内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 ライフ​・​ストーリー

“姉妹”になった修道女たち

“姉妹”になった修道女たち

「もう​いい加減​に​し​て」。妹​の​アラセリ​は​声​を​荒げ​て​言い​まし​た。「お姉さん​の​宗教​の​話​は​もう​たくさん! 気分​が​悪く​なる。もう​顔​も​見​たく​ない​わ」。91​歳​に​なっ​た​今​も,妹​に​そう​言わ​れ​た​時​の​ショック​は​忘れ​られ​ませ​ん。でも,伝道​の​書 7​章​8​節​に​は「事​の​後​の​終わり​は​その​初め​に​勝る」と​あり​ます。その​とおり​に​なり​まし​た。―フェリサ。

フェリサ: わたし​は​敬虔​な​家庭​で​育ち​まし​た。親族​の​うち​13​人​は,司祭​など​カトリック​教会​の​仕事​を​し​て​い​まし​た。母​の​いとこ​は​カトリック​の​学校​で​教え​て​い​た​司祭​で,教皇​ヨハネ​・​パウロ​2​世​に​よっ​て​列福​さ​れ​まし​た。我​が​家​は​決して​裕福​と​は​言え​ませ​ん​でし​た。父​は​鍛冶​屋​で,母​は​畑​仕事​を​し​て​家計​を​支え​まし​た。わたし​は​8​人​きょうだい​の​一番​上​でし​た。

スペイン​内乱​が​勃発​し​た​の​は,わたし​が​12​歳​の​時​です。内乱​の​終結​後,父​は,進歩​的​な​思想​が​独裁​政権​下​で​反感​を​買い,投獄​さ​れ​まし​た。母​は​家族​を​養う​の​に​苦労​し​て​い​まし​た。それ​を​知っ​た​母​の​友人​が,子ども​たち​3​人​を​スペイン​の​ビルバオ​に​ある​修道院​に​送る​こと​を​勧め​まし​た。妹​の​アラセリ,ラウリ,ラモニ​です。修道院​に​入れ​ば,少なく​と​も,ひもじい​思い​は​し​なく​て​すみ​ます。

アラセリ: 当時,わたしたち​は​14​歳,12​歳,10​歳​でし​た。家族​から​引き離さ​れ​て,とても​つらかっ​た​です。修道院​で​は​掃除​の​仕事​を​し​まし​た。2​年​後,わたしたち​は,高齢​者​の​介護​施設​の​ある​サラゴサ​の​大きな​修道院​へ​移さ​れ​まし​た。そこ​で​は​調理​場​の​掃除​を​し​まし​た。子ども​に​は​きつい​仕事​でし​た。

フェリサ: 妹​たち​が​サラゴサ​の​修道院​へ​送ら​れ​た​後,母​と,地元​の​司祭​で​あっ​た​叔父​は,そこ​へ​わたし​を​送る​こと​に​決め​まし​た。わたし​に​関心​を​示す​男​の​子​が​い​た​の​で,その​男​の​子​から​遠ざけ​たい​と​思っ​た​の​です。わたし​は​宗教​心​が​強く,しばらく​修道院​で​生活​する​の​も​よい​かな​と​思い​まし​た。毎日​欠かさ​ず​ミサ​に​出席​し​て​い​まし​た​し,アフリカ​で​修道​士​を​し​て​い​た​従兄弟​の​よう​に​宣教​師​に​なり​たい​と​思っ​て​い​まし​た。

左: スペイン,サラゴサ​の​修道院。右: ナカル‐コルンガ​聖書

 修道​女​たち​は,外国​で​神​に​仕え​たい​と​いう​わたし​の​気持ち​を​全く​後押し​し​て​くれ​ませ​ん​でし​た。修道院​で​の​生活​は​窮屈​な​だけ​でし​た。それ​で​1​年​後,家​に​戻っ​て,司祭​で​ある​叔父​の​世話​を​する​こと​に​し​まし​た。家事​を​こなし,晩​に​は​叔父​と​一緒​に​ロザリオ​の​祈り​を​唱え​まし​た。教会​で,花​を​飾っ​たり,マリア​や​聖人​の​像​の​装飾​品​を​整え​たり​する​の​も​好き​でし​た。

