アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2016年3月

クリスチャンの一致に貢献する どのように?

クリスチャンの一致に貢献する どのように?

「キリスト  もと   て,体  各部 すべて は,調和 よく 組み合わされ……協働 する」。―エフェ 4:16

歌: 53,107

1. 創造  初め   から,神    特色  なっ  いる    です か。

創造  初め   から,一致      顕著  特色 でし た。神  よっ  最初  創造    イエス は,「優れ  働き手      傍ら  あり,神  日々 特別  親愛    抱く   なっ た」と,記さ    ます。(箴 8:30)エホバ  イエス  協力   働き,今日  られる 様々  生物  造り まし た。エホバ    互い  協力   働き まし た。例えば,ノア  その 家族  箱船  造っ   も,イスラエル   荒野  幕屋  設営  解体  移動  行なっ   も,神殿    楽器  演奏  よっ  エホバ  賛美    も,協力  必要 でし た。―創 6:14‐16,22。民 4:4‐32。 一 25:1‐8

2. (イ)初期 クリスチャン 会衆   どんな 特色   られ まし  か。(ロ)これ から どんな   考え ます か。

2 協力   働く こと は,イエス  キリスト    する 初期 クリスチャン 会衆  特色   なり まし た。使徒 パウロ は,個々  油そそが   クリスチャン の「賜物」や「奉仕  務め」や「働き」は「さまざま」でも,皆 が「一つ  体」を 構成   いる,と 述べ まし た。コリント   一 12:4‐6,12  読む。)今日   どう です か。どう すれ ば,一致   良い たより  宣べ伝える こと  できる でしょ  か。また,会衆  家族    どの よう  協力 できる でしょ  か。

宣べ伝える 活動  おい  協力 する

3. 使徒 ヨハネ  どんな   与え られ まし  か。

3 1 世紀  終わり ごろ,使徒 ヨハネ  7   み使い    与え られ まし た。それぞれ  み使い  ラッパ  吹き ます。第 5  み使い  ラッパ  吹い  時,ヨハネ   から   落ち た「星」を  ます。その「星」は かぎ  持っ  おり,底知れ  深み    開け ます。すると そこ から 濃い   立ち上り,煙   から いなご  大群     ます。この 象徴   いなご は,草木  食い荒らす    なく,「額    証印  ない 人々」に 襲いかかり ます。(啓 9:1‐4)ヨハネ は,いなご  大群  破壊     知っ    こと でしょ う。モーセ  時代,いなご  大群  エジプト  災厄  もたらし  から です。(出 10:12‐15)ヨハネ    象徴   いなご は,エホバ から  強力  裁き  音信  ふれ告げる 油そそが   クリスチャン  表わし   ます。今日,地的  希望  持つ 幾百万    仲間 たち  彼ら  加わり,協力    ます。この 宣べ伝える 活動 は,サタン  支配 する 偽り  宗教  世界 帝国 から 多く  人々  自由     ます。

4.     どんな 仕事  与え られ   ます か。どう すれ  その 仕事  成し遂げる こと  でき ます か。

4 エホバ    は,この 体制  終わる   世界  で「良い たより」を 宣べ伝える,と いう 非常  大きな 仕事  あり ます。(マタ 24:14; 28:19,20)「だれ   渇い  いる 者」に「命     なくし て」飲む よう 招く 必要  ある  です。(啓 22:17)この 仕事  成し遂げる ため に,クリスチャン 会衆  成員     求め られ ます か。「調和 よく 組み合わされ……協働 する」こと  どうして  必要 です。―エフェ 4:16

5,6. わたしたち は,どの よう  一致   宣べ伝え   ます か。

5 王国  良い たより  できる 限り 多く  人々  伝える  は,組織   宣べ伝え なけれ  なり ませ ん。その ため,世界   会衆  通し  指示  与え られ ます。そう   指示 は,一致   奉仕 する 助け  なり ます。わたしたち は,野外 奉仕  ため  集まり  出席   後,出かけ  行っ  人々  王国  音信  語り,聖書  基づく 出版   配布  ます。宣教  ため  特別  キャンペーン  参加 する よう 指示  れる こと  あり ます。あなた  その 指示  従う よう 努めて  ます か。そう する 時,幾百万   仲間   に,啓示 14  6  の「中天  飛ん  いる」み使い  協力   音信  伝える こと  なる  です。

