内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

想像力を賢く用いていますか

想像力を賢く用いていますか

重さ​わずか​1.4​㌔​な​の​に,「宇宙​で​今​まで​に​発見​さ​れ​た​もの​の​うち,最も​複雑」と​言わ​れ​て​いる​もの​が​あり​ます。いったい​何​の​こと​でしょ​う​か。人間​の​脳​です。その​働き​は​実​に​驚異​的​です。人間​の​脳​に​つい​て​知れ​ば​知る​ほど,エホバ​の「くすしい」み業​に​対する​畏敬​の​念​は​深まり​ます。(詩 139:14)人間​の​脳​の​働き​の​一つ,想像​力​に​つい​て​考え​ましょ​う。

想像​力​と​は​何​です​か。ある​辞書​の​定義​に​よる​と,「興奮​を​誘う​新しい​物事​に​つい​て,あるいは​経験​し​た​こと​の​ない​物事​に​つい​て​思い描く​能力」の​こと​です。あなた​も​想像​力​を​よく​用い​て​いる​の​で​は​あり​ませ​ん​か。例えば,自分​が​訪れ​た​こと​の​ない​場所​に​つい​て​読ん​だり​聞い​たり​する​と,その​場所​の​様子​を​自然​と​思い描く​こと​でしょ​う。想像​の​中​で,見​たり,聞い​たり,味わっ​たり,触れ​たり,匂い​を​かい​だり​する​こと​が​できる​の​です。

聖書​に​よれ​ば,人間​は​神​の​像​に​設計​さ​れ,創造​さ​れ​まし​た。(創 1:26,27)ですから,エホバ​ご自身,想像​力​を​お持ち​の​はず​です。人間​に​想像​力​を​お与え​に​なっ​た​エホバ​は,人間​が​神​の​お考え​を​理解​する​ため​に​その​能力​を​用いる​こと​を​願っ​て​おら​れる​に​違いあり​ませ​ん。(伝 3:11)では,どう​すれ​ば​想像​力​を​賢く​用いる​こと​が​でき​ます​か。逆​に,どの​よう​な​用い方​は​間違っ​て​いる​でしょ​う​か。

想像​力​の​間違っ​た​用い方

(1)ふさわしく​ない​時​に​空想​する。ふさわしく​ない​事柄​を​空想​する。

空想​そのもの​が​間違っ​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。空想​が​有益​な​場合​も​あり​ます。と​は​いえ,伝道​の​書 3​章​1​節​に「すべて​の​事​に​は​時​が​ある」と​記さ​れ​て​いる​とおり,時​を​わきまえ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。例えば,集会​や​個人​研究​の​時​に​思い​を​さまよわ​せる​なら,想像​力​は​助け​に​なる​どころ​か,妨げ​に​なり​ます。また​イエス​は,不​道徳​な​事柄​など,ふさわしく​ない​事柄​を​空想​し​ない​よう​強く​警告​し​て​おら​れ​ます。(マタ 5:28)想像​する​内容​に​よっ​て​は,エホバ​を​ひどく​不快​に​させ​て​しまう​こと​が​あり​ます。不​道徳​な​空想​は​不​道徳​な​行動​に​至りかね​ませ​ん。ですから,想像​力​の​用い方​を​誤っ​て,エホバ​から​離れ​て​しまわ​ない​よう​に​し​ましょ​う。

