内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

崇拝のために集まり合うべきなのはなぜですか

崇拝のために集まり合うべきなのはなぜですか

「彼ら​は……共​に​交わる​こと……に​その​後​も​専念​し​た」。―使徒 2:42; 脚注。

歌: 20,119

1‐3. (イ)クリスチャン​は,集まり合い​たい​と​いう​願い​を​どの​よう​に​示し​て​き​まし​た​か。(冒頭​の​写真​を​参照。)(ロ)この​記事​で​は​どんな​こと​を​考え​ます​か。

母親​が​逮捕​さ​れ,ソビエト​の​強制​労働​収容​所​に​送ら​れ​た​の​は,コリンナ​が​17​歳​の​時​でし​た。後​に​コリンナ​も,自宅​から​何千​キロ​も​離れ​た​シベリア​に​送ら​れ​まし​た。奴隷​の​よう​な​扱い​でし​た。十分​な​防寒​着​も​与え​られ​ず,極寒​の​屋外​で​働かさ​れ​た​こと​も​あり​ます。しかし,こう​し​た​厳しい​状況​に​も​かかわら​ず,コリンナ​と​もう​1​人​の​姉妹​は,会衆​の​集会​に​出席​する​こと​を​決意​し​て​い​まし​た。

2 コリンナ​は​こう​述べ​て​い​ます。「作業​し​て​い​た​区画​を​晩​に​離れ,25​㌔​先​の​駅​まで​歩き​まし​た。午前​2​時​に​列車​は​出発​し,6​時間​後​に​降り​まし​た。そこ​から​集会​場所​まで​10​㌔​歩き​まし​た」。努力​し​た​かい​が​あり​まし​た​か。コリンナ​は​言い​ます。「集会​で​は,皆​で『ものみの塔』を​研究​し,王国​の​歌​を​歌い​まし​た。とても​築き上げ​られ,信仰​が​強め​られ​まし​た」。仕事​に​戻っ​た​の​は​3​日​後​でし​た​が,農場​の​管理​人​は​2​人​が​い​なかっ​た​こと​に​全く​気づき​ませ​ん​でし​た。

3 エホバ​の​民​は​いつ​の​時代​も,集まり合う​機会​を​大切​に​し​て​き​まし​ た。クリスチャン​会衆​の​設立​後​すぐ,イエス​の​追随​者​たち​は「互い​に​分かち合う​こと[または,共​に​交わる​こと]と​に……専念」し​まし​た。(使徒 2:42; 脚注)あなた​も​集会​に​定期​的​に​出席​し​たい​と​心​から​願っ​て​いる​でしょ​う。と​は​いえ,世俗​の​仕事,忙しい​予定,日々​の​生活​の​疲れ​など​の​ため,集会​に​出席​する​の​が​難しく​なる​か​も​しれ​ませ​ん。こう​し​た​問題​を​克服​し,集会​に​出席​する​習慣​を​保ち​たい​と​いう​願い​を​強める​ため​に,何​が​助け​に​なり​ます​か。 [1] 集会​に​出席​する​こと​の​大切​さ​を​理解​する​よう,聖書​研究​生​や​他​の​人​たち​を​どの​よう​に​援助​できる​でしょ​う​か。この​記事​で​は,崇拝​の​ため​に​集まり合う​べき​8​つ​の​理由​を​取り上げ​ます。その​理由​を​3​つ​に​分類​し​て​考え​ましょ​う。わたしたち​が​集会​に​出席​する​なら,(1)自分​に​とっ​て​どんな​益​が​ある​か,(2)他​の​人​たち​に​どんな​良い​影響​を​与える​か,(3)エホバ​と​の​関係​に​どんな​影響​を​与える​か,と​いう​点​です。 [2]

