アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2016年5月

愛のうちに不和を解決する

「互い    平和  保ち なさい」。―マル 9:50

歌: 39,77

1,2. 創世記  は,不和  争い  関する どんな 記述  収め られ   ます か。そう   記述  関心  持つ べき    なぜ です か。

聖書  は,個人   不和  争い  関する 記述  幾つ  収め られ   ます。例えば 創世記  は,カイン  アベル  殺し  こと(創 4:3‐8),レメク  自分  殴打   若者  殺し  こと(創 4:23),アブラハム(アブラム)の 牧夫 たち  ロト  牧夫 たち  言い争っ  こと(創 13:5‐7),ハガル  サラ(サライ)を 侮り,サラ  アブラハム    立て  こと(創 16:3‐6),イシュマエル  すべて    敵対 し,すべて        敵対 する こと(創 16:12)など  記さ    ます。

2 聖書  この よう  記録  収め られ  いる   なぜ です か。一つ  は,不 完全  人間  平和  保つ こと  大切   学ぶ ため です。また,平和  保つ 方法  学べ ます。実在  人々  現実  問題  どの よう  取り組ん    考える なら,多く     られ ます。その  たち  どんな 努力  払っ    学び,それ  自分  生活  当てはめる こと  でき ます。同じ よう  問題  直面   時,何   べき か,また    べき  ない   分かり ます。―ロマ 15:4

3. この 記事   どんな こと  学び ます か。

3 この 記事  は,エホバ    不和  解決 する 必要  ある   なぜか,どの よう  解決 できる   考え ます。また,個人   問題   対処 し,兄弟 姉妹  エホバ    良い 関係  保つ   役立つ 聖書  原則  取り上げ ます。

    不和  解決  べき    なぜか

4. この    どんな 態度  広く  られ   ます か。その 結果,何  生じ   ます か。

4 人類  争い  不和   られる   なぜ でしょ  か。その   責任  サタン  あり ます。サタン  エデン で,人間   から 独立  て,何         自分  決める こと  できる し,そう  べき  ある,と 主張  まし た。(創 3:1‐5)そう   考え方  どんな 結果  もたらし  いる でしょ  か。この   人々  組織   独立  精神   られ,その 精神  誇り  利己   競争   助長    ます。そう   精神  流さ れる なら,サタン  主張  受け入れ  いる こと  なり ます。それ は,他人  どんな 影響  与え よう  自分  利益  追求 する   賢い やり方 だ,と いう 主張 です。その よう  利己   行動  争い  生じ させ ます。聖書  こう 述べ   ます。「怒り やすい   口論  かき立てる。すぐ  激怒 する   多く  違犯  おかす」。―箴 29:22

5. イエス は,不和  どの よう  対処 する よう 教え まし  か。

5 一方 イエス は,自分  とっ  不利  思え   平和  求める よう に,と 教え まし た。山上  垂訓   で,不和  もっと 深刻  問題  発展 しかね ない 状況  どの よう  対処  べき   関し て,優れ  助言  与え   ます。例えば,温和  気質  培い,平和  求め,怒り  捨て,問題  速やか  解決 し,敵  愛する よう 勧め まし た。―マタ 5:5,9,22,25,44

6,7. (イ)個人   不和  速やか  解決 する こと  大切    なぜ です か。(ロ)エホバ   すべて は,どんな 自己 吟味   べき です か。

6      平和  関係  築こ    ない なら,祈り  集会 出席  野外 奉仕 など  よっ    仕える 努力    も,それ  無駄  なり ます。(マル 11:25)他    欠点  進ん  許さ ない なら,神    なる こと  でき ない  です。―ルカ 11:4; エフェソス 4:32  読む。

7 わたしたち  皆,許す こと       平和  関係  保つ こと  つい て,正直  自己 吟味 する 必要  あり ます。あなた  兄弟 姉妹  快く 許し ます か。他     良い 関係  築こ   努力  ます か。エホバ  ご自分   たち    許す こと  期待   おら  ます。この   自分  改善  余地  ある こと  気づく なら,エホバ  助け  祈り 求め  ください。天    あなた  謙遜  祈り    傾け,答え  くださる でしょ う。―ヨハ 一 5:14,15

見過ごせ ます 

8,9.    から   障る こと  され  時,どう  べき です か。

8 人間  みな  完全 です。ですから,だれ  から   障る こと  言わ  たり され たり する こと  あり ます。これ  避け られ ない こと です。(伝 7:20。マタ 18:7)では その よう  時,どう  ます か。次  実例  考え  ください。何    兄弟 姉妹  交友  楽しん   まし た。ある 姉妹  2   兄弟  あいさつ  ます。でも,1   兄弟  その あいさつ  仕方    入り ませ ん。後 ほど その 兄弟  もう 1   兄弟 に,姉妹  態度  批判  始め ます。しかし,相手  兄弟 は,「あの 姉妹  大変  状況  中,40   忠節  エホバ  仕え   こら  まし  ね。悪気  なかっ   思い ます よ」と 言い ます。それ  聞い  兄弟  少し 考え  から,「確か  そう です ね」と 答え,この 問題  それ 以上 大きく する こと  あり ませ  でし た。