(2)お金​や​物​が​あれ​ば​いつ​まで​も​安全​に​暮らせる,と​考える。

確か​に,お金​や​物​は​必要​です。しかし,お金​や​物​が​あれ​ば​安全​で​幸せ​な​生活​が​送れる​と​考える​なら,失望​する​こと​でしょ​う。賢王​ソロモン​は​こう​書き​まし​た。「富ん​だ​人​の​貴重​な​もの​は​その​強固​な​町。それら​は​その​人​の​想像​の​中​で​保護​の​城壁​な​の​で​ある」。(箴 18:11)考え​て​み​て​ください。 2009​年​9​月,フィリピン​の​マニラ​で​は,豪雨​の​ため​に​80​%​以上​の​地域​が​水害​に​見舞わ​れ​まし​た。お金​や​物​を​たくさん​持っ​て​い​た​人​たち​は​被害​を​免れ​た​でしょ​う​か。裕福​な​ある​男性​は​多く​の​物​を​失い,こう​述べ​まし​た。「洪水​は​すべて​の​人​に​影響​を​与え,富ん​だ​人​に​も​貧しい​人​に​も​困難​や​苦しみ​を​もたらし​まし​た」。お金​や​物​が​あれ​ば​安全​に​暮らせる,と​考え​がち​です​が,現実​は​そう​で​は​あり​ませ​ん。

(3)起き​て​い​ない​事柄​に​つい​て​あれこれ​心配​する。

イエス​は,「思い煩っ​て​は​なり​ませ​ん」と​助言​し​まし​た。(マタ 6:34)中​に​は,想像​を​膨らませ​て,あれこれ​心配​する​人​も​い​ます。まだ​起き​て​い​ない​問題​や​起き​そう​も​ない​問題​など,想像​上​の​問題​に​つい​て​心配​し​て​も​疲れる​だけ​です。聖書​は,思い煩う​と​気落ち​し​たり​憂うつ​に​なっ​たり​する​と​述べ​て​い​ます。(箴 12:25)イエス​の​助言​を​当てはめ,思い煩い​を​避け​て,その​日​その​日​の​問題​に​取り組み​ましょ​う。

想像​力​の​賢い​用い方

(1)危険​な​状況​を​予測​し,それ​を​避ける。

聖書​は,明敏​さ​を​示し​て​物事​を​予測​する​よう​勧め​て​い​ます。(箴 22:3)想像​力​を​働か​せる​なら,決定​を​下す​前​に​結果​を​予想​でき​ます。例えば,社交​的​な​集まり​に​招か​れ​た​と​し​ましょ​う。出席​す​べき​か​どう​か​賢明​な​決定​を​下す​うえ​で,想像​力​は​どの​よう​に​役立つ​でしょ​う​か。招か​れ​て​いる​人​たち,集まり​の​規模,場所,時間​など​に​つい​て​考え​て​ください。そして,その​集まり​で​は​どんな​こと​が​起こり​得る​だろ​う​か,と​想像​し​て​ください。聖書​の​原則​に​沿っ​た​健全​な​集まり​に​なる​でしょ​う​か。その​よう​に​し​て​想像​力​を​働かせ,賢明​な​決定​を​下す​なら,霊的​に​危険​な​状況​を​避ける​こと​が​できる​でしょ​う。

(2)難しい​問題​に​対処​する​方法​を​頭​の​中​で​練習​する。

想像​力​に​は,「問題​に​立ち向かい,対処​する​能力」も​含ま​れ​ます。例えば,あなた​が​会衆​の​だれ​か​に​誤解​さ​れ​た​と​し​ましょ​う。平和​な​関係​を​取り戻す​ため,その​人​に​どの​よう​に​近づき​ます​か。考える​べき​いろいろ​な​要素​が​あり​ます。その​人​は​どんな​会話​の​仕方​を​好み​ます​か。いつ​話す​の​が​適切​でしょ​う​か。何​を,どんな​口調​で​言う​べき​でしょ​う​か。想像​力​を​働か​せ​て,状況​に​どの​よう​に​対処​できる​ か,様々​な​方法​を​頭​の​中​で​練習​し​て​み​ましょ​う。そして,最も​効果​的​で​相手​に​とっ​て​受け入れ​やすい​と​思える​方法​を​用いる​こと​が​でき​ます。(箴 15:28)その​よう​に​想像​力​を​賢く​用い​て​問題​に​対処​する​なら,会衆​の​平和​を​促進​でき​ます。