6 世界   仲間  活動  つい て「年鑑」で 読む  は,本当    躍る こと です。エホバ   は,地区 大会,特別 大会,国際 大会  招待   配布 する 活動  も,一致   取り組ん   ます。大会  は,心  動かす 聖書    聞き,劇  実演 から 学び,最善  尽くし    仕える よう 励まさ  ます。イエス    記念   わたしたち  一致 する 機会  なり ます。わたしたち  毎年,ニサン 14   日没   行なわ れる この   出席  ます。神  過分  ご親切  感謝 し,イエス  指示  従い たい  願っ  いる から です。(コリ  11:23‐26)出席 できる   バプテスマ  受け   たち だけ   あり ませ ん。わたしたち は,記念       間,会衆  区域  できる 限り 多く  人々  訪問 し,この 重要  集まり  出席 する よう 招き ます。

7.   合わせ  働く なら,どんな こと  成し遂げ られ ます か。

7 1   いなご に,大した こと  でき ませ ん。1   奉仕   できる こと  も,限界  ある でしょ う。しかし,皆    合わせ  働く なら,世界   大勢  人々  エホバ  つい  教える こと  でき ます。エホバ  すべて  賛美  誉れ  受ける べき    です。では,ほか   どんな  で,神    一致  貢献 できる でしょ  か。

会衆   協力 する

8,9. (イ)パウロ は,クリスチャン  一致  大切   どんな 例え  説明  まし  か。(ロ)会衆   どの よう  協力 でき ます か。

8 パウロ  エフェソス    手紙   で,会衆  機能  つい  説明 し,皆 が「すべて    おい て……成長」する 必要  ある  述べ まし た。エフェソス 4:15,16  読む。)その ため    できる でしょ  か。パウロ  人体  例え  用い,会衆    ある イエス  キリスト  もと  一致 する  述べ   ます。そして,体  各部 は「必要  もの  与える すべて  関節  通し て」協働 する  論じ   ます。わたしたち 各自 は,年齢  健康  かかわり なく,どの よう  会衆  一致  霊性  貢献 できる でしょ  か。

9 大切   は,長老 たち  服し,敬意  示す こと です。長老 たち は,会衆   指示  与える よう イエス から 任命    いる から です。(ヘブ 13:7,17)従う   難しい   ある   しれ ませ ん。その よう  時,どう  たら よい でしょ  か。神  導き  求める こと  でき ます。そうすれば,神  聖霊  助け  より,会衆  取り決め   から 支持 できる でしょ う。また,謙遜  協力 する なら 会衆  一致  貢献 できる,と いう こと  忘れ ない よう   ましょ う。難しい    従い,協力 する なら,わたしたち すべて    おい  成長 でき ます。

10. 奉仕   は,会衆  一致  どの よう  貢献    ます か。(冒頭  写真  参照。)

10 奉仕   は,会衆  一致  大いに 貢献   おり,深く 感謝     ます。これら  兄弟 たち は,年齢  かかわり なく,会衆  ため  利他   奉仕    ます。例えば,宣教  用いる 出版   十分  ある こと  見届け,長老 たち  協力    ます。また,王国 会館  定期   清掃  メンテナンス  行ない,集会  来る  たち  歓迎    ます。わたしたち  奉仕    協力 する なら,会衆  様々  仕事  円滑  進み ます。―使徒 6:3‐6  比較。

11. 若い  たち は,会衆  一致  どの よう  貢献 でき ます か。

11 経験 ある 多く  兄弟 たち は,長年,会衆  責任  果たして  まし た。しかし,年齢  ゆえに,以前 ほど 多く  こと  行なえ ない    ます。若い 兄弟 たち  そう   兄弟 たち  助け  なれ ます。経験  さらに 積む 必要  ある もの の,訓練  受ける なら,もっと 責任  担える よう  なる でしょ う。奉仕    長老  資格  とらえ よう  努める   素晴らしい こと です。(テモ 一 3:1,10)若い 長老 たち    は,霊的  進歩   巡回 監督  なり,多く  会衆  兄弟 姉妹  仕え   いる    ます。わたしたち は,進ん  仕える 若い  たち  感謝   いる    ない でしょ  か。―詩編 110:3; 伝道  書 12:1  読む。

家族    協力 する

12,13. 家族  成員  互い  協力 する うえ で,どんな こと  役立ち ます か。

12  に,家族    どの よう  協力 できる   考え ましょ う。毎週,意義深い 家族  崇拝  行なう なら 親子    強まる と,多く    感じ   ます。家族  崇拝  は,楽しい 雰囲気    霊的  事柄  一緒  行なう  で,一致  強まり ます。野外 奉仕  練習  する なら,宣教  効果   行なう 備え  でき ます。また,家族  真理  つい  話し合う と,同じ   愛し,神  ご意志  行ない たい  思っ  いる こと  分かり,互い  いっそう 引き寄せ られ ます。

