木々​の​下​で​話​を​聞く​こと​に​なり​まし​た。

木漏れ日​が​兄弟​たち​の​フロックコート​の​上​に​レース​模様​を​描き,エリー​湖​から​の​そよ風​が​姉妹​たち​の​羽根​付き​帽​を​優しく​揺らし​まし​た。「古い​世​の​喧騒​を​離れ,美しい​公園​に​いる​よう​でし​た。まさに​パラダイス​です」と,ある​兄弟​は​回顧​し​て​い​ます。

周囲​の​景色​より​も​さらに​美しかっ​た​の​は,人々​の​輝く​よう​な​笑顔​でし​た。「出席​者​は​敬虔​な​人々​だ​が,非常​に​快活​で,喜び​に​あふれ​て​いる」と​地元​紙​は​伝え​て​い​ます。聖書​研究​者​たち​に​とっ​て,この​クリスチャン​の​交友​の​機会​は​ひときわ​喜ばしい​時​でし​た。何​年​も​の​間,厳しい​試練​を​耐え​て​き​た​から​です。戦時​下​で​の​迫害,会衆​内​で​の​意見​の​対立,ブルックリン​・​ベテル​の​閉鎖​など​です。王国​の​ため​に​大勢​の​人々​が​投獄​さ​れ,8​人​の​責任​ある​兄弟​たち​は​最長​20​年​の​刑​を​宣告​さ​れ​まし​た。 *

聖書​研究​者​の​中​に​は,その​困難​な​時期​に​落胆​し​たり​動揺​し​たり​し​て,宣べ伝える​活動​を​やめ​て​しまっ​た​人​たち​も​い​ます。と​は​いえ​大半​の​人​たち​は,政府​から​反対​さ​れ​て​も,頑張っ​て​伝道​を​続け​まし​た。ある​調査​官​の​報告​に​よる​と,取り調べ​を​受け​た​聖書​研究​者​たち​は,度重なる​厳しい​警告​に​も​かかわら​ず,「終わり​まで​神​の​言葉​を​伝道​し​続ける」と​断言​し​た​と​の​こと​です。

この​試み​の​期間,忠実​な​聖書​研究​者​たち​は​ずっ​と,「主​の​指導​に​注意​を​払い,……み父​の​導き​を​いつも​祈り​求め」て​い​まし​た。そして​ついに,ここ​シーダーポイント​で​再び​集まり合え​た​の​です。1​人​の​姉妹​は,「どの​よう​に​し​て​再び​活発​に​奉仕​できる​の​だろ​う」と​思っ​て​い​まし​た。当時​の​兄弟​姉妹​は​皆,そう​感じ​て​い​まし​た。早く​奉仕​が​し​たく​て,うずうず​し​て​い​た​の​です。

 GA 新しい​道具

大会​出席​者​たち​は​その​週​の​間​ずっ​と,GA​と​は​何​の​こと​だろ​う​と​思っ​て​い​まし​た。大会​プログラム​や​歓迎​カード,大会​会場​各所​の​サイン​に,GA​と​記さ​れ​て​い​た​から​です。金曜​日​の「同労​者​の​日」,ジョセフ​・​F​・​ラザフォード​兄弟​が​6000​人​の​聴衆​に,ついに​その​答え​を​明らか​に​し​ます。GA​と​は「黄金​時代」(The Golden Age),宣教​で​用いる​新しい​雑誌​です。 *

ラザフォード​兄弟​は​話​の​中​で,仲間​の​油そそが​れ​た​クリスチャン​に​つい​て​こう​語り​まし​た。「彼ら​は​信仰​の​目​で,困難​な​時代​の​先​に,メシア​の​栄光​ある​統治​の​黄金​時代​の​到来​を​見​て​い​ます。……黄金​時代​の​到来​を​世界​の​人々​に​告げ知らせる​の​は,主要​な​責務​で​あり,特権​で​ある,と​考え​て​い​ます。神​から​与え​られ​た​使命​な​の​です」。