アラセリ: やがて,修道院​で​の​わたしたち​の​生活​は​大きく​変化​し​ます。わたし​が​最初​の​誓願​を​立て​た​後,わたしたち​3​人​は​別々​の​修道院​で​生活​する​こと​に​なり​まし​た。ラモニ​は​サラゴサ​に​とどまり​まし​た​が,ラウリ​は​バレンシア​へ,わたし​は​マドリード​へ​送ら​れ​まし​た。わたし​は​そこで​2​度​目​の​誓願​を​し​まし​た。マドリード​の​修道院​に​は,学生​や​高齢​者​や​訪問​者​の​ため​の​宿泊​施設​も​あり,たくさん​の​仕事​が​あり​まし​た。わたし​は​修道院​の​診療​所​で​働き​まし​た。

正直​な​ところ,修道院​で​は​もっと​充実​し​た​生活​が​送れる​と​思っ​て​い​まし​た。聖書​を​読ん​で​理解​できる​と​期待​し​て​い​まし​た。でも​現実​に​は,だれ​も​神​や​イエス​に​つい​て​教え​て​くれ​ませ​ん​でし​た​し,聖書​を​使う​こと​さえ​あり​ませ​ん​でし​た。ただ​ラテン​語​を​幾らか​勉強​し,聖人​の​生涯​を​学び,マリア​を​崇拝​する​だけ​です。あと​は​きつい​肉体​労働​ばかり​の​毎日​でし​た。

わたし​は​修道院​で​の​生活​に​もどかしさ​を​感じる​よう​に​なり​まし​た。それ​で​修道院​長​に,「自分​の​家族​は​困っ​て​いる​の​に,ほか​の​人​たち​ばかり​助け​て​いる​の​は​おかしい​と​思う」と​話し​まし​た。すると,修道院​長​は​わたし​を​独居​房​に​入れ​まし​た。考え​を​改め​させ,修道院​を​出る​の​を​思いとどまら​せる​ため​です。

独居​房​から​出し​て​もらえ​た​こと​が​3​度​あり​ます。修道院​を​出​たい​と​いう​気持ち​が​変わっ​て​い​ない​か,確かめる​ため​です。わたし​の​決意​が​変わっ​て​い​ない​の​が​分かる​と,「わたし​は​神​より​も​サタン​に​仕え​たい​の​で​ここ​を​出​ます」と​書く​よう​言わ​れ​まし​た。がく然​と​し​まし​た。修道院​を​出​たく​て​仕方なかっ​た​の​です​が,そんな​こと​は​とても​書け​ませ​ん。それ​で​聴罪​司祭​に​事情​を​説明​し​た​ところ,司祭​は​教区​長​に​相談​し,サラゴサ​の​修道院​へ​わたし​を​戻し​て​くれ​まし​た。サラゴサ​で​数​か月​過ごし​た​後,修道院​を​出る​こと​が​認め​られ​まし​た。程なく​し​て,ラウリ​と​ラモニ​も​修道院​を​出​まし​た。

“禁書”の​せい​で​仲たがい

フェリサ

フェリサ: その​後,わたし​は​結婚​し,カンタブリア​県​へ​引っ越し​まし​た。ミサ​へ​の​出席​は​欠かし​ませ​ん​でし​た。ある​日曜​日​の​礼拝​の​時​の​こと​です。司祭​が​荒々しく,「この​本​を​見​なさい!」と​言い​まし​た。司祭​が​手​に​し​て​い​た​ の​は,「とこしえ​の​命​に​導く​真理」の​本​でし​た。「だれ​か​から​この​本​を​もらっ​たら,わたし​の​ところ​へ​持っ​て​くる​か,すぐ​に​捨て​なさい」と​司祭​は​言い​まし​た。

わたし​は​その​本​を​持っ​て​い​ませ​ん​でし​た​が,すぐ​に​読み​たく​なり​まし​た。その​願い​は​かない​まし​た。数​日​後,2​人​の​エホバ​の​証人​が​やっ​て​来​た​の​です。わたし​は​例​の“禁書”を​受け取り,その​晩,すぐ​に​読み​まし​た。証人​たち​は​再び​やっ​て​来​て​聖書​研究​を​勧め,わたし​は​それ​に​応じ​まし​た。

