アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2016年2月

 ライフ  ストーリー

エホバは奉仕を成功させてくださった

エホバは奉仕を成功させてくださった

わたし  その 士官 に,戦争  行く こと  拒否   以前   投獄    こと  ある,と 言い まし た。そして,「同じ こと  もう 一度 経験  せる おつもり です か」と 尋ね まし た。軍隊  入る よう 2    命令      こと です。

わたし  1926 年,米国 オハイオ  クルックスビル  生ま  まし た。両親   宗教   関心  あり ませ  でし  が,8   子ども たち   教会  行く よう 勧め まし た。わたし  行っ    メソジスト 教会 です。14     は,日曜 礼拝  1 年間 全く 休ま なかっ   で,牧師 から   もらい まし た。

マーガレット  ウォーカー(左 から 2    姉妹)が,真理  知る よう 助け  くれ 

その ころ,近所  住む マーガレット  ウォーカー  いう エホバ  証人    もと  訪れ,聖書  つい  話す よう  なり まし た。ある   こと,わたし  一緒    聞く こと   まし た。子ども  研究  邪魔  なる  考え   は,外  遊ん   なさい,と 言い まし た。でも わたし  2     ずっ    傾け   まし た。その  2  ほど 訪問  あっ  から,マーガレット  わたし に,「神様  お名前,知っ  る?」と 尋ね まし た。「みんな 知っ   よ。神様  神様 でしょ」と 答える と,「聖書  持っ    詩編 83  18   開い   て」と 言わ  まし た。そこ    分かり まし た。神  名前  エホバ  いう  です。わたし  友達  ところ  走っ  行き,みんな に,「今日   帰っ たら 聖書  詩編 83  18      て。神  名前    いる から」と 言い まし た。言っ   みれ ば,わたし  最初  証言  よう  もの です。

わたし  聖書 研究  始め,1941   バプテスマ  受け まし た。その    なく,会衆  書籍 研究  司会  割り当て られ まし た。母  きょうだい  出席  勧め  ところ,その 集会  出席 する よう  なり まし  が,父  関心  示し ませ  でし た。

   反対

会衆   責任  増え,エホバ  証人  出版   本棚  たくさん 並ぶ よう  なり まし た。それ      ある 日,「何 だ,これ は。こんな もの,家  置く な。持っ    行け」と 言い まし た。それ  わたし     て,近く  オハイオ  ゼーンズビル  部屋  借り まし た。でも,家族  励ます ため に,ちょくちょく   戻り まし た。

 は,母  集会  行か  まい   まし た。集会  向かっ      追いかけ,家  連れ戻し  こと  あり ます。それでも  は,別  ドア から 走り出 て,集会  行き まし た。わたし   に,「大丈夫  よ。その うち お父さん,根負け   追いかけ なく なる から」と 言い まし た。やがて     こと  あきらめ,母  自由  集会  行ける よう  なり まし た。

1943 年,会衆  神権 宣教 学校  行なわ れる よう  なり,わたし  研究     割り当て  受け まし た。話    与え られ  助言 は,より 良い 話し手  なる   役立ち まし た。

戦時   中立  保つ

当時,世界     大戦  最中 でし た。わたし  1944   徴兵   まし た。オハイオ  コロンバス  ヘイズ 駐屯   出頭 し,身体 検査  受け  から,書類  必要 事項  記入  まし た。しかし,自分  兵士  なる つもり  ない,と 係官 たち  言い まし た。その     帰さ  まし  が,数    警察      て,「コーウィン  ロビソン,お前  逮捕 する」と 言い まし た。

2     裁判 で,裁判  から こう 言わ  まし た。「わたし  一存  決め られる なら,君  終身  だ。何  言い分  ある か」。それ  わたし は,「裁判 官,わたし  本来,聖職     区分  れる べき です。 * すべて    戸口  わたし  説教   あり,わたし  王国  良い たより  多く   たち  宣べ伝え   まし た」と 答え まし た。裁判   陪審  に,「皆さん  務め は,この 若者  聖職   ある     判断 する こと   あり ませ ん。入隊  意志  あっ  出頭    どう   判断 する こと です」と 告げ まし た。30   たた ない うち  陪審   戻っ   まし た。評決  有罪 でし た。裁判   わたし に,ケンタッキー  アシュランド  連邦 刑務   おける 懲役 5     言い渡し まし た。