9 この 経験 から どんな こと  分かり ます か。他   から   障る よう  こと  され  時,それ  どう 反応 する   自分 次第  ある,と いう こと です。愛  あれ ば,ささい  過ち  許す こと  でき ます。箴言 10:12; ペテロ  一 4:8  読む。)エホバ は「違犯  ゆるす」こと を「美し[い]」と ご覧  なり ます。(箴 19:11。伝 7:9)それで,不 親切  こと  失礼  こと  され    は,まず こう 自問   ください。「自分  これ  見過ごせる だろ  か。問題  する 必要  本当  ある だろ  か」。

10. (イ)ある 姉妹 は,批判   こと  言わ  て,最初 どう 感じ まし  か。(ロ)姉妹  穏やか  気持ち  保つ うえ で,聖書  基づく どんな 見方  役立ち まし  か。

10  から 批判    時,それ     ない よう  する   容易   あり ませ ん。ある 開拓   姉妹    考え ましょ う。ルーシー  呼ぶ こと   ます。ルーシー  奉仕  仕方  時間  用い方  つい て,批判   こと  言う  たち   まし た。ルーシー  傷つき,円熟   兄弟 たち  アドバイス  求め まし た。こう 言い ます。「聖書  基づく アドバイス  おかげ で,他    意見  つい  正しい 見方  できる よう  なり まし た。エホバ  どう 思わ れる   一番 大切  ある こと  気づき まし た」。ルーシー  とっ て,マタイ 6  1‐4   言葉  励み  なり まし た。(読む。)この 聖句  読ん で,エホバ  喜ん  いただく こと  目指し  頑張ろ   いう 気持ち  なり まし た。こう 言い ます。「わたし  奉仕  つい  批判   こと  言う  たち    も,喜び  保て ます。エホバ  是認   いただく ため に,精一杯 努力   いる から です」。ルーシー は,批判   こと  言わ   も,気   ない  いら れる よう  なり まし た。

見過ごせ ない 

11,12. (イ)「兄弟  自分  対し    反感  抱い  いる」と 感じる なら,どう 行動  べき です か。(ロ)アブラハム  問題  扱っ  方法 から   学べ ます か。(冒頭  挿絵  参照。)

11 「わたしたち  みな    つま ず[きま]す」。(ヤコ 3:2)例えば,あなた  言動  よっ  兄弟  気分  害し  いる,と いう こと  知っ    ます。どう  べき でしょ  か。イエス  こう 言い まし た。「供え物  祭壇  持っ   て,兄弟  自分  対し    反感  抱い  いる こと  そこで 思い出し  なら,あなた  供え物  そこ,祭壇    残し  おい て,出かけ  行き なさい。まず 自分  兄弟  和睦 し,それ から,戻っ    とき に,あなた  供え物  ささげ なさい」。(マタ 5:23,24)イエス  助言  従い,兄弟  話し合う べき です。その 際,目的  忘れ ない よう   ましょ う。それ は,相手  問題  指摘 する こと   なく,自分  間違い  認め,和睦 する こと です。最も 大切   は,兄弟 姉妹  平和  関係  保つ こと   です。

12 聖書  は,分裂  至りかね ない 問題  平和  解決    たち  関する 記述  あり ます。その 一つ は,前述  アブラハム    ロト   です。2   それぞれ 家畜  群れ  所有    まし  が,双方  牧夫 たち  牧草   こと  言い争っ  よう です。アブラハム     緊張  和らげ たい  思い ます。それ  ロト に,住み たい  思う 土地    選ぶ よう 勧め ます。(創 13:1,2,5‐9)何  優れ  模範 でしょ う。アブラハム は,自分  利益    なく 平和  求め まし た。寛大   示し  ため     得損なっ  でしょ  か。その よう  こと  あり ませ ん。この 出来事  すぐ 後,エホバ  アブラハム  大いに 祝福 する  約束 なさい まし た。(創 13:14‐17)わたしたち も,神  原則  調和   行動 し,愛  うち  不和  解決 する なら,神  必ず 祝福   ください ます。永続   損失  被る こと  決して ない  です。 [1]

