アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2016年4月

 ライフ  ストーリー

“姉妹”になった修道女たち

“姉妹”になった修道女たち

「もう いい加減   て」。妹  アラセリ    荒げ  言い まし た。「お姉さん  宗教    もう たくさん! 気分  悪く なる。もう    たく ない わ」。91   なっ   も,妹  そう 言わ     ショック  忘れ られ ませ ん。でも,伝道  書 7  8   は「事    終わり  その 初め  勝る」と あり ます。その とおり  なり まし た。―フェリサ。

フェリサ: わたし  敬虔  家庭  育ち まし た。親族  うち 13  は,司祭 など カトリック 教会  仕事     まし た。母  いとこ  カトリック  学校  教え    司祭 で,教皇 ヨハネ  パウロ 2   よっ  列福   まし た。我    決して 裕福   言え ませ  でし た。父  鍛冶  で,母   仕事    家計  支え まし た。わたし  8  きょうだい  一番  でし た。

スペイン 内乱  勃発    は,わたし  12    です。内乱  終結 後,父 は,進歩   思想  独裁 政権   反感  買い,投獄   まし た。母  家族  養う   苦労    まし た。それ  知っ    友人 が,子ども たち 3   スペイン  ビルバオ  ある 修道院  送る こと  勧め まし た。妹  アラセリ,ラウリ,ラモニ です。修道院  入れ ば,少なく  も,ひもじい 思い   なく  すみ ます。

アラセリ: 当時,わたしたち  14 歳,12 歳,10  でし た。家族 から 引き離さ  て,とても つらかっ  です。修道院   掃除  仕事   まし た。2  後,わたしたち は,高齢   介護 施設  ある サラゴサ  大きな 修道院  移さ  まし た。そこ   調理   掃除   まし た。子ども   きつい 仕事 でし た。

フェリサ:  たち  サラゴサ  修道院  送ら   後,母 と,地元  司祭  あっ  叔父 は,そこ  わたし  送る こと  決め まし た。わたし  関心  示す        で,その    から 遠ざけ たい  思っ   です。わたし  宗教   強く,しばらく 修道院  生活 する   よい かな  思い まし た。毎日 欠かさ  ミサ  出席    まし  し,アフリカ  修道       従兄弟  よう  宣教   なり たい  思っ   まし た。

左: スペイン,サラゴサ  修道院。右: ナカル‐コルンガ 聖書

 修道  たち は,外国    仕え たい  いう わたし  気持ち  全く 後押し   くれ ませ  でし た。修道院   生活  窮屈  だけ でし た。それ  1  後,家  戻っ て,司祭  ある 叔父  世話  する こと   まし た。家事  こなし,晩   叔父  一緒  ロザリオ  祈り  唱え まし た。教会 で,花  飾っ たり,マリア  聖人    装飾   整え たり する   好き でし た。

アラセリ: やがて,修道院   わたしたち  生活  大きく 変化  ます。わたし  最初  誓願  立て  後,わたしたち 3   別々  修道院  生活 する こと  なり まし た。ラモニ  サラゴサ  とどまり まし  が,ラウリ  バレンシア へ,わたし  マドリード  送ら  まし た。わたし  そこで 2    誓願   まし た。マドリード  修道院  は,学生  高齢   訪問   ため  宿泊 施設  あり,たくさん  仕事  あり まし た。わたし  修道院  診療   働き まし た。

正直  ところ,修道院   もっと 充実   生活  送れる  思っ   まし た。聖書  読ん  理解 できる  期待    まし た。でも 現実  は,だれ    イエス  つい  教え  くれ ませ  でし  し,聖書  使う こと さえ あり ませ  でし た。ただ ラテン   幾らか 勉強 し,聖人  生涯  学び,マリア  崇拝 する だけ です。あと  きつい 肉体 労働 ばかり  毎日 でし た。