(3)聖書​の​個人​研究​を​充実​さ​せる。

聖書​を​毎日​読む​こと​は​大切​です。しかし,ただ​読む​だけ​で​は​不​十分​です。聖書​の​記述​から​実際​的​な​教訓​を​学び取り,それ​を​生活​に​当てはめ​たい​と​いう​意欲​を​高める​必要​が​あり​ます。エホバ​の​物事​の​行ない​方​に​対する​感謝​が​深まる​よう​に​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。その​点​で​想像​力​は​役立ち​ます。例えば,「その​信仰​に​倣う」の​本​を​読む​と,想像​力​が​刺激​さ​れ,聖書​中​の​人物​の​状況​や​背景​を​思い描く​こと​が​でき​ます。想像​の​中​で,その​記述​の​光景​を​見,音​を​聞き,匂い​を​かぎ,登場​人物​の​気持ち​を​感じ取れる​の​です。すでに​よく​知っ​て​いる​聖書​の​記述​から​も,素晴らしい​教訓​を​学び,励まし​を​得る​こと​が​できる​でしょ​う。この​よう​に​想像​力​を​働か​せる​なら,充実​し​た​個人​研究​を​楽しめ​ます。

(4)感情​移入​し,他​の​人​の​身​に​なっ​て​考える。

感情​移入​と​は,他​の​人​の​痛み​を​自分​の​心​で​感じ取る​こと​です。エホバ​も​イエス​も​この​美しい​特質​を​示さ​れ​ます。わたしたち​も​ぜひ​この​特質​を​身​に​着け​たい​もの​です。(出 3:7。詩 72:13)どう​すれ​ば​感情​移入​できる​でしょ​う​か。その​優れ​た​方法​の​一つ​は,想像​力​を​働か​せる​こと​です。例えば,自分​が​一度​も​経験​し​た​こと​の​ない​問題​に,仲間​の​クリスチャン​が​直面​し​て​いる​と​し​ましょ​う。その​よう​な​時,こう​自問​でき​ます。「自分​が​その​人​の​状況​に​置か​れ​たら,どう​感じる​だろ​う​か。何​を​必要​と​する​だろ​う​か」。想像​力​を​働か​せ​て​そう​し​た​事柄​を​考える​なら,その​人​に​いっそう​感情​移入​できる​でしょ​う。この​特質​は,宣教​奉仕​や​仲間​の​クリスチャン​と​の​関係​など,生活​の​あらゆる​面​で​役立ち​ます。

(5)新しい​世​で​の​生活​を​思い描く。

聖書​に​は,新しい​世​で​の​生活​を​生き生き​と​描写​する​記述​が​数多く​収め​られ​て​い​ます。(イザ 35:5‐7; 65:21‐25。啓 21:3,4)そう​し​た​記述​を​読む​際,出版​物​の​中​の​美しい​挿絵​は​大きな​助け​に​なり​ます。どの​よう​に​でしょ​う​か。挿絵​を​見る​と,想像​力​が​刺激​さ​れ,新しい​世​で​の​祝福​を​経験​し​て​いる​自分​の​姿​を​思い描く​こと​が​でき​ます。想像​力​を​与え​て​くださっ​た​エホバ​神​は,その​能力​の​素晴らしい​働き​を​最も​よく​ご存じ​です。わたしたち​は​今,様々​な​難しい​問題​を​忍耐​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。しかし,想像​力​を​働か​せ​て​神​の​約束​に​つい​て​じっくり​考える​なら,約束​の​成就​に​対する​確信​を​強め,信仰​を​保つ​こと​が​でき​ます。

エホバ​は​愛情​深く​も,想像​力​と​いう​驚く​べき​能力​を​与え​て​ください​まし​た。この​能力​は,エホバ​に​忠実​に​奉仕​する​うえ​で​大変​役立ち​ます。では,想像​力​を​日々​賢く​用いる​こと​に​より,この​素晴らしい​贈り物​を​与え​て​くださっ​た​エホバ​神​へ​の​感謝​を​表わし​て​ゆき​ましょ​う。