エホバ  獄中  わたし  守っ  くださっ 

まず,オハイオ  コロンバス  刑務   2   入れ られ まし た。独房  過ごし  最初  日,わたし  エホバ  こう 祈り まし た。「5   独房  いる こと なんて でき ませ ん。どう  たら よい  分かり ませ ん」。

翌日,看守 たち  わたし  独房 から   出し  くれ まし た。ふと 見る と,肩幅  広く   高い 囚人     で,その   近づき,2       眺め   まし た。その 囚人 から,「何やら かし    い,ちび 助」と 言わ  まし た。「わたし  エホバ  証人   です」と 答える と,「ほう。じゃあ,どうして こんな  ところ  いる  だ」と 聞か  まし た。わたし は,「エホバ  証人 は,戦争  行っ    殺す こと   ませ ん」と 説明  まし た。すると その  は,「人  殺さ ない から 刑務  送り  なっ   か。人  殺し  入れ られ  いる 連中  いる  に,おかしな   な」と 言い まし た。わたし は,「本当  そう です ね」と 答え まし た。

「おれ  15 年,別  刑務   いたん  が,そこで,エホバ  証人    少し 読ん  こと  ある」と その   言っ   で,わたし  エホバ に,「どうか この   味方  つけ  ください」と 祈り まし た。すると,ポール  いう その 男性 は,「ここ  いる 連中  お前  ちょっかい  出し たら,大声  叫べ。おれ    つけ  やる から」と 言い まし た。おかげ で,その 区画  50   受刑    トラブル  全く あり ませ  でし た。

わたし は,中立 ゆえに ケンタッキー  アシュランド  刑務   入れ られ  エホバ  証人    だっ 

わたし  その 後,アシュランド  刑務   移さ  まし た。そこ       円熟   兄弟 たち  おり,わたし  含め   兄弟 たち  霊的  強さ  保てる よう 助け  くれ まし た。それら 円熟   兄弟 たち  よっ   ごと  聖書 通読  範囲  決め られ  おり,わたしたち も,“バイブル  ビーズ”(聖書 研究  会)と 呼ば れる 集会  ため  質問  答え  準備  まし た。区域    任命     まし た。壁 沿い  幾つ  ベッド  並ぶ  部屋   生活 だっ   で,区域    兄弟 から,「ロビソン 兄弟,ここ  区画  ベッド  担当   ください。その ベッド   たち  兄弟  区域 です。区域    この 部屋  出る  に,必ず 証言 する よう    ください」と 言わ  まし た。わたしたち  その よう   て,組織   伝道  まし た。

刑務     から 分かっ  こと

   世界 大戦  1945   終わり まし  が,わたし  しばらく 刑務    まし た。気がかり だっ    家族  こと です。父  わたし に,「お前   から 追い出せれ ば,ほか  家族  おれ  言う こと  聞く だろ う」と 言っ    から です。しかし,刑務  から 釈放    後,驚き まし た。うれしい こと  家族  うち 7  が,父  反対  負け ず,集会  出席      です。1     バプテスマ  受け   まし た。

野外 奉仕  向かう 前。1913   エホバ   奉仕  始め  油そそが   兄弟,デミトリス  パパジョージ   

1950   朝鮮 戦争  勃発   時,わたし  再び 徴兵 され,ヘイズ 駐屯   出頭  まし た。適性 検査  後,士官 が,「君  得点 は,グループ   トップクラス だ」と 言っ   で,「そう です か。でも わたし  軍隊   入り ませ ん」と 答え まし た。そして テモテ   二 2  3   引用 し,「わたし  キリスト  兵士 です」と 伝え まし た。士官  しばらく 黙っ   まし  が,「帰っ  よろしい」と 言い まし た。

その    なく,オハイオ  シンシナティ  大会  ベテル  集まり  出席 し,ミルトン  ヘンシェル 兄弟    聞き まし た。その     兄弟 は,ベテル   王国  ため  一生 懸命 働き たい  思う 兄弟 たち  必要 だ,と 言わ  まし た。わたし  ベテル 奉仕  申し込み,承認   まし た。1954  8   ブルックリン  ベテル  招か れ,それ 以来 ずっ  ベテル  奉仕    ます。

