アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2016年3月

読者からの質問

読者からの質問

    大いなる バビロン  捕らわれ    期間  いつ です か。

西暦 2 世紀 から 1919  まで です。この よう  理解  調整      なぜ です か。

様々  証拠 から する と,この 霊的  捕らわれ  期間  1919   終わり まし た。それ 以降,油そそが   クリスチャン  回復    会衆  集め入れ られ   まし た。考え    ください。神   は,1914       王国  設立        間,試み られ 精錬   まし た。 *マラ 3:1‐4)その  イエス  1919  に,神  清め られ   に「時  応じ て」霊的  食物  与える ため,「忠実  思慮深い 奴隷」を 任命  まし た。(マタ 24:45‐47)神    その  に,神 から 与え られ  霊的 地所  戻り 始め まし た。大いなる バビロン   象徴   捕らわれ から 解放      その  です。(啓 18:4)では,その 捕らわれ  期間  始まっ    いつ でしょ  か。

これ まで は,神    1918  から  期間,大いなる バビロン  支配   あっ   説明     まし た。例えば,「ものみの塔」1992  3  15    こう 述べ   ます。「それでも,古代      しばらく   バビロン  捕囚  なっ    同じ よう に,1918 年,エホバ   たち  大いなる バビロン に,ある 程度 束縛  れる よう  なり まし た」。しかし,さらに 調べる と,この 捕らわれ  1918  より  ずっ    始まっ  こと  分かり ます。

    霊的  捕らわれ  解放  関する 預言  一つ  取り上げ ましょ う。エゼキエル 37  1‐14  です。エゼキエル     で,骨  満ち     ます。エホバ  エゼキエル に,これら   は「イスラエル  全家」を 表わす,と 説明  ます。より  規模  成就  おい て,この 回復  預言 は「神  イスラエル」に 当てはまり ます。(ガラ 6:16。使徒 3:21)次  エゼキエル は,骨  生き返り,大いなる 軍勢  なる    ます。神    1919   霊的  回復   こと    見事  描写   いる  でしょ う。しかし,この  は,その 成就  要し  期間  つい    明らか    いる でしょ  か。

まず 注目 できる  は,骨 が「乾い  しまい」と か「すっかり  乾い   た」と 描写    いる  です。(エゼ 37:2,11)死ん  から 非常  長い 期間  たっ    こと  分かり ます。また,この 回復 は,突然 生じる もの   なく,徐々  進む もの    描か    ます。まず,かたかた  いう    て,「骨  その   と」「近寄り はじめ」ます。そして,骨   に「筋 が,また  が」生じ ます。次 に,骨      皮膚  覆わ  ます。やがて,「息  その   入り,それら  生き……はじめ」ます。最後  エホバ は,生き返っ  人々  彼ら  土地  住まわ  ます。この すべて   時間  かかっ  でしょ う。―エゼ 37:7‐10,14

古代 イスラエル  捕囚   期間 続き まし た。その 捕囚 期間 は,西暦  740      部族 王国  倒れ,国民  多く  流刑  され    始まり まし た。西暦  607    エルサレム  滅ぼさ れ,南  ユダ 王国  人々  流刑  され まし た。捕囚 期間  西暦  537   終わり まし た。その 時,ユダヤ   残り   たち  エルサレム  戻っ  神殿  再建 し,清い 崇拝  再び 確立  まし た。

こう   聖書  記述 から する と,神    大いなる バビロン  捕らわれ     は,1918  から 1919  まで  期間 より ずっ  長かっ   違いあり ませ ん。この 捕らわれ  期間 は,象徴   雑草  小麦  よう な「王国   たち」と 一緒  成長   期間  対応  ます。(マタ 13:36‐43)その 成長  季節 に,背教       クリスチャン   より はるか  多く なり まし た。クリスチャン 会衆  事実 上,大いなる バビロン  捕らわれ   まし た。この 捕らわれ  期間  西暦 2 世紀  ある 時点  始まり,終わり    霊的 神殿  清め られ   まで 続き まし た。―使徒 20:29,30。テサ 二 2:3,6。ヨハ 一 2:18,19

