内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 ライフ​・​ストーリー

エホバは奉仕を成功させてくださった

エホバは奉仕を成功させてくださった

わたし​は​その​士官​に,戦争​に​行く​こと​を​拒否​し​て​以前​に​も​投獄​さ​れ​た​こと​が​ある,と​言い​まし​た。そして,「同じ​こと​を​もう​一度​経験​さ​せる​おつもり​です​か」と​尋ね​まし​た。軍隊​に​入る​よう​2​度​目​に​命令​さ​れ​た​時​の​こと​です。

わたし​は​1926​年,米国​オハイオ​州​クルックスビル​で​生ま​れ​まし​た。両親​と​も​宗教​に​は​関心​が​あり​ませ​ん​でし​た​が,8​人​の​子ども​たち​に​は​教会​へ​行く​よう​勧め​まし​た。わたし​が​行っ​た​の​は​メソジスト​教会​です。14​歳​の​時​に​は,日曜​礼拝​を​1​年間​全く​休ま​なかっ​た​の​で,牧師​から​賞​を​もらい​まし​た。

マーガレット​・​ウォーカー(左​から​2​人​目​の​姉妹)が,真理​を​知る​よう​助け​て​くれ​た

その​ころ,近所​に​住む​マーガレット​・​ウォーカー​と​いう​エホバ​の​証人​が​母​の​もと​を​訪れ,聖書​に​つい​て​話す​よう​に​なり​まし​た。ある​日​の​こと,わたし​は​一緒​に​話​を​聞く​こと​に​し​まし​た。子ども​は​研究​の​邪魔​に​なる​と​考え​た​母​は,外​で​遊ん​で​い​なさい,と​言い​まし​た。でも​わたし​は​2​人​の​話​に​ずっ​と​耳​を​傾け​て​い​まし​た。その​後​2​度​ほど​訪問​が​あっ​て​から,マーガレット​は​わたし​に,「神様​の​お名前,知っ​て​る?」と​尋ね​まし​た。「みんな​知っ​て​る​よ。神様​は​神様​でしょ」と​答える​と,「聖書​を​持っ​て​き​て​詩編 83​編​18​節​を​開い​て​み​て」と​言わ​れ​まし​た。そこ​を​見​て​分かり​まし​た。神​の​名前​は​エホバ​と​いう​の​です。わたし​は​友達​の​ところ​に​走っ​て​行き,みんな​に,「今日​家​に​帰っ​たら​聖書​の​詩編 83​編​18​節​を​見​て​み​て。神​の​名前​が​出​て​いる​から」と​言い​まし​た。言っ​て​ みれ​ば,わたし​の​最初​の​証言​の​よう​な​もの​です。

わたし​は​聖書​研究​を​始め,1941​年​に​バプテスマ​を​受け​まし​た。その​後​ま​も​なく,会衆​の​書籍​研究​の​司会​を​割り当て​られ​まし​た。母​と​きょうだい​に​出席​を​勧め​た​ところ,その​集会​に​出席​する​よう​に​なり​まし​た​が,父​は​関心​を​示し​ませ​ん​でし​た。

家​で​の​反対

会衆​で​の​責任​が​増え,エホバ​の​証人​の​出版​物​が​本棚​に​たくさん​並ぶ​よう​に​なり​まし​た。それ​を​見​た​父​が​ある​日,「何​だ,これ​は。こんな​もの,家​に​置く​な。持っ​て​出​て​行け」と​言い​まし​た。それ​で​わたし​は​家​を​出​て,近く​の​オハイオ​州​ゼーンズビル​に​部屋​を​借り​まし​た。でも,家族​を​励ます​ため​に,ちょくちょく​家​に​戻り​まし​た。

父​は,母​を​集会​に​行か​せ​まい​と​し​まし​た。集会​に​向かっ​て​い​た​母​を​追いかけ,家​に​連れ戻し​た​こと​も​あり​ます。それでも​母​は,別​の​ドア​から​走り出​て,集会​に​行き​まし​た。わたし​は​母​に,「大丈夫​だ​よ。その​うち​お父さん,根負け​し​て​追いかけ​なく​なる​から」と​言い​まし​た。やがて​父​は​母​の​こと​を​あきらめ,母​は​自由​に​集会​に​行ける​よう​に​なり​まし​た。

1943​年,会衆​で​神権​宣教​学校​が​行なわ​れる​よう​に​なり,わたし​も​研究​生​の​話​の​割り当て​を​受け​まし​た。話​の​後​に​与え​られ​た​助言​は,より​良い​話し手​と​なる​の​に​役立ち​まし​た。

