アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2016年3月

実際的,感情的,霊的で,どんな助け必要か,知るよう努める

自分の会衆で行なえることがありますか

自分の会衆で行なえることがありますか

イエス  昇天 する 前,弟子 たち に,「あなた方 は……地  最も 遠い   まで,わたし  証人  なる でしょ う」と 言い まし た。(使徒 1:8)初期 クリスチャン は,この 大きな 仕事  どの よう    果たす こと  でき  でしょ  か。

オックスフォード 大学  マーティン  グッドマン 教授  こう 述べ   ます。「初期 ローマ 帝国  おい て,クリスチャン  ユダヤ 教徒 など   宗教 グループ  大きく 異なっ     は,布教  対する 熱意  抱い   た,と いう こと だ」。イエス  様々  土地  旅し  伝道  まし た。イエス  模範  倣う   クリスチャン は,「神  王国  良い たより」を 広める  は,聖書  真理  知り たい  願う 人々  探さ なけれ  なら ない,と いう こと  理解     でしょ う。(ルカ 4:43)1 世紀  クリスチャン 会衆 に,遣わさ    または 使者  意味 する「使徒」たち      その ため です。(マル 3:14)イエス  追随  たち に,「行っ て,すべて    人々  弟子  し……なさい」と 命じ   まし た。―マタ 28:18‐20

今日,地上   イエス  使徒 たち   ませ ん。しかし,エホバ  多く   たち は,宣教  対する 熱意 つまり 宣教  精神  表わし   ます。宣教  拡大 する よう    呼びかけ  対し て,「ここ  わたし  おり ます! わたし  遣わし  ください」と こたえ応じ   ます。(イザ 6:8)幾千    ギレアデ 卒業   よう に,外国  移動     いれ ば,国内    場所  引っ越し  奉仕   いる    ます。外国   話す 人々  助ける 会衆  群れ  奉仕 する ため,新た  言語  学ん   たち   大勢  ます。必要  大きな   移動  たり,外国   学ん だり   いる 兄弟 姉妹 は,必ずしも 理想    言え ない 環境 で,問題  取り組み ながら 奉仕    ます。エホバ  隣人     表わす  は,自己 犠牲  精神  必要 です。費用  よく 計算   うえ で,喜ん  自分  差し出し  いる  です。(ルカ 14:28‐30)その よう  兄弟 姉妹 は,本当  必要  助け  与え   ます。

  いえ,人  よっ  状況  異なり ます。すべて   が,必要  大きな   移動  たり,外国   学ん だり できる わけ   ない でしょ う。それでも,自分  会衆  宣教  精神  表わす こと  できる でしょ  か。

自分  会衆  宣教  奉仕  する

  状況  活用  て,本当  必要  助け  与える

1 世紀  クリスチャン   宣教  精神  あり まし  が,ほとんど    地元  とどまっ  奉仕   でしょ う。しかし,テモテ  対する   諭し は,そう    たち  含め,神   たち すべて  当てはまり ます。「福音 宣明     なし,自分  奉仕  務め  十分  果たし なさい」。(テモ 二 4:5)王国  音信  宣べ伝え,弟子  作る よう   いう 命令 は,どこ  住ん  いる クリスチャン   当てはまる  です。さらに,地元  会衆    も,様々    宣教   同じ よう  奉仕  行なえ ます。

外国  奉仕 する 宣教  は,新しい 環境  順応 する 必要  あり ます。以前  区域   異なる   たくさん ある でしょ う。では,必要  大きな   移動 でき ない   どう です か。自分  会衆  区域  こと  すべて 分かっ  いる,と 考え ます か。それとも,多く  人々  会う ため  新しい 方法  試し  みる でしょ  か。例えば 1940   は,週  1 日,街路 証言  する よう   いう 提案  与え られ まし た。あなた  この 奉仕  行なえ ます か。文書 ディスプレー  カート  使っ  奉仕  参加 できる でしょ  か。大切   は,自分  とっ  新しい 方法  あっ   意欲   取り組む こと です。

「福音 宣明   業」を 行なう よう 励ます

積極   見方  する なら,宣教  熱心  取り組める でしょ う。必要  大きな 区域  外国  会衆  奉仕   いる 兄弟 姉妹 は,たいてい,非常  効果   奉仕  です。野外 奉仕  活発  参加 し,貴重  働き     ます。さらに 宣教  たち は,責任  担える よう 地元  兄弟 たち  援助  つつ,会衆  活動  組織  ます。あなた   バプテスマ  受け  兄弟  あれ ば,自分  会衆  仲間  クリスチャン  仕える ため,資格 を「とらえ よう  努めて」い ます か。―テモ 一 3:1

「強める 助け」に なる

実際   援助  する

野外 奉仕  熱心  参加 し,会衆   責任  担う こと 以外  も,会衆  自分  役立た せる 方法  あり ます。年齢  性別  関係 なく すべて   が,仲間  クリスチャン を「強める 助け」に なれる  です。―コロ 4:11

仲間  クリスチャン  助ける  は,相手  よく 知る 必要  あり ます。聖書 は,集まり合う  に「互い  こと  よく 考え」る よう 勧め   ます。(ヘブ 10:24)個人   事柄  詮索 する こと  避け つつ,仲間  クリスチャン  その 必要  知る よう 努め ます。兄弟 姉妹 は,実際 的,感情 的,霊的    助け  必要   しれ ませ ん。援助  与える 責任  ある  は,長老  奉仕   だけ   あり ませ ん。もちろん,そう   兄弟 たち  援助  与える   ふさわしい 場合  あり ます。(ガラ 6:1)しかし,すべて  クリスチャン が,難しい 状況  ある 家族  高齢  兄弟 姉妹    なれる でしょ う。

生活   不安  抱える 仲間  感情   支える

サルバトーレ    考え ましょ う。サルバトーレ  経済   問題  直面 し,事業  手離し て,家  家族  持ち物  多く  売り払わ なけれ  なら ず,途方  暮れ   まし た。会衆   ある 家族  その 状況  気づい  物質   援助 し,サルバトーレ    仕事  見つける   助け まし た。また,幾   時間  取っ  家族 みんな    聞き,励まし  与え まし た。双方  家族    は,強い 友情  築か  まし た。当時  不安  いっぱい でし  が,今     過ごし  時間  良い 思い出  なっ   ます。

  クリスチャン  とっ て,宗教  自分 だけ  問題   あり ませ ん。イエス  手本  倣い,聖書  素晴らしい 約束  人々  知らせ なけれ  なり ませ ん。ほか  区域  移動 できる  どう   かかわら ず,すべて    対し  良い こと  行なう   最善  尽くせ ます。いま 自分  いる 会衆  も,その よう  奉仕  行なえる  です。(ガラ 6:10)そうすれば,与える 喜び  味わい,「あらゆる 良い   おい    結び」続ける こと  できる でしょ う。―コロ 1:10。使徒 20:35