自分​に​とっ​て​どんな​益​が​ある​か

4. 集まり合う​こと​は,エホバ​に​つい​て​学ぶ​うえ​で​どの​よう​に​役立ち​ます​か。

4 教育​を​受け​られる。わたしたち​は,毎回​の​集会​で​エホバ​神​に​つい​て​学ぶ​こと​が​でき​ます。例えば,過去​2​年​近く​の​間,多く​の​会衆​で​は,会衆​の​聖書​研究​で「エホバ​に​近づき​なさい」の​本​を​研究​し​まし​た。神​の​特質​に​つい​て​学び,兄弟​姉妹​の​心​から​の​注解​を​聞い​て,天​の​父​へ​の​愛​が​強まっ​た​の​で​は​ない​でしょ​う​か。また,話,実演,聖書​朗読​に​注意​を​払う​こと​に​よっ​て,聖書​に​関する​知識​を​深める​こと​も​でき​ます。(ネヘ 8:8)毎週,聖書​通読​の​目立っ​た​点​の​ため​に​予習​を​し,集会​で​実際​に​その​話​や​注解​を​聞く​なら,たくさん​の​霊的​な​宝​を​見いだせる​の​で​は​あり​ませ​ん​か。

5. 聖書​から​学ん​だ​事柄​を​活用​し,宣教​の​技術​を​向上​さ​せる​面​で,集会​は​あなた​に​とっ​て​どの​よう​に​役立っ​て​き​まし​た​か。

5 集会​で​は,生活​の​あらゆる​面​で​聖書​の​原則​を​適用​する​よう​教え​られ​ます。(テサ​一 4:9,10)例えば,「ものみの塔」研究​で​は,神​の​民​に​とっ​て​特に​必要​な​事柄​が​取り上げ​られ​ます。あなた​は「ものみの塔」研究​で​励まさ​れ,エホバ​へ​の​奉仕​を​拡大​し​たい​と​思っ​た​こと​が​あり​ます​か。兄弟​姉妹​を​許し,祈り​の​質​を​向上​さ​せ​たい​と​思っ​た​でしょ​う​か。週日​の​集会​で​は,宣教​の​ため​の​教育​が​与え​られ​ます。良い​たより​を​宣べ伝え,聖書​の​原則​を​効果​的​に​教える​方法​を​学べ​ます。―マタ 28:19,20

6. 集会​で​は​どの​よう​に​励まさ​れ,強め​られ​ます​か。

6 励まし​を​得​られる。この​事物​の​体制​で​は,精神​的,感情​的,霊的​な​力​を​奪わ​れ​ます。それ​と​は​対照​的​に,集会​で​は​励まさ​れ,強め​られ​ます。使徒 15:30‐32を​読む。)集会​で​は​しばしば,聖書​預言​の​成就​に​つい​て​学び​ます。そう​する​と,将来​に​関する​エホバ​の​約束​も​成就​する​と​いう​確信​が​強まり​ます。わたしたち​を​励まし​て​くれる​の​は,演壇​で​話​を​する​人​たち​だけ​で​は​あり​ませ​ん。注解​に​参加​し,心​から​賛美​を​歌う​仲間​たち​に​よっ​て​も,築き上げ​られ​ます。(コリ​一 14:26)また,集会​前後​に​兄弟​姉妹​と​会話​する​と,互い​へ​の​絆​を​感じ,本当​に​さわやか​に​され​ます。―コリ​一 16:17,18

7. 集会​に​出席​する​こと​は,なぜ​非常​に​大切​です​か。

7 聖霊​の​助け​を​得​られる。栄光​を​受け​た​イエス​・​キリスト​は​こう​述べ​まし​た。「耳​の​ある​者​は​霊​が​諸​会衆​に​述べる​こと​を​聞き​なさい」。(啓 2:7)イエス​は​聖霊​に​よっ​て​クリスチャン​会衆​を​導い​て​い​ます。わたしたち​が​誘惑​に​抵抗​し,宣教​に​大胆​に​取り組み,正しい​決定​を​ 下す​ため​に​は,聖霊​の​助け​が​必要​です。ですから,聖霊​の​助け​を​得る​ため​に,集会​を​含む​すべて​の​備え​を​活用​す​べき​で​は​あり​ませ​ん​か。