戦時​中​に​中立​を​保つ

当時,世界​は​第​二​次​大戦​の​最中​でし​た。わたし​は​1944​年​に​徴兵​さ​れ​まし​た。オハイオ​州​コロンバス​の​ヘイズ​駐屯​地​に​出頭​し,身体​検査​を​受け​て​から,書類​に​必要​事項​を​記入​し​まし​た。しかし,自分​は​兵士​に​なる​つもり​は​ない,と​係官​たち​に​言い​まし​た。その​日​は​家​に​帰さ​れ​まし​た​が,数​日​後​に​警察​官​が​家​に​来​て,「コーウィン​・​ロビソン,お前​を​逮捕​する」と​言い​まし​た。

2​週​間​後​の​裁判​で,裁判​官​から​こう​言わ​れ​まし​た。「わたし​の​一存​で​決め​られる​なら,君​は​終身​刑​だ。何​か​言い分​は​ある​か」。それ​で​わたし​は,「裁判​官,わたし​は​本来,聖職​者​と​し​て​区分​さ​れる​べき​です。 * すべて​の​家​の​戸口​が​わたし​の​説教​壇​で​あり,わたし​は​王国​の​良い​たより​を​多く​の​人​たち​に​宣べ伝え​て​き​まし​た」と​答え​まし​た。裁判​官​は​陪審​員​に,「皆さん​の​務め​は,この​若者​が​聖職​者​で​ある​か​否​か​を​判断​する​こと​で​は​あり​ませ​ん。入隊​の​意志​が​あっ​て​出頭​し​た​か​どう​か​を​判断​する​こと​です」と​告げ​まし​た。30​分​も​たた​ない​うち​に​陪審​員​は​戻っ​て​き​まし​た。評決​は​有罪​でし​た。裁判​官​は​わたし​に,ケンタッキー​州​アシュランド​の​連邦​刑務​所​に​おける​懲役​5​年​の​刑​を​言い渡し​まし​た。

エホバ​は​獄中​の​わたし​を​守っ​て​くださっ​た

まず,オハイオ​州​コロンバス​の​刑務​所​に​2​週​間​入れ​られ​まし​た。独房​で​過ごし​た​最初​の​日,わたし​は​エホバ​に​こう​祈り​まし​た。「5​年​も​独房​に​いる​こと​なんて​でき​ませ​ん。どう​し​たら​よい​か​分かり​ませ​ん」。

翌日,看守​たち​が​わたし​を​独房​から​外​へ​出し​て​くれ​まし​た。ふと​見る​と,肩幅​が​広く​背​の​高い​囚人​が​い​た​の​で,その​人​に​近づき,2​人​で​窓​の​外​を​眺め​て​い​まし​た。その​囚人​から,「何やら​かし​た​ん​だ​い,ちび​助」と​言わ​れ​まし​た。「わたし​は​エホバ​の​証人​な​ん​です」と​答える​と,「ほう。じゃあ,どうして​こんな​ ところ​に​いる​ん​だ」と​聞か​れ​まし​た。わたし​は,「エホバ​の​証人​は,戦争​に​行っ​て​人​を​殺す​こと​は​し​ませ​ん」と​説明​し​まし​た。すると​その​人​は,「人​を​殺さ​ない​から​刑務​所​送り​に​なっ​た​の​か。人​を​殺し​て​入れ​られ​て​いる​連中​も​いる​の​に,おかしな​話​だ​な」と​言い​まし​た。わたし​は,「本当​に​そう​です​ね」と​答え​まし​た。

「おれ​は​15​年,別​の​刑務​所​に​いたん​だ​が,そこで,エホバ​の​証人​の​本​を​少し​読ん​だ​こと​が​ある」と​その​人​が​言っ​た​の​で,わたし​は​エホバ​に,「どうか​この​人​を​味方​に​つけ​て​ください」と​祈り​まし​た。すると,ポール​と​いう​その​男性​は,「ここ​に​いる​連中​が​お前​に​ちょっかい​を​出し​たら,大声​で​叫べ。おれ​が​片​を​つけ​て​やる​から」と​言い​まし​た。おかげ​で,その​区画​の​50​人​の​受刑​者​と​の​トラブル​は​全く​あり​ませ​ん​でし​た。