13. ある 監督  辛らつ  こと  言わ   時,どう  まし  か。この  から   学べ ます か。

13 現代    考え   ましょ う。大会  新しい 部門 監督  ある 兄弟  電話 し,部門  奉仕 できる  尋ね  ところ,その 兄弟  次々  辛らつ  こと  言っ て,電話  切っ  しまい まし た。以前  監督  傷つけ られ   感じ,ずっ    持っ     です。新しい 監督    立てる こと も,問題  放置 する こと  あり ませ  でし た。1 時間   再び 電話 し,「1  会っ  お話し でき ませ  か」と 提案  まし た。1   後,2   王国 会館  会い まし た。祈り  後,1 時間 ほど 話し合い まし た。兄弟  以前  出来事  話す と,監督  思いやり 深く   傾け,役立つ   聖書 から 伝え まし た。2   良い 関係  なり,兄弟  大会  奉仕 する こと  なり まし た。兄弟 は,監督  優しく 穏やか  接し  くれ  こと  感謝    ます。

長老 たち  話す べき 

14,15. (イ)マタイ 18  15‐17   助言  当てはめる べき   は,どんな 場合 です か。(ロ)イエス  どんな 3   段階  つい  述べ まし  か。どんな 目的  こう   段階  踏む べき です か。

14 クリスチャン    生じる 不和  ほとんど  当事  同士  解決 する こと  でき,また そう  べき です。しかし イエス は,会衆  関与 する こと  なる 状況  つい   述べ    ます。マタイ 18:15‐17  読む。)  犯し   が,兄弟  述べる こと も,証人 たち  述べる こと も,会衆  述べる こと  聴か ない なら,どう なり ます か。「諸 国民   また 収税   よう  者」と   扱わ  ます。今日,それ  排斥  れる こと  意味  ます。この よう  重大  措置  取ら れる こと  考える と,この「罪」は ささい  不和   ない こと  分かり ます。これ は,(1)当事  同士  解決 できる   ある  同時 に,(2)解決   ない なら 排斥  至りかね ない ほど 重大   です。この   は,ある 程度  詐欺 や,中傷  よっ    評判  損なう こと  関係   いる   しれ ませ ん。イエス  述べ  3   段階  踏む べき   は,この よう    関係   いる 場合 だけ です。この   は,姦淫,同性 愛,背教,偶像 礼拝 など,会衆  長老 たち  必ず 扱わ なけれ  なら ない 甚だ     含ま  ませ ん。

兄弟  得る ため  は,何   話し合う 必要  ある   しれ ない(15   参照)

15 こう   段階  踏む 目的 は,兄弟    うち  助ける こと です。(マタ 18:12‐14)まず,他   たち  関係     問題  解決 する よう 努める べき です。相手     話し合う 必要  ある   しれ ませ ん。それでも 解決  ない 場合  は,悪行  証人 たち か,悪行  本当  なさ    どう   判断 する うえ  助け  なれる  たち  同席   もらい,相手  話し合い ます。そう   助け    問題  解決 できる なら,「自分  兄弟   た」こと  なり ます。この よう  兄弟  助ける 努力  繰り返し 払っ   解決 でき ない 場合  のみ,長老 たち  扱っ  もらう べき です。

16. イエス  助言  従う こと は,愛  ある こと  あり,問題  解決  役立ち ます。なぜ そう 言え ます か。

16 幸い  こと に,マタイ 18  15‐17   記さ   いる 3   段階 すべて  踏む こと  なる ケース は,まれ  しか あり ませ ん。悔い改め ない 悪行   排斥 する 必要  生じる  に,問題  解決  れる から です。多く  場合,悪行   自分  過ち  認め,問題  正し ます。害  受け   は,もう 問題  正さ     相手  許し たい  思う でしょ う。いずれ    も,イエス  言葉 から 分かる よう に,会衆  個人   不和  性急  関与  べき   あり ませ ん。長老 たち  関与 する  は,最初  2   段階  踏ま れ,悪行  なさ   こと  示す 明確  証拠  ある 場合 だけ です。

17.      平和  求める なら,どんな 祝福   られ ます か。

17 この 事物  体制  続く 限り,人間   完全  あり,他    感情  害する こと  ある でしょ う。弟子 ヤコブ  適切   こう 書き まし た。「言葉    つまずか ない   いれ ば,それ  完全    あり,全身  御する こと  でき ます」。(ヤコ 3:2)不和  解決 する  は,「平和  見いだす よう  努め,それ  追い求め」なけれ  なり ませ ん。(詩 34:14)平和  作り出す なら,兄弟 姉妹   良い 関係  保ち,会衆  一致  貢献 でき ます。(詩 133:1‐3)最も 大切  こと   て,「平和  与え  くださる 神」エホバ   良い 関係  培う こと  でき ます。(ロマ 15:33)愛  うち  不和  解決 する なら,そう   祝福  得る こと  できる  です。

^ [1](12 節)問題  平和  解決     ほか   あり ます。例えば,ヤコブ  エサウ   問題 を,ヨセフ  自分  兄弟 たち   問題 を,ギデオン  エフライム    問題  解決  まし た。(創 27:41‐45; 33:1‐11; 45:1‐15。裁 8:1‐3)聖書     ほか   思い出せる でしょ う。