ベテル   いつも たくさん 仕事  あり まし た。プリンタリー  事務   ボイラー  操作,機械   仕事,錠前  修理 など    行ない まし た。ニューヨーク   幾つ   大会 ホール  働い  こと  あり ます。

ブルックリン  ベテル  事務   ボイラー  操作   いる

わたし    崇拝  家族 の「ものみの塔」研究 など,ベテル  霊的  プログラム  大好き です。会衆   野外 奉仕  愛し   ます。エホバ  証人  皆,その よう  活動  習慣   なけれ  なら ない  思い ます。親子  日々  聖句  討議 し,定期   家族  崇拝  行ない,会衆  集会  宣べ伝える   熱心  支持 する なら,家族 全員  霊的  健康  状態  保てる でしょ う。

ベテル   会衆  も,友達  大勢   まし た。油そそが    たち  いれ ば,そう   ない  たち   ます。すでに 天的  報い    友人   ます。しかし,ベテル 奉仕   含め エホバ   たち  皆,不 完全 です。だれ   意見  対立    は,必ず 平和  作り出す よう     ます。マタイ 5  23,24   思い起こし,意見  相違  どう 扱う べき   考え ます。謝る   簡単   あり ませ  が,謝っ   問題  解決  なかっ   いう こと は,ほとんど あり ませ ん。

奉仕  喜び

  年齢 ゆえ に,家 から   奉仕  まま なり ませ  が,わたし  あきらめ   ませ ん。北京<ペキン>語  少し 学び,街路  中国   話しかける よう     ます。午前  だけ  30  から 40   雑誌  配布   こと     あり ます。

ニューヨーク  ブルックリン  中国   伝道   いる

中国    訪問     ます。ある   こと,果物   屋台  宣伝 ビラ  配っ    明るい 感じ   さん が,わたし  ほほえみ かけ まし た。わたし  笑み  返し,中国  の「ものみの塔」と「目ざめよ!」を 紹介  まし た。すると その 少女  それ  受け取り,名前  教え  くれ まし た。カティー  いう  です。カティー  わたし  見かける と,話しかけ  くる よう  なり まし た。わたし  果物  野菜  英語  名前  教える と,カティー  それ  まね  言い まし た。幾つ  聖句  説明 し,『聖書  教え』の   受け取っ  もらえ まし た。しかし    後,カティー  姿  見かけ なく なり まし た。

 か月 後,宣伝 ビラ  配っ      少女  雑誌  紹介   ところ,受け取っ  もらえ まし た。翌週,その 少女 から 携帯 電話  手渡さ れ,「中国  つながっ   ます。電話    ください」と 言わ  まし た。「中国  知り合い   ませ ん」と 答え まし  が,少女  強く 勧め ます。それ  電話   て,「もしもし,ロビソン です が」と 言う と,「ロビソン さん,カティー です。今,中国  帰っ   ます」と いう   聞こえ   まし た。「中国 に?」と 言う と,カティー は,「そう なん です。電話  渡し   は,わたし   です。ロビソン さん  わたし  良い こと  たくさん 教え  ください まし  ね。妹   同じ よう  教え  あげ  ください」と 言い まし た。わたし は,「頑張っ   ます よ。どこ  いる  教え  くれ  ありがとう」と 感謝  まし た。それ から すぐ,カティー    話し まし  が,その    この  以降,全く 会え   ませ ん。カティー    どこ  いる    も,2   エホバ  つい  もっと 知る こと  できる よう 願う ばかり です。

これ まで 73  間,エホバ  神聖  奉仕  ささげ   まし た。わたし  刑務   中立  立場  守り 忠実  保てる よう,エホバ  助け  くださっ  こと に,感謝    ます。姉     も,わたし    反対  負け なかっ  こと  励まさ  た,と 言っ  くれ ます。母  子ども たち 6   バプテスマ  受け まし た。父  態度  和らぎ,亡くなる      集会  出席  まし た。

亡くなっ  わたし  家族  友人 も,神  ご意志  あれ ば,新しい   生き返り ます。愛する  たち  一緒  エホバ  永遠  崇拝 できる  は,何  喜ばしい こと でしょ う。 *

^ 14節 米国  は,聖職   兵役  免除   まし た。

^ 32節 この 記事  準備    いる  に,コーウィン  ロビソン  エホバ   忠実  保っ  亡くなり まし た。