わたし​は,中立​ゆえに​ケンタッキー​州​アシュランド​の​刑務​所​に​入れ​られ​た​エホバ​の​証人​の​一​人​だっ​た

わたし​は​その​後,アシュランド​の​刑務​所​に​移さ​れ​まし​た。そこ​に​は​幾​人​か​の​円熟​し​た​兄弟​たち​が​おり,わたし​を​含め​他​の​兄弟​たち​が​霊的​な​強さ​を​保てる​よう​助け​て​くれ​まし​た。それら​円熟​し​た​兄弟​たち​に​よっ​て​週​ごと​の​聖書​通読​の​範囲​が​決め​られ​て​おり,わたしたち​も,“バイブル​・​ビーズ”(聖書​研究​の​会)と​呼ば​れる​集会​の​ため​に​質問​と​答え​を​準備​し​まし​た。区域​の​僕​も​任命​さ​れ​て​い​まし​た。壁​沿い​に​幾つ​も​ベッド​が​並ぶ​大​部屋​で​の​生活​だっ​た​の​で,区域​の​僕​の​兄弟​から,「ロビソン​兄弟,ここ​の​区画​の​ベッド​を​担当​し​て​ください。その​ベッド​の​人​たち​が​兄弟​の​区域​です。区域​の​人​が​この​部屋​を​出る​前​に,必ず​証言​する​よう​に​し​て​ください」と​言わ​れ​まし​た。わたしたち​は​その​よう​に​し​て,組織​的​に​伝道​し​まし​た。

刑務​所​を​出​て​から​分かっ​た​こと

第​二​次​世界​大戦​は​1945​年​に​終わり​まし​た​が,わたし​は​しばらく​刑務​所​に​い​まし​た。気がかり​だっ​た​の​は​家族​の​こと​です。父​が​わたし​に,「お前​を​家​から​追い出せれ​ば,ほか​の​家族​も​おれ​の​言う​こと​を​聞く​だろ​う」と​言っ​て​い​た​から​です。しかし,刑務​所​から​釈放​さ​れ​た​後,驚き​まし​た。うれしい​こと​に​家族​の​うち​7​人​が,父​の​反対​に​負け​ず,集会​に​出席​し​て​い​た​の​です。1​人​の​妹​は​バプテスマ​を​受け​て​い​まし​た。

野外​奉仕​に​向かう​前。1913​年​に​エホバ​へ​の​奉仕​を​始め​た​油そそが​れ​た​兄弟,デミトリス​・​パパジョージ​と​共​に

1950​年​に​朝鮮​戦争​が​勃発​し​た​時,わたし​は​再び​徴兵​され,ヘイズ​駐屯​地​に​出頭​し​まし​た。適性​検査​の​後,士官​が,「君​の​得点​は,グループ​で​も​トップクラス​だ」と​言っ​た​の​で,「そう​です​か。でも​わたし​は​軍隊​に​は​入り​ませ​ん」と​答え​まし​た。そして​テモテ​ 第​二 2​章​3​節​を​引用​し,「わたし​は​キリスト​の​兵士​です」と​伝え​まし​た。士官​は​しばらく​黙っ​て​い​まし​た​が,「帰っ​て​よろしい」と​言い​まし​た。

その​後​ま​も​なく,オハイオ​州​シンシナティ​の​大会​で​ベテル​の​集まり​に​出席​し,ミルトン​・​ヘンシェル​兄弟​の​話​を​聞き​まし​た。その​話​の​中​で​兄弟​は,ベテル​で​は​王国​の​ため​に​一生​懸命​働き​たい​と​思う​兄弟​たち​が​必要​だ,と​言わ​れ​まし​た。わたし​は​ベテル​奉仕​を​申し込み,承認​さ​れ​まし​た。1954​年​8​月​に​ブルックリン​・​ベテル​に​招か​れ,それ​以来​ずっ​と​ベテル​で​奉仕​し​て​い​ます。

ベテル​で​は​いつも​たくさん​仕事​が​あり​まし​た。プリンタリー​や​事務​棟​の​ボイラー​の​操作,機械​工​の​仕事,錠前​の​修理​など​を​数​年​行ない​まし​た。ニューヨーク​市​の​幾つ​か​の​大会​ホール​で​働い​た​こと​も​あり​ます。

ブルックリン​・​ベテル​の​事務​棟​の​ボイラー​を​操作​し​て​いる

わたし​は​朝​の​崇拝​や​家族​の「ものみの塔」研究​など,ベテル​の​霊的​な​プログラム​が​大好き​です。会衆​で​の​野外​奉仕​も​愛し​て​い​ます。エホバ​の​証人​は​皆,その​よう​な​活動​を​習慣​に​し​なけれ​ば​なら​ない​と​思い​ます。親子​で​日々​の​聖句​を​討議​し,定期​的​に​家族​の​崇拝​を​行ない,会衆​の​集会​や​宣べ伝える​業​を​熱心​に​支持​する​なら,家族​全員​が​霊的​に​健康​な​状態​を​保てる​でしょ​う。

ベテル​で​も​会衆​で​も,友達​が​大勢​で​き​まし​た。油そそが​れ​た​人​たち​も​いれ​ば,そう​で​は​ない​人​たち​も​い​ます。すでに​天的​な​報い​を​得​た​友人​も​い​ます。しかし,ベテル​奉仕​者​を​含め​エホバ​の​僕​たち​は​皆,不​完全​です。だれ​か​と​意見​が​対立​し​た​時​は,必ず​平和​を​作り出す​よう​に​し​て​い​ます。マタイ 5​章​23,24​節​を​思い起こし,意見​の​相違​を​どう​扱う​べき​か​を​考え​ます。謝る​の​は​簡単​で​は​あり​ませ​ん​が,謝っ​て​も​問題​が​解決​し​なかっ​た​と​いう​こと​は,ほとんど​あり​ませ​ん。