その 霊的  捕らわれ  長い 期間 中,僧職   その 政治   仲間 たち は,自分 たち  権力  保持 する ため,聖書  人々   から 奪い,自分 たち  管理   置き まし た。一般  人々  言語  聖書  読む こと  犯罪  され  こと  あり ます。そう   聖書  読ん  ため に,杭  掛け られ  火あぶり  され   たち   ます。僧職   教え  反する 意見  述べる なら,厳しい 処罰  受け まし た。真理    輝か  よう  する 努力  ことごとく 阻止     です。

では 霊的  回復 は,いつ,どの よう  生じ  でしょ  か。それ  徐々  進み まし た。終わり    至る まで   世紀  に,「かたかた  いう 音」が 生じ まし た。偽り  宗教  教え    利か    まし  が,少数  忠実    たち    崇拝  ため  立ち上がり,できる 限り  こと  行ない まし た。一般  人々  言語  聖書  翻訳  よう     たち  いれ ば,聖書 から 見いだし  真理  ふれ告げ   たち   まし た。

その 後,1800 年代 後半 に,チャールズ  テイズ  ラッセル  その 仲間 たち が,聖書  真理  回復  せる ため 熱心  働き まし た。あたかも,霊的  骨格  象徴     皮膚  生じ 始め    よう でし た。「シオン  ものみの塔」など  出版  は,誠実  人々  霊的  真理  見いだす   役立ち まし た。その 後,1914   発表   た「創造  写真 劇」や 1917   発行   た「終了   秘義」(英語)の  など は,神    強める 助け  なり まし た。そして,1919 年,神    霊的  意味    与え られ,新しい 霊的    住む よう  され まし た。やがて,この 油そそが   残り   たち  地的  希望  持つ 人々  加わり,全体   て「甚だ 大いなる 軍勢」に なり まし た。―エゼ 37:10。ゼカ 8:20‐23 *

以上    考える と,背教  盛ん  なっ  西暦 2 世紀 に,神    大いなる バビロン  捕らわれ   言え ます。その   期間 は,古代 イスラエル   流刑 期間   同様,霊的  暗い 時期 でし た。しかし,神    対する  世紀   及ぶ 霊的 抑圧  終わり まし た。うれしい こと に,わたしたち  今,「洞察   ある 者[が]照り輝」き,「多く      清め……練り清め られる」時  生き  いる  です。―ダニ 12:3,10

サタン  イエス  誘惑   時,イエス  実際  神殿  連れ  行き まし  か。

簡単  言う と,イエス  神殿  特定  場所  実際  立っ   か,幻    そう    か,はっきり   こと  分かり ませ ん。わたしたち  出版   は,両方  可能   論じ られ   まし た。

まず,聖書  記録  調べ ましょ う。使徒 マタイ  福音     こう 記し   ます。「つい  悪魔  彼[イエス]を 聖都    連れ  行き,神殿  胸壁[または,最も 高い 所]の   立た せ[た]」。(マタ 4:5)ルカ  並行 記述   こう あり ます。「つい    イエス  エルサレム    連れ  行き,神殿  胸壁    立た せ[た]」。―ルカ 4:9

わたしたち  出版  は,この 出来事  必ずしも 実際  生じ  わけ   ない,と 説明   こと  あり ます。例えば,「ものみの塔」(英語)1961  3  1    こう 説明    ます。「荒野  イエス  誘惑    こと  関する 記録  すべて を,文字どおり  意味  解釈 する   妥当   ない でしょ う。『世  すべて  王国  その 栄光』が 見える  など あり ませ ん。ですから,サタン  イエス  文字どおり 物理  に『聖都   に』連れ  行っ て『神殿  胸壁   に』立た   わけ   ない,と 結論 する   妥当 です。たとえ そう  なく  も,イエス  誘惑 する こと  でき まし た」。しかし  に「ものみの塔」の 幾つ   記事 は,イエス  サタン  求め  応じ    たら,それ  自殺  至りかね ない 行為 だっ   述べ   ます。