他​の​人​たち​に​どんな​良い​影響​を​与える​か

8. わたしたち​が​集会​に​出席​し,注解​し,賛美​を​歌う​こと​は,兄弟​姉妹​に​どんな​影響​を​与え​ます​か。(「帰る​時​に​は​いつも​気分​が​良く​なっ​て​い​た」と​いう​囲み​も​参照。)

8 兄弟​たち​へ​の​愛​を​示せる。会衆​の​兄弟​姉妹​が​どんな​問題​を​忍耐​し​て​いる​か,じっくり​考え​て​み​て​ください。パウロ​も「互い​の​こと​を​よく​考え」,気遣う​よう​勧め​て​い​ます。また,「集まり合う​こと​を​やめ​たり」し​ない​こと​に​より,仲間​へ​の​気遣い​を​示せる​と​も​述べ​まし​た。(ヘブ 10:24,25)集会​に​行く​なら,兄弟​姉妹​の​ため​に​時間​を​用い,気遣い​を​示し​たい,と​願っ​て​いる​こと​を​示せ​ます。また,心​から​注解​し,賛美​を​歌う​なら,兄弟​姉妹​を​励ます​こと​が​でき​ます。―コロ 3:16

9,10. (イ)ヨハネ 10​章​16​節​は,兄弟​たち​と​集まり合う​こと​の​大切​さ​を​どの​よう​に​示し​て​い​ます​か。(ロ)定期​的​に​集会​に​出席​する​なら,家族​から​付き合い​を​絶た​れ​た​兄弟​姉妹​に​とっ​て​どんな​存在​に​なれ​ます​か。

9 兄弟​たち​と​の​一致​が​強まる。ヨハネ 10:16を​読む。)イエス​は​ご自分​を​羊飼い​に,追随​者​たち​を​羊​の​群れ​に​例え​まし​た。次​の​よう​な​情景​を​想像​し​て​ください。丘​の​上​に​羊​が​2​匹,谷​の​ほう​に​2​匹​い​ます。別​の​場所​で​草​を​食べ​て​いる​羊​も​1​匹​い​ます。この​5​匹​の​羊​は​1​つ​の​群れ​と​言える​でしょ​う​か。普通,羊​の​群れ​は​一緒​に​い​て,1​人​の​羊飼い​の​世話​を​受け​ます。わたしたち​の​場合​も,仲間​の​兄弟​姉妹​から​自分​を​孤立​さ​せる​なら,羊飼い​で​ある​イエス​の​あと​に​従う​こと​は​でき​ませ​ん。「一​人​の​羊飼い」の​世話​を​受ける「一つ​の​群れ」の​一員​で​ある​ため​に​は,兄弟​姉妹​と​集まり合う​必要​が​ある​の​です。

10 集会​に​出席​する​なら,兄弟​関係​の​一致​に​貢献​でき​ます。(詩 133:1)クリスチャン​の​中​に​は,親​兄弟​から​付き合い​を​絶た​れ​た​人​も​い​ます。しかし​イエス​は,愛し​世話​し​て​くれる​霊的​な​家族​を​与える​と​約束​し​まし​た。(マル 10:29,30)集会​に​定期​的​に​出席​する​なら,その​よう​な​クリスチャン​に​とっ​て​父,母,兄弟,姉妹​に​なれる​でしょ​う。その​こと​を​考える​と,是非​すべて​の​集会​に​出席​し​たい​と​いう​気持ち​に​なる​の​で​は​あり​ませ​ん​か。

エホバ​と​の​関係​に​どんな​影響​を​与える​か

11. 集会​に​出席​する​なら,エホバ​に​何​を​ささげる​こと​が​でき​ます​か。

11 エホバ​を​崇拝​し,エホバ​に​従う​こと​が​できる。わたしたち​の​創造​者​で​ある​エホバ​は,賛美,栄光,感謝,誉れ​を​受ける​に​ふさわしい​方​です。啓示 7:12を​読む。)集会​で​祈り,賛美​ を​歌い,エホバ​に​つい​て​語る​時,エホバ​に​崇拝​を​ささげる​こと​が​でき​ます。わたしたち​は,多く​の​こと​を​し​て​くださっ​た​エホバ​に​感謝​し​て​おり,神​を​たたえる​特権​を​大切​に​し​て​い​ます。