“禁書”に​され​た​本

真理​を​知っ​て​感動​を​覚え​まし​た。単に​強い​宗教​心​だっ​た​もの​が,エホバ​へ​の​深い​愛​と​宣教​へ​の​熱意​に​変わり,1973​年​に​バプテスマ​を​受け​まし​た。家族​に​も​真理​に​つい​て​できる​限り​話す​よう​に​努力​し​まし​た。しかし​冒頭​で​述べ​た​よう​に,強い​反対​を​受け​まし​た。特に​厳しい​態度​だっ​た​の​は​妹​の​アラセリ​です。

アラセリ: 修道院​で​の​つらい​経験​の​せい​で,宗教​に​不信​感​を​抱く​よう​に​なり​まし​た。でも,毎週​日曜​日​に​は​ミサ​に​出席​し,毎日,ロザリオ​の​祈り​を​唱え​まし​た。聖書​を​理解​し​たい​と​いう​願い​は​変わら​ず,神​に​助け​を​祈り​求め​まし​た。しかし,姉​の​フェリサ​が​新た​な​信仰​に​つい​て​熱心​に​話す​よう​に​なっ​た​時,狂信​的​だ​と​感じ,強く​反対​し​まし​た。

アラセリ

数​年​後,仕事​の​関係​で​マドリード​へ​戻り,そこで​結婚​し​まし​た。宗教​へ​の​不信​感​が​強く​なっ​て​ゆき​まし​た。ミサ​に​いつも​出席​し​て​いる​人​たち​が​福音​書​の​教え​を​実行​し​て​い​ない,と​いう​こと​に​気づい​た​から​です。それ​で​教会​へ​行く​の​を​やめ​まし​た。もう​聖人​も,告白​も,地獄​も​信じ​て​い​ませ​ん​でし​た。持っ​て​い​た​像​は​全部​捨て​まし​た。でも,自分​の​し​て​いる​こと​が​正しい​と​いう​確信​も​持て​ず,落胆​し​て​しまい,神​に「あなた​の​こと​を​知り​たい​の​です。どうぞ​お助け​ください」と​祈り​続け​まし​た。エホバ​の​証人​が​来​た​こと​は​何​度​か​あり​まし​た​が,ドア​を​開け​た​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。宗教​は​どれ​も​信じ​られ​ない,と​思っ​て​い​た​から​です。

1980​年代​初め,フランス​に​い​た​ラウリ​と,スペイン​に​い​た​ラモニ​も,エホバ​の​証人​と​聖書​を​学び​始め​まし​た。 わたし​は,2​人​と​も​フェリサ​と​同じ​よう​に​だまさ​れ​て​いる,と​思い​まし​た。その​後,アンヘリネス​と​いう​近所​の​女性​と​親しく​なり​まし​た。彼女​も​エホバ​の​証人​でし​た。アンヘリネス​と​ご主人​から,聖書​研究​を​何​度​も​勧め​られ​まし​た。2​人​は,わたし​が​宗教​に​不信​感​を​抱い​て​いる​よう​に​見え​て​も,実​は​聖書​の​知識​に​飢え​て​いる,と​いう​こと​に​気づい​た​の​です。わたし​は​根負け​し​て,「分かり​まし​た。勉強​し​て​み​ます。ただし​わたし​の​聖書​を​使っ​て​ください」と​言い​まし​た。それ​は​ナカル‐コルンガ​聖書​でし​た。

聖書​の​おかげ​で​ついに​結び合わさ​れる

フェリサ: わたし​が​バプテスマ​を​受け​た​1973​年​当時,スペイン​の​カンタブリア​の​県​都​サンタンデル​市​に​は​エホバ​の​証人​が​70​人​ほど​い​まし​た。広大​な​奉仕​区域​で,バス​や,後​に​は​車​で,カンタブリア​県​各地​の​村​へ​伝道​に​行き​まし​た。わたしたち​が​訪れ​た​村​の​数​は,幾百​に​も​上り​ます。

これ​まで​たくさん​の​聖書​研究​を​司会​する​こと​が​でき,11​人​が​バプテスマ​を​受け​まし​た。研究​生​の​ほとんど​は​カトリック​教徒​です。自分​が​かつて​熱心​な​カトリック​教徒​だっ​た​の​で,研究​生​に​辛抱強さ​や​理解​を​示す​必要​が​ある​こと​を​知っ​て​い​まし​た。固く​信じ​て​い​た​事柄​の​間違い​を​理解​する​に​は,時間​が​必要​です。でも,聖書​の​力​と​エホバ​の​聖霊​の​助け​に​よっ​て,真理​を​見いだせ​ます。(ヘブ 4:12)かつて​警察​官​だっ​た​夫​の​ビエンベニード​は,1979​年​に​バプテスマ​を​受け,母​も​亡くなる​少し​前​に​聖書​研究​を​始め​まし​た。