わたし  修道院   生活  もどかしさ  感じる よう  なり まし た。それ  修道院  に,「自分  家族  困っ  いる  に,ほか   たち ばかり 助け  いる   おかしい  思う」と 話し まし た。すると,修道院   わたし  独居   入れ まし た。考え  改め させ,修道院  出る   思いとどまら せる ため です。

独居  から 出し  もらえ  こと  3  あり ます。修道院   たい  いう 気持ち  変わっ   ない か,確かめる ため です。わたし  決意  変わっ   ない   分かる と,「わたし   より  サタン  仕え たい   ここ   ます」と 書く よう 言わ  まし た。がく然   まし た。修道院   たく  仕方なかっ   です が,そんな こと  とても 書け ませ ん。それ  聴罪 司祭  事情  説明   ところ,司祭  教区   相談 し,サラゴサ  修道院  わたし  戻し  くれ まし た。サラゴサ   か月 過ごし  後,修道院  出る こと  認め られ まし た。程なく  て,ラウリ  ラモニ  修道院   まし た。

“禁書”の せい  仲たがい

フェリサ

フェリサ: その 後,わたし  結婚 し,カンタブリア   引っ越し まし た。ミサ   出席  欠かし ませ  でし た。ある 日曜   礼拝    こと です。司祭  荒々しく,「この    なさい!」と 言い まし た。司祭          は,「とこしえ    導く 真理」の  でし た。「だれ  から この   もらっ たら,わたし  ところ  持っ  くる か,すぐ  捨て なさい」と 司祭  言い まし た。

わたし  その   持っ   ませ  でし  が,すぐ  読み たく なり まし た。その 願い  かない まし た。数  後,2   エホバ  証人  やっ     です。わたし   の“禁書”を 受け取り,その 晩,すぐ  読み まし た。証人 たち  再び やっ    聖書 研究  勧め,わたし  それ  応じ まし た。

“禁書”に され  

真理  知っ  感動  覚え まし た。単に 強い 宗教  だっ  もの が,エホバ   深い   宣教   熱意  変わり,1973   バプテスマ  受け まし た。家族   真理  つい  できる 限り 話す よう  努力  まし た。しかし 冒頭  述べ  よう に,強い 反対  受け まし た。特に 厳しい 態度 だっ      アラセリ です。

アラセリ: 修道院   つらい 経験  せい で,宗教  不信   抱く よう  なり まし た。でも,毎週 日曜    ミサ  出席 し,毎日,ロザリオ  祈り  唱え まし た。聖書  理解  たい  いう 願い  変わら ず,神  助け  祈り 求め まし た。しかし,姉  フェリサ  新た  信仰  つい  熱心  話す よう  なっ  時,狂信    感じ,強く 反対  まし た。

アラセリ

  後,仕事  関係  マドリード  戻り,そこで 結婚  まし た。宗教   不信   強く なっ  ゆき まし た。ミサ  いつも 出席   いる  たち  福音   教え  実行    ない,と いう こと  気づい  から です。それ  教会  行く   やめ まし た。もう 聖人 も,告白 も,地獄  信じ   ませ  でし た。持っ      全部 捨て まし た。でも,自分    いる こと  正しい  いう 確信  持て ず,落胆   しまい,神 に「あなた  こと  知り たい  です。どうぞ お助け ください」と 祈り 続け まし た。エホバ  証人    こと     あり まし  が,ドア  開け  こと  あり ませ  でし た。宗教  どれ  信じ られ ない,と 思っ    から です。

1980 年代 初め,フランス    ラウリ と,スペイン    ラモニ も,エホバ  証人  聖書  学び 始め まし た。 わたし は,2    フェリサ  同じ よう  だまさ   いる,と 思い まし た。その 後,アンヘリネス  いう 近所  女性  親しく なり まし た。彼女  エホバ  証人 でし た。アンヘリネス  ご主人 から,聖書 研究     勧め られ まし た。2  は,わたし  宗教  不信   抱い  いる よう  見え  も,実  聖書  知識  飢え  いる,と いう こと  気づい   です。わたし  根負け  て,「分かり まし た。勉強    ます。ただし わたし  聖書  使っ  ください」と 言い まし た。それ  ナカル‐コルンガ 聖書 でし た。