12. 集会​に​出席​する​よう​に​と​いう​命令​に​わたしたち​が​従う​時,エホバ​は​どう​お感じ​に​なり​ます​か。

12 また,エホバ​は​わたしたち​が​従う​べき​方​です。神​は,特に​この​終わり​の​時​に​集まり合う​こと​を​やめ​ない​よう​に​と​命じ​て​おら​れ​ます。わたしたち​が​その​命令​に​進ん​で​従う​時,エホバ​は​喜ん​で​ください​ます。(ヨハ​一 3:22)エホバ​は,毎回​の​集会​に​出席​する​ため​に​払う​努力​に​目​を​留め,それ​を​高く​評価​し​て​ください​ます。―ヘブ 6:10

13,14. 集会​に​出席​する​なら​エホバ​と​イエス​に​近づく​こと​が​でき​ます。なぜ​そう​言え​ます​か。

13 エホバ​と​み子​に​近づき​たい​と​いう​願い​を​示せる。集会​で​は,偉大​な​教訓​者​エホバ​が​み言葉 聖書​を​通し​て​わたしたち​に​導き​を​与え​て​おら​れ​ます。(イザ 30:20,21)信者​で​は​ない​人​で​も,集会​に​出席​し​て,「神​は​ほんとう​に​あなた方​の​中​に​おら​れる」と​感じる​か​も​しれ​ませ​ん。(コリ​一 14:23‐25)エホバ​は​聖霊​に​よっ​て​集会​を​祝福​し,聖書​に​基づく​教育​プログラム​を​積極​的​に​導い​て​おら​れ​ます。ですから​集会​で​は,エホバ​の​声​を​聴き,エホバ​の​愛​ある​気遣い​を​感じる​こと​が​でき​ます。その​結果,エホバ​に​近づく​こと​が​できる​の​です。

14 イエス​は,「二​人​か​三​人​が​わたし​の​名​に​おい​て​共​に​集まっ​て​いる​ところ​に​は,わたし​も​その​中​に​いる」と​述べ​まし​た。(マタ 18:20)イエス​の​言葉​は,クリスチャン​の​集会​に​も​当てはまり​ます。キリスト​は​会衆​の​頭​と​し​て,神​の​民​の​会衆​の「真ん中​を​歩[いて]」い​ます。(啓 1:20–2:1)考え​て​み​て​ください。集会​で​は,エホバ​と​イエス​が​わたしたち​を​強める​こと​に​積極​的​に​関わっ​て​おら​れる​の​です。わたしたち​が​神​と​み子​に​近づこ​う​と​努力​する​時,エホバ​は​どう​お感じ​に​なる​でしょ​う​か。

15. 集会​に​出席​する​なら,神​に​従い​たい​と​願っ​て​いる​こと​を​示せ​ます。なぜ​そう​言え​ます​か。

15 神​の​主権​を​支持​し​て​いる​こと​を​示せる。エホバ​は​わたしたち​に​集会​に​出席​する​よう​命じ​て​は​おら​れ​ます​が,強制​し​て​は​おら​れ​ませ​ん。(イザ 43:23)ですから,その​命令​に​どう​応じる​か​に​よっ​て,自分​が​エホバ​を​どれ​ほど​深く​愛し​て​いる​か,また​神​の​支配​を​どれ​ほど​固く​支持​し​て​いる​か​を​示せ​ます。(ロマ 6:17)例えば,集会​に​定期​的​に​出席​する​こと​より​も​世俗​の​仕事​を​優先​さ​せる​よう,雇用​者​から​圧力​を​受ける​か​も​しれ​ませ​ん。あるいは,崇拝​の​ため​に​集まり合う​なら,罰金​や​投獄​や​もっと​厳しい​刑​を​科す​と,政府​から​脅さ​れる​か​も​しれ​ませ​ん。もしか​する​と,集会​を​休ん​で​レクリエーション​を​楽しみ​たい​と​いう​気持ち​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。その​よう​な​時,自分​が​だれ​に​仕える​か​を​選択​する​こと​に​なり​ます。(使徒 5:29)エホバ​の​主権​を​支持​する​こと​を​選ぶ​なら,エホバ​の​心​を​歓ばせる​こと​が​でき​ます。―箴 27:11