奉仕​の​喜び

今​は​年齢​ゆえ​に,家​から​家​の​奉仕​も​まま​なり​ませ​ん​が,わたし​は​あきらめ​て​い​ませ​ん。北京<ペキン>語​を​少し​学び,街路​で​中国​人​に​話しかける​よう​に​し​て​い​ます。午前​中​だけ​で​30​冊​から​40​冊​の​雑誌​を​配布​し​た​こと​も​何​度​か​あり​ます。

ニューヨーク​市​ブルックリン​で​中国​人​に​伝道​し​て​いる

中国​語​で​再​訪問​も​し​て​い​ます。ある​日​の​こと,果物​ の​屋台​の​宣伝​ビラ​を​配っ​て​い​た​明るい​感じ​の​娘​さん​が,わたし​に​ほほえみ​かけ​まし​た。わたし​は​笑み​を​返し,中国​語​の「ものみの塔」と「目ざめよ!」を​紹介​し​まし​た。すると​その​少女​は​それ​を​受け取り,名前​を​教え​て​くれ​まし​た。カティー​と​いう​名​です。カティー​は​わたし​を​見かける​と,話しかけ​て​くる​よう​に​なり​まし​た。わたし​が​果物​や​野菜​の​英語​の​名前​を​教える​と,カティー​は​それ​を​まね​て​言い​まし​た。幾つ​か​聖句​も​説明​し,『聖書​の​教え』の​本​も​受け取っ​て​もらえ​まし​た。しかし​数​週​間​後,カティー​の​姿​を​見かけ​なく​なり​まし​た。

数​か月​後,宣伝​ビラ​を​配っ​て​い​た​別​の​少女​に​雑誌​を​紹介​し​た​ところ,受け取っ​て​もらえ​まし​た。翌週,その​少女​から​携帯​電話​を​手渡さ​れ,「中国​と​つながっ​て​い​ます。電話​に​出​て​ください」と​言わ​れ​まし​た。「中国​に​知り合い​は​い​ませ​ん」と​答え​まし​た​が,少女​は​強く​勧め​ます。それ​で​電話​に​出​て,「もしもし,ロビソン​です​が」と​言う​と,「ロビソン​さん,カティー​です。今,中国​に​帰っ​て​い​ます」と​いう​声​が​聞こえ​て​き​まし​た。「中国​に?」と​言う​と,カティー​は,「そう​なん​です。電話​を​渡し​た​の​は,わたし​の​妹​です。ロビソン​さん​は​わたし​に​良い​こと​を​たくさん​教え​て​ください​まし​た​ね。妹​に​も​同じ​よう​に​教え​て​あげ​て​ください」と​言い​まし​た。わたし​は,「頑張っ​て​み​ます​よ。どこ​に​いる​か​教え​て​くれ​て​ありがとう」と​感謝​し​まし​た。それ​から​すぐ,カティー​の​妹​に​話し​まし​た​が,その​子​に​は​この​時​以降,全く​会え​て​い​ませ​ん。カティー​と​妹​が​どこ​に​いる​と​し​て​も,2​人​が​エホバ​に​つい​て​もっと​知る​こと​が​できる​よう​願う​ばかり​です。

これ​まで​73​年​間,エホバ​に​神聖​な​奉仕​を​ささげ​て​き​まし​た。わたし​が​刑務​所​で​中立​の​立場​を​守り​忠実​を​保てる​よう,エホバ​が​助け​て​くださっ​た​こと​に,感謝​し​て​い​ます。姉​も​妹​も​弟​も,わたし​が​父​の​反対​に​負け​なかっ​た​こと​に​励まさ​れ​た,と​言っ​て​くれ​ます。母​と​子ども​たち​6​人​は​バプテスマ​を​受け​まし​た。父​も​態度​が​和らぎ,亡くなる​前​に​何​度​か​集会​に​出席​し​まし​た。

亡くなっ​た​わたし​の​家族​も​友人​も,神​の​ご意志​で​あれ​ば,新しい​世​で​生き返り​ます。愛する​人​たち​と​一緒​に​エホバ​を​永遠​に​崇拝​できる​の​は,何​と​喜ばしい​こと​でしょ​う。 *

^ 14節 米国​で​は,聖職​者​は​兵役​を​免除​さ​れ​まし​た。

^ 32節 この​記事​が​準備​さ​れ​て​いる​間​に,コーウィン​・​ロビソン​は​エホバ​へ​の​忠実​を​保っ​て​亡くなり​まし​た。