家族  崇拝 は,若い  たち  年長   たち    強める(12,15   参照)

13 エホバ  賛美  もたらす ため,夫婦  どの よう  協力  合え ます か。夫婦 双方  エホバ  忠実    あれ ば,一致   エホバ  仕える 喜び  味わえ ます。アブラハム  サラ,イサク  リベカ,エルカナ  ハンナ など  夫婦 は,互い     表現  まし た。わたしたち  その よう  努力  べき です。(創 26:8。サム 一 1:5,8。ペテ 一 3:5,6)そうすれば,配偶      強まり,天     いっそう 引き寄せ られ ます。―伝道  書 4:12  読む。

14. 配偶   エホバ  仕え   なく  も,結婚    強める ため    でき ます か。

14 クリスチャン   信者  くびき     べき   あり ませ ん。(コリ 二 6:14)では,一緒  暮らす 家族  エホバ  仕え   ない 場合  どう でしょ  か。例えば,結婚   真理  学び,配偶   エホバ  証人   ない 兄弟 姉妹   ます。その よう  場合  も,聖書  原則  当てはめる なら,家族  一致  貢献 でき ます。信仰     妥協  ませ  が,他     できる 限り 協力 できる でしょ う。これ  容易   ない   しれ ませ  が,良い 結果  もたらし ます。では,配偶   会衆  交わら なく なる 場合  どう でしょ  か。聖書  原則  適用 する   難しい  思う   しれ ませ ん。メアリー  いう 姉妹    考え ましょ う。姉妹  夫婦    エホバ  仕え   まし  が,夫  デービッド  25  ほど   集会  出席 する   やめ  しまい まし た。それでも メアリー  忠実  集会  大会  出席  続け,家庭   聖書  原則  当てはめる よう 努力 し,6   子ども  エホバ  つい  よく 教え まし た。子ども たち  成長     出る と,姉妹  とても 寂しく 感じ まし た。その ころ,デービッド  雑誌  読み 始める よう  なり まし た。メアリー    ため  取り分け     です。やがて,デービッド  再び 集会  出席  始め まし た。6       取っ  おい  くれ   です。デービッド  集会   ない と,あと  その     いつも,「おじいちゃん,どうして 今日    くれ なかっ  の?」と 言い まし た。デービッド  今,エホバ  幸福  仕え   ます。メアリー は,夫婦  エホバ  仕え られる こと  本当  喜ん   ます。

15. 年長  夫婦 は,若い 夫婦  どの よう  援助 でき ます か。

15 サタン  家族  攻撃   いる 今,クリスチャン      よく 協力  合う こと  大切 です。長年,夫婦    生活        も,互い  関係  強める ため に,自分  どんな  こと  言い,何  行なえる  考え  ください。この  で,年長  夫婦  会衆  若い 夫婦  援助 でき ます。時折,若い 夫婦    招い て,一緒  家族  崇拝  行なえる   しれ ませ ん。若い 夫婦  年長  夫婦  様子   て,どれ ほど 長く 結婚 生活  送っ        愛情  一致  大切  ある,と いう こと  学ぶ でしょ う。―テト 2:3‐7

「エホバ   に……上ろ う」

16,17. 一致      は,どんな こと  楽しみ     ます か。

16 聖書 時代  イスラエル  が,祭り    エルサレム  神殿  エホバ  賛美   いる 様子  思い描い  ください。旅  支度  し,旅    互い  気遣い,神殿  到着 する  一緒  崇拝  行ない まし た。この すべて   協力  必要 でし た。(ルカ 2:41‐44)わたしたち  新しい      続ける 間,調和 よく 組み合わされ,互い  協力 する 必要  あり ます。その ため  は,いつも 意識   努力  なけれ  なり ませ ん。あなた は,この   さらに 行なえる こと  あり ます か。

17 将来,どんな 祝福  待ち受け  いる   考え  ください。わたしたち  すでに,現在     られる 分裂  争い     まし た。そして,神    一致  て「エホバ  山」に 上る  いう,イザヤ  ミカ  預言  成就     ます。(イザ 2:2‐4。ミカ 4:2‐4  読む。)「末  日」の 今,エホバ  崇拝  大いに 高め られ   ます。将来,人類 すべて  調和 よく 組み合わさ   協力 する 時,わたしたち  この  ない 幸福  喜び  感じる こと でしょ う。