聖書  おかげ  ついに 結び合わさ れる

フェリサ: わたし  バプテスマ  受け  1973  当時,スペイン  カンタブリア    サンタンデル    エホバ  証人  70  ほど  まし た。広大  奉仕 区域 で,バス や,後    で,カンタブリア  各地    伝道  行き まし た。わたしたち  訪れ     は,幾百   上り ます。

これ まで たくさん  聖書 研究  司会 する こと  でき,11   バプテスマ  受け まし た。研究   ほとんど  カトリック 教徒 です。自分  かつて 熱心  カトリック 教徒 だっ   で,研究   辛抱強さ  理解  示す 必要  ある こと  知っ   まし た。固く 信じ    事柄  間違い  理解 する  は,時間  必要 です。でも,聖書    エホバ  聖霊  助け  よっ て,真理  見いだせ ます。(ヘブ 4:12)かつて 警察  だっ    ビエンベニード は,1979   バプテスマ  受け,母  亡くなる 少し   聖書 研究  始め まし た。

アラセリ: 研究  始め  当初 は,強い 疑い  抱い   まし  が,何    する と,その よう  気持ち  すっかり 消え   まし た。最も 感銘  受け   は,エホバ  証人  教え  実践   いる こと でし た。疑念  信仰  変わり,以前 より ずっ  幸福  なり まし た。近所   たち から も,「アラセリ,あなた  選ん    しっかり 進み なさい」と 言わ  まし た。

こう 祈っ  こと  よく 覚え   ます。「エホバ,わたし  見捨て ず,ずっ  探し    聖書  真理  知る 機会     与え  くださり,ありがとう ござい ます」。姉  フェリサ  も,ひどい こと  言っ  しまっ  こと  謝り まし た。以前  よく 2   口論    まし  が,今   聖書  話し合い  楽しん   ます。わたし  1989 年,61     バプテスマ  受け まし た。

フェリサ: わたし   91  です。やもめ です し,昔  よう  体力  あり ませ ん。でも,毎日 聖書  読み,体調  許す 限り 集会  出席 し,伝道   できる だけ 参加    ます。

アラセリ: 自分  かつて 修道  だっ  こと  あり,伝道  司祭  修道  たち  証言 する   好き です。出版   たくさん 配布 でき まし  し,興味深い 会話  でき まし た。ある 司祭  こと  思い出し ます。何     訪問  際,司祭 から こう 言わ  まし た。「アラセリ さん。あなた  おっしゃる とおり   思い ます。でも,この   今更 どう  たら いい  でしょ う。教区   家族 から 何て 言わ れる でしょ  か」。わたし が「でも,神    おっしゃる でしょ う」と 言う と,司祭  悲しげ  うなずき まし た。でも,真理  探し 続ける 勇気  なかっ  よう です。

人生    忘れ がたい  は,主人  初めて 集会  行き たい  言っ  くれ  こと です。主人  80   超え   まし  が,以来,集会  一度  休み ませ  でし た。聖書  学び,バプテスマ  受け   ない 伝道   なり まし た。2   一緒  伝道   こと は,今  大切  思い出 です。主人  亡くなっ   は,バプテスマ  2 か月   控え      こと でし た。

フェリサ: 人生    特に うれしかっ  こと は,当初 反対      たち 3   わたし  霊的  姉妹  なっ  こと です。愛する エホバ   聖書  つい  4   語り合える  は,この  ない 喜び です。ついに,わたしたち  霊的  結び合わさ    です。 *

^ 29節 現在,アラセリ  87 歳,フェリサ  91 歳,ラモニ  83  で,熱心  エホバ  仕え 続け   ます。ラウリ  エホバ   忠実  保ち,1990   亡くなり まし た。