集まり合う​こと​に​引き続き​専念​する

16,17. (イ)1​世紀​の​クリスチャン​が​集会​を​非常​に​大切​に​し​て​い​た,と​言える​の​は​なぜ​です​か。(ロ)ジョージ​・​ギャンギャス​兄弟​は,集会​に​つい​て​どう​感じ​て​い​まし​た​か。

16 初期​クリスチャン​は,西暦​33​年​の​ペンテコステ​の​日​に​驚く​べき​奇跡​が​生じ​た​後,短​期間​だけ​集まり合っ​た​の​で​は​あり​ませ​ん。「彼ら​は​使徒​たち​の​教え​と,互い​に​分かち合う​こと[または,共​に​交わる​こと]と​に​その​後​も​専念」し​まし​た。(使徒 2:42; 脚注)「専念​し​た」と​訳さ​れ​て​いる​ギリシャ​語​に​は,真剣​に​努力​し​て,たゆま​ず​に​行ない​続ける,と​いう​意味合い​ が​あり​ます。ローマ​の​支配​と​ユダヤ​人​の​宗教​指導​者​から​の​反対​の​もと​で,クリスチャン​が​集会​に​出席​する​の​は​容易​な​こと​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。それでも,彼ら​は​出席​し​続け​た​の​です。

17 現代​の​エホバ​の​僕​たち​も,集会​に​対する​深い​認識​を​示し​て​き​まし​た。統治​体​の​成員​と​し​て​22​年​以上​奉仕​し​た​ジョージ​・​ギャンギャス​は,こう​述べ​て​い​ます。「私​に​とっ​て​兄弟​たち​に​会う​こと​は,生活​の​最大​の​楽しみ​の​一つ​で​あり,励み​の​源​です。私​は​王国​会館​に​早く​行き,できれ​ば​最後​まで​いる​の​が​好き​です。神​の​民​と​語り合っ​て​いる​と,深い​喜び​を​感じ​ます。皆​の​中​に​いる​と,霊的​パラダイス​で​自分​の​家族​と​一緒​に​いる​よう​な​くつろい​だ​気分​に​なり​ます」。また,こう​も​述べ​て​い​ます。「コンパス​が​常​に​北​を​指す​よう​に,私​の​内奥​の​考え​や​願い​は,集会​に​出席​する​方​を​向い​て​い​ます」。

18. あなた​は​集会​に​つい​て​どう​感じ​て​い​ます​か。どんな​決意​を​抱い​て​い​ます​か。

18 エホバ​を​崇拝​する​ため​に​集まり合う​こと​に​つい​て,あなた​も​同じ​よう​に​感じ​て​い​ます​か。では,定期​的​に​集会​に​出席​する​ため,たゆま​ず​真剣​に​努力​し​続ける​決意​を​抱い​て​ください。そうすれば,ダビデ​王​と​同じ​よう​に,「エホバ​よ,わたし​は​あなた​の​家​の​住まい……を​愛し​まし​た」と​言える​でしょ​う。―詩 26:8

^ [1](3​節)重い​病気​など,自分​で​は​どう​し​よう​も​ない​状況​の​ゆえに,集会​に​定期​的​に​出席​でき​ない​兄弟​姉妹​も​い​ます。それでも,その​よう​な​兄弟​姉妹​は,エホバ​が​状況​を​理解​し,魂​の​こもっ​た​崇拝​を​喜ん​で​おら​れる​こと​を​確信​でき​ます。長老​たち​は,その​よう​な​兄弟​姉妹​が​霊的​な​プログラム​を​聞ける​よう,電話​で​中継​し​たり,録音​し​た​もの​を​届け​たり​できる​か​も​しれ​ませ​ん。

^ [2](3​節)「集会​に​出席​する​理由」の​囲み​を​参照。