イエス  レビ    なかっ   で,神殿   なる      立つ こと  許さ    なかっ た,と いう 見方  あり ます。それで,イエス      神殿 に「連れ  行」かれ     ない か,と 考える    ます。何 世紀  前,預言  エゼキエル  その よう  こと  生じ まし た。―エゼ 8:3,7‐10; 11:1,24; 37:1,2

しかし,イエス      誘惑      たら,次  よう  疑問  生じ ます。

  • 誘惑  現実  もの でし  か。それ   想像   もの でし  か。

  •   誘惑 が,文字どおり    パン  変える  か,サタン    崇拝  行為  する  いっ  実際  行動  取ら せる もの だっ  なら,この 誘惑  実際  神殿 から 飛び降り させる もの だっ     ない でしょ  か。

他方,イエス  神殿  胸壁    実際  立っ    たら,次  よう  疑問  生じ ます。

  • イエス   なる     立つ こと  より,律法  破っ   でしょ  か。

  • イエス  どの よう    荒野 から エルサレム  行っ   でしょ  か。

最後  2   疑問  対する 答え   て,幾つ   可能   考え られ ます。

D  A  カーソン 教授 は,マタイ  ルカ  記述  ある「神殿」と 訳さ れる ギリシャ  ヒエロン は,「おそらく,聖 なる  そのもの   なく,神殿  建物  全体  指す」と 述べ   ます。ですから,イエス  必ずしも  なる     立つ 必要  なかっ  でしょ う。例えば,神殿   南東    立っ  可能   あり ます。その 場所 から キデロン     まで   140  あり まし た。神殿   南東   は,胸壁  ある  屋根  あり,そこ  神殿  最も 高い  でし た。古代  歴史  ヨセフス は,そこ  立っ    見下ろす と,その 高さ に「目  くらむ だろ う」と 述べ   ます。レビ    なかっ  イエス も,その 場所  立つ こと  許さ   でしょ  し,騒ぎ  なる こと  なかっ  でしょ う。

荒野    イエス は,どの よう    神殿  連れ  行か    でしょ  か。はっきり   こと  分かり ませ ん。この 簡潔  記述  は,誘惑  どれ ほど  期間  関係     か,イエス  荒野  どこ     か,と いっ  こと  述べ られ   ませ ん。イエス  エルサレム まで 歩い  行っ  可能   否定 でき ませ ん。その 場合,時間  幾らか かかっ  こと でしょ う。イエス  誘惑   ずっ  荒野      記さ    ませ ん。エルサレム  連れ  行か    記さ   いる だけ です。

では,サタン  イエス に「世  すべて  王国」を 見せ  誘惑  つい   どう でしょ  か。すべて  王国  見える  など ない  で,イエス  すべて  王国  直接   はず  あり ませ ん。ですから,サタン  イエス  それら  もの  見せる ため,ある     用い     しれ ませ ん。それ は,プロジェクター  スクリーン  世界 各地  写真  見せる      ます。しかし,たとえ   用い られ     も,「崇拝  行為」は 想像   もの   なく,実際  もの だっ  でしょ う。(マタ 4:8,9)それで,神殿  胸壁 から 飛び降りる よう   いう 誘惑  は,実際  結果  招く 実際  行動  関係     可能   あり ます。その 場合,単なる  より  重大  意味  持つ 誘惑  なっ  でしょ う。

ですから,イエス  実際  エルサレム  行っ  神殿  胸壁    立っ  可能   あり ます。もちろん,冒頭  述べ  とおり,この   つい  はっきり   こと  分かり ませ ん。しかし,はっきり   いる  は,これら  誘惑  現実  もの  あり,イエス  いずれ  誘惑  断固    退け   いう こと です。

^ 1節 エゼキエル 37  1‐14   啓示 11  7‐12   いずれ も,1919   生じ  霊的  回復  つい  述べ   ます。しかし,エゼキエル  預言 は,   すべて が,非常  長い 捕らわれ  後,霊的  徐々  回復 する こと  予告    まし た。他方,「啓示」の   預言 は,指導    当たっ    油そそが   兄弟 たち   人数  一団 が,無 活動  状態 だっ  比較  短い 期間  後,霊的  生き返る こと  述べ   まし た。