「事実​と​希望​と​確信​の​雑誌」で​ある「黄金​時代」を​用い​て,真理​を​伝える​新た​な​活動​が​始まる​こと​が​知らさ​れ​ます。戸別​伝道​で「黄金​時代」の​予約​購読​を​勧める​活動​です。ラザフォード​兄弟​は,この​活動​に​参加​し​たい​と​思う​方​は​どれ​ほど​おら​れ​ます​か,と​尋ね​まし​た。すると,聴衆​は​一斉​に​起立​し​まし​た。そして,「イエス​の​足跡​に​従う​人々​の​抱く​意欲​と​熱意​を​もっ​て」,「主​よ,汝​の​光​と​真理​を​送りたまえ」と​いう​賛美​の​歌​を​歌い​まし​た。「その​とき​木々​が​大きく​揺れ​た​こと​を​決して​忘れ​ない​でしょ​う」と​J​・​M​・​ノリス​は​言い​ます。

その​話​の​後,出席​者​は​何​時間​も​列​に​並ん​で「黄金​時代」の​予約​購読​を​申し込み​まし​た。メーベル​・​フィルブリック​は,「なす​べき​仕事​が​再び​与え​られ​て,本当​に​胸​が​躍り​まし​た」と​述べ​て​い​ます。兄弟​姉妹​は​皆,同じ​気持ち​でし​た。

「業​を​委ね​られ​て​いる​人​たち​へ」

約​7000​人​の​聖書​研究​者​たち​が​活動​に​取りかかろ​う​と​し​て​い​まし​た。活動​の​詳細​は,「組織​の​方法」(英語)と​いう​パンフレット​と「業​を​委ね​られ​て​いる​人​たち​へ」(英語)と​いう​小冊子​の​中​で​説明​さ​れ​まし​た。この​活動​を​監督​する​の​は,本部​に​新た​に​設置​さ​れ​た​奉仕​部門​です。また,会衆​に​は​奉仕​委員​会​が​設け​られ,任命​さ​れ​た​奉仕​の​主事​が​会衆​に​指示​を​伝え​ます。区域​は​150​軒​から​200​軒​の​家​ごと​に​分け​られ​ます。木曜​日​の​晩​に​は​奉仕​会​が​開か​れ,兄弟​たち​は​宣教​の​経験​を​語り,野外​奉仕​の​報告​を​提出​し​ます。

「わたしたち​は,家​に​戻る​と​すぐ,予約​活動​に​忙しく​携わり​まし​た」と​ハーマン​・​フィルブリック​は​述べ​て​い​ます。大勢​の​人々​が​関心​を​示し​まし​た。「戦争​で​深い​悲しみ​を​味わっ​た​人々​に​とっ​て,黄金​時代​と​いう​考え​は​魅力​的​でし​た」と​ビューラ​・​コビー​は​言い​ます。アーサー​・​クラウス​は,「会衆​の​人​たち​は,たくさん​の​予約​が​取れ​た​こと​に​とても​驚き​まし​た」と​書い​て​い​ます。「黄金​時代」は​創刊​から​2​か月​で​50万​部​近く​が​配布​され,予約​購読​の​申し込み​が​5万​件​も​あり​まし​た。

A​・​H​・​マクミラン​に​よる​と,「ものみの塔」(英語)1920​年​7​月​1​日​号​の「王国​の​福音」と​いう​記事​は,「現在​実際​に​行なわ​れ​て​いる​世界​的​な​伝道​活動​に​つい​て​初めて​公式​に​言及​し​た」記事​です。その​記事​の​中​で,油そそが​れ​た​者​すべて​は,「天​の​王国​が​近づい​た​こと​を​世界​の​人々​に​証言​する」よう​強く​勧め​られ​まし​た。「業​を​委ね​られ​て​いる」キリスト​の​兄弟​たち​は​今日,幾百万​も​の​人々​と​共​に​熱心​に​神​の​言葉​を​伝え​つつ,メシア​の​支配​する​黄金​時代​の​到来​を​待っ​て​い​ます。

^ 5節 「エホバ​の​証人 ― 神​の​王国​を​ふれ告げる​人々」の​6​章「試み​の​時(1914‐1918​年)」を​参照。

^ 9節 「黄金​時代」は​その​名称​が​1937​年​に「慰め」に,1946​年​に「目ざめよ!」に​変更​さ​れ​まし​た。