アラセリ: 研究​を​始め​た​当初​は,強い​疑い​を​抱い​て​い​まし​た​が,何​週​間​か​する​と,その​よう​な​気持ち​は​すっかり​消え​て​い​まし​た。最も​感銘​を​受け​た​の​は,エホバ​の​証人​が​教え​を​実践​し​て​いる​こと​でし​た。疑念​が​信仰​に​変わり,以前​より​ずっ​と​幸福​に​なり​まし​た。近所​の​人​たち​から​も,「アラセリ,あなた​の​選ん​だ​道​を​しっかり​進み​なさい」と​言わ​れ​まし​た。

こう​祈っ​た​こと​を​よく​覚え​て​い​ます。「エホバ,わたし​を​見捨て​ず,ずっ​と​探し​て​い​た​聖書​の​真理​を​知る​機会​を​何​度​も​与え​て​くださり,ありがとう​ござい​ます」。姉​の​フェリサ​に​も,ひどい​こと​を​言っ​て​しまっ​た​こと​を​謝り​まし​た。以前​は​よく​2​人​で​口論​し​て​い​まし​た​が,今​で​は​聖書​の​話し合い​を​楽しん​で​い​ます。わたし​は​1989​年,61​歳​の​時​に​バプテスマ​を​受け​まし​た。

フェリサ: わたし​は​今​91​歳​です。やもめ​です​し,昔​の​よう​な​体力​も​あり​ませ​ん。でも,毎日​聖書​を​読み,体調​が​許す​限り​集会​に​出席​し,伝道​に​も​できる​だけ​参加​し​て​い​ます。

アラセリ: 自分​が​かつて​修道​女​だっ​た​こと​も​あり,伝道​で​司祭​や​修道​女​たち​に​証言​する​の​が​好き​です。出版​物​を​たくさん​配布​でき​まし​た​し,興味深い​会話​も​でき​まし​た。ある​司祭​の​こと​を​思い出し​ます。何​度​目​か​の​訪問​の​際,司祭​から​こう​言わ​れ​まし​た。「アラセリ​さん。あなた​の​おっしゃる​とおり​だ​と​思い​ます。でも,この​年​で​今更​どう​し​たら​いい​ん​でしょ​う。教区​民​や​家族​から​何て​言わ​れる​でしょ​う​か」。わたし​が「でも,神​は​何​と​おっしゃる​でしょ​う」と​言う​と,司祭​は​悲しげ​に​うなずき​まし​た。でも,真理​を​探し​続ける​勇気​は​なかっ​た​よう​です。

人生​の​中​で​忘れ​がたい​の​は,主人​が​初めて​集会​へ​行き​たい​と​言っ​て​くれ​た​こと​です。主人​は​80​歳​を​超え​て​い​まし​た​が,以来,集会​を​一度​も​休み​ませ​ん​でし​た。聖書​を​学び,バプテスマ​を​受け​て​い​ない​伝道​者​に​なり​まし​た。2​人​で​一緒​に​伝道​し​た​こと​は,今​も​大切​な​思い出​です。主人​が​亡くなっ​た​の​は,バプテスマ​を​2​か月​後​に​控え​て​い​た​時​の​こと​でし​た。

フェリサ: 人生​の​中​で​特に​うれしかっ​た​こと​は,当初​反対​し​て​い​た​妹​たち​3​人​が​わたし​の​霊的​な​姉妹​に​なっ​た​こと​です。愛する​エホバ​神​と​聖書​に​つい​て​4​人​で​語り合える​の​は,この​上​ない​喜び​です。ついに,わたしたち​は​霊的​に​結び合わさ​れ​た​の​です。 *

^ 29節 現在,アラセリ​は​87​歳,フェリサ​は​91​歳,ラモニ​は​83​歳​で,熱心​に​エホバ​に​仕え​続け​て​い​ます。ラウリ​は​エホバ​へ​の​忠実​を​保ち,1990​年​に​亡くなり​まし​た。