内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

あなたの宣教は露のようですか

あなたの宣教は露のようですか

わたしたち​の​宣教​は​非常​に​貴重​な​もの​です。しかし,すべて​の​人​が​良い​たより​の​価値​を​認める​わけ​で​は​あり​ませ​ん。聖書​の​音信​に​関心​を​示し​て​も,聖書​研究​に​応じ​ない​人​も​い​ます。

ガビン​が​そう​でし​た。会衆​の​集会​に​出席​し​始め​た​もの​の,聖書​研究​の​勧め​に​は​応じ​ませ​ん​でし​た。こう​言い​ます。「わたし​は​聖書​の​知識​が​ほとんど​なかっ​た​の​で,それ​が​知ら​れる​の​が​嫌​でし​た。だまさ​れ​たく​あり​ませ​ん​でし​た​し,特定​の​宗教​に​入る​気​も​あり​ませ​ん​でし​た」。あなた​は​ガビン​に​つい​て​どう​思い​ます​か。研究​する​見込み​の​ない​人​でしょ​う​か。その​よう​な​こと​は​あり​ませ​ん。聖書​の​教え​が​人​に​どんな​良い​影響​を​及ぼす​か,考え​て​み​て​ください。エホバ​は​昔,ご自分​の​民​に​こう​述べ​まし​た。「わたし​の​ことば​は​露​の​よう​に​流れ落ちる。草​に​降る​静か​な​雨……の​よう​に」。(申 31:19,30; 32:2)では,露​の​幾つ​か​の​特徴​を​調べ,宣教​で​あらゆる​人​を​助ける​効果​的​な​方法​を​考え​ましょ​う。―テモ​一 2:3,4

 宣教​は​どんな​点​で​露​の​よう​か

露​は​穏やか。大気​中​の​水蒸気​は​冷やさ​れる​と​水滴​に​なり,それ​が​徐々​に​集まっ​て​露​に​なり​ます。エホバ​の​言葉​は「露​の​よう​に​流れ落ち」まし​た。エホバ​は​ご自分​の​民​に,優しく​穏やか​に​思いやり​を​もっ​て​語ら​れ​た​から​です。わたしたち​も,人々​の​考え方​に​敬意​を​示し,人々​が​自分​で​考え​て​結論​を​出せる​よう​助ける​こと​に​より,神​に​倣え​ます。その​よう​に​思いやり​を​示す​とき,人々​の​心​を​動かし,いっそう​効果​的​に​宣教​を​行なう​こと​が​でき​ます。

露​は​さわやか。宣教​に​おい​て​人々​を​助ける​方法​を​よく​考える​なら,人々​を​さわやか​に​する​こと​が​でき​ます。先​ほど​の​ガビン​の​場合​は​どう​でし​た​か。ガビン​に​最初​に​聖書​研究​を​勧め​た​クリス​と​いう​兄弟​は,研究​に​応じる​よう​圧力​を​かけ​たり​は​し​ませ​ん​でし​た。むしろ,堅苦しく​ない​雰囲気​で​聖書​に​つい​て​話し合える​よう,いろいろ​と​工夫​し​まし​た。例えば​クリス​は​ガビン​に,聖書​に​は​1​つ​の​テーマ​が​あり,その​テーマ​を​頭​に​置い​て​集会​の​話​を​聞く​と​内容​が​よく​分かる,と​言い​まし​た。また,自分​が​聖書​の​正しさ​を​確信​でき​た​の​は​聖書​預言​を​調べ​た​から​だ​と​伝え​まし​た。それ​が​きっかけ​で,預言​の​成就​に​つい​て​何​度​か​話し合う​こと​が​でき​まし​た。ガビン​は​その​よう​な​話し合い​に​よっ​て​さわやか​に​され,やがて​聖書​研究​に​応じ​まし​た。

露​は​命​を​支える。イスラエル​で​は​暑い​乾期​に​なる​と,雨​が​何​か月​も​降り​ませ​ん。露​が​降り​ない​と,植物​は​しおれ,枯れ​て​しまい​ます。エホバ​の​予告​どおり,今日,霊的​な​干ばつ​が​広がっ​て​い​ます。(アモ 8:11)しかし​エホバ​は,王国​の​音信​を​ふれ告げる​油そそが​れ​た​者​たち​が「エホバ​から​の​露​の​よう​に」なる,と​約束​さ​れ​まし​た。「ほか​の​羊」も​その​活動​を​支援​し​て​い​ます。(ミカ 5:7。ヨハ 10:16)王国​の​良い​たより​は,命​を​支える​ため​に​エホバ​が​人々​に​与える​霊的​な​水​の​一部​です。あなた​は​この​良い​たより​を​伝える​務め​を​大切​に​し​て​い​ます​か。

露​は​エホバ​から​の​祝福。申 33:13)わたしたち​の​宣教​は,良い​たより​に​こたえ応じる​人​たち​に​とっ​て​祝福​と​なり​ます。ガビン​は​その​よう​な​祝福​を​受け​まし​た。聖書​研究​に​よっ​て​様々​な​疑問​の​答え​が​得​られ,急速​な​進歩​を​遂げ​て​バプテスマ​を​受け​まし​た。今​は,妻​の​ジョイス​と​共​に,喜び​の​うち​に​王国​の​良い​たより​を​宣べ伝え​て​い​ます。

エホバ​の​証人​は​王国​の​音信​で​全地​を​豊か​に​潤し​て​いる

宣教​を​大切​に​する

露​に​つい​て​考える​と,自分​の​奉仕​の​大切​さ​も​認識​でき​ます。1​滴​の​露​は​すぐ​に​乾い​て​しまい​ます​が,無数​の​露玉​が​集まれ​ば,地面​を​豊か​に​潤す​こと​が​でき​ます。同じ​よう​に,宣教​で​自分​に​できる​こと​は​ごく​わずか​に​思え​て​も,進ん​で​働く​奉仕​者​すべて​が​協力​する​なら,「あらゆる​国民​に​対する」証し​を​行なう​こと​が​でき​ます。(マタ 24:14)あなた​の​宣教​は,人々​に​とっ​て​エホバ​から​の​祝福​と​なり​ます​か。露​の​よう​な​宣教​奉仕​を​行なう​なら,つまり​穏やか​に​語り,人々​を​さわやか​に​し,命​を​支える​音信​を​伝える​なら,祝福​と​なる​でしょ​う。